パパがも一度恋をした|4話ネタバレと感想。トモ(福本莉子)がおっさんをママと呼んだ日!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月22日(土)オトナの土ドラ「パパがも一度恋をした」の4話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
トモが未だに、おっさんと呼ぶのが気になる吾郎。

だれからみてもおっさんだからね。トモは、お母さんと呼ぶのだろうか。

ラマちゃん
タロスケの従弟の孫娘を預かることに、シングルマザーの母親となにかあるようです。

孫娘が起こす騒動、母親との関係は良くなるのでしょうか。

おっさんを妻としてすっかり受け入れた吾郎は、トモが未だにおっさんと呼ぶのが気になっていた。タロスケの従弟の孫娘を預かることに。孫娘の言葉から、おっさんの姿が悪いと考え.....。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』4話あらすじネタバレと感想

吾郎は、おっさんとトモがいっしょに料理を作るのを見て幸せを感じていたが、未だにトモが、おじさんと呼ぶのが気になりなんとかしたいと思っていた。

タロスケが、母方の従弟の孫娘・りのを家に連れてくる。りのの母・ナナが海外に行くので帰国まで預かることになったと。

タロスケは、息子の吾郎、その娘のトモ、吾郎の妻の多恵子とおっさんを示す。りのは、不思議な顔をするが、すぐに、トモ姉ちゃんのママなんだねと受け入れる。

翌日、吾郎は、りのを学校に送って行く。「なぜ、トモねえちゃんは、中身はママなのに、ママと呼ばないと」と言われ、吾郎は良いアイディアに気づく。

トモは、学校で、いっしょに住んでいる親戚のおっさん・ガンスケがこんなに可愛いお弁当を作ってくれるのにどうと聞かれるが答えることができない。

一方、吾郎は、りのの言葉から、洋服を変えればと思い買ってきて、おっさんに着替えをさせるが、似合うものがなく諦める。

トモは、帰り道、幼馴染の幹太におっさんのことで心配事があるのではと聞かれ、すべてを話す。幹太は、死んだママが帰ってきたなら、何であれ、トモにとっていいことだと助言する。

その二人の目の前を、自転車に乗って、おっさんをランニングさせ、多恵子頑張れと叫ぶ吾郎が通り驚く。

吾郎は、おっさんが少しでも痩せてカッコよくなれば、トモが、ママと呼ぶのではと思ったのであった。おっさんは、運動しすぎで腰を痛めてしまう。

身体は中年なんだから無理をさせてはだめだとトモは、おっさんにシップを張りながら吾郎をしかる。

トカレフが、海外から帰ってきたと土産のバナナを持って帰ってくる。りのがナナの娘と聞いて、昔、お葬式で、ナナにひどい目にあって、それ以来トマトが食べられなくなったと文句を言う。

それを聞いていたりのは怒り、夕食の餃子の中にわさびを入れてトカレフに食べさせたり、トマトを顔面に当てるなどの攻撃をして懲らしめる。

余った餃子を冷凍しようと仕込んでいるおっさんが腰を痛がるのを見て、トモは、手伝うよと器用にやる。娘の成長におっさんは優しい顔で見つめる。

吾郎は、りのが宿題をがんばっているのを褒める。ランドセルの中に、2日後の学芸会の案内が入っているのを見つけ、りのからドレスが欲しいとねだられる。

翌日、おっさんとトモも子供ドレス屋に行き、吾郎は、昔、トモのドレスを買ったと懐かしがりながら嬉しそうに話す。山下家の幸せそうな雰囲気を、りのは羨ましそうに見ていた。

ドレスを買い、イベントで大勢の人が集まる公園につくと、おっさんが腰を痛がる。トモと吾郎は飲み物を買いに行く。

おっさんは、りの様子がおかしいのに気づき、声をかける。りのは突然、おっさんに誘拐されそうだと大声で叫び、イベントに集まった群衆に囲まれる。

飲み物を買って帰ってきた吾郎が異変に気づき、UFOが見えると気をそらしている間におっさんとりのを救出する。

吾郎とトモはなぜこんなことをしたのと、とりに聞く。タロスケは、りのを頼むとおっさにに言い、吾郎とトモを、りの母の実家の焼き鳥屋につれて行く。

タロスケは、りのの母・ナナは、ファッション関係の会社を経営していて、それを続けるため離婚した。そのことがキッカケで、実家とも喧嘩して実家にも帰りづらくなった。

りのは寂しい思いをしてきた。学芸会も最初は、ナナが行ける予定だったが仕事でだめになった。騒ぎを起こせば、ナナが戻ってきてくれるのではと思ったのではと説明する。

娘と母親は複雑で、もっと、お互いに話をした方が良いとタロスケは言う。その話を聞いたトモは納得し、吾郎は涙ぐむ。

おっさんが夕飯を作ったが要らないというりのは、一人外で座っていた。その姿を心配そうに見るおっさん。

学芸会の日、りのが家からいなくなる。必死で探す吾郎たち。

公園の噴水の前でりのを見つける吾郎。二人を見つめるおっさんとトモ。

ママが来ないから学芸会に行きたくないというりのを、吾郎は、行かなかったら、いっしょに頑張った友達が困るでしょうと、昨日の騒ぎも一歩間違えば大事になっていたと叱る。

優しい顔をしながら、りのの横に座り、ママが好きな気持ちは分かると言い、自分も、多恵子が亡くなって、引きこもり、トモに迷惑をかけたからと言う。

学芸会に行くというりのに、吾郎は良いことを思いついたと突然叫ぶ。

数日後、吾郎は、ナナに、学芸会に行ったことを伝え、感謝される。見たかったなというナナを、劇場の席に連れて行く。

吾郎が、美女と野獣を始めると言い幕が開く。傲慢な姉をトモが、心優しい妹をりのが、父をタロスケが演じる。トカレフも文句を言いながら裏方をやる。

父が街に買い物に行くと言い、姉は人形をねだる。妹は、父の無事の帰還を願い、一輪の花をお願いする。

父は、遭難し、城の中から1輪のバラを盗んでしまう。住んでいたおっさんが演じる野獣が怒り、娘を連れてくるように命令する。

心優しい妹は、次第に、野獣の優しさを感じ、見た目ではないことに気づく。その様子を、そでで見ていたトモは、おっさんとが見た目ではないということと重ねていた。

妹は、野獣の元に、いっしょに暮らす大切さを解き、野獣にかけられた魔女の魔法が解ける。ナナは、娘・りのが寂しい思いをしていることに気づき涙する。

野獣役のおっさんは、冠をつけて野獣から王子に代わろうとするが、少し考え、その役をナナに譲る。

妹役の前に現れた、変身した野獣は、母・ナナの姿だった。トカレフとタロスケが一生懸命花をちらし盛り上げる。

ナナは、りのに、寂しい思いをさせてゴメンと言い、1つだけ言いたいことがあると。りのの事が大好きだと正直な気持ちを伝える。

りのもママのことが好きと言い、二人は抱きしめあう。吾郎たちは涙を浮かべながら、拍手で祝福する。

そんな中、トモは、横で涙を流すおっさんを見つめる。

吾郎や、タロスケやトカレフが大道具を片付ける中、おっさんとトモは机に座り、衣装を片付けながら向かい合う。

おっさんは、トモが小学1年のころ、木の役を一人だけもらって泣いていた話をし始め、劇中じっとしていてすごかったと褒める。

トモにはおっさんが多恵子に見えてくる。おっさんは、3年間見ないうちに本当にお姉さんになったと頷きながらトモに語る。

卵焼きも餃子も上手にできるようになったが、本当は、いっしょに教えたかったと寂しい気持ちを伝える。トモは、思わず小さな声で「ママ」と言う。すぐに、おっさんの姿が見えて現実に引き戻される。

ナナは、吾郎たちにお礼を言う。りのは、トモに子供は素直になった方が良いと小声で伝える。

タロスケは、ナナの父の焼き鳥を渡し、たまには、実家に顔を出してやれという。ナナは、トカレフにトマトをパリに土産として渡し仲良くなる。

ナナは、りのをつれ、さっそく実家を訪れる。

夕食の手伝いをしながら、トモは、おっさんに自然とママと声をかける。

ミシンも魚のさばき方ももっとママに教えて欲しいことがあると頼み、おっさんは嬉しそうに頷く。その二人の姿を見て吾郎は、「良かったな多恵子」と言う。

翌日、買い出しに出かけた吾郎は、多恵子うりふたつの女性を街中で見つけびっくりする。

ここまでがネタバレですが、第4話は、トモがおじさんと呼ぶのが気になる吾郎。親戚の女の子を預かり、学芸会の母が来れない寂しさで騒動を起こし.....。

吾郎はトモがおじさんと呼ばないように、おっさんに洋服を着せたり、ダイエットさせたりと何か勘違いして凄かった。

トモの幼馴染の幹太はいいやつですね。おっさん姿であったても、ママが戻ってくれたことは良いことだと言い、少しトモのモヤモヤが晴れましたね。

ドラまる
タロスケの従弟の孫娘・りのは寂しかったのですね。だから、おっさんを誘拐犯とか言い騒動を起こした。

おっさんの慌てる顔が面白かったですね。

ラマちゃん
吾郎に最初から作戦があったのか分からないのですが、劇をすることで、りのとナナが正直に話をし仲良くなれました。

おっさんの気持ちもトモが理解し、ついにママと呼びました。いい話。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』4話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『パパがも一度恋をした』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』4話ネット上の反応

ドラまる
トモがおっさんをママと呼んで良かったという声が多いですね。

ラマちゃん
次話、多恵子さんにうりふたつの女性が登場、おっさん多恵子もコーチと不倫かと楽しみにしてますね。

ドラマ『パパがも一度恋をした』5話のあらすじ

2020年2月29日(土)放送のドラマ『パパがも一度恋をした』第5話のあらすじをご紹介します。

「たえ…こ?えぇえええーーー!?」吾郎(小澤征悦)が道ですれ違った女性は多恵子(本上まなみ)に瓜二つ。

そしてなんと、トモ(福本莉子)のクラスの臨時担任・佐々木ミク(本上まなみ)だった!

そんな中、ミクが突然山下家を訪問してくる。

おっさん多恵子(塚地武雅)も動揺を隠せない中、吾郎はミクの話を聞くうちに生前の美しかった時の多恵子を想い出し、涙が溢れ出してしまい……

翌日、吾郎は「多恵子に会いたい」と、トモの学校に来てしまう。

不審者と間違われ取り囲まれた吾郎をミクが助け出す。

そんなミクに多恵子とのなれそめを話す吾郎だったが、次第に興奮してミクと多恵子を混同し…。

ミクのある大胆な行動で二人は急接近!?

おっさん多恵子にも不倫疑惑!?

「人は見た目か中身か」。

吾郎は誘惑に打ち勝つことが出来るのか?

吾郎の真価が問われる第5話!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『パパがも一度恋をした』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

トモがおじさんと呼ぶのを何とかしたい吾郎。預かった親戚の少女が、学芸会に母が来られず寂しさで騒動を起こす。吾郎は劇を企画、母娘が気持ちを伝え合い、トモもおっさんをママと呼ぶ。

ドラまる
多恵子にうりふたつの女性が現れる。それもトモの学校の臨時教師。

吾郎は、どうなってしまうのだろうか。

ラマちゃん
せっかく、おっさんを、吾郎もトモも受け入れたのに、多恵子似の女に、おっさんの愛は勝てるのか。

おっさんがどう思うのか、心の展開が楽しみですね。

ついに、トモが、おっさんをママと呼びました。とても心温まる話でしたね。吾郎の必死さも素敵でした。

しかし、多恵子うりふたつの女性が現れる。この展開、おっさんには辛すぎますが、見てる方は面白すぎますね。

次話、吾郎の男としての力量が試されますね。容姿で綺麗な多恵子似の女性か、本物の愛を持つおっさんか究極の選択すぎます。おっさんを選んで欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA