ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|視聴率一覧を最終回まで更新中【桐谷健太・東出昌大W主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:yatarou

2020年冬のテレビ朝日木曜ドラマは『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』が放送スタートします!

ドラまる

桐谷健太さんと東出昌大さんのW主演ドラマなんだよ!

ラマちゃん

刑事と検事のバディが誕生するのよね!!

こちらの記事では2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』視聴率はどうなる?

まずはテレビ朝日木曜ドラマ枠で2019年冬から放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)

ハケン占い師アタル~

  • 初回(第1話)視聴率:12.1%
  • 最終回(第9話)視聴率:11.3%
  • 全話平均視聴率:10.6%

緊急取調室‐3rd SEASON‐

  • 初回(第1話)視聴率:15.2%
  • 最終回(第10話)視聴率:13.6%
  • 全話平均視聴率:13.1%

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

  • 初回(第1話)視聴率:14.3%
  • 最終回(第9話)視聴率:12.1%
  • 全話平均視聴率:10.9%

ドクターX(第6シリーズ)

  • 初回(第1話)視聴率:20.3%
  • 最終回(第10話)視聴率:19.3%
  • 全話平均視聴率:18.5%

ドラマ離れが続く近年でもテレ朝・木曜9時枠ドラマは別格で、ここ1年間を振り返っても安定した平均視聴率2桁が獲れています。

その中でも前クールに放送されていた『ドクターX』シリーズは最も人気があるドラマで、第6シリーズも平均視聴率18.5%というモンスター級の視聴率を獲得しました!

その他にも『DOCTORS』シリーズや『緊急取調室』シリーズなど人気シリーズが多くあります。

人気シリーズ作品でなくても他の作品も高視聴率を獲得していることから、テレ朝・木曜9時枠ドラマファンが多くいることが分かりますね!

そして2020年冬のテレ朝・木曜9時枠ドラマは、桐谷健太さんと東出昌大さんのW主演ドラマ『ケイジとケンジ』が放送されます。

この作品はシリーズものではなく、同枠初登場のドラマオリジナル作品になります。

体育会系・刑事とエリート検事がバディを組み事件解決に挑む物語になっています。

“刑事”と“検事”という“日本のドラマではあまり類を見ない組み合わせのバディをとおし、所轄と地検の24時・・その知られざる世界をサスペンスとユーモアで軽快に描いた作品になります!!

ドラまる

やっぱりテレ朝ドラマ最強のバディといえば『相棒』を思い描いちゃうね!

ラマちゃん

『相棒』とは違い、刑事と検事のコンビってところが面白そうね!!

こうしたことから、2020年冬のテレ朝木9ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の初回視聴率は13%あたりではないかと予想いたします。

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』制作陣から視聴率を予想!

2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

脚本 – 福田靖

チーフプロデューサー – 黒田徹也(テレビ朝日)

プロデューサー – 服部宣之(テレビ朝日)・飯田サヤカ(テレビ朝日)・菊池誠(アズバーズ)・松野千鶴子(アズバーズ)・岡美鶴(アズバーズ)

演出 – 本橋圭太(アズバーズ)・及川拓郎

番組HPより引用

脚本の 福田靖さんは、フジテレビドラマの『救命病棟24時』シリーズや『HERO』などを共同脚本の一人して担当し、その後2002年に『ウエディングプランナー SWEET デリバリー』で初の連ドラ単独執筆をされた方です。

その後もテレビドラマ『海猿 UMIZARU EVOLUTION』・『ガリレオ』・『CHANGE』・『龍馬伝』・『DOCTORS〜最強の名医〜』シリーズや、映画『海猿 ウミザル』シリーズ・『HERO』シリーズ・『容疑者Xの献身』・『真夏の方程式』など多くの大ヒット人気作品を手掛けてきています!

2017年ドラマ『先に生まれただけの僕』が評価され翌年1月の「第10回コンフィデンスアワード・ドラマ賞審査会」にて脚本賞を授与されました。

また、原作があるドラマよりもオリジナル作品の脚本執筆を重視しており、自らが取材をしてオリジナルの脚本を執筆することに強い思い入れを持っている方です。

演出の1人本橋圭太さんは多くのテレビドラマを手掛けており、2015年放送ドラマ『民王』で「第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞」を受賞されています。

もう1人の演出の及川拓郎さんは「早稲田大学演劇研究会」に入会し演出を学び、劇団解散後は映像ディレクターとして数々のCM、ミュージッククリップの演出を手がけ、その後独立し 2004年に映画『ボン・ボヤージュ!』にて監督・脚本家としての活動を開始され、テレビドラマ・映画・舞台などを手掛けています。

テレビ朝日系ドラマとして人気の『刑事7人』シリーズも担当されています。

ドラまる

福田さんの脚本なら間違いなく大ヒットするね!

ラマちゃん

大ヒットでシリーズ化したりするかもしれないわね!!

スポンサーリンク

まとめ

2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の視聴率を予想いたしました。

ドラまる

桐谷さんと東出さんの代表作の1つになるかもしれないね!

ラマちゃん

目指せ『相棒』!ってところね!!

放送開始後はこちらの記事で2020年冬ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』視聴率一覧

第1話(2020年1月16日放送)視聴率

12.0%

第2話(2020年1月23日放送)視聴率

9.7%

第3話(2020年1月30日放送)視聴率

10.3%

第4話(2020年2月6日放送)視聴率

8.3%

第5話(2020年2月6日放送)視聴率

9.3%

第6話(2020年2月20日放送)視聴率

9.9%

第7話(2020年2月27日放送)視聴率

9.7%

第8話(2020年3月5日放送)視聴率

9.4%

最終回(第9話 2020年3月12日放送)視聴率

9.9%