パパがも一度恋をした|4話見逃し動画無料視聴はこちら【2/22配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話(2020年2月22日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『パパがも一度恋をした』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『パパがも一度恋をした』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『パパがも一度恋をした』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月22日(土)放送終了〜2020年2月29日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『パパがも一度恋をした』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『パパがも一度恋をした』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『パパがも一度恋をした』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじ

2020年2月22日(土)23時40分放送のドラマ『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじをご紹介します。

おっさん多恵子(塚地武雅)を帰ってきた妻・多恵子(本上まなみ)としてすっかり受け入れた吾郎(小澤征悦)は、娘のトモ(福本莉子)と共に夕食を作るその姿にウットリと惚けるが、そのトモが未だにおっさん多恵子のことを「おじさん」と呼んでいることにはモヤモヤが募るばかりだ。

そんなある日、タロスケ(麿赤兒)が浅草で焼鳥屋を営む従兄弟・菊三(大久保鷹)の孫・片瀬りの(粟野咲莉)を連れてきた。

りのの母でシングルマザーのナナ(橋本マナミ)が海外出張の間、りのを山下家で預かることにしたと言うのだ。

「ともおねえちゃんは何でたえこさんをママって呼ばないの?中身はママなんでしょ?」りのの言葉にヒントを得た吾郎は、トモにおっさん多恵子をママと呼ばせるため、おっさん多恵子の見た目を変身させる作戦に出たものの…。

さらに山下家は、りのの突然の悪戯で大騒動に!

りのの心にナナとの親子関係が影を射していると知った吾郎は…。

吾郎は母娘を幸せにできるのか?

そして、トモとおっさん多恵子の関係の行方は?

あなたはお母さんに本当の気持ちを伝えてますか!

親子の絆に胸がキュンとなる第4話!

ドラマ公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

なー
次回の話では小さな女の子りのちゃんが山下家に来るようです。

このりのちゃんは可愛い顔をしていますが、山下家に来るといたずらばかりをして吾郎を悩ませるようです。

一方で吾郎は娘のトモが多恵子のことを「おじさん」と呼び続けることをどうにかしたいと思っていました。

りのちゃんの言葉をヒントにどうにか「お母さん」と呼ばせようとします。

オッサン姿の母親多恵子をトモは「お母さん」と呼ぶことができるのか、また吾郎はどのような作戦で呼ばせようとするのか楽しみにしています。

また、りのちゃんも母親との間に何かしらの問題を抱えているようなので、2人が仲直りできるのかどうかも注目したいです。

ペンネーム:なー(20代・女性)

よしか
来週はタロスケの従兄弟の菊三(大久保鷹)の孫の片瀬りの(粟野咲莉)を山下家で預かる事になるようでドタバタの大騒動が楽しみです。

女の子とトモやおっさんのほのぼのなやり取りも期待しています。

りのの母親はシングルマザーのナナ(橋本マナミ)との事で、橋本マナミさん好きなので母親役を演じている姿が見られるのも楽しみです。

トモがおっさんの事を「おじさん」呼びしていて、吾郎はそれにもやもやしているようです。

トモがおっさんの事をまたママ呼べるようになるかの来週に期待しています。

トモとおっさんが早く仲良くなってくれるように祈っています。

ペンネーム:よしか(30代・女性)

toko3
おっさん多恵子との生活は慣れてきたが、トモがおっさん多恵子のことをおじさんと呼ぶことが吾郎は何となく嫌だった。

そんな中、タロスケが菊三の孫である片瀬りのを連れてきた。

シングルマザーであるナナが海外出張なので、その間山下家で預かってほしいとタロスケが頼みに来た。

また、吾郎はおっさん多恵子をママと呼ばせる作戦を考えた。

その作戦はおっさん多恵子の服装を女性用に変えるということだった。

トモは余計に違和感を感じてしまった。

一方、りのはいたずら好きで、吾郎たちにすごいいたずらをしてきた。

吾郎たちはそのいたずらに困っていた。

また、りのが母親のナナとぎくしゃくしていることを吾郎は知った。

吾郎が自分の思いを伝えるようにりのにアドバイスした。

りのとナナの親子関係も少し修復すると予想する。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

おが
山下吾郎も娘のトモもおっさん多恵子も心が通じ合ってきているのでこれから本当の家族になっていく様に思いますね。

三人がどうやって絆を深めていくか4話でも楽しみです!

多恵子の父親からもとりあえずは理解を得たのでこれからが大切になりますね。

4話では橋本マナミさんが出演するのでとても楽しみです!

また山下家にトラブルが巻き起こりそうですね!

おっさん多恵子が大活躍しそうです笑

塚地武雅さんが回を追うごとに可愛らしく見えています笑小澤征悦同様塚地武雅さんの演技力にも脱帽しています。

4話でも二人の演技が楽しみです!

ペンネーム:おが(30代・男性)

たまな
次回は多恵子おじさんが誘拐犯に間違えられてしまう展開らしいのですごく楽しみでワクワクしています。

片瀬ナナと片瀬りのという二人の親子が登場するみたいなのですが、子の名前は絶対に狙ってますよね。

それからその子供のりのが誘拐犯だと街中で叫んでいたので多恵子おじさんが何かその子にしてしまったのではないでしょうか。

それか、そのりのがかなりの性悪で多恵子おじさんを嵌めたかどちらかでしょうね。

なんとなく後者の方な気がしてなりません。

でも最後にはその親子とも和解してひと段落しそうです。

きっと何か理由があってあのような行動をしてしまったのでしょう。

ペンネーム:たまな(30代・男性)

のら猫ひろし
4話予告では、最凶オヤコとしてシングルマザーの片瀬ナナと、その子ども・片瀬りのが登場しています。

ナナが海外出張中に、吾郎家が、りのを預かるようでした。

どんなふうに最凶なんだろう?と疑問が生じました。

りのが、おっさん多恵子を指差して「このおじさん、誘拐犯!助けてー!」と叫んでいました。

なるほど、これは厄介ですね。

しかも、りのは、トカちゃんにもいたずらを仕掛けるなど、問題児でした。

番組公式ホームページのあらすじを見ると、【親子の絆に胸がキュンとなる】と書いてあります。

そういえば、トモは、おっさん多恵子を、名前で呼んでいません。

直感では多恵子と感じているものの外見がおっさんであることから、信じ切れないのでしょう。

ナナと、りの親子だけではなく、おっさん多恵子とトモの親子の絆も描かれるのでしょうか。

そこに期待します。

ペンネーム:のら猫ひろし(40代・男性)

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

はるか

『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレ

親戚の子の片瀬りのが吾郎の家にやってきて、一時的に預かることになる。

吾郎がりのに多恵子の話をするとおじさんの姿だけど多恵子だとすんなり受け入れるけど、トモは未だに多恵子のことをおじさんと呼んでいるし、受け入れきれてはいない。

吾郎はどうにかトモに多恵子を受け入れてもらえないかと悩んだ末、多恵子の見た目をかわいくしたらいいのではないか?と考え、服装を変えてみたり、ダイエットさせようとしたりするが、失敗してしまう。

一方でりのは母親が仕事で忙しく、寂しい思いをしていて、お母さんが学芸会に来てくれないから学芸会に出たくないと言う。

そこで吾郎はお母さんだけのための特別な学芸会を別で開き、親子の絆が深まる。

そして、トモは多恵子が色んなことを1人でできるようになったトモの成長を側で見たかったという多恵子の言葉を聞いて本当に多恵子だと思うようになり、りのとりのの母のやり取りを見たこともあって、今回の最後にはおじさんの姿になった多恵子をお母さんと呼ぶようになる。

『パパがも一度恋をした』第4話の感想

トモがお母さんだとはなんとなく分かっていてもなかなか認められない、素直になれない気持ちがもどかしかったですが、とても共感しました。

分かっていてもそんなにすんなり受け入れるのは難しいと思うので。

最後にお母さんって言ったこともですが、まだまだ自分にはできないことがたくさんあるからこれからそれを教えてねというところがとっても素敵だったなぁと思います。

ただ、りのが寂しさから問題を起こしたらお母さんが来てくれるのではないか?という気持ちから多恵子に誘拐されたと装うところは少し疑問でした。

下手したら多恵子は犯罪者になってしまうわけで、問題を起こしたら…と思ったとしてもそんなことをするかな?と。

そこが個人的には納得できませんでした。

ペンネーム:はるか(20代・女性)

ぽん

『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレ

トモのおじいちゃんのよく行く飲食店の対象の娘さんの子供が吾郎家に一時的に預けられることになった。

その子供りのちゃんが、週末にある学校の学芸会を吾郎家族に秘密にしていて、ドタバタする。

りのちゃんが何故かおっさん多恵子の事を誘拐犯と大声で嘘を叫んでしまう。

その理由は、お母さんは見て欲しくて気を引きたかったからだとわかる。

当日の朝、りのちゃんの姿が家になく、家族総出で探して、吾郎が話を聞いていると、お母さんが来てくれない寂しさで行きたくないと言い出してしまう。

そこで、吾郎はお母さんのために劇をする事を思いつき、行う。

お母さんが思っている気持ちをりのちゃんは知る事をできて、親子で涙する。

劇の後、おっさん多恵子がトモの昔の話をしていて、一瞬本当の多恵子に見えてしまう。

このあと、りのちゃんが 子供は素直な方がいいよ、と言い、次の日からおっさん多恵子の事をママと呼び出す。

『パパがも一度恋をした』第4話の感想

ドラマの序盤の頃はトモがおっさん多恵子のことを、ママではなくおじさんと呼んでいて、距離感があったと思うけれど、りのちゃんとりのちゃんのお母さんの劇だの発言や、雰囲気と、劇の後の片付けの時に、おっさん多恵子がトモガに子供の頃の話をたくさんしたり、先に逝ってしまったことを後悔し悲しんでいる姿を見て、トモも本当のお母さんと認識できる雰囲気になったのかなと思った。

私も見ていて、みてくれは本当におっさんだけど、トモを思う姿はお母さんそのものだなと思って、見ていて感動しました。

その次の日の朝、トモがママと呼んだのをおっさん多恵子もすごく嬉しかっただろうなと思う。

ペンネーム:ぽん(20代・女性)

よしか

『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレ

吾郎は娘のトモにおっさん多恵子をママと呼ばせたくて、可愛らしい着せ替えます。

最後には体型を変えようと無理なダイエットをしますが、おっさん多恵子は身体を壊してしまいます。

その中、タロスケの頼みでシングルマザー片瀬ナナが海外出張に娘のしのを預かる事になりました。

ナナを悪く言ったトカレフにイタズラしたり、おっさん多恵子を誘拐犯にしたりと、のりは大暴れしました。

しかし最後は出張から帰ってきたナナの為に、皆で美女と野獣を演じました。

舞台のクライマックス呪いから解放された王子をナナが演じ、「りのにさみしい思いをさせてごめん」「りのが大好き」だと伝えます。2人は涙しながら抱き合いました。

終わった後、おっさん多恵子とトモは2人でトモの舞台の思い出を話しました。

おっさん多恵子はトモの成長する姿を隣で見たかったとこぼしました。

ナナ、りのとお別れします。

りのは子供は素直な方が可愛いとトモにアドバイスします。

夜キッチンにおっさん多恵子とトモが並びました。

トモは「まだまだ教えて欲しい事はいっぱいある。」と言いました。

後日、吾郎の目の前に多恵子が現れました。

『パパがも一度恋をした』第4話の感想

始めに色んな格好に着せ替えられているおっさん多恵子が可愛かったです。

塚地さん着ぐるみ似合いますね。

吾郎さんとおっさん多恵子のコンビはほぼギャグになってしまうので癒されます。

りのちゃんの前で悪口言っちゃうトカレフは、りのちゃんより餓鬼っぽいし、りのちゃんに何倍も返されてるのは笑いました。

りのちゃんはナナさんに負けない格好いい女性になりそうです。

おっさん多恵子とトモの会話も良かったです。

特に舞台終わりの2人の会話というかおっさん多恵子の語りには涙が出そうになりました。

横で成長を見たかったというおっさん多恵子に最後トモがまだ教えて欲しい事はいっぱいあるっと言ったのは素敵な娘さんでこっちも嬉しくなりました。

ペンネーム:よしか(30代・女性)

toko3

『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレ

吾郎はトモがおっさん多恵子のことを「おじさん」と呼ぶことにいら立ちを覚えていた。

そこで、おっさん多恵子に女性の服装を着せて、トモにママと呼ばせる作戦をやった。

だが、作戦は心配した。

そんな中、タロスケが菊三の孫であるりのを連れてきて、ナナが海外出張中に預かってもらうようにお願いした。

だが、りのはいたずら好きで山下家は困っていた。

また、学芸会があるので、りのと山下家は衣装を買ってきた。

学芸会ではりのはおっさん多恵子と一緒に一生懸命頑張った。

その会場には、ナナが来ていた。

りのとナナは自分たちの思いを伝えあっていた。

『パパがも一度恋をした』第4話の感想

おっさん多恵子が女性の服を着ていた時、少し違和感があったが、大阪のおばちゃん風の衣装はやけに似合っていると思った。

また、トモがおっさん多恵子のことをお母さんと思えると友達に言っていた時は少し親子の絆が近くなっている気がした。

トモがおっさん多恵子の餃子づくりを手伝う姿も何かいいなと思った。

一方、りのはいたずら好きで、生意気な女子だと思ったが、ナナが出張中に山下家で頑張っていることはすごいと思った。

ナナに自分の思いを伝えるために、学芸会を頑張っている姿も偉いと感じた。

ナナがりのの姿を見て、泣いている姿も特に印象的だった。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

ナラティブ

『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレ

山下家に吾郎の父親のいとこの孫の片瀬りのという子供がやってくる。

その後、りのは吾郎に学校で学芸会があるから衣装を選んでほしいと街に行き買い物をする。

その帰り、りのは多恵子おじさんのことを誘拐犯呼ばわりして騒動を起こしてしまう。

その後、りのが騒動を起こした理由が母親が仕事で忙しいので昔から寂しい思いをしていたということがわかり大騒ぎでも起こせば母親が帰ってきてくれると思ったらしい。

それから学芸会当日になる。

すると、りのがいなくなってしまって山下家のみんなで探して吾郎が見つける。

そこで吾郎はいいことを思いついたと言って母親のナナを呼び出して母親のためだけに学芸会をやることにする。

そこで母親のナナもその劇に参加して親子の絆がさらに深まるのだった。

その数日後、吾郎は街中で多恵子そっくりの女性と遭遇する。

『パパがも一度恋をした』第4話の感想

今回の話で、多恵子おじさんのことを吾郎がトレーニングする姿がとても面白かったです。

あんなにトモにママと呼ばせたかったなんて意外でした。

でも多恵子おじさんをみていたらママなんて呼べるはずがありません。

それから、山下家にきたりのという子供なんですがあの名前は完全にネタとして狙っていますよね。

母親と一緒で女優から取ったのでしょうか。

そのりののために山下家の住人で学芸会をする姿はとても微笑ましかったです。

あの出来事で絶対に親子の気持ちはわかり会えたと思いました。

そして、最後に出てきた多恵子のそっくりさんが誰なのかすごく気になりました。

ペンネーム:ナラティブ(30代・男性)

有吉

『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじネタバレ

おっさん多恵子に対してトモがおじさんと呼ぶことにモヤモヤがある吾郎がいました。

ママと呼ばせたい吾郎がおっさん多恵子をスリムにしようと心を鬼にしてスパルタで鍛えようとするが多恵子が動けなくなってしまい断念するのでした。

そんな中タロスケが従兄弟・菊三の孫りのを山下家に連れて来ました。

りのの母親がシングルマザーのナナで海外出張に行ってる間だけ預かることになるのでした。

そんな、りのは学芸会に母親が来ないから出たくないと言い出します。

そこで吾郎が会場を借りて山下家、トカレフ、りので母親ナナの前で劇をするのでした。

ナナが感動してりのを大事に思っていると告げるのでした。

そんな親子愛を見ていたトモがおっさん多恵子にママと呼ぶのでした。

『パパがも一度恋をした』第4話の感想

会場を借りて劇をしてるメンバーで山下家全員はわかるんですがトカレフが参加させられてるのが面白かったです。

トカレフはその前にナナの悪口をりのの前で言ったことからワサビを食事に入れられたり嫌いなトマトをかけられたりとボコボコにされていたのに参加してるのは笑えました。

あのクソ親子のためになんで俺がと言いながらも裏方の仕事を従順にこなすトカレフは本当は真面目な男なんだなと感じました。

ちょっと悪ふざけしたシーンもありますが、家族の愛情を感じれるドラマで見ていてほのぼのとして笑えるドラマなんで面白かったです。

ペンネーム:有吉(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『パパがも一度恋をした』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA