アライブがん専門医のカルテ|9話ネタバレと感想。民代の最期に感動

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話が2020年3月5日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
抗がん剤治療を受けない決意をした民代さんは退院し旅行へ。

しかし旅行先で倒れてしまい…!?

こちらの記事では、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話のあらすじネタバレと感想

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(高橋洋)に呼び出されます。

前園は、切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかったと二人に話しました。

静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者ですが、肝臓への転移が見つかったのです。

カンファレンスで、心たち医師たちはがん治療のために静の妊娠継続は難しいということで一致しました。

心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。心は妊娠の継続が困難なので静の命を優先させたいと告げます。

しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものでした。

静に付き添っている夫の敬(落合モトキ)にもやっと授かった子供だと中絶への同意は得られません。

翌日、心が化学療法室へ行くと、佐倉莉子(小川紗良)がスマホの画面を看護師たちに見せていました。

莉子は心にも画面を見せます。

それは退院した高坂民代(高畑淳子)が旅先での出来事を紹介しているSNSの記事でした。

病気でも人生を楽しんでいる民代から、自分も元気をもらえると莉子は喜び、患者のこういう面を知ってもらいたいと言います。

すると、心は莉子もSNSで発信したらどうかと勧めました。

そんな矢先、民代が旅先で倒れたという一報が入り…。

民代は旅行を断念し、再び入院生活へ。

やはり抗がん剤治療はしないと言います。

しかし、容体は悪化する一方の民代。

民代がやり残していることがまだあることに気づいた心と薫は、病室でパーティーを開くことを思いつきました。

体力が亡くなっていく中、民代のためのパーティーが開催され…。

以上が「アライブ」9話のネタバレ。

今回も民代さん中心回でした。

死期が早まることを覚悟しながら残された時間を楽しむ。

確かにこれも1つの選択肢なのかもしれません。

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話のネットの反応や評価は?

ドラまる
民代さんは亡くなってしまったのかな?

ラマちゃん
旅行へ行ったところで終わらせなかったこと、それでいてあえて亡くなった描写がなかったこと。

この描き方も素晴らしかったわね!

ドラまる
民代の生き方に勇気づけられたという意見も!
ラマちゃん
最期まで素敵だったわね。。

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第9話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のあらすじは?

2020年3月12日(木)放送のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智巳)が、兄を転院させると申し出てきた。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。

 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。

 そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。女性は有馬総合病院の理事長、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。丁寧な美紀子の対応に感心する心。すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話のあらすじネタバレと感想と10話のあらすじをご紹介しました。

民代の残された時間を丁寧に描いていた分、重い回ではありましたが感動的な回でしたね。

自分のやりたいことをやり、生き方を貫く民代さん、素晴らしかったです。

ドラまる
生きるとは何かを改めて考えさせられるドラマだね。
ラマちゃん
ドラマも終盤戦。

これからさらに波なしでは見られなくなりそうね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA