パパがも一度恋をした|3話ネタバレと感想。元プロレスラーの父も受け入れた感動回!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月15日(土)オトナの土ドラ「パパがも一度恋をした」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
おっさんと住んでいることを、多恵子の父・十郎にばれるようです。

十郎は、おっさんが多恵子と伝えてどんな反応をするか楽しみですね。

ラマちゃん
吾郎は、おっさんを多恵子の実家に連れて行く。

どんなドタバタが待っているかな。結末は。

多恵子の父・十郎に、おっさんと住んでいることがばれる。十郎に締め上げられ、おっさんが多恵子だと言ってしまう。十郎に拒絶され落ち込むおっさんを吾郎は、十郎の家につれて行き.....。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』3話あらすじネタバレと感想

トカレフは、多恵子の父・十郎に、吾郎は就職しておらず、おっさんが家事をやっていると言ってしまう。十郎は激怒して、吾郎の家に向かう。

吾郎はおっさんを陰で見ながら、好きなところ嫌いなところを探していた。タロスケが耳かきをしているのを見て羨ましくなり、おっさんの膝を奪う。

その様子を、横目で見ながら、トモは学校に行く。トモは、吾郎が好きなおっさんのことを受け入れるべきか悩んでいた。友人のサキが山下家に災いがくると聞き学校から帰る。

耳かきをおっさんにしてもらっている吾郎の姿を見て、怒り家に乗り込んでくる十郎。吾郎にコブラツイストで締め上げる。吾郎は、おっさんが多恵子だと言ってしまう。

十郎は、おっさんの胸ぐらを掴み、多恵子だと、と怒りをぶつける。おっさんは、十郎に分かってもらえなかったのが寂しかった。

トモが帰ってきて、十郎がようやく大人しくなる。十郎は、二度とくるなと言い残し山下家を出て行く。

トモは、十郎を追いかけ、吾郎をいじめないで欲しいと言う。トモは、十郎の妻・ともこから連絡を受けて心配になり帰ってきたのだった。

十郎は、吾郎が就職しないなら、トモを近々引き取ると言い、去って行く。

吾郎は、トカレフに、おっさんのことを言わなくても良かったと責める。おっさんは、十郎に認めてもらえなかったことがショックで、食欲がなかった。

吾郎は、おっさんが密かに十郎たちと写った結婚式の写真を見ているのに気づき、十郎の家におっさんを連れて行くと言い出す。トモは無謀だと言うが、吾郎の決意は変わらなかった。

トモは心配して、トカレフは面白がって、二人の跡をつけて行く。

十郎の家についた吾郎は、多恵子が生まれ変わっておっさんがきたと説明するが、十郎も、妻・ともこも信じてくれなかった。

ともこは、多恵子の夫である吾郎には変わりがないし、お連れの方も、ごはんを食べて行ってと誘う。跡をつけてきたトモとトカレフも合流しごはんを食べる。

おっさんは、自分が書いた絵がまだ残っていたり、母の手料理の味だと懐かしむ。

吾郎は、おっさんが作った多恵子の味噌汁を飲ませて十郎に気づいてもらおうとするが、妻・ともこと同じ味だと言い失敗する。

おっさんに昔のように十郎におんぶしてもらい甘えればと試すが、十郎は、おっさんを近づけるなと怒る。

トカレフは、おっさんが炊事洗濯をよくやるいい人だと説明する。トモの下着だって洗っていると言ったとたん、十郎は怒り出し、おっさんを投げ飛ばす。

トカレフは用事があると帰って行き、トモは、もう諦めようと言うが、吾郎の決意は変わらない。

十郎は、プロレスのコーチをやっていて、吾郎とトモは見学させられる。

おっさんは、一人、十郎の家に行き、とこもに、仲直りのためミシンを貸して欲しいと頼む。ともこは、針に糸を通すのが苦手ではと言い、おっさんが多恵子だと気づきはじめる。

十郎は、多恵子が亡くなり寂しさもあって、このプロレス教室のコーチを務めていると言い、子供の中に紛れていると癒されると。多恵子に対して謝ることができなかったことが1つあると。

十郎の家についた吾郎は、突然、土下座して、お父さんとお母さんの宝の多恵子を下さいと。その声を聞いて、おっさんとともこが出てくる。

吾郎は、お父さんとお母さんの宝のように、多恵子にとっても、お父さんとお母さんは宝だと。そんな二人に信じてもらえない多恵子は辛いと訴える。

十郎は多恵子は死んだんだと言うが、吾郎は、多恵子がおっさんになって戻ったことを、信じられないかもしれないが信じて欲しいと願う。

おっさんは、吾郎の言葉に涙を流し、吾郎の傍によってもういいから頭をあげてという。

必死な吾郎を見て、十郎の心は揺らぐが、このおっさんが多恵子だとは信じられないと言いプロレス教室に逃げてしまう。

母・ともこは、吾郎とおっさんとトモに家に入りなさいと言い、一晩泊めてもらうことに。その夜、おっさんはミシンで何かを縫っていた。

ミシンをしたまま寝てしまったおっさん。母・ともこが、今日は人数が多いから朝食作るのを手伝ってと起こす。

おっさんは、母・ともこと息がぴったりで、たまごの料理の好みまで知っていた。

おっさんは、ともこに信じてくれたのと聞く、ともこは頭では理解できないが、心が多恵子だと言っているし、吾郎があんなに真剣になるのは、多恵子だからでしょうと。

おっさんは、ともこ秘伝の味噌汁の隠し味のしょっつるをトモに教える。トモは、お母さんの味だと分かる。

朝食を作ったが、十郎は食べたくないとトモに良い食卓に出てこない。ともこは、がんこだねと言い食べようと皆を誘う。

おっさんは、十郎の部屋の廊下に座り、返事はいらないからと話だけ聞いてと語りだす。

昔、十郎にプレゼントをサプライズで渡そうと作っていたら、十郎に勉強してないと怒られ殴られた。人生で殴られたのは1回だけよと言う。

それ以来わだかまりが残ったままで、プレゼントも完成できなかったと。十郎はじっと聞く。

おっさんは、昨晩作り上げたプレゼントを廊下において去って行った。

ともこは、いつでも来てと、バス停に、吾郎とおっさんとトモを送って行く。

向こうから、ものすごい勢いで多恵子と呼び、おっさんがあげたプレゼントの試合着を着て、十郎がかけてくる。

十郎は、おっさんに、殴ったことをずっと後悔していたと謝る。十郎には、おっさんが多恵子に見えてきて、おっさんも、私の方が悪かったと謝る。

十郎は、おっさんを抱きしめ、親子は仲直りをしたのだった。ともこもその姿をみて喜ぶ。

トモは、吾郎の愛が山を動かしたのか、おっさんの愛が通じたのかと思う。

山下家に帰った吾郎はどっと疲れていた。タロスケを一人ぼっちにしていたことに気づき、皆で謝る。

ここまでがネタバレですが、第3話は、十郎におっさんの存在がばれる。おっさんを十郎に認めさせるため実家に行く。吾郎は、様々な手で説得し.....。

多恵子の父・十郎が怒って、コブラツイストを吾郎にかけ締め上げました。おっさんを多恵子だと言ってしまう。ついに、バレテしまいどうなるだろうと心配でしたね。

父に拒絶されたおっさんをなんとかしようと、吾郎は、土下座して、結婚の申し込みをした時のように必死で頼みました。吾郎は、おっさん多恵子を愛し始めたのですね。

ドラまる
母・ともこは、実家で懐かしがるおっさんの様子を見て、多恵子だと気づいたのですね。

頭では分からないが、心では多恵子だと分かるというセリフに母親だなとジーンときました。

ラマちゃん

十郎は、娘・多恵子を殴ったことを後悔していて、多恵子もそのままにしておいたことを後悔していたのですね。

おっさんが縫ったレスリング用の上着が親子を結びつけましたね。感動でした。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』3話ネット上の反応

ドラまる
泣けたというネットでの声が上がってきてますね。

ラマちゃん
十郎のムキムキ、多恵子とのわだかまりを消したレスリング上着と皆さん見てますね。

スポンサーリンク

ドラマ『パパがも一度恋をした』3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『パパがも一度恋をした』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『パパがも一度恋をした』4話のあらすじ

2020年2月22日(土)放送のドラマ『パパがも一度恋をした』第4話のあらすじをご紹介します。

おっさん多恵子(塚地武雅)を帰ってきた妻・多恵子(本上まなみ)としてすっかり受け入れた吾郎(小澤征悦)は、娘のトモ(福本莉子)と共に夕食を作るその姿にウットリと惚けるが、そのトモが未だにおっさん多恵子のことを「おじさん」と呼んでいることにはモヤモヤが募るばかりだ。

そんなある日、タロスケ(麿赤兒)が浅草で焼鳥屋を営む従兄弟・菊三(大久保鷹)の孫・片瀬りの(粟野咲莉)を連れてきた。

りのの母でシングルマザーのナナ(橋本マナミ)が海外出張の間、りのを山下家で預かることにしたと言うのだ。

「ともおねえちゃんは何でたえこさんをママって呼ばないの?中身はママなんでしょ?」

りのの言葉にヒントを得た吾郎は、トモにおっさん多恵子をママと呼ばせるため、おっさん多恵子の見た目を変身させる作戦に出たものの…。

さらに山下家は、りのの突然の悪戯で大騒動に!りのの心にナナとの親子関係が影を射していると知った吾郎は…。

吾郎は母娘を幸せにできるのか?

そして、トモとおっさん多恵子の関係の行方は?

あなたはお母さんに本当の気持ちを伝えてますか!

親子の絆に胸がキュンとなる第4話!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『パパがも一度恋をした』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

おっさんが多恵子だと父・十郎に言ってしまう。吾郎は、十郎の家に行き、土下座で必死に頼む。十郎が、多恵子を殴った後悔を、おっさんが縫ったプレゼントが溶かし、おっさんを認める。

ドラまる
トモが未だにおじさんと呼ぶのが気になる吾郎。おっさんの見た目が悪いからだと判断し

なにやら、おっさんにドレスを着させるようです。逆に笑えそうですね。

ラマちゃん
タロスケの従兄弟の孫・りのを預かる。その女の子が騒動を巻き起こす。

りのとシングルマザーの母親との関係に原因があると知った吾郎が、頑張るようですね。

おっさん多恵子を父・十郎に認めさせようと、吾郎が必死でしたね。吾郎の多恵子への愛が見えたきがしましたね。

父・十郎との親子関係も、おっさん多恵子の気遣いで良くなりました。今話は、心が温まる感動回でした。

次話、おっさん多恵子とトモの母娘、タロスケの親戚のシングルマザーの母娘という母と娘の話のようです。心温まる物語だといいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA