病室で念仏を唱えないでください|2話ネタバレと感想。坊主救命医、過去を乗り越える!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年1月24日(金)「病室で念仏を唱えないでください」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
松本たちは、心臓血管外科の濱田から手術を断られるようです。

松本はどうやって患者を救うのでしょうか。濱田との対立は。

ラマちゃん
松本は、幼い頃、友達が溺れ助けられなかったトラウマを持つ。

同じような事故の現場に救命で行くようです。松本は大丈夫かな。

危険な状態の患者に、心臓血管外科の濱田に助けを求めるが断わられる。救命救急からは、不満が溢れてくる。中学生が溺れる事件が発生、松本は、30年前の自らの事件と重ねあわせ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』2話あらすじネタバレと感想

腹部大動脈瘤の患者が救命救急に担ぎ込まれる。心臓血管外科に手術を頼むが、濱田は手術中だと断ってくる。

松本たちはしかたがなく手術するが、センター長の玉井は他になぜまわさなかったかと嫌味を言う。

救命救急のみんなは、心臓血管外科が協力的でないことに不満を持っていた。

翌日、消防から溺死事故への現場応援が入る。三宅が、松本の過去を心配し行くと言うが、松本は、自分が行くと、研修医の田中と現場に向かう。

松本は、溺れて25分が勝負だと、昔、友人が目の前で溺れているのを助けられなかったことを思い出す。

溺れた少年・岡崎が発見されると、真冬の川に飛び込み、救急車に乗せ蘇生を試みる。一人の少年・丸山と目があうと、丸山は逃げて行った。

病院に着いても、岡崎は、低体温症で危険な状態が続いていた。松本たちは必至で蘇生を試みるが回復しない。

ようやく、心拍が再開し一息をつく。松本が、これ以上やることはない良くて植物人間だと後ろ向きのことを言うと、三宅は、目の前の患者を見ろ、過去に捕らわれるなと言う。

松本は、母親に、岡崎が握っていたペンケースを渡す。母親は、事故で亡くなった父親からもらったものだと泣きだす。

看護師の長見は、事故現場で、松本が川に入るのを躊躇し、念仏を唱えて落ち着くようなしぐさを見せていたと松本らしくないと驚く。三宅は、それを聞き松本を心配する。

僧衣に着替えた松本が、病院内を歩いていると、岡崎の事故現場にいた丸山を見つける。

逃げる丸山に追いつき、何があったのかと迫る。

丸山は、犬の散歩中に、岡崎にからかわれ、リードを離したらそれ以来犬が行方不明になった。仕返しに、ペンケースを川に捨てたら、あんな事故が発生したと泣きながら言う。

松本は、ペンケースの中には、父親の形見のボールペンが入っていたようだと言う。丸山は、謝りたいから、必ず助けて欲しいと懇願する。

その話を聞いた、三宅たちは、ラーメンを食べながら、なんとか助かる手はないのかと悩むが手だてがなかった。

松本は、岡崎が助かるように、溺れて助けられなかった哉のお墓で手を合わせていた。師僧の円明が神頼みかと声をかける。

事情を聞いた円明は、哉の家にお使いをして欲しいと頼む。松本は、久しぶりに哉の家を尋ねる。

哉の父・憲次と妹のあやが久しぶりだと出迎える。松本は、哉の遺影を見て、釣りに誘ったことを思い出していた。

憲次は、あまり背負いすぎないようにと松本に優しく言う。その言葉に、松本は、ただ、頭を下げるだけだった。

病院に戻った松本は、吉田から、少しずつ岡崎の体温を戻しているが変化がないと聞き、意識不明が続いていた。

他の院から、腹部大動脈瘤のホームレスの患者の受け入れ要請がある。

松本は、手術中の心臓血管外科・濱田に連絡を取るが、ホームレスと聞くと断ってくる。

松本は、自分で手術するから受け入れると言う。三宅が、手が空かないため、研修医の田中と手術を始める。

そのころ、心臓血管外科の濱田の手術は終わりに近づいてきた。児島は、あとは縫合だけだから、濱田に、救命救急を助けて欲しいと伝えるが、濱田は、行きたければ児島が行けば良いと。

ホームレスの手術をするが、松本は手間取っていた。児島が手術室の前で、躊躇していると、濱田が見学だと入って行く。

松本のメスさばきを見ながら、濱田はいちいち指摘する。松本が、ジャマするなら、出て行って欲しいと言うと、濱田は、児島を残し出て行く。

濱田が再び現れる。手術着に着替え、再建は自分がするから、出血カ所を探して欲しいと松本に指示する。

濱田のメスさばきを目の前でみた田中は、思わずキレイだと声を上げる。

手術は、成功し、濱田に礼を言う松本。濱田は、応急処置とはこういうことを言うのだと嫌味を言い、無駄な手術はしない方が良いと語る。

松本が、ホームレスでお金がないからかと言うが、濱田は、ホームレスは生きる気力がなく、助けても無駄だと言う。

松本がやっているのはエゴで、すべての人間を救えるわけではない。一方、心臓血管外科は、生きたいと意欲があり、他の国からもくる人がいる。

心臓血管外科が稼いだ利益を使って救命救急は成り立っているのだから、これからも、手術の協力はできない、心臓血管外科を邪魔しないで欲しいと去って行く。

看護師の長見は怒り出し、松本に何か言い返して欲しいと言いかけ、僧侶である松本には言えないかと諦める。

突然、松本は、少しばかりTVに出たからって好き勝手なことを言いやがってと怒りだす。その姿を見た長見や、吉田や田中はあっけに取られる。

一方、濱田もラーメンを食べながら、ろくな診察もしないで、血管を傷つけながら手術すると言うが、内心、手術は早く、松本の実力を認めていた。

三宅から、岡崎の容体が回復してきたと連絡が入る。松本は、一安心する。

植物人間に変わらないと嘆くと、諦めてどうすると三宅が励ます。そうじのおばちゃんと話していた、友人が溺れ助けられなかった話を聞いてしまったと、松本の過去を知ったことを話す。

ずぶ濡れの丸山が現れ、岡崎の父の形見のボールペンを見つけたと言う。

松本は、すぐに、岡崎の元に連れて行く。

丸山が、ボールペンを渡し謝ると、岡崎がボールペンを握りしめ、意識を取り戻す。丸山は、何度も泣く。

そうじのおばちゃんが、丸山が汚した廊下を見て何があったのかと驚いていると、三宅は、「奇跡が起こった。だから、救命はやめられないと」語る。

松本は、哉の父・憲次に、次の土曜日にいっしょに飲まないかと誘う。憲次は、息子のように思っている松本が、哉の死を乗り越えたことが嬉しかった。

松本の師僧・円明は、煩悩の強い松本が迷惑をかけていないかと病院長・澁沢に電話をかける。澁沢は、医師も、悩み反省する仕事なので同じようなものだと語る。

松本が、礼拝堂で、説法をしていると、前から気に掛け、礼拝に誘っていた癌患者の男が現れる。喜ぶ松本。

ホームレスの男が回復し、濱田に礼を言いたいと言われ会わせる松本。濱田は、握手され、嫌がりながらも嬉しそうだった。

ホームレスの男に家族が見つかり、お金の心配はなくなった。これからも、心臓血管外科に協力をしてほしいと頼む松本。濱田は、微妙な顔をして頷く。松本も濱田が嫌いだった。

岡崎が。母親と退院する。礼を言う母親。岡崎は、松本に、丸山が川で探してくれたボールペンは父のものではないが、今は一生の宝物だと嬉しそうに伝える。

片足を怪我して入院中の患者が逃げ出そうとしていた。

ここまでがネタバレですが、第2話は、松本は、幼いころのトラウマと同じ、少年が溺れる事故に向かうが、植物人間になる。少年の友達が、あるものを探し.....。

濱田は、手術を助けませんでした。松本の手術を見学してきて、いろいろと指摘し、松本がイライラするシーンが面白かったですね。

濱田も、松本の粗削りだが、早い手術を認めていましたね。素直ではなかったですが。ホームレスの男に感謝の手を握られ、少し嬉しそうでした。いいところがありますね。

ドラまる
松本は、三宅から、過去ではなく、今を見るように言われ気づかされましたね。

三宅が、松本を心配する姿が優しかった。

ラマちゃん
松本は、溺れた少年を助けることで、昔の自分を少し許すことができたのですね。

哉の父をお酒に誘うシーンが良かったです。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』2話ネット上の反応

ドラまる
松本が過去と対峙する。三宅の言葉が良かったとネットで声が上がってますね。

ラマちゃん
松本と濱田の対立がいい。濱田役のムロツヨシさんにも注目が集まってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

病室で念仏を唱えないでください|見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』3話のあらすじ

2020年1月31日(金)放送のドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第3話のあらすじをご紹介します。

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。

交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。

みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。

ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。

その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。

そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

ある日、救命救急センターに男性患者が運ばれてくる。

その場ですぐに開胸手術が必要と判断した松本は、心外に支援要請するが、駆け付けてきたのは児島(松本穂香)一人だった。

執刀医の経験が浅い児島はひるむが、松本が手助けするからという言葉を信じ執刀を決意するが児島はひるんでしまう。

一方で、執刀中だった濱田(ムロツヨシ)のもとに児島の手術の話が入り、松本に嫌味たっぷりの不満をぶつける。

そこに、自殺を図ったと思われる男性が運ばれてくる。それは、先日退院したはずの宮島だった。

夜になり、救命救急センターに、ドクターカーの出動要請が入る。

松本と三宅が駆け付けると、会社の倉庫で火災が発生し、数人のケガ人が出ていた。さらに、二次災害が起こり意識不明の消防隊員が運ばれてくるが…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

外科医・濱田は、救命に非協力的。松本の手術を見学し指摘をするが腕を認める。溺れて重体の少年に、自分の過去の出来事を重ね悩む松本、少年の友達の願いが通じ奇跡的に意識が戻る。

ドラまる
病院を逃げ出した患者が鬱ではないかと松本は思う。救命医の領域を超えていると三宅と対立するようですが。

松本は、どうするのでしょうか。

ラマちゃん
濱田は、相変わらず救命に非協力的。経験の浅い児島だけが助けにくるようです。でも、ひるんでしまう。

それを知った濱田が嫌味をいうようですが、濱田との対立はどうなるのかな。

松本が、過去の友達を救えなかったことを、溺れた少年が助かることで、少しは乗り越えることができたのかなと思いました。

今話で、濱田は、松本の手術を見て少しは見直したようですね。でもまだ対立は続きそうです。二人の対決を楽しみにしたいですね。

次話、三宅と20年来知り合いの消防士が、火災現場で被害に遭うようですね。松本が、どう僧侶として支えるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA