ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|8話ネタバレと感想。虐待事件を前にして、ケイジとケンジが協力タッグを組む!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年3月5日(木)にドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話が放送されました。

ドラまる
世の中いろいろ大変なこのご時世に、スカッと事件解決してもらいましょう。
ラマちゃん
今日は児童虐待と決闘罪。

どこで交わるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話あらすじネタバレと感想

深夜。街を裸足で徘徊する6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)。

保護された笑美は、体中にあざが見られ虐待されている可能性もあり母親の三崎真由子(桜井ユキ)が事情を聞かれることになりました。

離婚するまでは父親に引き取られていた笑美。

真由子は虐待を否定し、証拠もないため逮捕することはできないことに怒りを覚える仲井戸豪太(桐谷健太)

一方、目黒元気(磯村勇斗)はこの時代に珍しい決闘罪の事件を捜査していました。

キャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人に、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加えたという事件でした。

加瀬沢も段田も必要以上に澤登の関与を否定します。

けんか慣れしていない二人に殴らせて煽ってただけとは、立派な立会人ですよね。

虐待事件には真島修平(東出昌大)も捜査に加わり、真由子の元にも向かいます。

証拠は見つかりませんでしたが、夜に家の外に立たされていることを近所の人に見られていました。

尋問に、「何度か手をあげたことがある」と供述する真由子。

真島「送致してください。」

この供述を聞きすぐさま送検することを決断した真島は、いつになく真剣に行く末を見守っていましたね。

保護施設に出向いた豪太と毛利ひかる(今田美桜)は、未だに笑顔を取り戻せない笑美を見て心を痛めます。

笑美は豪太に対し拒絶する反応を示しました。

男性に暴力を受けていた可能性が浮上し、真由子の交際相手・久我山勝也(桐山漣)の存在が明らかになります。

久我山は行方をくらませていたため、笑美と真由子から証言を得るしかありません。

しかし、真由子は「私がやったんです。」と頑なに証言を変えません。

もしかすると、真由子自身も久我山に依存し同時に恐れていたのではないか?

何度も笑美に面会に訪れる豪太とひかるは人形を通して笑美の言葉を聞くことができました。

「暴力を振るったのは久我山と言う男。ママは自分をかばってくれた。」

母のために我慢していたという笑美の言葉を聞いた真由子は、真島にすべてを打ち明けます。

笑美だけでなく、真由子にも暴力を振るっていた久我山。

好きで一緒にいたのか、怖くて一緒にいたのかわからなくなっていたという真由子。

真由子は起訴猶予となり、笑美のもとに戻ることができることになりました。

一方、決闘罪の方は三人とも自分たちの罪を全く理解していませんでした。

捜査を進める中、半グレ集団の存在が浮上します。

その集団は今回の暴行事件だけでなく、近隣で起きている様々な事件を引き起こし、そのリーダーが久我山だと言うことが判明しました。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話ネットの反応や感想

ラマちゃん
真由子は虐待をしていなかったんだけど、本当のことを言えないという子供の心情を汲み取ってあげないといけないのよね。

ドラまる
決闘と言うかなんというか。

やらされている感が満載の…。

ラマちゃん
翔太郎、ダメ男役多いわね。

スポンサーリンク

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第9話あらすじ

2020年3月12日(木) 21:00時から放送のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第9話のあらすじをご紹介します。

 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 

遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。

これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。

その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。

修平にこの事件を担当させることにする。

 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。

なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!

 この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。

そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。

ところが、勢い余った豪太が“とんだ失態”を演じてしまったことで、修平が怒りを爆発させ…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

二週またいでの事件解決のゲストが桐山漣さん。

虐待疑惑、DV疑惑に半グレ集団のリーダー疑惑とは!フルコンボですね。

虐待事件で豪太と真島が同じ方向を向いて、きちんとそれぞれに託された役割を果たしているのは気持ちがよかったですね。

そして、次週は最終回。

きちんと半グレ集団を壊滅してほしいです。

ドラまる
真由子役の桜井ユキさん、よかったね。
ラマちゃん
せっかく一致団結した感の豪太と真島だけど、また仲たがいするみたいだわ。

二人の言い合いを最後まで楽しみましょう~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA