病室で念仏を唱えないでください|5話ネタバレと感想。坊主救命医復帰!救い続けることを誓う!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月14日(金)「病室で念仏を唱えないでください」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
松本が、虐待していた義父を殴って逮捕、出勤停止となってしまう。

救命救急はどうなってしまうのでしょうか。児嶋が転科してくるようですが。

ラマちゃん
謹慎中の松本、僧侶の師匠の友人が臨終となり駆けつける。

僧侶として医師としてどう立ち向かうのでしょうか。動向が気になりますね。

虐待義父を殴り、無期出勤停止になる松本。僧侶の師匠の友人の臨終に向かう。家族は死を覚悟する中、松本は、僧侶として、医師として葛藤。松本が不在の救命救急には、児嶋が転科し.....。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話あらすじネタバレと感想

少女に性的虐待をした義父を殴った松本は、逮捕され無期限の出勤停止となる。

師匠・円明の寺で謹慎をしているが、円明から殴ったことで誰か救われたのかと問われ、悩む。

松本の不在の救命救急には、松本から頼まれたと整形外科の藍田が座っていた。児嶋が、松本の元で学びたいと心臓血管外科から転科したいと申し出てくる。玉井部長は戸惑う。

濱田は、児嶋から、松本のように目の前の患者を治したいから救命救急に転科したいと言われ、茫然とする。

院長・渋沢は、濱田がきてくれて心臓血管病院の認可が降りそうだと、その後の野望のため、救命救急は廃止する方向で考えていると述べる。

幼い頃溺れている友達を助けられなかった松本。その父親・憲次から、飲みに誘われるが、咳をするのが気になった。

円明の昔からの友人の石川の臨終が近いと、円明の弟子・唯円と向かう。延命治療はしなくてもいいという家族に、松本は、人間の五感のうち耳は最後まで通じると言い、声掛けをお願いする。

松本は、円明の弟子・唯円に気の利いた説法をするようにと突っつくが、二人とも何も言えないでいると、家族から笑いがあった方が父親は好きだったと言い、皆で昔話をして笑う。

救命救急では、児嶋が奮闘していた。頭を怪我をした患者が運び込まれ、研修医の田中から、松本ならここで迷わずオペすると言われ、覚悟を決めて助けようとする。

石川の家族は、母親が亡くなったあと、父親がいなくなり、お遍路に行ってきたと、寂しかったのだと話しているうちに、老衰で静かになくなる。家族の幸せな顔に松本は安心する。

救命救急は、藍田が、松本のリクライニングシートを占領して遊んでいた。三宅たちは熱い松本がいないことに寂しさを感じていた。

虐待で亡くなった少女の小学校の先生・植木が訪ねてきて、最後に松本が安心していいよと言ったことで、幸せだったと礼を言いにくる。松本にも同じ手紙を出していた。

日本心臓外科学会 理事長 大貫の講演に出席した濱田は、大貫から心臓外科医を集めているようだが何を企んでいると声をかけられる。

濱田は、裏で政治がらみの何かをしようとしていた。

三宅は、心臓血管外科に入院するマナを見て欲しいと連絡が入る。濱田が慌てて帰ってきて、虫垂炎だと聞くと安心する。

三宅は、濱田の異様な慌てぶりに裏に何かを隠している悪い人ではと問う。濱田は、苦笑いしてごまかす。

松本は、憲次と飲む。立派な医者になったと松本は褒められるが、まだまだだと言う。

石川の父が、老衰で静かに亡くなり、良い死に方だったと言う。憲次もいい死に方とはなんだろう語り、自分の望むように死にたいと語る。

憲次は、息子が死んだことが、松本を医者にし、沢山の人を助けたと。これからは、気にせずに自分の道を歩んで欲しい。松本は子供みたいなものだからと言うと。松本の目に涙が溢れる。

憲次の娘・あやも合流して飲む。店を出ると、建築現場の事故に遭遇する松本。憲次たちに帰っていてと言い、現場に向かって行く。

あやは、松本が飲んでいることを心配するが、憲次は、最初からお茶しか飲んでいない立派な医者だと褒める。

松本は、がれきの下の重症患者をみようとすると警官に止められる。同じ現場に居合わせた三宅たちに、医師であることを説明してもらい事なきを得る。

三宅は、突っ立ってないで、助けてよと松本に言い、病院まで行く。児嶋に会って、我々しかいないから骨盤挫傷の患者を手術するぞと言う。

玉井部長は、松本に謹慎中だと止めようとするが、松本は、自分はどうなってもいいから、患者は助けると聞かない。

院長・渋沢が現れる。玉井にあれほど頭を下げられてはねと言い、本日付で、復帰が許可される。玉井は、すぐに、松本に患者の元にゆくように促す。

玉井は、渋沢に、虐待していた義父をだれか殴って欲しいと思っていたら、松本が殴ってくれてすっきりした。ああいうバカが救命救急には必要なのだと頭を下げたのでした。

松本の手術で患者は助かる。玉井は、休んだ分まで働くようにと言い。三宅たちからもお帰りと言われる。

児嶋も、救命救急にきたと知ると喜ぶ松本。

松本は、円明に、殴ったことで謹慎になり、多くの人を助けることができなかったと後悔を語る。

虐待された少女をもっと長く生かせたかった。殴ったのは、助けられなかった自分への苛立ちからだったと懺悔を述べる。

医者として多くの人を助けてきますと円明に言う。

濱田にエレベーターでいっしょになる松本。児嶋は、なぜ脳外から地獄の救命救急にいったのかと濱田に言われ、悔しがる松本。

昨晩股関節挫傷で助けた患者・浅木からは、借金があるから助けて欲しくなかったと言われ、落ち込む三宅。

そうじのおばちゃんは、松本と久しかった患者が昨晩なくなったと伝える。松本の謹慎の話をしてやるととても喜んでいたと教える。

三宅は、人の命を助けても心までは救えないと落ち込んでいた。松本は、浅木の担当するからと。

松本は、人を生かすのも、見送るのも正しくあるのは難しいと、命を救う、魂を救う狭間でやるしかないと心に誓う。

食中毒患者が運び込まれる。

憲次の娘・あやから泣きそうな電話があり、憲次の自宅に向かう松本。憲次は、「大騒ぎするから、肺がんだよ」とにこやかに言う。

ここまでがネタバレですが、第5話は、謹慎になった松本、老衰による安らかな死や、虐待された少女の先生からの手紙で、助け続ける思いを強くし.....。

少女を虐待した義父を殴ってしまった理由を、師匠の円明から尋ねられ、憎かったからだと言います。医師として僧侶として松本は悩んでいましたね。

老衰による静かな死に向き合い医者としてなにもできない自分や、少女を助けられなかった自分。憲次からは、溺れて亡くなった息子の代わりをもう十分果たしたとも言われましたね。

ドラまる
松本は、人の死に向き合う中で、医師として、救い続けたいと思いが強くなりました。

だから、事故現場に直行して助けようとしたのですね。

ラマちゃん
玉井が院長に、松本が復帰できるように頭を下げていたとは。玉井を見直しました。

復帰できて本当に良かった。三宅たちも待ち望んでいましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話ネット上の反応

ドラまる
今話の素敵だった、掃除のおばちゃんの名前が弁天様でさらに素敵ですね。

ラマちゃん
濱田先生の怪しい動きに皆さん注目ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

病室で念仏を唱えないでください|見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』6話のあらすじ

2020年2月21日(金)放送のドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第6話のあらすじをご紹介します。

幼馴染の父・憲次(泉谷しげる)から、手術では取り除く事が出来ない肺腺癌にかかっていることを告白された松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める。

だが、医者として治療を薦める松本は、憲次は「お坊さんとしてなら?」と問われると、延命治療をせず親族に看取られ亡くなった石川の姿が脳裏をかすめ、医者として、僧侶として思い悩む。

あおば台救命救急センターのスタッフルームでは、転科してきた児嶋先生(松本穂香)を囲んで和やかな時間を過ごしていた。

すると、いつものようにホットラインが鳴り、倒壊事故で意識不明の30代の男性と60代の男性二人を受け入れることに。

さらに、新たにボウリング場でケガをしたという40代の男性も搬送されてきたが、救急車から運びだされた患者は、なんと整形外科医の藍田先生(堀内健)だった…!?

松本・児嶋・吉田(谷恭輔)・長見(うらじぬの)らが懸命に処置を続けていると、先にホットラインが入っていた倒壊事故により意識がない患者・和田洋平(吉沢悠)が搬送されてきた。

アラーム音が響く危機的状況の中、洋平の処置に入った三宅(中谷美紀)は愕然とする…。

ある日、濱田(ムロツヨシ)は、理事長の澁沢(余貴美子)から、状態が悪くリスクは大きいが、病院の宣伝に使えると大物芸能人御代田(藤井隆)の手術を持ち掛けられる。

いよいよオペの日、オペの見学に行った児嶋は、患者のある異変に気が付く…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

虐待され死亡した少女の義父を殴り謹慎した松本。家族に見守られる幸せな死、少女の先生から優しさに感謝する手紙、幼馴染の父からの思いを聞き、命を救い続けたいとあらためて思い復帰。

ドラまる
幼馴染の父・憲次はガンになり、治療はしないと言う。

松本は、医師の立場で治療をすすめるが、僧侶の立場でと言われ戸惑うようです。どうするのかな。

ラマちゃん
整形外科の藍田が搬送されてくるようです。何があったのでしょうか。

別の搬送された患者を診て、三宅が驚く。だれなのでしょうか。楽しみですね。

謹慎になり松本が、さらに、人を助けたいという思いが強くなりましたね。そんな松本を、救命救急の仲間が嬉しそうに迎える。ますますいいチームですね。

理事長の澁沢と濱田が怪しいですね。何やら、政治がらみの利権のにおいがします。この二人の動きに注目ですね。

次話、濱田が、病院の宣伝のため大物芸能人の手術をする。そのオペの見学に入った児嶋がある異変に気づくようです。松本に鍛えられた児嶋が濱田を救うのか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA