女子高生の無駄づかい|1話見逃し動画無料視聴はこちら【1/24配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話(2020年1月24日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『女子高生の無駄づかい』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『女子高生の無駄づかい』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『女子高生の無駄づかい』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年1月24日(金)放送終了後〜2020年1月31日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『女子高生の無駄づかい』を見る方法について、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『女子高生の無駄づかい』はポイントレンタル配信されると思うので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『女子高生の無駄づかい』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円[税別]
  • プレミアム&見放題コース:月額980円[税別]

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『女子高生の無駄づかい』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじは?

2020年1月24日(金)放送のドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじを紹介します。

街に溢れるキラキラな女子高生たち。

タピオカ、自撮り、盛れた?いいね!いいね!

そんな中…ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。

彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)――さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。

入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。

しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。

「なんで女しかいねーんだ?」

受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、悲嘆にくれるバカ。

これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。

高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに!

こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!

…しかしバカのそんな願いもむなしく、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田啓太)は、着任の挨拶でゴリゴリの“女子大生派”だ、と宣言する。

華のJK生活に危機感を感じたバカは、他のクラスメイトと距離を詰めようとするも、重度の中二病・山本美波=ヤマイ(福地桃子)、優等生すぎて面白みゼロの一奏=マジメ(浅川梨奈)、無駄にオラつくお子ちゃま・百井咲久=ロリ(畑芽育)、コミュ障オカルトマニア・久条翡翠=マジョ(井本彩花)など、超個性的な面々にげっそり。

かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

YK
アニメ化もされた大人気漫画が原作のようなので、期待しています。

原作を読んだことはないですが、明るいドラマになりそうなので楽しみです。

時効警察はどちらかというと大人向けのイメージですが、このドラマは若い世代も楽しめるのではないかと思います。

注目の若手の役者が多数出演するようですが、特に主人公を演じる岡田結実さんはバラエティ番組に出演している姿にも好感を持っているので楽しみです。

他にもこれからの活躍を期待できる人たちが主演されるようなので、注目したいです。

見ていて笑えて、ポジティブな気持ちになれるようなストーリーになってくれることを期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

nashiho
岡田結実さんが役に合わせて髪をバッサリ切った髪型は意外過ぎて最初誰か分からなかった。

それだけ主演のこのドラマに意気込みがあるのかなと思った。

舞台の脚本も書くクリエイター達の作る脚本が岡田結実さん達俳優陣の演技に合うといいなと思う。

時効警察始めましたのゆるーい感じを引き続き、この枠で放送してくれないかなと思う。

高校時代からかなり過ぎた大人たちに響くような女子高の話だったらいいなと思う。

アニメでやったストーリーがそのまま実写されるのかなと思ったが、全く同じじゃつまらないので、うまく脚本を仕上げてアニメ以上の出来にしてほしいと思う。

ペンネーム:nashiho(30代・女性)

カラカラ
女子高生の無駄使いはアニメでずっと見ていたのでおそらく第1話はおんなじ展開でくると思います。

バカとヲタとロボが高校で再開して同じクラスになり仲を深め合っていきます。

ワセダも登場してあの女子大生好きを公言して生徒たちからいきなり白い目で見られ出すと思います。

そして、バカは相変わらず突拍子も無い変なことをしてヲタとロボに突っ込まれるというオチになると思います。

ヲタは漫画家になるのが夢なんで家で漫画ばかり描いている描写は絶対に入れて欲しいです。

あとクラスのみんなの呼び名を考える場面はやはりあったほうがこの先の展開のためにやっといてほしいです。

ペンネーム:カラカラ(30代・男性)

ふじお
時代が生まれ変わり、女子校生もだいぶ進化したと思いきや、腐女子が増えてしまったのが現実です。

知能が低下してることは感じていますが、それでも女子校は青春時代のど真ん中です。

悩みを抱えて生きてる姿は、今にも壊れそうな若者たちです。

それでも生き生きとしてる女子もいるので、一部の女子だけで判断はできません。

バカ・ヲタ・ロボと異なる性格の女子は、個性が強くて飽きない面々です。

似て者同士よりも、似ていない者の方が刺激を受けて勉強になると思います。

無駄づかいといっても、生きていれば無駄なことはない気がします。

どこかで役に立つ日が来ると思います。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まんぼう
そもそも若さというものは、無駄に消費されるためにあるようなもので、無駄を惜しむ若者は大物かバカ者だろうと思います。

マンガ原作のドラマですが、アニメ化もされていて、それらと比較される覚悟で作ったわけですから、それだけでも期待してしまいます。

主演は岡田結実さんです。

ドラマ「私のおじさん」で主演はしていますが、遠藤憲一や田辺誠一といったベテランに支えられていた内容に比べ、このドラマではほぼ同年代の出演者たちですから、より女優としての真価が問われるだろう思います。

でも原作が面白いので、気楽に笑いながら、楽しめるものになりそうです。

ペンネーム:まんぼう(50代・男性)

ひこちゃん
大人の男性にとっていつでも未知なるものとして映る女子高生。

そんな今時の女子高生の赤裸々な青春を描く新ドラマ『女子高生の無駄遣い』。

さいのたま女子高等学校へ通う主人公の通称「バカ」とその友人「オタ」「ロボ」の3人の女子高生が織りなす今時の女子高生の実態を描く学園コメディであり、近年学園ドラマで面白いものが少なかったのでとても楽しみです。

舞台が女子校ということもあり担任役の町田啓太もまた特殊な役柄を持たされていて独特の世界観が描かれるようです。

脚本演出陣が毎回入れ替わって番組を製作する異例の作り方になるようで当代のヒットメーカーが作り出すドラマの世界を対比しつつ毎回楽しみにして拝見したいと思います。

ペンネーム:ひこちゃん(50代・男性)

2020年冬ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ゆかり

『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレ

小学校からの腐れ縁の田中望、菊池茜、鷺宮しおりの3人は揃って女子高に入学する。

担任の佐渡は、少々残念な教師だった。

田中はクラス全員にあだ名をつけ、自身は鷺宮から「バカ」というあだ名をつけられた。

放課後、佐渡の補修を受けている田中は、モテないことに悩む。

小中の同級生男子全員に連絡しようと思い立ち、佐渡から逃げる。

最終的に佐渡は田中に追いつくものの、田中の自惚れに呆れてしまう。

漫画家を目指す菊池は、自分の漫画を鷺宮に見せる。

鷺宮の指摘に耐えられず菊池は逃げ帰る。

次の日、ファミレスで菊池は、田中のイタズラで激辛で不味いジュースを飲まされ苦しむ。

中学生の頃、田中が菊池の夢を応援してくれたが、その時歯にひじきが挟まっていたという記憶が過ぎる。

田中はジュースの件を謝るがその前歯にはほうれん草が挟まっていた。

『女子高生の無駄づかい』第1話の感想

1話の中にたくさんのエピソードやネタが入っていて、満足感があった。

全体的に登場人物の大まかな紹介と中心的な3人の腐れ縁的な友情を感じられる回だと感じた。

あまり深く考えないバカ(田中)を見ていると、なんとなく元気がもらえる気がする。

これは、作中でヲタ(菊池)が感じていた気持ちと似てるのかなぁと思った。

ロボ(鷺宮)は冷静におかしな言動をするところが面白い。

他のクラスメイトも可愛くて個性的だった。

担任教師のワセダ(佐渡)が、スペックは高いのに中身が少し残念で、女子生徒からこの先生は駄目だ…と思われているのが面白かった。

ペンネーム:ゆかり(20代・女性)

しょうこ

『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレ

女子高に入学した主人公の田中望とそのクラスメイト達が繰り広げる日常系コメディ。

個性豊かな女子高生たちが華の女子高生生活を華のない出来事に消費していく。

全く異なる性格のキャラクターたちの絡みが面白く、クスッとなる描写も多い。

主人公、田中望は華の女子高生生活で彼氏を作ると息巻いていたが、入学したのはさいのたま女子高等学校であった。

共学で無いことに愕然とするが担任の教師が男性と知り期待を膨らませる。

しかし自己紹介を始めた担任のワセダは自分は女子大生派である事を声を大にして強調したことで彼女の期待は消え、華も色気も無い女子高生生活が始まった。

『女子高生の無駄づかい』第1話の感想

漫画の実写化と言うことでクオリティが気になっていたが、登場人物はみなはまり役揃いでした。

特にバカ役の岡田結実はキャラクターのイメージを壊さないはまり役でした。

日常系コメディと言うことで難しい設定などもなく、原作を知らなくてもすんなり入り込めて楽しめるドラマになっていました。

クスッと笑える場面がいくつもあり、最後まで楽しく観れました。

個人的に担任のワセダと女子高生たちの絡みが面白くて笑える場面が多くて好きです。

まだスポットライトの当たっていないキャラクター達の活躍も楽しみで、2話も必ず見ようと思いました。

ペンネーム:しょうこ(20代・女性)

はるか

『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレ

バカは、女子高生である自分が、旬であるのだから彼氏が、欲しいと言い出す。

しかし、入学したのは、女子高で担任教師は、女子大生派だと公言する教師だった。

バカは、一緒につるんでいるメンバーが、原因でモテないと考えて他の生徒に声をかける。

そして、バカは、生徒にあだ名をつけて自分にもあだ名をつけてもらう。

バカは、図書館で手が、触れ合うなどのドラマチックな恋愛が、したいと言い出す。

バカは、自分からは、一切の努力をせずに好きになってもらいたいと思っていた。

そして、ドラマの中のドラマとしてロボッ子が、紹介される。

オタは、描いた少女漫画をロボに読んでもらっていた。

ロボは、面白いと言うが、作画やデッサンについての指摘しかしなかった。

『女子高生の無駄づかい』第1話の感想

沢渡先生が、女性大生派と公言したり女子高生について語っているのが、笑えました。

教頭までも沢渡の女子高生語りのメンバーに入っていて面白かったです。

バカが、それぞれの生徒にあだ名をつけてくのですが、つけられてもうれしくなさそうなあだ名でした。

バカのあだ名をいろいろ考えて試してみるのが、面白かったです。

バカの考えた空想恋愛シーンが、恋愛漫画のワンシーンのようでキュンとしました。

木村拓哉さんのドラマを思い出させる空想まで登場して面白かったです。

男性達が、バカに言う言葉が、すべて面白れえ女だと思ったらドン引きバージョンもありつつ結局面白れえ女だったのが、笑えました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

マチコ

『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレ

バカ、ヲタ、そしてロボの三人は女子高に入学した3人組です。

しかし、彼女たちにはまったくキラキラした女子高生とは程通り印象です。

特にバカはあだ名の通り、言動がおバカですが、ヲタとロボは小学校からの腐れ縁のようで、ずっと友達を続けています。

彼女たちのクラスの担任は、新しく赴任してきたイケメンの若い先生でした。

しかし、彼は最初の挨拶で、女子大生が好きだと公言します。

イケメン教師に期待を抱いていた彼女たちはガッカリしました。
 
バカは彼氏が欲しいのですが、その望みがなかなか叶わないことで悩んでいるようです。

彼女は数学の補修を受けながら、この悩みの答えを見つけたようです。

『女子高生の無駄づかい』第1話の感想

第1話は様子見で観てみましたが、予想以上に弾けぶっ飛んでいたので、とても面白かったです。

一週間の疲れが吹き飛びそうな内容でした。

女子高生ならではの言動や悩みなど、少なからずも共感できるところがありました。

遠い昔を思い出しながら観ています。

1年2組の担任のワセダはきっと後悔するでしょう。

ですが、一教師として、彼女たちに負けずに頑張って行ってほしいです。
 
バカはお巡りさんと一緒にパネルに顔を挟んでいたのが面白かったです。

それを写メに取っている人もいました。

お巡りさんは職務中でしたが、ついやってみたくなったのでしょう。

ペンネーム:マチコ(50代・女性)

たかし

『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレ

主人公が女子高に入学するシーンから始まりますが、最初から最後までコメディ要素満載のドラマでした。

女子高で男の人がいないため担任のイケメン男性教師が気になりますが、担任はナルシストで女子大生派を自称するヤバいやつ。

もともとの友達とは別に新しい友達を求め話しかけてみるが、みんなヤバいキャラでした。

彼氏がほしいので彼氏ができる妄想とかが入ります。

どうしたら彼氏ができるのかモテるのか、どうして自分はモテないのかというのが1話のストーリーの大筋でした。

自分が相手の気持ちに気づいていなかったのかもしれないと、中学の同級生男子全員に連絡をとろうとして担任が止めてくれて一安心でした。

『女子高生の無駄づかい』第1話の感想

登場人物のキャラがみんな個性的で面白いのと、演技も上手だったと思います。

見た目はまともに見える人さえ普通ではないところが、想像していた以上にくだらなくて面白かったです。

現実には絶対いないようなキャラクターばっかりだったので、マンガ原作というだけあってマンガを読んでいるような感覚でした。

ただ、くだらなすぎる内容ではあるので、疲れているときや忙しい時期には見ないかもしれないとも思います。

女子高生役の人たちは、脇役の人も含めて可愛い人が多かったのは良かったです。

妄想シーンのような部分がちょこちょこありますが、ドラマだからか見づらい感じがしました。

ペンネーム:たかし(30代・男性)

電子時計

『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじネタバレ

女子高生の無駄遣いにある日突然気づいた女子高生達、そして青春を求める為に恋にチャレンジする。

その初の恋する相手は先生、しかし初めて出会った先生を見るもトキメかない。

主人公は一人ではなく何人もの個性豊かな物語が展開されます。

その中でも魔術に興味ある中二病女子高生がけっこう魔術に染まっていて面白い。

主人公である女子高生の妄想ワールドが展開するのですがどれもこれも少女漫画展開でなかなか現れない恋を妄想してます。

果たして希望の恋は現れるのか楽しみですね。

そして、女子高生の無駄遣いを無くして学園生活を青春を埋め尽くす事を頑張っているので応援したいですね。

『女子高生の無駄づかい』第1話の感想

今どきの女子高生って感じしてみんなきゃぴきゃぴしててかわいいですね。

しかし全員残念なのがたまに傷ですが、若さのパワーは有り余るほど元気ですね。

そのパワーはどっかに抜けていって青春にはいかせてないという現状が泣けてきます。

黒魔術系の女子高生の第一印象は恐ろしい物でしたカバンの中に藁人形が入っているのですから誰もがびっくりして腰抜かしてしまいます。

悪口遊びとかして悪口をきめて言うのですが悪口センサーの調子が悪いのかあまり抵抗がありません強いですね。

恋に関しては全員彼氏がいなくて、そんな中、主人公の妄想ワールドが展開していき面白かったです。

ペンネーム:電子時計(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『女子高生の無駄づかい』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA