女子高生の無駄づかい|3話ネタバレと感想。個性派集団に、頭を抱えるワセダ(町田啓太)!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月7日(金)「女子高校生の無駄づかい」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
今日も、バカたちは絶好調のようです。笑いすぎて窒息死しそうになったりと。

ワセダは悩むようですが、解決はしないでしょうね。

ラマちゃん
転校生が入ってくるようです。

どんな人物か、バカ達と合うのでしょうか。楽しみですね。

バカは、朝から騒がしい。ワセダは無事に過ごせることを願うが、髪を絡ませて暴れたり、笑いすぎで窒息死しそうになったり、不登校のマジョに連絡するも意味不明のことを言ったりと.....。

スポンサーリンク

ドラマ『女子高生の無駄づかい』3話あらすじネタバレと感想

朝、バカは突然、自分のパンツにどのくらいの価値があるかと、ヲタとマジメに聞いている。

それを聞いワセダは、めまいがしてくる。今日も、教室に入る前に何事もないようにと願うのであった。

しかし、ヤマイがジッパーに髪の毛が挟まれて開けられないと騒ぎ、目の部分の服を切ると、そのパンダのような姿を見たバカが笑いすぎで窒息しそうになる。

ワセダは、午前中から力尽きた。不登校のマジョに電話すると、学校に行くと毒気があるとわけのわからないことを言われあきれる。

翌日、ワセダが転校生を紹介する。オーストリア人の父と日本人の母を持つリリィはスタイル抜群でキレイなため、クラスメイトから騒がれる。

「好きなものは、女の子。嫌いなものはオス。」というリリィに、バカ達は、変人確定と叫ぶ。

リリィは、オスに触るとアレルギー反応が起こると言い、バカの手を触るとなぜかくしゃみがでて驚く。

昼休みにヤマイは木に登ったのは良いが降りられなくなっていた。近づいてきたマジメに、転校生を見張るために上っていると見栄を張る。

マジメは、信じたふりをしてあげるが、そんなことはないだろうと、木にのぼり、ヤマイを抱え飛び下りる。ヤマイは、アニメみたいでカッコいいと思う。

ヲタは、BLマンガにはまっていた。バカ達に、教頭とワセダが会話しているのが、BLに見えるのかと聞かれ、「BLアイズ」と言いじっと見つめる。

ワセダはその視線を感じ慌てる。教頭が腰を痛めて摩っているのを見ていると、ヲタが、BLのように見えてしまい慌てる。

放課後、ワセダは極端に疲れていた。ロリが鞄につけているマスコットをみて、その癒しに驚き、もっちにゃんだと分かる。

ワセダは、もっちにゃんのキャラグッツを買いに店に行くと、3つの目覚まし時計集まると奏でると言われ、3つ買ってしまう。

もっちにゃんを3つ枕元に置き寝る。朝起きると、期待通りの癒しの音がならず思わず壊してしまうが、もっちにゃんは気に入り頬を撫でる。

連続ドラマ内小説ロボっこが始まる。数年たちお嬢の家は貧乏から抜け出していた。家庭教師がくるようになり、微生物を好きなロボ子に、顕微鏡をくれ密かに教えてくれた。

突然、家庭教師は亡くなり、悲しむロボ子の前に現れたのが学生服姿のワセヲだった。

リリィは、今まで、オスしかアレルギー反応が行らなったが、バカを触ると起こる理由が分からなかった。

教室の机にティッシュの箱で壁を作って、バカを遮るリリィ。バカは、なぜ壁を作ると理由を聞くが、途中で飽きて寝てしまう。

休憩時間、起き上がったバカは、化粧ポーチから納豆を取り出し食べだす。リリィは、バカのとなりの席いやだと叫ぶ。

ワセダは、今日も休んだマジョに電話をかけ、席もあけてあるからくるように促す。マジョは、学校に行くと、二日間はいけなくなると言い、今日もだめだった。

バカ、ヲタとロボは、最後の1つのお菓子を争う。じゃんけんで決めるがなぜか、ロボは鈴木巡査の警察手帳を出し勝つ。バカが横取りして床に落ちる。

バカ、ヲタとロボは、鈴木巡査に手帳を返しに行きお礼を言われる。さっき、床に落ちたお菓子を何食わぬ顔で渡すのであった。

帰り道、マジョの双子の妹・九条琥珀から、姉が不登校気味で、友達になってやってほしいと頼まれる。バカはいいいよと即答する。

ワセダは、警察からロリのことで電話があり慌てて向かう。

ロリは、買い物途中で、迷子の子を見つけ、いっしょに迷子になってしまったと鈴木巡査に保護されていたのであった。

鈴木巡査が、迷子の子を家まで送り、ワセダはロリを送ることになった。

ワセダは、無理して大人になろうとしているロリに頑張らなくても良いと声をかける。ロリは、ワセダを父と勘違いし、手をつなぐ。その二人を皆は不審な目で見る。

ワセダは、この様子はおかしくないかと言い、ロリは手を話し、恥ずかしさから、家が近いからと帰って行く。ワセダは、子供がいたらこうなるのかと考える。

マジョは、二足歩行のツチノコを見たと妹に呼ばれ、ファミレスで集まるバカたちに合流する。

マジョは、騙したなと起こるが、妹は、せっかく友達になってくれると言っているのにと、女子高生のトークの極意「それな、うける、かわいい」を連呼すればいいと伝授し帰って行く。

バカは、マジョのカバンに何が入っていると聞く。切った爪を集めたビンを見せる。一瞬、皆引くが面白いと言う。

マジョは、気味悪くないかと聞くが、全員に好かれることはない、皆個性があって良いと言われ、友達になれると思う。

バカは、いっしょにツチノコを探しに行こうと誘い。明日から、学校にくることを約束する。

翌日、やはり、マジョは学校にきていなかった。ワセダが出席をとると、髪の毛を切ったマジョが現れる。

バカ、ヲタとロボに、自分の髪の毛で編んだミサンガを渡し、ドン引きされる。バカたちはひるまず、ワイワイ遊ぶ。

教頭は、ワセダにどうやって、不登校のマジョを学校に来させるようにできたと聞かれるが何もしていないと答える。

教頭は、いいクラスになったですねと言い、部活の顧問も頼みますよと言い去って行く。

ここまでがネタバレですが、第2話は、ワセダは、何事もないようにと願うが、バカたちが不審な行動をし理解ができない。不登校のマジョに連絡するが、.....。

あまりに低次元なバカ騒ぎに、ワセダが落ち込むのが面白かったですね。癒しのもっちにゃんの目覚ましに頬ずりする姿がその苦労が伝わってきました。

今日も、バカは、炸裂してましたね。冒頭から、自分の吐いたパンツの値打ちを話したり、長いトイレットペーパーをお尻から引きずる姿は圧巻でした。

ドラまる
スタイルの良い転校生が現れました。男アレルギーで、なぜか、バカの手を握るとアレルギー反応が起こる。

バカは、もう女を捨てたということか。笑えましたね。

ラマちゃん
ワセダが学校にくるようにと促していたマジョ。

バカたちが、マジョの個性を認め、友達になることで、学校にくることができるようになりました。良かった。

スポンサーリンク

ドラマ『女子高生の無駄づかい』3話ネット上の反応

ドラまる
転校生リリィがかわいいと注目が集まってますね。

ラマちゃん
ワセダ役の町田啓太さんの演技がいいとの声が上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『女子高生の無駄づかい』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『女子高生の無駄づかい』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『女子高生の無駄づかい』4話のあらすじ

2020年2月14日(金)放送のドラマ『女子高生の無駄づかい』第4話のあらすじをご紹介します。

理想の自分のため、モテるため、恋のため、女子高生たちは今日も自分磨きに余念がない――。

リップクリームという存在に一抹の疑問を抱いたバカ(岡田結実)は、ごま油を唇に塗り登校。

香ばしいにおいを漂わせながら、エクソシストのモノマネに興じていた。

転校して以来、その圧倒的なキラキラ感で生徒たちから羨望の眼差しを受け続けているリリィ(小林由依)は、さいじょナンバー1のモテ女子・マジメ(浅川梨奈)が気になっていた。

校舎裏で女子生徒から告白を受けるマジメの姿を目撃したリリィは、からかい半分でマジメにちょっかいを出そうとするも、突如壁ドンされる羽目となり…?

一方、ヲタ(恒松祐里)は、敬愛する低所得Pの正体が、まさかワセダ(町田啓太)だとは露知らず、ボカロ新曲の“歌ってみた”に挑戦。

憧れの低所得Pに“想いよ届け!”ばりに熱く新曲を歌い上げるも、それを聞いたワセダは、1か月前の出来事を振り返っていた。

そう、晴れた日の午後、コスパが良さそうな美容室で出会った、クセの強い美容師のことを…。

そんなある日、小説家志望の1人の男子高校生・高橋は、バス停で想いを馳せていた。

実は密かにロボ(中村ゆりか)に思いを寄せる彼は、バカ、ヲタと共に行動するロボの姿をひたすら眺めながら、さまざまな想像を膨らませ…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『女子高生の無駄づかい』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

ワセダは、バカたちの騒ぎに悩む毎日。不登校のマジョに連絡するが、要領を得ない。ユルキャラに癒しを求める。バカたちは、マジョの個性を受け入れ友達になる。ワセダは少し安心する。

ドラまる
転校生のリリィがさっそく動き出すようですね。人気のあるマジメにアタックし、逆に壁ドンされるようです。

さて、リリィはどうなって行くのでしょうか。

ラマちゃん
低所得Pが、ワセダだとは思ってないヲタ。ヲタが低所得Pの唄を歌うのをワセダが聞いてしまう。

ついに、ワセダは、知ってしまうのか。展開が楽しみですね。

今話は、ワセダの回でした。バカ達、個性派集団に頭を抱える毎日。癒しも求めたくなりますよね。でも少しずつ生徒を理解したり、まとまって行くクラスに幸せを感じ始めましたね。

ドラマ中に挟み込まれるドラマ「ロボッコ」、ついにワセダが出てきましたが。これは、ロボの想像の世界なのか。本編とどうからんで行くのかが楽しみですね。

次話は、転校生のリリィ、ワセダのもう一つの顔の転校生Pのことが明かされるのかな。ロボを好きな男子学生と、軽い気持ちで見て行きましょう。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA