女子高生の無駄づかい|最終回(7話)見逃し動画無料視聴はこちら【3/6配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話 2020年3月6日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『女子高生の無駄づかい』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年3月6日(金)放送終了後〜2020年3月13日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『女子高生の無駄づかい』を見る方法について、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『女子高生の無駄づかい』はポイントレンタル配信されると思うので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『女子高生の無駄づかい』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円[税別]
  • プレミアム&見放題コース:月額980円[税別]

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『女子高生の無駄づかい』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
1月を例に出すと、1月1日〜1月31日が無料期間になります。

仮に1月29日に登録をしてしまうと、無料期間は1月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじは?

2020年3月6日(金)放送のドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじを紹介します。

入学式からあっという間に約1年。

新年を迎えたバカ(岡田結実)は、ヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)と共に初詣に繰り出すが、「彼氏欲しい」「お金欲しい」「勉強しなくてもいい点取れる脳みそ欲しい」と煩悩が止まらず、最終的には「はんぱねー女」を目指すことに。

学校では、ワセダ(町田啓太)がヤマイ(福地桃子)に呼び出され、「ドラゴンの卵を孵化させるにはどうしたらいいか」と真剣に相談されていた。

どこからどうみても“ただの石”である事実を理解させるべく、ワセダは禁断の取引に打って出るが…。

そんなワセダが、憧れの低所得Pの正体だった…という事実を知ったヲタは、あれ以来ついつい過剰にワセダを意識してしまっていた。

新しい漫画を描いても、いつのまにやら“生徒と教師の禁断の恋”系ストーリーに。

新しく始めたスマホゲームの“推しキャラ”も、ワセダにそっくり。

脳みそキャパオーバーしたヲタは、ついにワセダに告白を…!?

一方、バカへの拒否反応を解消すべく“ハナクソプレイ”を敢行するリリィ(小林由依)。

街中で占い師にカモられるマジョ(井本彩花)。

それぞれが青春を浪費する中、ある日衝撃的事実が発覚する。

―――バカが、留年するかも。

ずっとみんなで、一緒にいられると思ってた。

汗と涙とハナクソにまみれた…JKたちの“最後の戦い”が、今幕を開けるー!

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

るー!
次回予告では、主人公がまさかの留年疑惑が出ていましたが、いつものように笑いをとりながら周りに協力してもらって留年を逃れる展開になるのではないかと思います。

バカなりになんとか勉強を頑張っていくのでしょう。

オタの恋の行方に関しては、複雑な状況から抜け出し、自分の気持ちに素直になって先生との禁断の恋へと進むのではないだろうかと思います。

また、先生も密かにオタを意識してしまうのではと思います。

女子高生で、自分の生徒とはいえ、あんなにも一生懸命に自分への想いを必死に伝えて貰ったら、意識せざるを得ないでしょう。

主人公の留年も晴れ、オタの恋も上手くいくことを願います。

ペンネーム:るー!(20代・女性)

かなまるふみ
最後の引っ張り方が、いかにもワセダが告白するんじゃないか!?と言う、まあそんなわけはないのでしょ?って思わせるフリ。

ずっとなんだから取り留めないギャグ漫画のようなドラマで、たまにぐっとくるような部分も交えていたけれど、きっと最後までおなじ温度なのかな〜。

ちょっとだけ、最終回!という、盛り上がりも見せそうだけれど。

ワセダとヲタの心情が気になる次回だけれど、ヲタの気持ちが一番観てみたい磁界だけれど、やはり主人公に何かしら事件が起こりそうな予感がしてます。

みんな、それぞれ気づき、成長、学び、そしてやはり青春おバカ全開な感じで最終回を迎えるのではないかなと言う予想!

ペンネーム:かなまるふみ(30代・女性)

ペコパ好き
ついに、最終回!!

いつまでも3人一緒にいられるわけじゃない!

ずっと一緒にいられたら幸せだけど…甘くない人生って。

1教科でも赤点だったら、留年決定の清々しいほどのバカの危機。

必死でもう勉強…ロボとオタも協力してくれるがどーなる???

奇跡的に、留年にならずに済むと予測したいです。

そしてドラマ内小説ロボ子。

流された微生物を奇跡的に拾い上げ、最高し大人になり、ワセ男と再会…この日のために頑張ってきたんだと…しかしワセ男は、結婚していたという落ちでしょう!(予想します)

いつも裏切らないバカの異常行動と展開!

何にも変え難いここでしか観られないワクワク感は楽しみの1つです。

最終回どんな風になっても面白いと思います。

絶対観ます!

ペンネーム:ペコパ好き(30代・女性)

はるか
展開予想は、バカが、留年するかもしれない問題が、おきた。

ワセダは、補修テストで合格点を取れば留学にしないと言う。

ロボとヲタは、バカに勉強を教えて留年させないようにする。

しかし、バカは、本当に勉強が、出来なかった。

クラスメートもバカのために勉強を教える。

そして、ヲタの憧れの相手が、ワセダと分かりヲタの恋心が、暴走する。

ワセダは、ヲタの気持ちは、嬉しいが、自分は、女子大生押しだという事について語りだす。

楽しみなポイントは、ワセダとヲタの恋愛が、どうなるのかです。

二人は、趣味が、同じだしお似合いのカップルになりそうです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ユキ
バカは本当に勉強をしないので、赤点ばかりを取っていても仕方がないと思いました。

案の定、留年するかもしれないと言う事態になってしまいました。

クラスの全員が進級するためには、バカがテストで合格点をもらうしかありません。

そのためにも勉強をしなければならないのですが、バカは果たして再テストで合格点をもらい、無事に進級できるのかが気になります。

ロボの頭の良さを少しバカに分けてあげたい感じもしますが、それが出来ないので、やはり自力で頑張るしかないでしょう。

あっという間の最終回で、とても残念ですが、最後まで楽しみたいと思っています。

ペンネーム:ユキ(50代・女性)

ふじお
いよいよ最終回ですが、バカは高校を留年してしまうのでしょうか?

一つでも赤点がある場合、留年は決定的になります。

いつまでも仲良しではいられない現実が待っていました。

ヲタとロボは、バカに勉強させるために試行錯誤すると思います。

勉強が遅れがちなのは、余計なことばかり考えているからです。

高校時代に仲が良かった友達は、社会人になると疎遠になることが多いです。

現在がずっと続くと勘違いするのも若い時にありがちなことです。

だいぶ勉強が遅れがちなバカは、この至難の時を乗り越えられるのでしょうか?

青春時代は一度しかないので踏ん張りどころです。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

るー

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレ

今日の第7話では、田中さんが留年するか否かというストーリーの続きが展開していく物語でした。

同じクラスの女の子たちと高校一年生最後のおやすみの日に、おでかけをしようということになり、みんなでピクニックにでかけました。

その際に、自分の中での”やばいこと”として、自分が留年するかもしれないことを田中はみんなにその場で伝えました。

それを聞いたみんなは、事の重大さを必死でた中に伝え、みんなで協力して田中をなんとか留年させずに一緒に高校二年生になれるよう手助けしました。

結果留年せずに、田中はみんなと同じクラスになりました。よかった!

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の感想

第7話では、田中の留年疑惑を逃れるために、クラスのみんなで協力して手助けする展開となっていましたが、私も高校生の時に赤点ばかり取ってしまって留年しかけたことがあったので、つい懐かしく感じました。

私もクラスの友だちと助け合いながら、テストに励み、また再テストにも励みなんとか逃れることが出来たので、田中のようなことをしていたなと笑いながら観ていました。

また、様々な性格の子たちがいるのに、それでも仲良く過ごしているのは奇跡とも言えます。

私の身近にはこのドラマのような個性的な友達がいないので、いたら面白そうだなと思いました。

ペンネーム:るー(20代・女性)

よしか

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレ

バカは今年何度目か初詣を3人で過ごします。

バカの願いにヲタのツッコミが炸裂します。

ヤマイはただの石をドラゴンの卵言いはります。

ワセダはひよこ饅頭と交換の交渉をし、速攻成立します。

リリイは手作り料理が苦手で食べられません。

保健の先生のアドバイスで好きなプレイの一貫だと思うと食べられたので、苦手なバカにも当てはめてみます。

無理だったようです。

占い師はマジョを騙して物を買わそうとします。

お金の代わりにマジョが占い師を占います。

息子の手術の結果は成功すると出て喜ぶ占い師です。

その後占い師は息子とたこ焼き屋をしていました。

ヲタは考えたストーリーの男性や推しがワセダに似てきて戸惑います。

ロボっこ最終回ロボ子は大ノーベル賞を受賞し、ドイツにいました。

そこに元彼がお嬢との結婚報告に来ます。

ロボ子に結婚式に出て欲しいと頼みに来たのでした。

久しぶりに帰ってきた家でウェディングドレス姿のお嬢に会います。

2人が和解した時にロボ子の微生物が現れました。

2人と微生物の友情はこれからも続いていきます。

ロボっこ台本の名前にヲタの名前があり、ヲタロボバカの写真を見る後ろ姿が映りました。

学期末、2年になりクラスがバラバラになってしまうとしんみりしている所でバカが皆で出掛けようと提案します。

8人でピクニックに行きました。

そこでバカはワセダから次のテストで赤点取ると留年だと話しました。

テストまで皆でバカをサポートします。

新年度ワセダが間違えて1年のクラスにいたバカを迎えに行き、ほぼ同じメンバーのクラスで2年生が始まりました。

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の感想

最後までギャグがいっぱい詰まっていて本当に面白かったです。

原作ではバカの留年するかも報告から、もっと色々とエピソードがあったので、もう1話あったらその回丸ごとあてて欲しかったとは思いました。

ナレーションをしていたのが未来のバカで、最後は未来の3人で話していたり、ロボっこの脚本家が実はヲタだったりと原作には無いところでもとても楽しめました。

ヲタ(お嬢)とワセダ(ロボ子元彼)の結婚式の衣装を着てツーショット並んでる姿にはテンション上がりました。

ヲタとワセダの話も最終回にも出てきたのは嬉しかったです。

ペンネーム:よしか(30代・女性)

はるか

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレ

バカは、ワセダからテストで赤点を一つでも出せば留年するかもしれないと言われていた。

しかし、バカは、睡眠学習で勉強しておけばテストで良い点を取れると思ったいた。

ヲタ達が、バカが、留年すると分かった時には、テストまで数日しかなかった。

クラスメート達でバカの勉強をサポートする。

バカは、無心に勉強するのだった。

その様子をみてワセダは、良い仲間を持ったなとつぶやくのだった。

一方のヲタは、ワセダを意識して漫画を描いてしまったり乙女ゲームのキャラもワセダ似のキャラを選んでしまっていた。

そして、バカは、留年せずに二年生になれたのだ。

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の感想

ワセダに似たゲームキャラが、面白かったです。

五臓六腑乙女ゲームは、実際にあったら意外と売れそうですね。

バカが、留年しそうになり今までは、ふざけてばかりのクラスメート達や先生が、皆でバカを応援している様子にほっこりしました。

バカは、愛されるバカだったんだなと感じます。

ヤマイとワセダの会話は、不思議な空間でした。

ヤマイは、ワセダをからかっているのか冷静にワセダから取引を持ち掛けてお菓子を貰っていましたね。

バカの机にお菓子を置いてあげたヤマイの優しさにもキュンとしました。

ギャグが、面白いドラマでキャラクターも楽しかったです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

マサコ

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレ

バカは最後に本当に凄いことを発言しました。

それは彼女が留年するかもしれないということでした。

テストまで1週間足らずになって、彼女はそのことを話しました。

バカは今まで睡眠学習をやってきたから大丈夫だと言いましたが、彼女の場合は全く通用しません。

そこで、クラスメートたちはバカが進級できるように、スパルタで彼女に勉強を教えて行きました。

寝ずに勉強漬けの毎日だったバカは、試験の当日はかなりヤバい形相になっていました。

さらにマジョが持ってきた怪しいドリンクを飲んだバカは、鼻血を出してしまいました。

しかし、それで頭が冴えてきたようです。

新学期、2年生のクラスではワセダが再び担任になりました。

そこにバカの姿は見えませんでしたが、実は彼女は間違えて1年生のクラスに居るだけでした。

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の感想

連続テレビ内小説は結局、シナリオライターになったヲタが書いていたことが分かりました。

高校生活は年齢を重ねたバカたちが、当時を振り返ってみた様子を描いたものだったようです。

ヲタと低所得層P(ワセダ)とのその後の関係が気になりました。

少なくともヲタは彼の影響を受けて、頑張ってシナリオライターになれたのかもしれないと思いました。
 
バカは何とか進級でき、2年生になることができました。

おそらく3年に進級するときや、卒業する時も、同じようにギリギリだったのかもしれません。

ドラマ全体の感想としては、ジェットコースターに乗っているように、話がどんどん展開していくのが面白かったです。

ペンネーム:マサコ(50代・女性)

りんご

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレ

新年を迎えたバカは、ヲタとロボと共に初詣に繰り出すが、彼氏欲しいとかお金欲しいとか勉強しなくてもいい点取れる脳みそ欲しいと煩悩が止まりません。

最終的には、はんぱねー女を目指すことにしますが、バカは大切なことを言えません。

2年になったらクラス替えでバラバラになってしまうので、その前にみんなでピクニックに行きますがバカが今度のテストで1教科でも赤点があれば留年することを話します。

みんなは、バカに勉強を必死で教えますがバカは睡眠学習をすると言います。

みんなからは、それはただ寝ているだけだと言われてしまいます。

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の感想

バカが留年するかもしれないとなった時に、みんなが必死に勉強を教える所が良かったです。

バカが眠らないようにテープで目を止めたりしている顔がとても可愛かったです。

2年になってもバカが、なぜか1年の教室にいるので留年したのかと思いましたがただクラスを間違えただけというのは安心しました。

ずっと笑える話でありながらなぜか感動できる部分があり不思議な感じのドラマでしたが、最終回まで楽しむことが出来ました。

最後がまさかの展開でお嬢とわせおが結婚するとは最後まで楽しむことが出来ました。

なかなか出会えない不思議さが楽しめました。

ペンネーム:りんご(50代・女性)

ueken

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじネタバレ

マジョが道端の怪しいし占い師に占ってもらい、このままでは友達が離れて行くと言われ、それを防ぐにはブレスレットを5万円で買えと言われていました。

でもそのお金がないので逆に占いをすると言い出し占いを始め、名前を言い当てたり息子の病気や手術のことを言われかなり動揺していました。

でも、子供の手術の成功を占われて喜び、ブレスレットはタダであげていました。

その後、占い師をやめてたこ焼き屋さんを始めていて、そのことも魔女は占いで見ていましたが言いませんでした。

でも本当にその後売れないたこ焼き屋さんをしているという落ちでした。

『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)の感想

マジョが占い師に占ったことが本当に当たっていたのはびっくりしました。

最初は適当なことを言って5万円で商品を買わせようとした占い師の思惑を天然で潰すだけかなと思っていたのですが、結果占い師という職業を辞めさせるというところまで持っていったのは驚きでした。

最初は占い師は騙せたと思っていて買わせられると思っていたのに、逆に占われて名前を言い当てられ、驚いている動揺している間に子供の病気のことを言い当てられさらに動揺していく感じが面白かったです。

さすが、黒魔術だの呪いだの好きな子なだけあって特殊な能力があってびっくりしました。

ペンネーム:ueken(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』最終回(第7話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2020年4月から同枠で『家政夫のミタゾノ 第4シリーズ』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA