パパがも一度恋をした|3話見逃し動画無料視聴はこちら【2/15配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話(2020年2月15日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『パパがも一度恋をした』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『パパがも一度恋をした』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『パパがも一度恋をした』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月15日(土)放送終了〜2020年2月22日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『パパがも一度恋をした』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『パパがも一度恋をした』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『パパがも一度恋をした』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじ

2020年2月15日(土)23時40分放送のドラマ『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじをご紹介します。

おっさん姿の多恵子、通称おっさん多恵子(塚地武雅)にようやく慣れ始める吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。

そんな中、新たな騒動が巻き起こる。

多恵子(本上まなみ)の父・十郎(山田明郷)が突然、家にやってきたのだ。

謎のおっさんと暮らす吾郎に怒りを爆発させる十郎。

昭和のプロレスラーらしく吾郎をコブラツイストで締め上げるが、そこで吾郎は、おっさんが生き返った多恵子であることを叫んでしまい……

十郎に拒絶され意気消沈のおっさん多恵子。

そんな様子を見ていた吾郎は、「十郎の家に行く!」と強引におっさん多恵子を連れ出してしまう。

その様子に不安を覚えるトモ(福本莉子)。

一方、破天荒従兄弟・トカレフ(塚本高史)は吾郎の無鉄砲さを面白がって田舎までついてきてしまう。

だが、当然、十郎は吾郎たちを受け入れず……

娘を失った老親の愛と悔恨、そしてほんのちょっとのあたたかな奇跡を描く、笑って泣ける第三話!

見た後、あなたはきっと家族に電話したくなる!

ドラマ公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

るちるち
第4話の見所と楽しみな点はママ側の父がパパの就職をしていないことを怒り娘をママ側の父の方に引き取ろうとすると思います。

しかし、それを阻止しようとママとパパが奮闘していくそんな展開になっていくと思うので楽しみです。

そして、ママ側の父もママである事に気付いていくのではないかと思います。

また、娘の進路希望が獣医であるのでその、進路についても第3話で触れていって欲しいなと思っています。

まだ娘はママの魂が宿った謎の男がママであることに半信半疑ですのでこの第3話でママである事を確信して欲しいなと楽しみにしています。

ペンネーム:るちるち(20代・女性)

よしか
次回は妻(本上まなみ)の父親に挨拶に行くようで楽しみです。

予告の映像では義父に技を決められてる五郎さんはギャグでしかなかったですが、真剣に2人が語り合っているシーンもあったらいいなと期待しています。

おっさんとトモちゃんが少しずつ仲良くなっていくシーン、2人のほのぼのシーンもあると嬉しいです。

五郎さんからおっさんが娘だと告げられた時の義父のファーストリアクションもとても楽しみです。

義父さんがあんなにゴツイ人なら、義母さんは娘さんにそっくりの美人さんが演じていそうですね。

義母さんがどんな人物なのかも楽しみです。

ペンネーム:よしか(30代・女性)

はるか
展開予想は、おっさん多恵子と一緒に暮らす事が、当たり前になってきた吾郎とトモは、三人でまったりと過ごしていた。

そこに多恵子の父親が、訪ねて来て吾郎が、おっさん多恵子といちゃついている所をみてしまう。

怒った十郎は、吾郎にプロレス技をかけるが、おっさん多恵子は、多恵子だと言われて驚く。

しかし、おっさん多恵子が、多恵子しか知らない十郎との思い出を話すのを聞いて多恵子だと喜ぶ。

おっさん多恵子と十郎は、実家で思い出を語り合った。

楽しみな所は、おっさん多恵子が、家族に溶け込んでいる様子です。

楽しみな所は、十郎が、おっさん多恵子を娘の多恵子と分かるのかです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

おが
最愛の美人妻・多恵子が亡くなりショックで3年間引きこもっていた山下吾郎を小澤征悦が演じるようです。

多恵子がオッサンに生まれ変わり吾郎のもとに帰ってきて助けようとするストーリーは面白そうです。

多恵子を本上まなみが演じているが生まれ変わったオッサン役がドランクドラゴンの塚地武雅というのがナイスなキャストだなと感じました。

なかなか本上まなみから塚地に変わってるといくら言われても信用出来ないだろうし面白くなりそうです。

塚地が裸で現れるというのもよくわからないですがドラマで理由を確かめたいです。

個人的には加藤英太(トカレフ)を演じる塚本高史に注目しています。

ペンネーム:おが(30代・男性)

ぽんた
塚地がこの家庭にこの姿で、どこまで家族として接しれるのかと塚地自身もうすうすきづきはじめてきているのかなとか、急に小澤家から姿を消して、感動フィナーレを迎える展開なのかなとか思いますが、ともがもう少し、塚地のことを、気に入れば展開は変わってくるのかなと思います。

娘が受け入れない限り、塚地ははなれていくとおもうのでそこがこのドラマのポイントだと思います。

小澤が塚地とのガンダーラを達成できるかどうかはエンタメ要素だけだと思うので、ドラマのは本題とはあまり関係ない気がします。

回を増すごとに周りの人間も気づき始める展開になるかんじがします。

ペンネーム:ぽんた(30代・男性)

なる
吾郎さんの繰り広げる周りは男としてみるために起こるおっさんへのセクハラパートは次回どんなことが起こるのか?期待せずにはいられません。

ただ、今回銭湯に行くというかなりお色気度が高い(おっさんが女性だった場合に限る)シーンをやってしまったので次はどんなシーンを見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

トモは少しおっさんのことを認めてくれましたが、多恵子の実家に行くシーンが予告では流れましたが、どうみても厳格なお父さんはおっさんを多恵子とは認めてくれそうもないですよね!

どうやってお父さんを攻略していくのか。

お父さんは多恵子を認めるのか。

本当に楽しみです。

ペンネーム:なる(30代・男性)

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

なー

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ

今回の話は多恵子の父親である十郎に多恵子が生まれ変わったことを伝え、オッサンと一緒に暮らすことを認めてもらうために持田家に向かうのでした。

もちろん信じることができない十郎であの手この手で説得させようとしますがそのたびに大げんかになります。

そんな十郎でしたが多恵子に謝りたいことがありました。

同じく多恵子にも十郎に対しての心残りがありました。

十郎は勉強をしない多恵子に対して一度だけビンタをしたことがありました。

それに怒った多恵子は父の日のプレゼントを未完成のまま渡すことが出来ていませんでした。

しかし、山下家へ帰る日に多恵子はそのプレゼントを完成させ置いて帰ります。

十郎はこの多恵子の行動にオッサンが多恵子であると認めるのでした。

『パパがも一度恋をした』第3話の感想

今回の話で一番印象に残ったのは、多恵子の母親であるともこがオッサンの姿をした多恵子を自分の娘だと信じてくれたシーンです。

もちろん自分の最愛の娘がオッサンの姿になって生まれ変わったと言われても信じられないのが当たり前ですが、吾郎さんが十郎に対して「多恵子さんを僕に下さい」と土下座をする姿を見て「多恵子なのかも」と思ってくれたということでした。

その吾郎さんの姿を見て翌朝には多恵子と一緒に食宅に立ち朝食を並んで作っているシーンは、心が温まるものがありました。

頑固そうな十郎さんもお多恵子のことを信じてくれて仲直りできてよかったです。

ペンネーム:なー(20代・女性)

よしか

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ

従兄弟のトカレフ(塚本高史)のせいで多恵子(本上まなみ)の父、十郎(山田明郷)におじさんと住んでいる事がバレでしまいました。

真実を確かめる為に十郎は突然に家にやってきて、おじさん(塚地武雅)に膝枕耳掻きされている吾郎(小澤)を見てしまいます。

それを見て怒り爆発した十郎は吾郎をコブラツイストで締め上げ、吾郎は首を痛めてしまいました。

十郎に拒絶されて元気のないおっさんを見て、吾郎は「十郎の家に行く!」とおっさんを連れて十郎のもとに向かいました。

2人は多恵子の実家に訪れて、おっさんは多恵子だと説明するが再び拒絶されてしまいます。

そこに心配してついてきたトモ(福本莉子)とトカレフが説得して何とか家にあげて貰いました。

吾郎は十郎に何とか理解して貰おうとしますが上手くいきません。

吾郎とトモはレスリング教室でボランティアをしている十郎を見つけました。

それこで十郎の気持ちを聞きます。

3人で帰宅後、吾郎は十郎に「お嬢さんを下さい」と後下座します。

ここに居るのは多恵子だと。

多恵子が悲しむから信じて欲しいと訴えます。

それでも十郎は「信じられるかそんな事と。」その場から離れました。

翌朝多恵子の母がおっさんを起こしに来ました。

おっさんと2人で朝食を作ります。

母はまだ信じがたいところがあるけど心が多恵子だと感じる。あと吾郎さんの言葉に信じたと言います。

「いい人選んだわね。」とおっさんに微笑みました。

おっさんは十郎のもとに行きます。父の日に親子喧嘩話をした話をします。

「意地っ張りでごめんなさい。」と改めて謝りました。

その時に完成できなかった衣装完成させをその場に残して去りました。

3人がお別れする時に、十郎がおっさんが置いた衣装を着て駆けつけ謝りました。

2人は抱き合って泣きました。

『パパがも一度恋をした』第3話の感想

吾郎さんが多恵子とおっさんの狭間で喜んだり、悲しんだり、嫉妬したりする姿が面白かったです。

多恵子の父、十郎にコブラツイストされたがらもおっさんを庇ったり、多恵子を守りたいと訴えるところは格好よかったです。

トモとおっさんがお味噌汁を作るところは癒されました。

トカレフは自由すぎて、あまり度が過ぎると腹立ってきそうです。

おっさんと多恵子の母とのやり取りも良かったです。

卵料理でのやり取りも2人とも良い母しているなと感心しました。

こういう母になりたいし、家にいて欲しいです。

笑いどころも多くて来週も楽しみです。

ペンネーム:よしか(30代・女性)

toko3

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ

吾郎とおっさん多恵子とトモは3人で住むことに少し慣れてきていた。

そんな時に十郎が家にやって来た。

十郎は多恵子がおじさんの姿をしているので、吾郎とおっさん多恵子の関係を不審がっていた。

十郎は吾郎にレスリング技をかけてお互いに闘った。

十郎は首を痛めて家に帰っていった。

吾郎は自分たちのことを認めてもらうために、多恵子の実家に出向いた。

色々と話をするが、分かってもらえなかった。

多恵子は十郎の部屋の廊下で、自分の思いを伝えた。

また、母親のともこが多恵子のことを理解しようとして、一緒に朝ご飯を作ることにした。

朝ご飯を食べて、ともこがお見送りに行って吾郎たちは帰っていった。

だが、十郎がお見送りにやって来て多恵子に謝り皆がハッピーになった。

『パパがも一度恋をした』第3話の感想

おじさんの姿をした娘を分かろうとするのは難しいと思った。

十郎の気持ちは普通だと感じた。

吾郎がおっさん多恵子のことを分かってもらおうと、多恵子の実家に行って色々と話をする姿は素晴らしいと思った。

多恵子のことを大事に思っていたからだと感じた。

だが、トカレフが十郎におっさん多恵子がトモの下着を洗う時にニコニコしていることをしゃべってしまったことがダメだと思った。

トカレフが誤解されるようなことをしゃべらなければ、十郎も分かってくれたのにと思った。

また、朝ご飯がとてもおいしそうで食べたくなった。

お味噌汁にしょうゆを少し垂らすとおいしくなることを知ったので、家でやってみようと思った。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

おが

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ

おっさん姿の多恵子、通称おっさん多恵子(塚地武雅)にようやく慣れ始める吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。

そんな中、新たな騒動が巻き起こる。

多恵子(本上まなみ)の父・十郎(山田明郷)が突然、家にやってきたのだ。

謎のおっさんと暮らす吾郎に怒りを爆発させる十郎。

昭和のプロレスラーらしく吾郎をコブラツイストで締め上げるが、そこで吾郎は、おっさんが生き返った多恵子であることを叫んでしまい……

十郎に拒絶され意気消沈のおっさん多恵子。

そんな様子を見ていた吾郎は、「十郎の家に行く!」と強引におっさん多恵子を連れ出してしまう。

その様子に不安を覚えるトモ(福本莉子)。

一方、破天荒従兄弟・トカレフ(塚本高史)は吾郎の無鉄砲さを面白がって田舎までついてきてしまう。

だが、当然、十郎は吾郎たちを受け入れず……

娘を失った老親の愛と悔恨、そしてほんのちょっとのあたたかな奇跡を描く、笑って泣ける第三話!

見た後、あなたはきっと家族に電話したくなる!

『パパがも一度恋をした』第3話の感想

印象的だったシーンは、初めて奥さんが転生してきた瞬間です。

塚地武雅さん演じる裸のオッサンがなぜか空から光とともに出現するシーンは、戦隊モノのヒーローが変身して現れるシーンみたいで面白かったです。

ブサイク芸人と言われている塚地武雅さんがかっこいいキメ顔で屋上に降ってきただけのシーンでしたが、とても印象に残るシーンだったと思います。

ほかにも、引きこもりの吾郎さんのせいで娘が亡くなったはずのお母さんの両親に引き取られそうになります。

その時に家族をバラバラにしないために、オッサンが一生懸命ドアを突き破って吾郎さんを部屋から出すシーンも印象的でした。

娘のことだけを思えば母方の祖父母に預けた方が良かったと思います。

それでもオッサンがその家に娘を残すことを選んだのは、父親といることが大事だと思ったのだと思います。

自分がいられない分、母親として父親と娘はバラバラにしたくないというのが伝わってきて良かったです。

その後父親と娘が仲直りをしていきますが、その流れを優しい眼差しで見つめているシーンも印象的でした。

オッサンの姿でニコニコ嬉しそうに2人を見つめる姿が不思議な感じがして面白かったです。

ペンネーム:おが(30代・男性)

たまな

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ

吾郎が就職しないので怒った多恵子の父親が家に突然来る。

そこで吾郎は首を絞められてしまう。

するとおじさん姿の多恵子が吾郎を庇ったので何者かと驚く。

そこで吾郎はこのおじさんが多恵子だと告白してしまう。

だが多恵子の父親は全く多恵子だとは認めてくれない。

その後、吾郎とおじさん多恵子は多恵子の父親に本当に多恵子だと言うことを信じてもらおうと家に行く。

そこで信じてもらうために味噌汁を作ったりしてわからせようとするが全く気がついてくれない。

吾郎は土下座までして父親に信じてもらおうと奮闘する。

その後、おじさん多恵子は父親に昔一回だけぶたれた話をしてわかってもらう。

そのあと、吾郎とおじさん多恵子が帰ろうとしていると信じてくれた父親が走ってきて多恵子に謝り二人はわかり合うのだった。

『パパがも一度恋をした』第3話の感想

吾郎の多恵子の存在をわかってもらおうとする姿がすごく感動しました。

でも普通の人間はおじさんが我が娘なんて信じたくはないと思います。

もしそれが本当だったとしても絶対に嫌です。

自分がもし多恵子の父親だった場合は絶対に信じないと思いますし信じたくはありません。

でも生きてると分かればどんな姿だったとしても嬉しいものなんでしょうかね。

やはり吾郎と多恵子おじさんの二人はお似合いの二人ですね。

本当に見た目はおじさんなのですが、だんだん女性に見えてくるから不思議な感覚です。

やはり演技力はピカイチですね。

これからの展開もすごく楽しみです。

ペンネーム:たまな(30代・男性)

のら猫ひろし

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ

十郎の家をトカちゃんが訪ねています。

十郎は、彼から、吾郎の家の家事はおっさんがやっていることを聞かされます。

「何だそのおっさんというのは?」と十郎は、吾郎の家に向かいました。

十郎は、吾郎に後ろからチョークスリーパーを決めながら、「お前は誰だ?」とおっさん多恵子に問いかけます。

おっさん多恵子が「多恵子なんです!」と叫びました。

十郎が、「なんだと?」とおっさん多恵子の胸ぐらを掴むと、トモが帰ってきます。

二度と顔を見せるな!と吐き捨てた十郎は、家を後にしました。

吾郎は、おっさん多恵子を伴って十郎の家を訪ねます。

遅れて、トカちゃんの車に乗せてもらったトモも現れました。

吾郎とトモは、十郎の後を尾けます。

十郎は、レスリング教室に入っていきました。

吾郎とトモは、正座で十郎の話を聞きます。

十郎は、3年前に多恵子が亡くなって、ボランティアでレスリングを教えるようになったと告白しました。

そして、「あることを謝らないまま、多恵子が亡くなってしまった・・・」と肩を落とします。

おっさん多恵子は、実家のミシンを借りてある衣装を仕立てました。

それを持った、おっさん多恵子は、ふすま越しに十郎に話しかけます。

父の日のプレゼントをこっそり作っていた時に、試験前なのに遊ぶな!と頬を叩かれた思い出を話しました。

そして、「プレゼントは未完成のまま・・・いじっぱりな娘でごめんなさい・・・」と衣装を廊下に置いて、立ち去ります。

バス停で、吾郎とトモ、おっさん多恵子、多恵子の母・りつ子がバスを待っていました。

そこへ、「多恵子ーー!」と十郎が叫びながら走ってきます。

十郎は、おっさん多恵子が仕立てた入場コスチュームを羽織っていました。

十郎は、「多恵子!殴ってしまったこと、ずうっと後悔していたんだ」と涙を溜めて言います。

そして、十郎は「多恵子!」とおっさん多恵子を抱きしめました。

『パパがも一度恋をした』第3話の感想

私は、ドラマの中盤までは、おっさん多恵子はおっさんでしかないと観ていました。

ですが、じわじわとおっさん多恵子が、多恵子に見えてくるから不思議です。

特に、ラストの5分間で、涙腺が崩壊しかかります。

おっさん多恵子が、ミシンを操っている時は、何を作っているんだ?と疑問が浮かんでいました。

それは、学生時代に作った未完成の入場コスチュームだったのですね。

そして、完成したその入場コスチュームは、十郎と多恵子しか知り得ない事実ですから、十郎はおっさん多恵子を信じることになったのでした。

多恵子!と十郎が、おっさん多恵子を抱きしめるシーンに、心を持っていかれました。

ペンネーム:のら猫ひろし(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『パパがも一度恋をした』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA