女子高生の無駄づかい|5話見逃し動画無料視聴はこちら【2/21配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話(2020年2月21日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『女子高生の無駄づかい』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『女子高生の無駄づかい』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月21日(金)放送終了後〜2020年2月28日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『女子高生の無駄づかい』を見る方法について、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『女子高生の無駄づかい』はポイントレンタル配信されると思うので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『女子高生の無駄づかい』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円[税別]
  • プレミアム&見放題コース:月額980円[税別]

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『女子高生の無駄づかい』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
1月を例に出すと、1月1日〜1月31日が無料期間になります。

仮に1月29日に登録をしてしまうと、無料期間は1月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじは?

2020年2月21日(金)放送のドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじを紹介します。

「うち毛深くなりたい」

体の中で最も大切な部分…つまり心臓を守るべく、胸毛を欲するバカ(岡田結実)。

そもそも世の中は“ツルツル”であることに価値を見出しすぎではないか。

毛にだって生えている意義がる。

ムダ毛なんて言われる“毛”の気持ちも考えるべきだ。

――そんなバカの真剣な訴えを、冷めた目で見つめるヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)。

一方、ヤマイ(福地桃子)は虫歯により、歯に絶望的な痛みを感じていた。

でも歯医者には絶対に行きたくない。

「この痛みは呪いによるものだ」と主張していると、マジョ(井本彩花)が突然現れる。

マジョは怪しげな魔法陣にヤマイを寝かせ、「私の術で呪いを解いて見せる」と気合を入れ始め…。

更にはロボのもとに、ロボに恋する男性高校生・高橋(望月歩)が再来。

ついでにその親友の青山(水沢林太郎)もやってきて…!

一方、ヲタの将来の夢が「漫画家」だと聞いたワセダ(町田啓太)は、自身の若かりし時代に想いを馳せていた…。

ロックに傾倒し、27歳までには死ぬつもりだったワセダの、バンド時代の壮絶な過去が今明かされる―!

連続ドラマ内小説「ロボっこ」は、ついに激動の東京編へ。

コンクリートジャングル東京にて、恋か微生物か、ロボ子は究極の選択を迫られる。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

momon
ヤマイが虫歯になってしまい、歯医者に行くのを拒んでいると、マジョがやってきて魔法を掛けると言い出すのが面白そうだと感じました。

マジョはヤマイを横に寝かせてどんな魔術を掛けるのか、すごく気になるポイントです。

ヤマイはすごく怖がりそうなので、怖がるヤマイを見ることができるのを期待しています。

マジョは誰かに魔法をかけることをすごく嬉しそうにしている想像ができるので、マジョが楽しそうにしている姿を見れるのもおもしろそうだと感じました。

バカに挑戦を持ちかけられたと勘違いしてしまう教頭の姿を見れそうなのでどうなるのか気になります。

ペンネーム:momon(20代・女性)

第5話の楽しみな点はバス停でロボコに告白をしようと試みた男子高校生の展開についてどんな流れになっていくのか楽しみです。

また、オタと先生とのアニメの繋がりについて、もしかしたら明らかになってくるのかも知れなそうなのでその点についても楽しみです。

さらには、ドラマの中のロボコのショート物語で上京した後大変なことになるとも知らずと第4話であったので上京した後どんなオチになっているのか展開が楽しみです。

また、第5話での教頭の安定のくだらない演技で爆笑してしまいそうな場面がありそうなのでものすごく楽しみにしています。

ペンネーム:る(20代・女性)

ゆかり
次回は、バカと教頭の直接対決とのことで、校門で反復横跳びをするバカの姿が映っていましたが、なんのことやら全く予想できません。

しかし2人とも大好きな登場人物で、毎回面白いシーンばかりなので、笑えることは間違いないと思います。

また、ワセダの壮絶な過去が明かされるらしいです。

音楽をやっていた過去でしょうか。

教師としてツッコミ役に回ったり翻弄されたりすることが多いワセダですが、彼も変人の1人なので、過去エピソードもきっとおもしろいでしょう。

連続ドラマ内小説ではワセ男とともに東京編に突入し、こちらの展開も気になってきました。

ペンネーム:ゆかり(20代・女性)

関数
次回予告を見て、バカのムダ毛への斜め上の感想に笑ってしまいました。

なぜそんな必死にムダ毛へと想いを馳せている状況になってしまうのかとても気になります。

そんなバカの熱弁をロボとヲタは冷めた目で見るんだろうし、バカもそんなに毛が生えたらモテないことに気づき、悲しむ展開になるのではないかと思っています。

朝ドラパロディのロボっこは、東京についたロボ子とワセダはどんなきっかけで揉めてしまうことになるのか、ロボ子はワセダと微生物のどちらを結果的に選ぶのかが気になります。

展開的には恋も勉強も掴んでみせる決意をするロボ子の成長が描かれるのではないかと思っているので楽しみです。

ペンネーム:関数(20代・女性)

asa
第一話からジワジワと隠れキャラのように前に出過ぎず、でもポイントポイントで笑いを盛り上げてきた教頭先生とバカの直接対決が楽しみでしょうがないです。

しょうもない争いなのは予想できてはいますか、爆笑の予感がしています。

毛の話しは絶対に爆笑ですよ、次回予告ですでに笑ってしまいましたもの。

ロボっこ東京に行ってしまいましたねー。

男にすてられるのか?男をすてるのか?東京の水に染まってしまうのか心配です。

次回は大好きなワセダの過去も描かれていそうなので、楽しみでまちきれませんね。

1週間がこんなに長く感じられたドラマは久々です。

ペンネーム:asa(40代・女性)

ミカ
ワセダがロックに傾倒していたとは驚きでしたが、ヲタとの共通点を見つけ、この二人はもしかしたらという気がしてきました。

また、ロボのことが好きな男子高校生の親友も登場し、いよいよ高校生の普通の恋が始まりそうな予感がします。

ヤマイとマジョの共通点を見つけたようで、徐々に仲良くなっていっているような感じです。

連続テレビ内小説ではロボがワセ男と東京に行き、新たな生活が始まりそうです。

この展開もどうなるのか気になります。

いろいろありますが、やはりバカだけは平凡な日々で何もない感じです。

次回も見どころ満載のようで、今から楽しみです。

ペンネーム:ミカ(50代・女性)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

momon

『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレ

バカはムダ毛が必要だと熱弁していたので、ヲタとロボは呆れていた。

バカがワセダにヲタの夢が漫画家というのをばらしてしまったため、ケンカになった二人ですが、ロボがいつものことだと言い、二人のケンカを辞めさせるように仕向けた結果、見事に仲直りしていたのだ。

映画館に恋愛映画を妹に連れられて行ったマジョの前に、小学生と間違われているロリの姿がある。

映画を見たが恋愛映画に納得していない様子だった。

マジョはロリを違う映画に誘うと、了承してくれたため、喜ぶマジョだった。

ロボの元に高橋が現れて話をしたが、ロボは高橋に全く興味がないことが分かり、諦める高橋だったのだ。

『女子高生の無駄づかい』第5話の感想

ロボのことを諦めきれずに、学校の門の前で待ち続けている高橋が健気だと思いました。

高橋はロボに話しかけて、親友の話をしているときに、まさかの親友が後ろから付いてきて盗み聞きしているのがおかしかったです。

親友が気を利かせて二人を恋人にしようと仕向けたのですが、ロボは恋愛感情がないと分かった高橋が諦めることを決意したのが可哀そうでした。

しかし、親友との絆は深まっていたので、良かったと思いました。

バカとヲタがケンカして口を利かない様子だったのに、ロボがバカを違うことに快感を覚えさせて気を紛らわせたあと、仲直りさせる方法を行っていたのがおかしかったです。

ペンネーム:momon(20代・女性)

るー

『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレ

今日も安定にバカっぽい出だしから始まりました。

教頭と挨拶運動バトルから始まりプッと笑ってしまいました。

前回曲が完成した先生のオリジナルソングが家に届きこれまでの先生の走馬灯が明かされます。

ロボコ編第5話では東京に行ったロボコが勉強に励む中オジョウが東京に来てくれて東京に慣れないロボコと励まし合い頑張っていくのでした。

また、場面が変わり前回ロボコに惚れていた男子高校生がロボコを校門で待ち伏せしているのでした。

前回の話でロボコからもらった本についての感想を持ち出してロボコとの会話を楽しむのでした。

そして、マギョとロリが仲良くなり映画の約束をするのでした。

『女子高生の無駄づかい』第5話の感想

今回の話も出だしから女子高校の個性の強さが演出されており笑いが止まりませんでした。

また、先生のオリジナルソングの話の展開についてくだらなすぎて面白かったです。

たわいも無い女子高校生のケンカシーンでは私も高校の時こんな感じで仲直りしてたなーとかを思い出すいい感じでした。

男子高校生がロボコにお近づきになりたく色々アピールしている場面がなぜかウキウキしてしまうのはなぜなのでしょうか?

とても続きが気になってしまいます。

今回もおバカキャラが本当に面白かったです。

また、高校生のたわいもない日常が私にもあったんだよなーと思い出に浸れるいい機会になりました。

ペンネーム:るー(20代・女性)

よしか

『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレ

教頭は挨拶運動でバカとはりあいます。

ムダ毛の大事さについて語るバカとツッコむヲタとロボです。

ヤマイは虫歯が痛くて、保険医さんに相談するが解決しません。

リリィはロリとランチを食べます。

大人っぽくなりたいロリはリリィに恋愛映画を観ることを勧められます。

バカは納豆くさいジャージをリリィに嗅がせようとします。

ヤマイはマジョに虫歯の呪いを解いて貰う事になります。

聖水を飲んで一瞬意識が飛んだヤマイは歯医者に行く事を決意しました。

ヲタの夢を聞いたワセダはバンドを組んでいた過去を思い出します。

バンドは恋愛でゴタゴタし、それ以降1人で続けてきたワセダはやっとCD製作まで辿り着きました。

ヲタとバカが喧嘩します。

食堂でヲタはマジメに引っ込みがつかなくなっている事を話しました。

ロボの仲介により、ゆで卵で仲を取り戻したと思ったところにバカがまたやらかしました。

ロボッこではロボ子は恋に微生物に友情にと大忙しです。

ロボに片思いの男子高校生高橋は女子高までロボを尋ねてきます。

友達の青山が隠れて見守る中で、ロボと高橋は青山の家の話を語ります。

告白出来ずにいた高橋を青山はアピールしますが、バカとヲタにはね除けられます。

今回は失敗しましたが、2人の友情は深まりました。

妹の勧めで恋愛映画を見に来たマジョはロリと鉢合いました。

最後は2人が言葉を交わし、嬉しそうです。

次の日バカの案で腕相撲をする2人です。

マジョは勝ったら映画に行こうと話します。

ポスターを見た一同はドン引きします。

逃げるマジョにロリは行く事を指切り約束します。

『女子高生の無駄づかい』第5話の感想

ロリとマジョの友情が芽生えつつあるのが嬉しいです。

2人とも不器用、特にロリはツンデレなところがあるのでクラスの皆の協力のなか上手くいって欲しいです。

今回は絵やデコったノートを見つけてワセダの歌のファンのakaneがヲタだと気付いてしまったワセダは今度どうなるのか気になります。

CDの販売するイベントにakaneも来るようでワセダはどう対応するのか楽しみです。

バカとヲタが喧嘩をして、何とか仲直りさせようとするマジメが良い人過ぎます。

ロボの2人を知ってます感も流石でした。

それを乗り越えていくバカのバカさも面白かったです。

ペンネーム:よしか(30代・女性)

シュウ

『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレ

冒頭は教頭とバカによるあいさつ(と)運動から始まる。

そして、バカによる毛深くなりたいからの身を守る毛なのに心臓がある胸には毛が生えないのかと疑問を提示するバカ。

オタの胸の脂肪が守ってくれるという言葉に対して脂肪のないやつはどうすればいいと自身の更地のような胸を強調するバカ。

一方ヤマイは虫歯を治すため飲むか塗るかで治る薬をシーキョンに求める。

それを聞いたマジョがヤマイに呪いを解く儀式を行い、ヤマイは歯医者に行くことを決意する。

リリィはロリと絡み、バカに絡まれる。

低所得Pことワセダは初めて作った自分のCDを聞きながらバンド時代の過去を思い出す。

オタとバカが言い争うがロボのサポートにより仲直りする。

高橋(仮)がロボになぜ友達の家が臭いかを色んな視点から提唱し、自分の心の醜さを自覚する。

これによりなぜか友情が深まり失恋する。

琥珀とマジョ、そしてロリが映画を見に行き互いを意識し始める。

そしてマジョがロリを別の映画に誘うことでマジョとロリとの間に友情が芽生える。

『女子高生の無駄づかい』第5話の感想

今回は新たな絡みや友情に関する話が多かったです。

最初の、バカによるあいさつしつつ運動もするいうあいさつ(と)運動にはとても笑いました。

それに便乗する教頭もなかなか面白かったです。

また、4話から学校へ出席するようになったマジョが今回活躍することが多くとても可愛かったです。

マジョの行動がヤマイを素直にさせるところにはマジョの個性の強さが出ていました。

そして何よりバカは相変わらずバカでした。

最初のあいさつ(と)運動からの毛深くなりたい発言や喧嘩しても快楽で怒りが上書きされ、恋路を邪魔してヘルメットを外さないなどと今回のバカの馬鹿っぷりが見れてスッキリしました。

ペンネーム:シュウ(20代・男性)

ueken

『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレ

ヤマイは虫歯で歯の奥が痛く保健室に行き、保険教師のシーキョンに相談に行きますが、冷静に歯医者に行くことを勧めましたが、歯医者に行くことをヤマイは頑なに嫌がり、呪いのせいみたいなことを言っていました。

その様子を見ていたマジョがその呪いを解いてあげると言い出し、嫌がるヤマイを真っ暗くした理科室で儀式みたいなことをし始め、ヤマイをそこに寝し、顔面に結構な量の水を頭からかけて、ヤマイは死にかけて映像が花畑になっていました。

そのことによってヤマイは頑なに嫌がっていた歯医者に行くことを決意するという内容でした。

『女子高生の無駄づかい』第5話の感想

冒頭で、教頭が生徒に朝の挨拶を校門の前でしていたのですが、後ろでバカが反復横跳びをしながら挨拶をしていました。

あいさつを教頭がするのに、生徒が普通におはようございますと言わず、おはようとタメ口で言っていたのも面白かったですが、バカが後ろで反復横跳びしていたのも面白かったです。

そして、何故かバカに触発された教頭が、縄跳びをしながら挨拶をし始めたのも面白かったし、朝のチャイムが鳴った直後に急に冷静になって、バカに遅刻だぞと言い放ったので、いきなり真面目になったと思い、それはそれで面白いなと思いました。

ペンネーム:ueken(30代・男性)

ふじお

『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじネタバレ

女子校生の切ない想いが、想像を掻き立てて妄想が膨らんでいます。

毛深くなりたいと思う女子がいて、バカは毛は守るためにあると豪語します。

心臓を守るために胸毛が生えるのですが、なぜ女子は生えないのか?おっぱいの脂肪が守ってくれて生えないと言います。

ムダ毛処理が行われている現在では、毛深くなりたいと思う人は少ないです。

ヤマイは歯が痛いのに歯科には絶対いなかいと言い出します。

歯科に行けば済むことなのになぜか?行きたくないおかしな女子です。

先生のワセダは、若かりし頃の自分が明らかになり、今では考えられない風貌でした。

『女子高生の無駄づかい』第5話の感想

なぜ?くだらない事ばかり考えてしまうのかは、女子の特権であり想像が好きみたいです。

くだらないことに時間を費やしてしまう、まさに時間の無駄ずかいは治りません。

何が正しいかなんてありませんが、自分のスタイルを維持しているところは女子校生らしいです。

趣味はそれぞれ違いますが、考えていることは似てる気がしました。

壊れそうなものばかり集めてしまう十代で、ガラスのようなハートです。

体力を温存するために回数を減らすと言いますが、使わないと余計に体力が落ちてしまいます。

まだ気付かない十代の女子は、経験を積んで気付いてくると思います。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA