パパがも一度恋をした|6話ネタバレと感想。親友を幸せにしたおっさんの勇気寿司!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年3月7日(土)オトナの土ドラ「パパがも一度恋をした」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
おっさんは、昔の親友の写真を見て懐かしく思う。

吾郎は、おっさんに、親友を会わせたいとなにやら企てるようです。楽しみですね。

ラマちゃん
昔の親友は、おっさんを多恵子と認めるのか。

吾郎、トモ、両親が認めてきたおっさん。さて他人まで大丈夫か。

学生のころの多恵子の写真を見て、おっさんは、親友・えみこを懐かしがる。吾郎は、えみこに会わせてあげようと、トカレフに行方を探してもらう。トカレフは合コンを開催し、えみこが.....。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』6話あらすじネタバレと感想

多恵子が中学生の時埋めたタイムカプセルに入っていた写真と手紙が実家から届く。

多恵子の写真を見た吾郎は、神写真だとうっとりする。手紙には、親友・えみことの思い出が書かれており、おっさんは、故郷で地元の人と結婚して以来会ってないと懐かしく思う。

吾郎は、えみこに会いに行こうと言い出し、多恵子の実家に帰る。おっさんは、こんな姿になったしと不安に思っていた。

えみこは、離婚して、実家に戻ったが、居づらくなって、東京に出ていると母は話す。

おっさんは、えみこには会えなかったが、どうせこんな姿だし良かったのではと明るく振舞う。

吾郎は、これでいいのかと考え、トカレフに、えみこを探すように依頼する。

トモが佳奈と話をしながら家に帰って行くと、途中で、サキが山下家に怨念を感じるとまた言い出し、山下家に行くと言う。

トモは、おっさんと吾郎がイチャイチャしていないことを願い、佳奈とサキを家にいれる。幹太もついてくる。

吾郎やおっさんは留守で、サキは、おっさんの気配がするとか、トモがママと呼んでいると感じる。幹太がごまかしてくれる。

サキは卓上カレンダーに怨念を強く感じると言うが、幹太がなんでもないと、二人をつれて帰る。トモが見ると、12月6日に○がついていた。トモは何の○だか不安になる。

そのころ、おっさんは、吾郎、トカレフ、タロスケといっしょに、合コンにきていた。トカレフが、えみこを探してセッティングしたのであった。

えみこの顔をみたおっさんは懐かしく思う。

吾郎は、おっさんをひとまず、親戚のガンスケと紹介する。えみこは高校の同級生の女友達にところで離婚後働いていた。

女友達は、えみこは優しすぎるから、前の夫に浮気され、離婚後、前の夫は浮気相手と結婚したんだと語る。

今も、出入りしている業者に、ストーカーに遭っていると言い、おっさんはえみこを心配する。

タロスケは、あと二人の女子に人気で、トカレフとともに寿司を食べに行くと、えみこの友達も行くことに。

吾郎は、おっさんとえみこを近づけるチャンスだと思う。おっさんは霊媒師の能力があり多恵子が乗り移ることができると嘘を言う。

おっさんは無理があるという顔をしながら、のりでやってみる。

タイムカプセルに入っていた手紙に、いっぱい遊んだと書かれていて楽しかったと昔の二人だけの思い出を話すおっさんに、えみこは、本当に多恵子なんだねという。

その時、急に、おっさんの様子がおかしくなり、関西弁のやくざ者のしゃべり方になる。

えみこは怒りだす。吾郎は、正直に、おっさんが多恵子だと説明する。おっさんは、「幸せ寿司、どんなふしぎ寿司を今日は握りましょう。」と言うと、えみこは本当に多恵子だと気づく。

その時、えみこを追いかけているストーカーが現れ邪魔をする。

吾郎は、ストーカーの首を羽交い絞めにする。えみこは、スマホをブロックしているからと言い、髪の毛を耳にかける仕草をして去って行く。

おっさんは、その仕草をみて、えみこの本心に気づく。

翌日、スーパーでアルバイトするおっさんは、ため息をつく。トモは、幹太とバッティングセンターに行くと話、カレンダーに描かれた○は何と聞く。

おっさんは、なんでもないと言い、デートなんだからお弁当の作り方を教えてあげるとごまかす。

えみこがバイト先にやってくる。

えみこは、多恵子が握るふしぎ寿司を懐かしく言う。

おっさんが、最初に握ったのは、中二の時で、えみこのおばあさんがなくなり、元気寿司を握ったと語る。

えみこは、ほんとうに多恵子なんだとおっさんに抱きつく。おっさんも、抱擁する。

二人は、んのつくしりとりをし始める。吾郎となぜか仲良くなったえみこのストーカーが双眼鏡で観察していた。

吾郎は、おっさんが幸せそうで良かったと思い、いかにおっさん多恵子を思っているか自慢する。

ストーカーも、んのつくしりとりの意味を知っているかと言い、知らない吾郎を、自分の方がえみこを思っていると自慢する。

えみこは、ストーカーから結婚を切りだされてから避けるようになったとおっさんに打ち明ける。

相手は一回り以上年下で、バツイチの私となんてと、また、髪の毛を耳にかける。

吾郎とストーカーは、どっちが愛しているかで大声で喧嘩し、ダブルデート争うとおっさんとえみこに言う。

えみこは遠慮すると言うのを、おっさんは負けないよと言い誘う。

バッティングセンターで、吾郎とストーカーは勝負する。トモは、幹太とのデートを邪魔されて文句を言う。

おっさんは、えみこが、ストーカーを楽しそうに見つめるのを見逃さなかった。

えみこは、吾郎、トモとおっさんが仲良くやっているのを見て、家族っていいなと言う。

公演で、テーブルを広げ、トモが作った料理を広げて美味しいという幹太。吾郎は、おっさん多恵子に教えてもらったくせにと言いながら、おっさんに、ひざ掛けをかける。

ストーカー・勝彦は、えみこさんの作った料理は最高だと言い、もう一度元に戻れないかと真剣に聞く。えみこは、髪の毛を耳にかけながら、困った顔をする。

その仕草を見逃さなかったおっさんは、飲み物を買いにえみこを誘う。

ストカー・勝彦が落ち込んでいると、トモは、「勝彦さんは押しが強すぎる」と言う。

吾郎は、えみこさんは生きているだけでいいじゃないか、多恵子が亡くなった3年間、多恵子の気持ちを思い続けたと語る。

「君は、えみこさんの気持ちを考えたことがあるか」と問う。

飲み物を買いに行くと言い、離れた場所で、おっさんは、えみこに、勝彦のことが好きなんだねと聞く。髪の毛を耳にかけるのは、嘘をついている癖だと。

おっさんは、相手が若く思いやっているふりをして、本当は、自分が傷つきたくないだけではないかと迫る。

本当の気持ちを伝えないと、自分のように亡くなってからでは伝えることができないと泣きながら言う。

勝彦は、初めて会った時にやった んのつくしりとりをやって欲しいとえみこに頼む。後ろには吾郎がついてきた。

おっさんが良かったねと盛り上げ、んのつくしりとりをする二人。

勝彦は、けっこん と言い、えみこは良かったねと答える。「僕と結婚して欲しい。えみこさんの本心を聞かせて欲しい」と頼む。

黙っているえみこに、おっさんは「ふしぎ寿司を握るよ。相手を傷つけてしまうかもしれないが勇気寿司が欲しいのかい」と言い出す。

吾郎は、「勇気寿司下さい」と言い、えみこに「多恵子の握った勇気寿司を食べてやってください」とお願いする。

えみこは、今はいいけど、どうせ若い子がくれば、気持ちが変わると正直な気持ちを勝彦にぶつける。

勝彦は、例えおっさんになってもカエルになってもえみこさんを探すと言い、「吾郎さんと多恵子さんのような家族になりたい」と熱く語る。

えみこは、おっさんの方を見て、多恵子が微笑んでいるように見える。「お願いします」というえみこに、勝彦は、やったーと言い抱きつく。

その様子を見ていた幹太は、トモに、「お前の家族すげえな」と感心する。

えみこと勝彦が喜ぶ姿をみて、おっさんは涙を浮かべながら吾郎と喜ぶ。

吾郎は、勝彦、タロスケ、トカレフをつれて、タロスケの従弟の焼き鳥屋で祝杯をあげる。

えみことおっさんは、山下家で、パジャマを着て仲良く語り合う。

えみこが、ありがとうというと、おっさんは、勇気寿司を握って欲しいと言い、吾郎とトモに隠していることがあると語る。

翌朝、えみこは、勝彦と手をつないで、感謝を言う。えみこは、おっさんに、がんばってねと優しく言う。

二人を見送ったあと、おっさんは、吾郎、トモ、タロスケに、「もうすぐ天国に帰ります。」と優しい顔で言う。

ここまでがネタバレですが、第6話は、親友の写真に懐かしがるおっさんに、吾郎は親友を合わせる。昔話から親友は多恵子だと信じる。ストーカーが現れ.....。

親友えみこは、多恵子に握ってもらったふしぎ寿司の話を聞いて、多恵子だと信じてくれましたね。おっさん多恵子が信じてもらえて本当に良かった。

突然やくざ者のドスの効いた声におっさんが変わりビックリでしたね。やはり、おっさんの外身は、ヤクザだったのですね。

ドラまる
おっさんは、えみこの仕草から、すぐに、えみこが嘘をついていて、勝彦が好きで臆病になっていることに気づきました。

勇気寿司を握ったのを吾郎が渡す場面が温かかったね。

ラマちゃん
おっさんは、えみこに勇気寿司を握って欲しいと言い、その勇気をもらったんだね。

もうすぐ天国に帰ることを吾郎に告げることができました。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』6話ネット上の反応

ドラまる
親友のために握る不思議寿司に優しかったとの声が。

ラマちゃん
おっさん多恵子役の塚地武雅さんがわかいいと評判。本物の多恵子が出てくるのも絶妙すぎるとも。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』6話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『パパがも一度恋をした』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『パパがも一度恋をした』7話のあらすじ

2020年3月14日(土)放送のドラマ『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじをご紹介します。

多恵子(本上まなみ)があと8日で天国に帰らなければいけない!?

突然の告白に衝撃を受ける吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。

おっさん多恵子(塚地武雅)は、多恵子の死後、落ち込んでいた吾郎に元気を取り戻してもらうために天国の神様に頼んでここにやってきたという経緯を皆に話す。

多恵子の愛を感じ、余計に別れを受け入れられない吾郎。

そんな中、トカレフ(塚本高史)から好きな娘ができたと協力を求められる二人。

吾郎はそれどころではないと拒否し部屋に引きこもってしまう。

仕方なくおっさん多恵子が付いていくと、トカレフの恋のお相手はおっさん多恵子のパート先の同僚、姫乃樹ティアラ(綾乃彩)だった!

トカレフは周囲から促され、意を決して想いを伝えようとするが撃沈!

ショックで橋から飛び降りようとしたところを、傷心で家を飛び出した吾郎に助けられる。

トカレフは吾郎に、吾郎と多恵子が憧れの夫婦だったと告白。

おっさん多恵子がこの世にいるうちに、ティアラと、吾郎と多恵子のような最高の二人になりたかったのだと……

トカレフの恋の行方は?そして残された時間を吾郎はどう過ごすべきなのか?

感動の第7話!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『パパがも一度恋をした』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

親友を懐かしがるおっさんに会わせる吾郎。親友は、思い出話に多恵子だと気づく。親友は、若い彼に求婚され避けていた。おっさんは、臆病になっていると思い、勇気づけ、二人は結ばれる。

ドラまる
天国にもうすぐ帰ることを知った吾郎はまた落ち込むようです。

おっさんは、どうするのでしょうか。

ラマちゃん
トカレフに好きな人が、告白して撃沈するようです。

吾郎とおっさんのようになりたいというトカレフ。恋は結ばれるのでしょうか。

おっさんは、家族だけでなく、親友にも多恵子だと認識してもらえましたね。親友も幸せにすることができました。

おっさんは、ついに、もうすぐ天国に帰ることを告げました。多恵子は、吾郎が引きこもっていたり、トモに心配かけたり、心残りがあったから、戻ってきたのでしょうか。

次話、トカレフが好きな人に思いを告げる話。おっさん多恵子と吾郎のようになりたいというトカレフ。また、心温まる話なんでしょうね。おっさんの活躍に期待です。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA