ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|7話ネタバレと感想。集団暴行。誰が一番悪い?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年2月27日(木)にドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第7話が放送されました。

ドラまる
目黒、ひかるちゃんの活躍と続いて、今回は主役の豪太が先生だった頃の手腕をまたまた発揮するよ。
ラマちゃん
集団暴行の主犯は誰?

こちらの記事では、ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第7話あらすじネタバレと感想

夜の巡回に出ていた交番勤務の田口健介。

何人かの男に暴行されている男性を発見します。

被害者は大学生の江島陸(永田崇人)。

足を骨折しており、重傷を負っていました。

バーで談笑する仲井戸兄妹と真島修平(東出昌大)。

すっかり仲良くなっちゃって、仲井戸豪太(桐谷健太)の手の上で転がされる真島がおかしいですね。

加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)。

加害者被害者共に4人とも同じ高校の卒業生でした。

江島は暴行を加えられたのは久保田の元彼女・小山きらと付き合い始めたからだと訴えていました。

そして、誰が骨折させたのか覚えていないと言います。

それぞれの取り調べに対し、久保田と宮前はやっていないと否認しますが、豪太が取り調べる黛が暴行を認めたことで、現場にいたことだけは認めました。

送検された3人。

検事たちは学校とは違い連帯責任ではなく誰が主犯で怪我を負わせたのは誰か明らかにしなくてはなりません。

真島が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当することになりました。

主犯格の犯人の担当になった人が法廷に立てることになり、真島も日下も目の色を変えます。

久保田は宮前が主犯だと、宮前は久保田が主犯だと訴えます。

江島が受けた骨折は宮前の特技のヌンチャク?

久保田に呼び出されたという黛。担当検事の持丸さん怖い~。

宮前がヌンチャクを捨てたのはいつ?

豪太は先生だったころの勘を働かせ一番年下の黛が怪しいと考えます。

そして江島はお見舞いに来たきらに別れを切り出されていました。

「自分のために男が争う~。」という頭の中お花畑のなかなかの女性です。

きらから話を聞いた毛利ひかる(今田美桜)と二人で食事をする目黒元気(磯村勇斗)。

ひかるに対する好意をちらつかせますが速攻で振られてしまいます。

その場を仲井戸兄妹に見られてしまい上司に報告されたくない一心で「結婚前提で付き合っている」と嘘をついてしまいます。

嘘から出たまことになるか?

がんばれ目黒!

一方、捜査の方は犯行を主導した人物を決定づける物証が見つかりません。

そんななか、宮前も黛もきらに惚れていたという情報が上がりました。

黛の行動を調べていた豪太は事件の3日前に特殊警棒を購入していたことを突き止めます。

黛が久保田と宮前をそそのかして江島を襲わせた。

そしてその暴行の後、もう一度現場に戻った黛がとどめの一撃をくらわせていたのでした。

結局、法廷に立てたのは持丸検事。

真島も日下も意気消沈です。

事件後、江島のことなど忘れて違う男性と付き合いを始めたきらがいました。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第7話ネットの反応や感想

ラマちゃん
豪太は本当のところ先生の勘と刑事の勘、どっちが強いのかな?

ドラまる
冒頭の思い出話に花咲かせるみなみ、可愛かったね。

ラマちゃん
それぞれの検事の取り調べがとりどりで面白かったわ。

ドラまる
特撮ヒーロー揃い踏み!

ラマちゃん
目黒、一生懸命アピールしてたね。

思わず嘘ついちゃったけど、大丈夫かな?

スポンサーリンク

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話あらすじ

2020年3月5日(木) 21:00時から放送のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第8話のあらすじをご紹介します。

夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。

虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴く。

ところが、真由子は虐待を否定!

 限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もないため、釈放される。

だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。

児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。

だが、笑美は何を聞かれても無反応で…!?

 ちょうど同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。

しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。

この供述が事実ならば、全員が共犯とみなされる「決闘罪」にあたる――そう考えた刑事課の係長・多胡永吉(矢柴俊博)は、部下の目黒元気(磯村勇斗)と桂二郎(菅原大吉)にほかの二人も調べるよう指示する。

 ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。

なんと、一見無関係の両事件から“警察と検察を揺るがす大事件”へとつながる“震撼の真相”が浮上し…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

一番可能性の低かった黛の裏の顔を豪太が見事に見つけ白日の下にさらしました。

しかし、4人もの男をこの事件に引きずり込んだのは間違いなくきらですね。

今回は検察の三人もじっくり取り調べをするシーンがあって面白かったです。

特に持丸検事。

さすが峯村リエさん。いい味出してました~。

強行犯のメンバーでは目黒がとびっきりの嘘をついてしまったのも、今後ひかるとの関係に変化が起こるのか気になります。

ドラまる
本当に豪太の先生の勘は鋭かったね。
ラマちゃん
次週は虐待と決闘罪の事件が交差する?!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA