病室で念仏を唱えないでください|3話ネタバレと感想。坊主救命医の言葉で、一皮むけた女医!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年1月31日(金)「病室で念仏を唱えないでください」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
患者がいなくなり、虚ろな表情で謝る姿を見て、松本は、鬱ではないかと言う。

三宅は、救命医としての域を超えているのではと松本と対立。どちらが正しいのか。

ラマちゃん
松本は、心臓外来に応援を要請するが、来たのは経験の浅い児島。手術中にひるんでしまう。

濱田とまた対立するのかな。

入院患者がいなくなり大騒ぎ、中庭で発見されるが様子がおかしい。松本は、鬱を疑うが、三宅は、救命医の仕事ではないと反発。三宅は悩み、付き合いの長い消防士に話を聞いてもらうが.....。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』3話あらすじネタバレと感想

運転中にノーブレーキで壁にぶつかり入院していた宮島が病室からいなくなり、救命救急科は皆で探す。

その姿を見て手伝おうとする児島に、濱田は、カンファレンスの資料はできているのかと問い、医者は、手術して助けるのが役割だと諫める。

三宅が、中庭で、宮島を発見する。松本は、医者でもあり僧侶でもあるからと言い、宮島にわけを聞く。宮島は、楽になりたかったと言い、ただ眠れなかっただけと答える。

松本は、鬱かもしれないと三宅に言う。三宅は、救命医の仕事は、目の前の患者を助けることだと言い、鬱だとしても、本人が望まない限り精神科を受けさせることはできないと言う。

松本は、医者なら、病だけでなく心も救うべきだと言い、三宅は、それは坊主の仕事だと、押し付けるなと怒り出て行く。

翌日、退院する宮島に、松本は、大声で、一人ではないと励ます。

中庭で、三宅は寝ていると、十年来の知り合いの消防隊長・藤森に会い悩みを相談する。

藤森は、悩む前に火に飛び込むからと言い、そういう人間も必要だと。三宅は、松本を思い出しながら、どちらが正しいのかと考える。

松本は、いつものようにスポーツジムに行くと、児島が、サンドバックを叩きながら、濱田へのストレスをぶつけているのを見て驚く。

児島は、優秀な濱田がきてからオペを任せられなくなり、濱田から、医者だろうと罵られていることがストレスになっていた。

児島が、患者に最後まで寄り添う医者になりたいと言うと、松本は、それに共感し、もっと、別の場所で能力を発揮すべきだと助言する。

胸部に異常があり心臓血管外科に応援を要請するが、来たのは児島だった。松本は、自分が責任を持って前立をするからと、経験が2回しかないという児島を鼓舞する。

緊急オペがで児島が執刀すると聞いた濱田は、松本は、めちゃすると患者が死ぬよと言う。

剥離を続け、心臓クランプをする事態になると、児島の手は震えてくる。松本は、怖いかと言い、失敗しても、このまま放っておけば心臓破裂でなくなると言い鼓舞する。

児島は、大きく息を吸い、心臓クランプを行い、手術を成功させる。

別の手術を終えた濱田は、成功したのかと言い、松本に、心臓血管外科は、博打みたいなオペはできないと言う。

松本は、もっと、児島に経験を積ませるべきだと詰め寄る。三宅は、松本の手術着を引っ張り、喧嘩になるのを止める。松本の濱田に対する怒りは収まらなかった。

三宅は、濱田が言うことも理解できると言い、松本は、確実に助けられる患者だけやるのが医療ではないだろうと反論する。

自宅の風呂場で自殺した男が救急では運ばれてくる。退院した宮島だった。三宅は、せっかく助けたのにとショックを受ける。

心拍停止になった宮島に、声をかけながら、三宅と松本は必至に心臓マッサージを施す。願いが通じ、宮島の心拍が戻ってくる。

救命救急科は疲れて仮眠をとる。一人三宅だけが考え込み出て行く。

そうじのおばちゃんが、掃除をしていると松本が起きる。おばちゃんは、三宅先生は、毎日、顔色を変えずに仕事をしていると褒め、松本は、すぐに顔にでるからと笑う。

帰ってきた三宅を見ながら、松本は、微笑む、三宅の気持ちを少し分かったようだった。

塗装工場の倉庫から火災が発生し、ドクターカー要請が入る。三宅と松本が現場に向かう。

三宅と旧知の消防隊長・藤森が、被災者を見つけ火に飛び込み、倒壊した建物に挟まれ二次災害が起こっていた。

三宅と松本が、現場で、災害ラベルを判断していると、藤森が、救助される。

三宅は、藤森だと知ると足がすくむ。松本が、救助に向かうのを見て、追いかける。

すぐに、ドクターカーに乗せて、三宅は、研修医時代に現場を教えてくれた恩人だと言い、必ず助けると松本に伝える。

藤森は、気道にも煙を吸い込み危険な状態だった。心停止が起こる。アドレナリン投与をする。

三宅は、必死に心臓マッサージを続けるが、松本が、手を止めさせ、死亡診断をする。三宅の目には涙が流れ茫然とする。

藤森の家族がかけつけ、妻は、助けられなかった人を思い出し寝れない日々が続いたがこれでぐっすり眠れるねと涙ながらに言う。

その言葉を聞いた三宅は、以前、藤森が、ぐっすり寝ていると言ったことが嘘で、藤森も悩んでいたのだと悟る。

三宅は、自殺して意識を取り戻した宮島のベットに行き、あの中庭で寝ると嫌なことを忘れることができると言い、なぜ、宮島が、病室を抜け出して中庭に行ったのかと聞く。

宮島は電子エンジニアで、上司が変わったら仕事が辛くなった。病室の電子機器の音を聞いていたら仕事を思い出し、中庭に逃げたと語る。

三宅は、宮島が自殺すると悲しむのは奥さんだと言い、その上司と同じことを宮島自身がしていると指摘する。

生きているということは辛いことだとお釈迦様の教えだそうだと松本の言葉を借りて言う。

僧衣姿の松本が宮島の前に現れる。松本が、人は生まれてから死ぬまで苦行だと話し始めると、宮島は、三宅がきっと松本が少しはありがたい話に来ると言った通りになったと笑い出す。

宮島は、自分のため妻のために、心の治療をして、あがいて生きてみようと思っていると語る。

中庭で寝る三宅に、松本が近寄ると、さぼっているから起こさないで欲しいと言う。

松本は、三宅も患者のためを思っていたのだと謝ると、恥ずかしくなった三宅は、中庭に生えた苔の話をしてごまかす。

三宅は、たまには、一線を越えてやってもいいかな、どうせ眠れない夜が続くのだからと悟ったようだった。

児島は、濱田に、症例を集めて簡単にまとめたと持って行く。濱田も、児島を少し認めたようだった。

児島は、松本に、病棟が続いているが、オペばっかりしていた時よりも気づかされることが出てきたと語る。

松本は、ふと、お釈迦様の傍にすっといた僧侶を思い出し、児島も救急にきて、気づかせて欲しいと頼む。

そのころ、濱田は、瀬川に、児島にもっとオペをさせて育てたいと言う。児島を少し認めたようだった。

濱田が、そのことを、児島に伝えようとすると、松本から電話があったと救急に駆け込んで行き無視される。

濱田は、松本にまたジャマをされたと怒りを堪えていた。

ここまでがネタバレですが、第3話は、助けた患者が自殺したことで、三宅は悩む。心外の児島は、オペに震えるが、松本の一言で乗り越える。三宅に試練が.....。

三宅は、救命医としてやるべきことをしっかりやるべきだと、患者の命だけでなく心の病まで向き合うべきだという松本と対立しましたね。どちらも正しいですね。

助けた患者が自殺し、三宅は、松本のいうことも正しいのではと悩み出しました。旧知の消防士が亡くなり、必死で助けようとしたことで、たまにはがむしゃらにやることも良いと成長です。

ドラまる
松本が、今命を救えるのは児島だけだと言われたことが、児島も一皮むけることができました。

児島に自信がつきましたね。これからが楽しみです。

ラマちゃん
濱田は、児島の顔つきが変わったことに気づき、育てたいと思ったようです。

松本が児島を成長させたのだと感じ、悔しがってましたね。面白かった。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』3話ネット上の反応

ドラまる
濱田先生がムカツクけどそこが面白いと評判ですね。

ラマちゃん
研修医・田中に注目が集まってますよ。次回は、田中の回ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

病室で念仏を唱えないでください|見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』4話のあらすじ

2020年2月7日(金)放送のドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第4話のあらすじをご紹介します。

緊急オペを終えスタッフルームに戻ってきた松本(伊藤英明)はじめとする救命救急のスタッフたち。

松本は、心臓血管外科医の児島(松本穂香)が駆け付けてくれたおかげで手術は成功したと感謝を伝える。

だが、疲労困憊の吉田(谷恭輔)や研修医の田中(片寄涼太)から、「すべての患者を受け入れたい」という松本の考え方を反対される。

それは、部長の玉井(萩原聖人)や三宅(中谷美紀)、ヘルプで参加した整形外科医の藍田(堀内健)も同意見だった。

松本は「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように…」と自らの意思を語るが、サトリ世代の田中には全く通じず、言い合いになってしまう。

その夜、手術が成功しホッとしていた児島に、濱田(ムロツヨシ)から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と宣告される。

同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)という患者が運ばれてきた。

術後の後遺症も考えられるので早急なオペが必要とされ、松本は手術の立ち合いも含め、脳外の医師と共に手術室へ向った。

だが、知らせを聞き駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)は、吉田と田中が、功一の予後に関して話しているのを聞いてしまい、手術中止を訴えてくるのだった。

ある日の夜、ジム帰りの松本は、小学生の男の子・品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つける。

近づいてみると、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気が付く。

「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、その様子を見た主婦に、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。

その夜、あおば台病院に、小学校教諭・植木(松角洋平)に伴われ、女の子が運ばれてきた。

その子は、以前公園で虐待を疑った少年・凱斗の姉・愛羅(石田凛音)だった。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

患者の鬱を疑う松本に、三宅は、救命医の仕事ではないと反論。その患者が自殺し再入に悩む三宅。救命医の仕事を越えることも良いかと思い始める。心外の児島も、松本の言葉で成長する。

ドラまる
松本のすべての患者を助けたいという思いに、ついて行けないと吉田や研修医の田中が不満を言い出す。

松本と言い争いになるようですが、どのような展開になるのかな。

ラマちゃん
松本は、虐待が疑われる男の子が公演でいるのを見つけ、症状を調べようとしていると、

警察に疑われ捕まってしまうようです。どうなってしまうのかな。

病気も心の病もすべてを見たいという医師と僧侶の心を持つ松本に、そこまでできないという三宅。最後は、三宅も松本が言っているようにしてみようかと成長が伺えました。

児島も、松本の一言で自信がつきましたね。濱田は苦々しく思ったようです。これからも、熱い松本と冷静な濱田の対立が見れそうですね。

次話、研修医の田中が、なんでもかんでもやるという松本の考え方についていけないようです。松本の思いは通じるのか。田中はどう成長するか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA