病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~|4話見逃し動画無料視聴はこちら【2/10配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話(2020年2月10日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月10日(月)放送終了〜2020年2月17日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじは?

2020年2月10日(月)22時00分より放送のドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじをご紹介します。

倉嶋亮介(高嶋政伸)が正式な職員となり、24時間365日救急対応する病院として再出発した有原病院。

だが小児科医に欠員が生じ、野林良治(松本岳)ひとりが請け負う事態に。

倉嶋は野林を心配するが、有原修平(小泉孝太郎)は24時間体制で精一杯。

そんな中、野林がオペ前に姿を消してしまう。

産婦人科の継続も難しくなり、閉鎖も取りざたされる事態に陥るが、またも修平がおかしな提案を…。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

こん
修平の掲げた24時間体制の医療を民間で始めたいというのは、かなりの理想論で、これまでも職員んが耐えてきた事実があるのに、職員の負担がありきで、不足分を補充して言うのが前提では普通の企業では破綻すると思う。

次回はそのしわ寄せが産婦人科に行くそうでまさかの医者が失踪してしまう。

前の院長もそんなだしだからこんな無茶な方法論が通るのかなと思います。

でも、その無茶が通るのは修平のお父さんがもともと無茶を通して結果を出したときの経験をもった不調やナースがいたから信頼の碓薄い修平さんが無理をしてもついてきてくれるんだろうなと思う。

ペンネーム:こん(20代・女性)

ずー
局内対立がありそうなので心配です。

ベクトルが同じ方向を向いていても、事業を進めるスピードや進め方の優先順位が違うとどうしてもぶつかってしまうこともあると思います。

患者さんのケアと仲間ドクターへのフォロー。やるべきことがいっぱいあるので衝突してしまうのでしょう。

ドクターという仕事柄、ずっと気を使っているし、代わりがいないとなると精神的にやられそうです。

有原先生の気が済むまで話し合いをする、というのはいいですね。

簡単には意見の合わない人を切り捨てないところ。

これからも、患者さんも仲間ドクターも大事にしていってほしいです。

ペンネーム:ずー(30代・女性)

丘里リル
第4話の展開予想は24時間救急が始まって、小児科に欠員が出来てしまいます。

小児科は医師の野林良治が一人でやっていましたが、野林は働き過ぎで、ある日突然姿を消してしまいました。

また、産婦人科も医師の負担が増えて、回らなくなり、閉鎖する話しが出始めました。

そこに修平は人手を確保するために派遣の医師をお願いすることを提案します。

楽しみなポイントは3話も志保や患者からの意見でなんとかなったので、4話も志保や患者からの意見でどうにかなるのではないかと思いました。

また、修平が次はどんな改革をやってくれるのか楽しみです。

ペンネーム:丘里リル(50代・女性)

アリアス
次回では今まで基本的にはイエスマンとして有原修平の要望、意見を受け入れていた倉嶋がかなりキレていたんで何があったのか気になっています。

ついに爆発してしまったんだろうとは思いますが何でモメたのか気になります。

そのあとの2人の関係というのもどうなっていくのか楽しみにしています。

有原修平が窮地に立たされる状態になりそうで、そんなとき妻の志保がどんな言葉をかけるのか見ものです。

今までも良き妻過ぎる志保なんでピンチにどんな言葉をかけてあげるのか注目したいです。

初めて厳しい言葉をかける志保を見てみたいというのが願望です。

ペンネーム:アリアス(40代・男性)

のら猫ひろし
4話の予告で、倉嶋が修平に怒っていました。

なぜ怒っているかと言えば、修平が打ち出した「24時間365日患者受け入れ」の方針のせいで、有原病院が回らなくなったからではないでしょうか。

しかも、小児科医の野林良治の表情が、異様に暗いのも気になりました。

24時間診る体制が整っていないから、野林に過度な負担を強いていることが想像できます。

彼が、衝動的に変な行動を取らないか心配になりました。

24時間受け入れは確かに、患者にとって好ましいことでしょう。

でも、野林の思い詰めた表情を見ると、果たして「24時間365日」受け入れは妥当な判断なのか疑問が生じてしまいます。

次回の4話は、その経営方針を巡って騒動が起こるようですから、ドキドキしながら放送を楽しみに待ちます。

ペンネーム:のら猫ひろし(40代・男性)

えいちこ
24時間365日救急対応する病院として再出発したものの、次々と想定を超えた波乱の展開が引き起こり、また病院運営継続の窮地に追い込まれていく。

小児科では、担当医師の欠員が原因となり、一人残された野林医師だけで全てを請け負わなければならない過重労働事態になってしまう。

その結果、野林医師は現実逃避からオペ前に失踪してしまい、手術室は大混乱事態へ。

また産婦人科の継続も難しくなり、閉鎖も取りざたされる事態に陥ってしまう。

そのような危機的事態に際し、有原院長は今度はどのような秘策を打ち出して打開していくのか、その展開が見どころです。

問題から決して逃げず常に矢面に立って困難に立ち向かう逞しい姿がまた見れることを期待しながら、緊張感のあるドタバタ劇からの切り抜け方をじっくりと見ていきたいです。

ペンネーム:えいちこ(50代・男性)

2020年冬ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

bunny

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレ

危機的状況の赤字の有原総合病院。

有原真平院長についていく事決めた銀行から出向していた倉嶋が本採用となり、赤字脱却へ真平院長はじめ看護婦長、倉嶋、事務長、医師、看護師1TEAMとして動きはじめた。

そんな中、小児科医の医師不足で野村先生が1人で請け負う事になった。

だが、手術目前で、野村先生が失踪してしまいます。

そして産科もやむえず、一時閉鎖へと追い込まれますが、真平院長はまた、暴走特急となり新たな改革をします。

改革の成果もあり、小児科、産科も無事再開する事となました。

患者に寄り添う医療の大切さと、働く人が働きたいと思う環境作りの融合。

産科は患者さんがここで産みたかったと言わせるくらいより良い環境がととのいました。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の感想

こんな理想なドクターがいたらいたら、是非患者になりたいです。

そして、病院を立て直すためにも24時間365日フル稼働するとても素晴らしいとおもいました。

でも、そこで働く人としては、とても厳しいものがあるのではないかと…色々と爪が甘いと思ってみてました。

4話では、小児科問題や産科閉鎖など、とても残念なシーンでした。

実際に子供がいるので、特に感情移入してしまいました。

でも、ダメな母親なんですと話すシーンでは、有村が「自分を責めないでも下さい。

早産はお母さんのせいじゃないんです!

20日に1人の割合で起きている事なんです」と励ますシーンはとても感動しました。

一生懸命だからこそ、ダメなんじゃないかと悩むし、もっと知識があれば、お金をかけてあげられたら、と些細でタラレバな事で悩んでしまうけれど、自分を責めないでと声にしてくれたシーンは最高でした。

ペンネーム:bunny(30代・女性)

toko3

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレ

有原病院は24時間の医療業務を始めたが、看護師やドクターは少し戸惑っていた。

小児科を一人で任されていることになった野林先生は非常に疲れていた。

倉嶋は野林先生の異変に気付き、修平にアドバイスしたが修平は忙しくて野林先生と話すことが出来なかった。

そんな中、帝王切開の手術前に野林先生がいなくなり倉嶋が見つけて話をするが、野林先生は病院を辞めてしまった。

産婦人科の継続も危ぶまれ、赤字経営をしている有原病院だったが、修平は心臓カテーテル医療をやりたいと言い出した。

倉嶋は銀行の融資の大変さを分かっているので、夢物語を見る修平に怒りを感じていた。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の感想

24時間病院が開いていることは患者にとっては嬉しいことだが、ドクター達のほうが身体を悪くするような気がした。

案の定、野林先生はかなり疲れていて病院を辞めてしまったので、どの業界でも24時間は難しい気がした。

倉嶋が赤字の金額が莫大であることを修平に伝えたが、相変わらず修平はマイペースである感じが少しイラっとする。

倉嶋さんは温厚なのに、怒りを感じている場面はとても印象的だった。

また、牧原の娘の心臓に穴が開いていて手術をすることになった時、牧原が心臓に穴が開いたのは、早産で産んだ自分のせいだと感じている様子は何となくわかる気がした。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

おが

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレ

第4話のストーリー解説ですが、有原健次郎(光石研)の理事長解任を要求しました。

さらに自ら新理事長に立候補した有原修平(小泉孝太郎)。

理事会はかなり混乱し、紛糾することになりました。裏切られた思いを抱きながらも、建て直しへの熱い思いを訴える有原修平を見た有原健次郎は、ある決断を下します。

有原修平にはすでに信甲斐銀行からサポートの約束があったようで、事務長として“経営のプロ”が派遣されることになっていました。

ところが銀行からやってきたのは、売却計画を進めていた倉嶋亮介(高嶋政伸)だったのであります。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の感想

小泉孝太郎さん!

病院の改革のために今週も奮闘していましたね。

穏やかな人柄の人物ですがやるときはやる!という本当に意思の強い役を演じています。

どんな反対な意見が持ち上がっても冷静に理路整然と話す姿は凄い人物だなぁとおもいました。

そして小泉さんが役にハマっていて自分の考えを述べるシーンは見入ってしまいました!

高嶋政伸さんが戸惑いながらも小泉さんのペースに巻き込まれ彼の魅力に引き込まれている事務長の役もとてもハマっています!

二人は名コンビになりそうですね!

今回印象に残ったシーンは小泉さんが262の法則を話していたところです。

どんな提案でも全員が賛成なんてまずあり得ない二割はなんだって反対する。

このドラマはわたし達が社会で生きるための助言を与えてくれるドラマになると実感しました!

毎週心に残る名言があるので楽しみです!

ペンネーム:おが(30代・男性)

アリアス

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレ

小児科医に欠員が出たことから医師の野林ばかりに負担がかかってしまい、情緒不安定になり病院を辞めてしまう。

有原修平は反省を口にするがこのままでは産婦人科も閉鎖されることになってしまうが新しい医師が見つからないでいた。

そんな状況から有原修平は経営状況は一旦厳しくなるがナースと助産婦を研修に参加してもらいお産にたいしてのノウハウを学んできてもらうとことを発案する。

反対する倉嶋を説得して銀行からの了承も得て動き出す有原病院。

半年後には見事結果を出す事が出来るが、経営的にはここから取り戻さないといけない。

それなのに有原修平が心臓カテーテル室を作りたいと発言しそれに対して倉嶋が激怒するのだった。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の感想

相変わらず人の意見を聞かずに自分を貫き通す有原修平だなと感じました。

結構なワンマンだなと感じながらも職員に対して自分の行動が間違っていたと思うと謝罪する場面もあったし、人間的には出来ているのが有原修平だなと感じます。

有原修平の考え方は今までは患者のことを考えるのが1番だと言っていたが、妻の志保の言葉から1番大事なのは病院で働く人間のことを考えることに変わりました。

病院で働く人間が病院を大事に考えてくれたらもっと病院は良くなるということに気付いたのが今回の有原修平の最大の収穫だったんじゃないかなと思いました。

ペンネーム:アリアス(40代・男性)

のら猫ひろし

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレ

【24時間365日全ての患者受け入れ】を経営の柱に据えた修平でした。

しかし、小児科医の野林が、一人で小児科を支えるのは無理だと事務局長の亮介に打ち明けます。

野林は退職してしまいました。

修平は、野林を追い詰めたのは自分だと落ち込みました。

そして、亮介は、小児科医が一人もいない状況では産婦人科を閉鎖しないと赤字が拡大すると言います。

しかし、修平は、閉鎖はしないと宣言しました。

そして、彼は、産科には【アロマテラピー】といったサービスが必要だと言います。

さらに看護師を研修に行かせましょうと続けました。

亮介は難色を示しました。

しかし、亮介は、融資元の信甲斐銀行の副頭取から、今期だけの赤字だけなら融資は引き上げないという約束を取り付けます。

今期の赤字を5億円強と試算した亮介は、「赤字が許されるのは今年度限りです」と注意を促しました。

しかし、修平は「心臓カテーテル室や、ICUの整備、MRIの導入を考えています」と主張します。

亮介は「私の話を聞いていなかったんですか!」と声を荒げました。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の感想

前回(3話)まで、穏やかだった亮介が、4話で怒ってしまいました。

5億円以上の赤字で、融資元の信甲斐銀行を説得して今期限りと許しを貰った亮介からすれば、怒るのは当然と言えます。

だから、設備にお金をかけたくないという亮介の気持ちは理解できました。

ただ、有原病院に来院した親子のエピソードを観ると修平に賛同してしまいます。

修平は、赤字になっても設備を揃えたいと考えていました。

なぜなら、患者の子供の心臓疾患をカテーテルで治す技術が修平にあるのに、設備がないだけで紹介状を書かなければならないからです。

しかも、その子供の母親はシングルマザーでした。

仕事を抜けられない母親のために、修平の妻・志保がその子供を診察に連れてきたこともありました。

だから、修平が、遠い病院を紹介するのは心苦しかったのではないかと感じます。

ペンネーム:のら猫ひろし(40代・男性)

もりお

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじネタバレ

小児科は野林一人で多忙で、トリアージ講習を途中放棄したので、おかしいと倉嶋が修平に言うが、遂に行方不明になった。

倉嶋が外にいた野林に帝切のオペが始まるというが、患者が救えなかったと泣いていた。

修平が見つけるが、もうやっていけないと言う。

野林との話し合う時間を作らなかったと修平が責任を認める。

又、産婦人科の医者も小児科がいないならやって行けないと言う。

リスクのある妊婦は大学に回すことになり妊婦は不安を言う。

倉嶋は出産件数を減らすしかないと言う。

産科も閉鎖の危機になる。

坂本は24時間救急の撤退を勧めるが修平は反対するが、坂本は理想論で暴走するなと怒る。

志保がスーパーで知り合いの朋美の娘を連れて修平の診察を受けさせると心臓疾患が見つかる。

未熟児で産んでしまったことに母親は自責の念をもっていた。

志保はシングルマザーの朋美の不安な気持ちを思いやり修平にもケアを依頼すると病気を見るな病人を見よと言う言葉を思い出したと言う。

修平はカテーテルオペを勧める。

修平は24時間救急止めて欲しいと言った江口に患者を救いたいと言う気持ちがないのかと怒った。

得意のカテーテル治療を諦めて大学に患者を送る悔しさがあるようだ。

倉嶋は人員削減は赤字が膨らむというと、修平はアロマセラピーなど心使いが足りず助産婦らに専門の産院に研修にいかせると言う。

救急専門医を雇うと修平が言うが、赤字の拡大は自殺行為だと倉嶋が反対する。

安定的な黒字が見えているのに赤字になったら銀行の融資も期待できないと言う。

修平はERに替えて一人の医師が救急をやればいいと言う。

現場で働く人のことを考えていなかったので、スタッフに選ばれる病院にしなければいけない、未来の為に投資をすると譲らない。

倉嶋は米田らに病院の一時的な赤字を認めさせる。

その後、小児科とERの医師の目途が立ち産科の評判も改善するが、赤字が莫大になり、倉嶋は修平に危機感を訴える。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話の感想

小児科の野林が逃げ、産科も人員削減の危機になり、もはや修平の24時間救急は破綻したと思いました。

倉嶋は産科の廃止も含めてリストラを主張したのに、むきになって主張を曲げない修平には、坂本が言う通り暴走だと思いました。

しかし倉嶋は病院が大幅な下方修正で一時的に赤字になるのを米田と桐山に頭を下げて頼むと、米田が認めたのは救われたと思いました。

修平がERを始めると言い、救急医をスカウトしたり、助産婦を他の産院に研修に行かせると言うユニークな発想が上手く行きそうなのは良かったです。

しかし修平が就任以来の大赤字になっているのにカテーテル室も作ると言った時、倉嶋は夢物語を語る場合じゃないと怒った気持ちが判ります。

倉嶋が銀行も退職して自ら退路を断って米田や桐山に頭を下げた苦悩が修平には本当にわかっていないと思いました。

修平の理想が病院の破綻につながらないか心配です。

ペンネーム:もりお(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA