アライブがん専門医のカルテ|10話ネタバレと感想。薫の乳がんが再発!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話が2020年3月12日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
10話のゲストは相島一之さんと丸山智己さん。

兄弟の役みたいだけど、どんな感じの兄弟かしら?

こちらの記事では、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のあらすじネタバレと感想

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきました。

芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのですが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲りません。

心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにしました。

 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしていました。

阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのですが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。

阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようです。

阿久津の推薦により、心が国立がん医療センターから声がかかっていたのでした。

しかし、これまで以上に家庭で過ごす時間が減ってしまうのもあり返事にためらっている様子の心。

 そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来ます。

女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言います。

丁寧な美紀子の対応に感心する心。

すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言います。

その息子とは、結城でした。

結城は有馬総合病院院長の息子だったのです。

佐伯の受け入れを断った美紀子らに抵抗を感じている様子の結城。

しかし、薫は「うちなら任せられる」と思って任せてもらえたのではないかと結城に話し…。

そんな心は珍しくカンファレンスに遅刻しました。

そして、横浜みなと総合病院に再び転院した佐伯。

やはり納得のいかない様子の隼人でしたが、芳雄は納得しているようでした。

そして、芳雄の手術が始まります。

隼人は、弟は100年以上親の介護をしておりやっと解放された矢先の病気だったと言います。

「弟を助けてください」と頭を下げる隼人。

手術は無事に成功しました。

しかし、すべての腫瘍を取ることはできなかったため、今後は化学療法治療をしていくと伝える心。

やはり隼人には「有馬なら根治できたのでは…」という思いがあるようでした。

ですがそんな隼人に対し前向きにとらえる芳雄。

一方、結城は横浜みなと総合病院に残る決意をします。

そんな中、薫は乳癌の再発が判明したと心に話し。。

以上が「アライブ」10話のネタバレ。

今回は兄弟愛のお話でした。

丸山智己さん演じる隼人はもっと嫌味な役かと思いましたが、兄想いの弟でしたね。

一方、心は国立がん医療センターから声がかかりました。

さらに薫は乳癌が再発!

最終回も目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のネットの反応や評価は?

ドラまる
お互い想い合ってるいい兄弟だったね!
ラマちゃん
お2人の演技力にも泣けたわね~

ドラまる
薫先生の乳がんが再発。。
ラマちゃん
予想はしていたけど、最終回はつらい展開になりそうね。。

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第10話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第10話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』最終回のあらすじは?

2020年3月19日(木)放送のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』最終回のあらすじをご紹介します。

腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。

 心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。医師としての将来を思う阿久津晃(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。また、研修期間が終わろうとしている結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。  佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。治療を受ける薫に驚く莉子。だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていて…。

 2人の女医、そしてそれぞれの医師たちに、やがて変革と旅立ちのときが訪れようとしていたー。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のあらすじネタバレと感想と最終回のあらすじをご紹介しました。

今回は兄弟愛がテーマでした。

心温まる展開でしたね。

次回はついに最終回。

心先生は国立がん医療センターへ行くのか?

そして薫先生は乳癌を克服できるのか…?

最終回も見どころ満載ですね。

ドラまる
次はいよいよ最終回!
ラマちゃん
薫先生は無事に乳癌を克服できるかが見どころね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA