女子高生の無駄づかい|3話見逃し動画無料視聴はこちら【2/7配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話(2020年2月7日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『女子高生の無駄づかい』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『女子高生の無駄づかい』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月7日(金)放送終了後〜2020年2月14日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『女子高生の無駄づかい』を見る方法について、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『女子高生の無駄づかい』はポイントレンタル配信されると思うので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『女子高生の無駄づかい』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円[税別]
  • プレミアム&見放題コース:月額980円[税別]

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『女子高生の無駄づかい』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじは?

2020年2月7日(金)放送のドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじを紹介します。

登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。

「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」

朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。

そんな願いもむなしく、ヤマイ(福地桃子)がフードのジッパーを髪にからませて暴れたり、ホームルーム中に笑いすぎたバカが窒息しそうになるなど、午前中からワセダの疲労は限界MAXに。

さらには、不登校で出席日数が足りなくなりそうなマジョ(井本彩花)に電話をかけたところ「学校は人の毒気が渦巻いている」「瘴気にあてられてしまう」と意味不明なこと言われ、癒しをもとめたワセダは、だらしない体の猫“もっちにゃん”グッズを求め、街を徘徊することに…。

そんな中、バカたちのクラスに転校生がやってくる。

彼女の名はリリィ(小林由依)。

オーストリア人の父と日本人の母を持つスタイル抜群のリリィにクラス中からは羨望の眼差しが。

しかし「好きなものは女の子。嫌いなものはオスです」という自己紹介に、秒で“変人”認定が成されることに。

早速バカの隣の席に座ったリリィは、友好関係を深めようとボディタッチをするが、なぜかバカに触れただけで、突然くしゃみが発動。

「オスアレルギー」が出るのは、男に触れた時だけはずなのに。

新メンバーも加わり、更なるハナクソレベルの日常が幕を開ける――。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はるか
展開予想は、バカ達に疲れていた。

そして、癒しグッズを購入しに行くとロリに出会う、夜道が、怖いから手をつないでほしいと言われたワセダは、ロリと出をつないで歩く。

そこにバカ達と出会い慌てる。

ヤマイは、マジメのカッコ良さに惹かれて自分の勇者だと思い始める。

楽しみなポイントは、リリイが、バカといるとオスアレルギーをだす所です。

バカは、実は、男だったのか展開に注目です。

ワセダとロリが、一緒に歩いていたのも理由が、楽しみです。

マジョとワセダの会話も楽しみです。

マジョの初めての友達が、バカ達になりそうなのでどうやって仲良くなるのか楽しみです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

asa
バカの馬鹿っぷりに毎回注目します。

仲良しのオタとロボのキャラがあってバカがひきたっています。

第二話からちょっとオタとロボのキャラも描かれてきたから、第3話は他のキャラも描かれてくるのを楽しみにしています。

今の時点でロボ推しですね。

「森に帰ります」のあの子は森から出て来てくれる日はくるんですかね?

女子高生の無駄だと思えない毎日、ずーっと観ていたいドラマ。

次回は転校生を中心に描かれてくるのだと思いますけど、ワセダがバカを抱えて「たなかー」と叫んでいる姿の次回予告!

もう面白い。

バカに何があったんだー?

ワセダみたいな担任羨ましい。

ペンネーム:asa(40代・女性)

U.T
ロボと親しくなりたいが為に、バカをストーカー張りに観察していたマジメがどんどんバカ化していくのではないかとちょっと期待しています。

また、2話のロボっ子が綺麗にまとまっていたので、3話では何か起こるのではないかと思いました。

そして、まだまだ不可解なマジョが今度はバタバタしてワセダを困らせることになるのを期待しています。

今回のロリのようにヤマイの家族や何で妄想の世界に居るのか知ることが出来たら面白いと思います。

さらに、ただでさえ存在感のある小手伸也さんはどんな存在として出てくるのかとても楽しみにしています。

ペンネーム:U.T(40代・女性)

マミコ
1年2組だけが個性が強すぎるのか、もしくは他のクラスも同様なのか分かりません。

ですが、類は友を呼ぶなのか、個性的な転入生が入ってきました。

転入性はオーストリア人のお父さんと、日本人のお母さんのハーフのようです。

スタイルも良く、日本人とは違うようです。

しかし、彼女の好みは女の子のようで、だから女子高を選んだのかもしれません。

彼女は大好きな女の子に囲まれて嬉しいでしょう。

しかし、バカへの反応は他の女子とは違うようです。

確かにバカは女子ですが、男子の要素ももしかしたらあるのかもしれません。

転入性はリリィというあだ名が付いたようで、その理由を知りたいです。

ペンネーム:マミコ(50代・女性)

かみゅ~
オムニバス形式になっているドラマなので、展開予想をするよりも、何も考えずに待っている方がきっと楽しめると思います。

敢えて展開予想するのであれば、まだピックアップされていないマジョなどのキャラクターがいるのでそのあたりを活かす展開が考えられます。

また、徐々に日常感から、主要メンバーの家族間でのストーリーや学校でのイベントでの話なども進んでいきそうな気がするので、第3話に関しては、伏線と言うと言い過ぎかもしれませんが、後々に登場する、主人公のバカ以上にとんでもない人物などの登場に備える為の話の展開などがあると、より楽しみです。

ペンネーム:かみゅ~(30代・男性)

ふじお
転校生のリリィがやって来ました。

この高校に馴染めるのかが問題ですが、周りが個性の強い人ばかりなので注目されると思います。

女子校で教育する男性教師はストレスでいっぱいになりますが、女子からモテルのも事実です。

真剣に向き合っているうちに恋愛感情を抱いてしまう女子がいます。

リリィは、まだどんな人か?分かりませんが、見た目はクールに見えます。

バカ・ヲタ・ロボの三人組にどんな印象を与えるのか楽しみです。

妄想が絶えないヲタは、いいように考えることができるでしょうか?

バカに興味を持つマジメも仲間になりつつあります。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

るちるちるちち

『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレ

女の子大好きオスが大っ嫌いの癖の強い転校生が女子高に転向してきます。

その転校生は、オスにはアレルギーが出るのですがおバカ役の女子高校生に反応がなぜか出てしまいます。

おバカな女子高生の行動が理解できない転校生でした。

今回の第3話も全員クセ強めキャラです。

校長が先生に部活道の顧問をやらないかというくだりのシーンはふっと笑ってしまう内容です。

また、場面が変わりロボコの話の件も訳の分からない家庭教師の先生が何故か抱きしめられて死んでしまい、どっから来たのか「わせおさん」と出会うというシーンがありました。

不登校のオカルト好きの生徒があと少しで出席日数が足りなくて留年してしまいそうです。

双子の妹が友達になって欲しいと頼み込みに来てきます。

結局うまく友達になることができ学校に来れるようになります。

『女子高生の無駄づかい』第3話の感想

今回も安定におバカな女子高生の発想でパンツ売ったら儲かるんじゃね?という始まり方で面白かったです。

所々おバカキャラの役の女子高校生が鼻くそ飛ばしたりなどコメディっぽくて本当面白いです。

今回は転校生が来るというストーリーでしたがこの転校生もクセ強めキャラで面白そうだぞ!と感じました。

観ていてこーゆー女子高生っていそうだなと思う場面がたくさんあり皆さん方の演技力に魅了されてしまいました。

先生と校長とのやりとりに関してもコントのようなやりとりがとても面白かったです。

特に面白かったのが部活の顧問何する?のくだりがとても面白かったです。

ペンネーム:るちるちるちち(20代・女性)

マル

『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレ

主人公あだ名バカ、オタク、ロボ。

バカはいつもバカな事を言い出す。

うちの脱ぎたてのパンツ売れないかな…10万くらいで…。

ロボ、オタク…腐ってる自覚はあるのね。

オタク…お前のパンツに価値はない。

ロボ…もし道に落ちてたら、環境省に通報するレベル。

ここから始まる今日も青春を無駄づかいする極端にキツイ。

めっちゃカワイイ転校生現る。

好きなものは、女の子、嫌いなのはオス。

1番後ろがイイとバカの横になる。

オスが嫌いで、アレルギーでクシャミがでるとバカに触ったらアレルギーが出てしまった。

ずっと不登校だったマジョ。

このままだと、授業日数が足りなくなる…双子の妹が心配して、バカ、オタク、ロボに友達になってくれませんかと話を持ちかけファミレスでマジョを待つ。

妹は、姉の趣味が原因でなかなか友達ができない事を話し、生まれてくる時にまともな部分を全てとって、姉にはカスしか残らなかったと相談した。

マジョが来て、妹はそれな!ウケる!カワイイ!が有れば女子は会話できると告げ、帰った。

バカは、うちら死体じゃなけいど、宜しくな!

マジョは、ひかれたと嫌われたと鞄のなかの趣味を見られてビクビクしたが、バカは、最高だなっ!

全ての人に好かれるのは不可能とオタク!

わかってくれる人だけ大事にしたらイイとロボ。

明日は学科こいよなと3人はマジョに。

イメチェンしてきたマジョ登校してきたが、髪で編んだブレスレットを渡した。

怖いよっ!とバカでもありがとなっ。

『女子高生の無駄づかい』第3話の感想

最初から最後まで笑いっぱなしで、腹筋が鍛えられました。

バカのパンツ売れないかな発言では、オタクとロボの絶対に売れない発言や環境省まで出てきて汚染とか、バカの女子力のなさをアピールの仕方が半端なくてよかったです。

妄想女子がハード顔までファスーして、髪の毛がはさまってスパイダーマン風になったシーンでバカがわらいすぎて、呼吸困難まで笑うとか。

バカの馬鹿っぷりに目が離せませんでした。

連続ドラマ内の小説、ロボ子のストーリーも切なくて微妙にお涙頂戴も含まれてて良かったです。

今回はワセダのヤバイ感じが、オタク感的なものもあの顔がイケメンだから許される!

ギャップが観てて面白かったです。

ペンネーム:マル(30代・女性)

はるか

『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレ

ワセダは、クラスの生徒達のおかしな言動や行動に疲労していた。

職員室で教頭から不登校のマジョの出席日数が、足りないので連絡してほしいと言われて電話する。

そして、バカのクラスに女子好きのリリィが、転校してくる。

ヤマイは、木から降りれなくなっている所マジメに助けてもらいキュンとする。

ロボは、BLにハマッていて教頭とワセダの会話までBL風に妄想しだす。

ワセダは、ロリの持っているもっちにゃんキーホルダーに興味を持った。

そして、バカ達は、マジョの双子の姉妹から声を掛けられる。

バカ達にマジョと友達になってほしいと言われる。

ロリは、迷子の子を助けようとして自分が、迷子になっていた。

ロリを家に届けるように頼まれたワセダは、ロリに急いで大人になるなと言う。

バカ達と友達になったマジョは、学校に来る。

『女子高生の無駄づかい』第3話の感想

トイレットペーパーを堂々と挟んで歩くバカが、すごかったです。

教頭と女子大生の良さで意気投合しているワセダが、笑えました。

ヤマイが、一人でおかしな事ばかりしていますね。

ヤマイの話を冷静にツッコミをいれながら聞くマジメが、面白かったです。

ヤマイを助けたマジメが、カッコ良かったです。

ヲタが、教頭とワセダでBLを試そうとしている時の顔が、真剣すぎて怖かったです。

教頭までヲタの妄想に巻き込まれているのが、面白いです。

もっちにゃんのキャラが、かわいかったです。

もっちにゃんは、ワセダにグッズをたくさん買わせて商売上手ですね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

マキ

『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレ

マジョは相変わらず不登校を続けていました。

教頭からそのことを指摘されたワセダはマジョに電話をかけてみました。

すると、マジョは学校に行くと、悪い気が充満していて、それに自分が負けてしまい、脚が動かなくなってしまうようでした。

それでも何度がワセダはマジョに電話をかけますが、登校する気配はありません。

ある日、バカたちのところへマジョの双子の妹がやってきました。

彼女は姉と友達になってほしいとバカたちに頼みました。

そこへ、マジョがやってきて、バカがマジョの持ち物を見てウケたことがきっかけで、彼女たちは友達になることが出来ました。

『女子高生の無駄づかい』第3話の感想

教頭とワセダの会話を勝手にBLとして想像してしたヲタですが、ずっとそういう目で見てしまうのかもしれません。

教頭もワセダも教育者として、やるべきことをやっているだけなのですが、あまりにも生徒のキャラが強すぎて大変そうです。

ワセダのクラスの生徒だけがキャラが濃いのか、それとも学校全体がそうなのかは分かりません。

ワセダは一見、真面目で良い教師のように見えますが、裏の顔もああり、やはり生徒もそういう個性的な女子が集まってしまったのかもしれないと思いました。

リリィは今までクラスに居なかったような存在感のある生徒です。

彼女が加わったことで、クラス内が変わっていくかもしれません。

ペンネーム:マキ(50代・女性)

かみゅ~

『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレ

今回は、転校生が新たに登場する話と、マジョが実は双子で、その妹がマジョの為に学校に行ってもらう為に友達になてくれる人を探す、という話がメイン。

また、連続ドラマ「ロボっ娘」が、本当に某放送局の連続ドラマ仕立てみたいになってきて、笑わせにいている、というよりも非常に高度でシリアスな笑いを狙いにいっている感じが、ただのおふざけ系ドラマに留まってなく、楽しめる要因の一つの様に感じた。

ロボっ娘内にちょい役の家庭教師役に小手伸也が出てきた時は、豪華な様な、それでいてマジメに笑わせにきている感じが、次回以降の展開を更に期待させる感じがした。

『女子高生の無駄づかい』第3話の感想

全般的には、1話や2話と比較して、笑わせに来ている、というよりはどちらかというと日常のあるあるや、女子高生というよりも、その年頃のあるあるを全体的に描いた雰囲気になっている様に感じた。

まだあまり出番のなかったマジョがメインになっていたり、あらたな転校生の登場と、クラスがより盛り上がる為の人物が揃ってきているので、4話以降もより盛り上がりそうな仕掛けを丁寧にしている感じがした。

個人的には、マジメをもっと出して欲しいと思っているが、今回は、あまり絡ませるシーンがなさそうだったので、4話以降、ヤマイとの絡みや、転校生との絡みを期待したい。

ペンネーム:かみゅ~(30代・男性)

ふじお

『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじネタバレ

転校生の染谷リリィがやって来ました。

彼女はメスが好物でオスが苦手だという変わった人でした。

バカ・ヲタ・ロボはリリィを採点し始めて、変態と確定しました。

オスと居るとアレルギー反応を起こしてしまうほど苦手です。

隣の席になったバカとリリィは境界線を作っています。

リリィはなぜか?バカと居るとアレルギーを発症してしまうほどです。

不登校のマジョは、出席日数が少ないので、このままだと退学になってしまいます。

心配してるリリィの妹は、バカたちに友達になってくれとお願いに来ます。

リリィは、バカたちに引かれるかと思いきや、面白い人だなと心を開き始めました。

『女子高生の無駄づかい』第3話の感想

子供は大人から学ぶことが多いですが、大人も子供から学ぶこともあると思います。

教える立場の人間は模範的な人でないといけません。

しかしながら、先生も人間なのでミスをしてしまいます。

先生は女子校を受け持つことで相当なストレスを抱えています。

やりがいはそこにあるのでしょうか?いつかは卒業してしまうので、現在と向き合うことが大事です。

印象的だったのは、ヲタの発言ですが、マジョに全ての人間に好まれるなんて不可能なことと言いました。

分かってくれる人が少々居るだけでいいじゃないか?と凄く良いことを言います。

個性の強い友達ばかりですが、仲間になれそうです。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA