ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|1話ネタバレと感想。天然×天然!比嘉愛未さんの関西弁も珍しい!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年1月16日(木)にドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話が放送されました。

ドラまる
桐谷健太さんと東出昌大さんW主演のドラマが始まるよ。
ラマちゃん
刑事ものだけど、この二人の掛け合いが今から楽しみだわ。

こちらの記事では、ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話あらすじネタバレと感想

横浜。とある交番に勤務している元体育教師の仲井戸豪太(桐谷健太)

一日も早く刑事になりたい豪太は暴漢を押さえ本部長から表彰されると、横浜桜木署の刑事課への異動を申し出ました。

そして配属されたのは念願の強行犯係でした。

ド派手なリバーシブルのジャンパーを署長・大貫誠一郎(風間杜夫)に喜々と披露する豪太。

先が思いやられますね。

赴任早々、連続空き巣犯を逮捕できていないことを聞いた豪太は、強行犯の管轄ではありませんでしたが俄然やる気を出します。

一方、横浜地方検察庁みなと支部所属の検事として容疑者と対峙する真島修平(東出昌大)

こちらも落書きなどの小さな事件ばかりを担当させられ大きな事件を担当できないと焦りを感じていました。

そして、真島が片思いし必死にアプローチしている立会事務官の仲井戸みなみ(比嘉愛未)は豪太の妹でした。

同棲していた恋人と別れたみなみの元に転がり込んだ豪太。兄妹で住むことになりそうですね。

豪太は空き巣犯を見つけるために古巣の交番へと向かいます。

捕まえた空き巣犯は、なんと豪太の元教え子の滑川秀幸(馬場徹)でした。

落ち込む豪太は自分の歓迎会も楽しむことができません。

帰宅した豪太は、みなみから真島が担当になったと聞かされます。

検察での取り調べで一年前空き巣に入ったある家で、鉢合わせした住人の男性を突き飛ばし何も取らず逃げたという証言を得ます。

男性はその直後亡くなっていました。

何も取られていなかったため当時は事件性なしと判断されていました。

滑川が男性の死亡に関わっているのかが争点となります。

刑事が空き巣として送検したものを、検事は空き巣事件を強盗事件にしたい。

さて、どちらに軍配が上がるでしょうか。

被害者宅で滑川の毛髪が発見され、取り調べが始まりましたが豪太の一言を聞いた滑川は証言を一転し、黙秘に転じてしまいました。

豪太を呼び出した真島は、豪太がみなみの兄だということを知り衝撃を受けます。

ここのやり取りすごく面白かったですね。

名前はちゃんと覚えましょうね、真島さん。

そして豪太は署長に「今一番しなくてはならないこと」を問われ被害者遺族に会いに出かけ、その思いに触れました。

飲食店「OKAZU-YA」に訪れた豪太たち。

女主人・宮沢かほり(奥貫薫)は元裁判官です。

こちらは病気療養されている八木亜希子さんの代役ですね。

そこで鉢合わせた真島は滑川を窃盗罪及び住居侵入罪で起訴することになったと告げます。

侵入したことは立証できたが、男性の死因との因果関係を認められなかった。

真島は滑川を強盗殺人で起訴することは無理だと判断したのでした。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話ネットの反応や感想

ラマちゃん
桐谷さんと東出さんがドはまりするキャラクターで、やっぱり面白かったわ。

ドラまる
豪太の暑苦しい感じ。

嫌いじゃないなぁ。

ラマちゃん
目黒くん劇場、めちゃくちゃ面白かった!

ドラまる
比嘉さんの関西弁珍しいね。

スポンサーリンク

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話あらすじ

2020年1月23日(木) 21:00時から放送のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話のあらすじをご紹介します。

 会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。

事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。

しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。

そのまますぐに送検される。

 ところが直後、事態は一変する。

捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! 

しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。

頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。

 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。

しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。

このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。

一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。

そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。

そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

ドロドロしたサスペンスの刑事ものも面白いですが、たくさん登場した濃いキャラの皆さんの会話のテンポが良くて、とても楽しめました。

東出さんのボクちゃんみの強いところや、言わずもがなの桐谷さんの暑苦しい関西弁キャラ。

そして、それを引き締める室井さん感が強い柳葉さんと、いい上司の風間杜夫さんなどとてもバランスよく配置されていましたね。

ドラまる
刑事と検事のお仕事の役割もきっちり説明入れてくれたり、優しいドラマだったね。
ラマちゃん
次回は、比嘉愛未さんの関西弁が今日よりもっと多く聞けそうよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA