ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|5話ネタバレと感想。守りの目黒に火が付いた。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年2月13日(木)にドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第5話が放送されました。

ドラまる
今日は出世第一の目黒が中心だよ。
ラマちゃん
豪太の物まねしたり可愛いのよねぇ。

弁護士になった同級生に対抗心を燃やしちゃうのも可愛いわ。

こちらの記事では、ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第5話あらすじネタバレと感想

居酒屋で目黒元気(磯村勇斗)の将来の出世街道について聞かされる仲井戸豪太(桐谷健太)。

目黒はそのために守りの姿勢=ミスをしないことが大切だと熱弁を振るいます。

店を出ると男性二人が揉み合っているところに出会いました。

向谷孝太郎(荒川浩平)に殴りかかっていた源義和(深水元基)を現行犯で逮捕し、お手柄かと思われましたが源の弁護士として現れた神田川博史(堀井新太)に状況を覆されてしまいます。

神田川は目黒の中高時代の同級生でした。

その神田川は被害者と思われていた向谷が先に暴力を振るっていた防犯カメラの映像を持ってやってきたのです。

誤認逮捕?

これは困ったことになりましたね。

そんな中、毛利ひかる(今田美桜)が3年前の傷害事件の容疑者の似顔絵を持って入ってきます。

それが源に似ているというのです。

一発逆転のチャンスと張り切る豪太と目黒。

しかし検察の支部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は釈放を命じます。

諦めきれない豪太たちは警察署を出た瞬間を狙い源を3年前の事件での任意同行を求めました。

警察が暴走しないように真島修平(東出昌大)に送検前の捜査段階から事件に加わることに。

源は面会にやってきた神田川に自分がやったと告白しますが、反省の色は見えません。

車椅子バスケの練習場に赴いた豪太たちは、3年前の事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)に話を聞きます。

伊勢谷は将来有望なバスケ選手でしたが、その事件のせいで下半身まひになっていました。

しかし、神田川の手が先回りし示談の交渉を始めていました。

真島は示談は事件解決の正式な方法であることを伝えますが、伊勢谷は戦うことを選択します。

送検された源は完全黙秘を貫きます。

真島の元に訪れた神田川は目撃者が伊勢谷に借金をしていたことやリハビリを行った病院の不正を突き、さらに伊勢谷が示談に応じたと告げました。

神田川は伊勢谷に源が今回は初犯なので実刑にはならず執行猶予になると教え、示談金を当初の500万から2000万に引き上げたのです。

神田川から事の顛末を聞いた目黒は何を思う?

事件現場で再現を試みる豪太と目黒たち。

目黒の中にある1ミリの正義感が源を起訴するための攻めの姿勢を呼び起こしました。

源が常習的に酔っては暴力を振るい、父親の力を借り示談を繰り返していたことを突き止めます。

実刑にできる可能性がありますね。

真島は経済的にも解決を図りたいと示談を急いでいた伊勢谷を説得し、示談を撤回させさらに民事で2億円を争う告訴の準備をはじめました。

仲井戸みなみ(比嘉愛未)「今や一億円プレーヤーもいます。」

リアルとリンクしていてなんだか嬉しいです。

その報告を聞いた神田川は頭を抱えたのでした。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
目黒くんの1ミリの正義感、これからも大切にしてほしいね。

ラマちゃん
3年前の傷害事件が思った以上に悪質なものだったわね。

Bリーグも狙えた選手だったなんて。

ドラまる
ん?んっ??

ゴホン。今日もある意味すごいね。

ラマちゃん
神田川も源同様、悪だったねぇ。

ドラまる
みなみとの小芝居面白かったね。

今日も面白かったよ。みんないつも以上に楽しめたんじゃないかな。

スポンサーリンク

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第6話あらすじ

2020年2月20日(木) 21:00時から放送のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第6話のあらすじをご紹介します。

女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。

ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。

女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。

そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 

逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。

仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。

その直後、捜査は振り出しに! 

というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。

捜査のやり直しを命じたのだ。

再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。

そこには“捜査の矛先をガラリと変える驚愕の新事実”が、まざまざと提示されていたからだ!

 その事実に、修平はコンビニ強盗どころではない重大犯罪の匂いを嗅ぎ取り、鼻息を荒げるが…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

悪徳弁護士の登場もあったりで、いつもよりも検事と刑事が協力する場面も多かったですね。

豪太に影響を受けて真島検事がどんどん人間味があふれてくるのが感じられます。

今日も最後にはいい判断を下していましたね。

神田川をやり込める時のみなみとの息もぴったりで。

次週は毛利ひかるが張り切る番です。

ドラまる
豪太の熱血が真島だけじゃなく目黒にも伝染したかな。
ラマちゃん
次週はひかるちゃんが頑張るわ!

目黒もひかるちゃんのために頑張れ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA