病室で念仏を唱えないでください|3話見逃し動画無料視聴はこちら【1/31配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話(2020年1月31日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『病室で念仏を唱えないでください』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『病室で念仏を唱えないでください』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『病室で念仏を唱えないでください』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『病室で念仏を唱えないでください』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『病室で念仏を唱えないでください』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年1月31日(金)放送終了後〜2020年2月7日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『病室で念仏を唱えないでください』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『病室で念仏を唱えないでください』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『病室で念仏を唱えないでください』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじは?

2020年1月31日(金)放送のドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじを紹介します。

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。

交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。

ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。

その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。

そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

ある日、救命救急センターに男性患者が運ばれてくる。

その場ですぐに開胸手術が必要と判断した松本は、心外に支援要請するが、駆け付けてきたのは児島(松本穂香)一人だった。

執刀医の経験が浅い児島はひるむが、松本が手助けするからという言葉を信じ執刀を決意するが児島はひるんでしまう。

一方で、執刀中だった濱田(ムロツヨシ)のもとに児島の手術の話が入り、松本に嫌味たっぷりの不満をぶつける。

そこに、自殺を図ったと思われる男性が運ばれてくる。それは、先日退院したはずの宮島だった。

夜になり、救命救急センターに、ドクターカーの出動要請が入る。

松本と三宅が駆け付けると、会社の倉庫で火災が発生し、数人のケガ人が出ていた。

さらに、二次災害が起こり意識不明の消防隊員が運ばれてくるが…。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

rai
次回は交通事故で入院をしていた患者が、突然いなくなってしまうのがどうなるのか気になります。

みんなで探して、中庭で倒れているところを発見されるところに注目したいです。

そして松本が何で病院を抜け出したのか、問いただすところも見どころだと思います。

また開胸手術が必要だと松本は、心臓血管外科医へ要請するけど児島一人が駆けつけるところも楽しみです。

児島はあまり経験がない中、頑張っていく姿にも期待したいと思います。

濱田に児島の手術の話が入ると、松本に嫌味を言うところも面白そうです。

さらに倉庫で火災が発生し、二次災害が起こるところも気になります。

ペンネーム:rai(20代・女性)

なー
次回は救急救命センタ―の三宅先生が救命医になったきっかけが分かるような話のようです。

きっかけとなった男性が次回の患者さんのようなので、いつものように冷静な判断を三宅先生ができるのか、またなぜ救命医になったのかが明らかになると思うのでそこを楽しみにしています。

また、今回の話で心臓血管外科医の児島先生が救命医の凄さを知ったようでした。

次回の話でもしっかり登場することが分かりました。今後この児島先生が救命医にとてプラスの存在になると思っています。

また濱田先生と盛大にバトルをする可能性もあるので、今後の児島先生にも注目したいです。

ペンネーム:なー(20代・女性)

べさきん
2話では心臓外科の濱田達哉との少し和解がありましたが、少し煙たがってもいる関係性がどのようになっていくかが楽しみです。

最終的には協力して患者さんを助けていくという展開をみてみたいです。

3話では、三宅涼子が救命救急を指導してくれた消防隊隊長が出てくるとのことで、三宅涼子の過去も気になります。

三宅涼子の過去がどのように救命医になったのかも気になります。

心臓外科の児嶋と救命医の田中もなにかありそうな予告があったので、今後の恋の展開も気になります。

松本照円と三宅涼子が恋愛関係になり、くっついて欲しい願望はあります。

あるかわかりませんが、恋の展開も楽しみです。

ペンネーム:べさきん(30代・女性)

トンきち
病室での念仏は私が患者ならやっぱり、もう死ぬのかな?と思ってしまうかもしれないです。

今回のでのストーリーも涙が止まりませんでした。

坊さんでありながら、ドクターとしてもいける二足のわらじをはこうと思うきっかけがゆっくりと見えてきました。

辛いことを乗り越えるために人が優しくなるのかもしれないと考えさせられるドラマでもあります。

考えさせられることも多く毎日の当たり前の生活に感謝さえできる素敵なドラマだと思うので子どもと一緒に、3話も一緒に見たいと思えるドラマです。

家族みんなで応援しています。

小姑のようなドクターはいらっとしますが笑えます。

ペンネーム:トンきち(40代・女性)

かなた
次回は、病室から抜け出した患者が中庭で見つかるようです。

何があって病室から抜け出したのでしょうか。

どこかへ行くつもりだったのかも気になります。

そして、消防隊員も複数名運ばれてくるようです。

その中で、濱田と松本の謎の対立もあるようで、何もかも見逃せません。

次回はどのような患者に接して、どのような事件が起こるのでしょうか。

そして病院内でのフェアも気になります。

一話目はブラジリアンフェア、2話目はハンガリーフェアでした。

次回も煩悩全開で松本には頑張ってもらいたい次第です。

ナオト・インティライミさんと宇梶剛さんの活躍にも注目してみたいです。

ペンネーム:かなた(40代・女性)

たなか
次回は藤森というレスキューが救助の時に爆発に巻き込まれてしまい大ケガをしてしまうみたいです。

その人物は三宅にとってとても大切な人物のようで関係がすごく気になります。

やはり藤森を手術する時にまた松本と濱田が対立してしまうような気がします。

でも松本は自分がやると言い張って強引に手術をやりますが技術が追いついていないので濱田に助けられそうです。

その後、藤森は助かりますが怪我の影響でもうレスキューの仕事はできなくなってしまうと思います。

その事に藤森はとてもショックを受けてしまいますが三宅が話して元気付けると思います。

ペンネーム:たなか(30代・男性)

2020年冬ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

sss

『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレ

病室から抜け出した患者は自殺未遂を犯し事故に遭ったのではないかという照円と外へ逃げ出す患者宮島は警察に任せるのが普通だという三宅。

ある日救急センターに男性が運ばれてきた。

すぐに手術を始めなければ助からない為支援を呼ぶと児島がきた。

児島は濱田に不満を照円にぶつけていたが悪い人ではないと庇い、オペをやらせて貰えないことを悩んでいた為、照円は自分が支えると言い戸惑いながらもオペは見事成功。

濱田と照円は常にぶつかり合い、照円の患者を必死に救おうとする考えを貶すのであった。

その後自殺未遂の患者が運ばれてきた。先日救ったはずの宮島であった。

自殺未遂と言ったことに否定した事を思い返す三宅。

続いて火事の現場へ休む間もなく向かう救急センターの人たち。

そこに三宅のお世話になっている藤森がいた。

必死に救おうとするも人を助ける事に命がけの藤森は命を落としてしまうが、妻はいい人生を送ったという。

その後宮島が目を覚ました。

生きる意味を失っている宮島に三宅は、生きていてしんどいこともあるが、死ぬことで悲しむ人や生きているのが苦しくなる人が生まれる。

その為に生きる事が必要だという。

生きることの必要さを教えられた宮島は涙を流した。

『病室で念仏を唱えないでください』第3話の感想

医者でも生きているだけでしんどい時があると患者に言った三宅は人間らしさが出ていて、人を救う仕事をしていても感情があることや、悲しみでどうしようもない気持ちになることがあると聞き、患者と一緒の気持ちで安心感がありました。

大切な人を失うことを受け止める家族の強さや、自分勝手に命を落とすことで、悲しむ人や今後生きていく人の気持ちを考えることも必要だと教えられる医者はやはり強いなと思いました。

救急センターの人たちは悲しむ間もなく必死で働く姿がカッコ良かったです。

人を救うのに必死になったり諦め次の命を救うことを選ぶ人、正しい答えはないですが人間らしさが見られて楽しかったです。

ペンネーム:sss(20代・女性)

oto

『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレ

今回は入院患者が病院を抜け出して、みんなで探します。

無事発見されて松本が、なぜ抜け出したのか問いただすのです。

松本は三宅に、患者の心も体も健康に導きたいと話します。

そんな中心臓血管外科に要請をしたら、児島一人がやってきます。

児島はあまり手術の経験がなくて、思わず手が震えてしまうのです。

だけど松本のサポートにより無事成功します。

また三宅がお世話になった消防隊長の藤森が、火災現場で倒れてしまうのです。

三宅は必死に心臓マッサージをします。

だけど助けることができなかったのです。

三宅は悲しみで涙が溢れてしまいます。

『病室で念仏を唱えないでください』第3話の感想

今回は松本が病院を抜け出した患者に、なぜ抜け出したのか聞いたら、楽になりたいと言ったのがリアルだなと思いました。

患者の想いに寄り添っていたのが松本らしいなと思いました。

そして濱田が児島に厳しいことを言っていたのが、怖いなと思いました。

毎回感じ悪く言うのが印象的です。

児島がジムでサンドバッグに何回もパンチして、ストレス発散をしていたのが面白かったです。

また児島が手術で手が震えていた時に、松本が腹をくくれと言っていたのがかっこよかったです。

その言葉のおかげで、児島も助けられていたのが良かったなと思いました。

ペンネーム:oto(20代・女性)

にゃんこ

『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレ

救命救急センターのスタッフルームで雑談していると前回交通事故で搬送されてきた患者の宮島が病室からいなくなったと連絡を受けました。

病院の中庭で倒れている宮島を見つけ、病院を抜け出した理由を聞くとイマイチ理由を言いません。

松本はもしかしたら鬱ではないかと相談するが三宅に、松本の行動は救命医の域を超えて関わりすぎていると言われ良い争いになります。

ある日、救命救急センターに男性患者が運ばれてきました。

開胸手術が必要と判断した松本は、心外に支援を要請しましたが、駆け付けてたのは児島だけでした。

執刀医の経験が浅い児島は、自信がないと言いますが、松本がアシストし無事に手術を終える事が出来ました。

手術が終わり、執刀中だった濱田は児島が手術を成功させた事を知り松本に嫌みを言って去っていきます。

三宅と松本は濱田とのやり取りの事を話すとまたもや口論となります。

次に運ばれてきた患者は、先日退院したはずの宮島でした。

救命一丸となって究明します。

なんとか一命を取り留める事ができます。

そして夜になり、倉庫火災の為ドクターカーの要請がかかり、松本と三宅が出動します。

そして患者として運ばれたのは体調の藤森さんでした。

結果は助ける事が出来ず亡くなってしまいます。

宮島が目を覚まし、三宅はベッドサイドで話を始めます。

そしてその後に松本が部屋を訪れ説法を始めます。

そして宮島は前向きになり生きることを決意します。

中庭で横になっている三宅のもとを松本が訪れ話をします。

松本と児島が病院の中で話をし、児島が前向きに医師として成長したいと話をします。

救命に誘います。

濱田は児島を育てると同僚に話をしますが、救急のもとへ向かう児島をみてまたもや嫉妬の様な表情を写し、物語は終わりを迎えました。

『病室で念仏を唱えないでください』第3話の感想

今回は、三宅先生にとって試練が多かったのかなと思いました。

助けたのにまた死を選ぼうとする患者、助けたかったけれど助ける事が出来なかった患者と医者として色々な気持ちが交叉した回だったと思いました。

松本先生は、そんな三宅先生の事を分かっていたのかなと思いました。

その気持ちに寄り添う事が出来る松本先生はすごいなと思いました。

今後もお互いに支えて成長してほしいと感じました。

濱田先生と松本先生に関しては、今後も濱田先生の嫉妬は続いていくのかと思い、出来れば協力して患者さんを救ってほしいと思いました。

児島先生が良い仕事をしてくれると思います。

ペンネーム:にゃんこ(20代・女性)

さきママ

『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレ

交通事故で運ばれてきた宮島という男性が病室から居なくなった。

捜索の結果、中庭で発見されたが、宮島の様子から、松本は宮島が自殺志願者なのではないかと疑い、三宅に相談。

しかし、命も救ってやるべき事をやったという認識の三宅と言い合いとなってしまう。

一旦は退院した宮島だったが、数日後、再び意識不明で運ばれてきた。

自殺をしようとしたようだという。

そんな宮島を見て、三宅は「助けたのに何故」とショックを受けた。

そんな中、救命に火災現場への出動要請が入った。

現場に駆けつけた三宅が見たのは、親交の深かった消防士である藤森が、救助中に2次災害に合い運ばれる姿だった。

すぐに救命処置をするが、助けることは出来ず、三宅は泣き崩れるのだった。

『病室で念仏を唱えないでください』第3話の感想

消防士の藤森さんと、三宅先生の関係性がとても良い感じだと思いました。

研修医からの付き合いだと言っていましたが、藤森さんが、職種は違えど三宅先生の悩みを良く分かっていて、三宅先生も話しやすそうだということがよく分かりました。

だからこそ、藤森さんを助けられなかった時の三宅先生の悔しさ·悲しさは、計り知れないものだっただろうと感じました。

そんな中で、藤森さんの奥さんが、亡くなった藤森さんに「お疲れ様でした」「これでグッスリ眠れますね」と声掛けしたところには、涙が溢れてきました。

藤森さんは、素敵な奥さんと仕事仲間に囲まれて、幸せだっただろうと感じました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

かなた

『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレ

病室を抜け出した宮島を救出するも、過剰に心配する松本に考え方の違いから口論となる三宅。

その後、20年来の知り合いである消防隊隊長の藤森と話す三宅。

定年退所最後の仕事も間近だという藤森。後日、開胸手術が必要になり児島が応援に来る。

松本の助けを借りて手術は成功するも、退院したはずの宮島が自殺を図ったと搬送されてきた。

脈を取り戻した宮島に安心する間もなくドクターカー要請が入る。

出動した三宅と松本は藤森の処置を行うも、PBIが高く間もなく亡くなってしまった。

やってきた家族は「ゆっくり休んで」と藤森に声をかけた。

松本のように感情で動くのもいいかも知れないと思う三宅だった。

『病室で念仏を唱えないでください』第3話の感想

今回は相反するもの比較というか、そういう物が多かったなと思いました。

宮島と藤森の命についてもそうでした。

そして、同じ医師でありながら、患者に対する思いの違いで口論となる三宅と松本もいました。

そして、児島を認めながらもそっけなく接しつつも他へやる気はない濱田と、あわよくば救命に誘おうとしている松本もいました。

様々なものの、同じようで違うものというのが混在していたようでした。

ただ、答えは見つけられない問題なので、こういう口論なんかは今回の三宅のように、自分を見つめ直すことに必要なんだなと思いました。

ペンネーム:かなた(40代・女性)

マチ

『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじネタバレ

ある日、宮島という患者が病室から脱走してしまう。

救急の医師たちは院内で宮島を探す。

すると中庭で倒れている宮島を三宅が発見する。

宮島に松本はなぜ脱走したのかを聞くと楽になりたかったや最近、眠れないと話してくる。

それを聞いて松本は鬱病ではないかと疑うのだった。

少しして宮島は退院する。

後日、池田という救急の患者が運ばれてくる。

その患者の体から血を抜こうとするとかなりの量で大動脈損傷であることがわかり緊急オペをすることになる。

松本は心外の児島を呼んで力を借りる。

そしてなんとか助けることに成功するのだった。

後日、また宮島が救急で運ばれてくる。

処置室で心静止してしまったがなんとか一命を取り留める。

それから、塗装会社で火災が発生してしまい現場に向かうとそこで二次災害が起きて消防庁の藤森が意識不明の重体になってしまう。

急いで病院に運んで処置をするが亡くなってしまう。

その後、宮島が目を覚まし三宅に仕事が辛くなって自殺を図ったことを打ち明ける。

それを聞いた三宅は宮島を励ますのだった。

そして、宮島は心の治療をしてこれからの人生をジタバタしてみようと誓う。

『病室で念仏を唱えないでください』第3話の感想

今回の話で宮島のようなメンタルの人は現代社会では多いのではないのかなと感じました。

やはり仕事での人間関係が悪くなったら、物事を難しく考えすぎて自殺にまで発展してしまうケースというのは少なからず起きてしまうのでしょうね。

でも三宅が話していた。

奥さんのことを何も考えていないという言葉がとても沁みました。

やはり周りの人を悲しませる結果になるということを考える余裕もなくなってしまうのでしょう。

でも最後には、また前向きになった宮島がいたので少し安心しました。

三宅の、あの言葉が響いてくれたのだと思いました。

ペンネーム:マチ(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA