ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|2話ネタバレと感想。大きな話題の検事に言葉が突き刺さる!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年1月23日(木)にドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話が放送されました。

ドラまる
何かと話題をさらっている東出さん。

ビックリしちゃったよ。

ラマちゃん
ド、ドラマはドラマで楽しみましょうか……。

こちらの記事では、ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話あらすじネタバレと感想

深夜。口論となりもみ合う男性二人。

一人は殴られ階段から転落してしまいました。

大学生が目撃していましたが、犯人の顔までは確認できませんでした。

現場付近で怪しい男性が任意同行されます。

連行されたフリーター・猫田一也(稲葉友)は犯行を否認していました。

猫田が名門高校を中退したことを聞いた仲井戸豪太(桐谷健太)は先生のように説教を始めます。

取り調べではないですね(笑)

熱血先生が功を奏したのか、とうとう猫田は犯行を自供しました。

担当検事は因縁のある真島修平(東出昌大)です。

証拠が乏しいまま送致されたため不安を隠せません。

その予想通り猫田は検察で無実を主張し始めました。

その後、猫田はたびたび暴力事件を起こしていることが判明しますが、今回の事件に直接関係のある物的証拠でなかったため真島は頭を抱えます。

この件では真島の上司の樫村武男(柳葉敏郎)と豪太の上司の大貫誠一郎(風間杜夫)も場外バトルを繰り広げていました。

風間杜夫さんのキャラ面白いですね。

その頃、意識を取り戻さない被害者の犬塚の元に向かった豪太。

心配そうに父を見つめる子供の目線に立ち、励ましてあげたのでした。

事件解決のために事件現場で当日の目撃証言を集めようとする豪太たちですが、有益は情報は得られません。

その様子を陰からスマホで録画している人物がいました。

事務次官の仲井戸みなみ(比嘉愛未)に突き動かされ、現場に出向いた真島は近隣の家に不審な男性の影を見つけます。

それが一年以上ひきこもっているという20歳の西田高志だと判明し、元教師の豪太は説得に当たることに。

何か目撃していないか聞き出そうとしますが真島も参戦し邪魔ばかりしてしまいます。

豪太も最終的に苛立ってしまい説得に失敗。

西田高志「うるせえんだよ!」

そこで声をあげたのはみなみでした。

みなみ「ひきこもっているのは理由があるはず。」

そう言って帰ろうとする後ろでドアが開き始めました。

高志から得られたのは事件の詳細な様子を映した動画。

そこに映っていたのはやはり猫田。

結局保身のために口先だけの嘘を言っていたのですね。ね、真島さん。

そして病院では被害者の犬塚が目を覚ますのでした。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
今日はスパッとみなみちゃんが担架を切ってくれてすっきりしたね。

いい妹だ。

ラマちゃん
特大ブーメランかしら。

狙ってる???意味深に聞こえちゃったわ。

ドラまる
犬と猫のけんか(笑)

ラマちゃん
結局、仮面ライダーマッハが犯人だったのね。

なんか残念だったわ。

ドラまる
今日はタイムリーすぎてどうしてもこの話題が頭にちらりしちゃうよね。

スポンサーリンク

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第3話あらすじ

2020年1月30日(木) 21:00時から放送のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第3話のあらすじをご紹介します。

営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。

連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。

検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。

一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。

県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。

だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。

 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。

“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。

だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。

逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!

 そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。さらに…! 

刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

今日の視聴率はどちらへ転がるか気になるところですね。

それにしてもひきこもりの男性がこうもすんなりドアを開けるとは、美人は強し。

今日のMVPはみなみで決定ですね。

ドラまる
今日はある意味、大きな反響があったね。
ラマちゃん
真島検事は置いといて、やっぱり豪太とみなみの掛け合いが面白かったわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA