アライブがん専門医のカルテ|6話ネタバレと感想。須藤はわざと薫を陥れた?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話が2020年2月13日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
ついに自分の医療過誤を心先生に打ち明けた薫先生。

しかし真相はまだほかにもある…?

こちらの記事では、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話のあらすじネタバレと感想

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされます。

しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。

薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝えます。

 数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいました。

退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していましたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ません。

心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。

しかし、心は薫を避けるようになっていました。

 そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれています。

心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められました。

光野によると “がんが消える効能がある“と謳った水だそうで、元患者が、病院にいた患者たちに無断で配っていたので回収したというのです。

初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠せませんでした。

 心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。

心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟みます。

徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていました。

律子と絵麻がとりなしてその場は収まりますが…。

一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていました。

その人物とは、匠の手術時、第二助手をしていた安田でした。

安田は匠の手術時に起きたあることを知っていて。。

その後、徳介は絵麻の手術を薫先生にしてほしいと心に頼みます。

ですが、心は気が進まず。。

結局、徳介は絵麻を民間のフィルピースクリニックへの転院を決意。

そこは、例の水を売っていたクリニックでした。

結局、院長が逮捕。

徳介と律子は改めて絵麻を診て欲しいと頭を下げます。

絵麻を受けいれた心は、彼女の手術を薫にやって欲しいと言います。

できないという薫でしたが、心は関河から聞いた匠の手術に関する事実を打ち明けました。

匠の手術時、匠は下大静脈が狭窄していました。

薫はそれに気づかず止血をしようとパッキングをしましたが、薫の位置からは下大静脈が狭窄していたことは見えなかったのでその決断は致し方なかったのです。

つまり、匠の死は薫の医療過誤ではなく須藤が原因だったのでした。

真実を知らずにひどいことを言ったと謝る心。

しかし薫は取り乱していて。。

以上が「アライブ」6話のネタバレ。

やはり、匠の死は薫ではなく須藤が原因でしたね。

ですが、須藤はただ自分のミスを薫に押し付けただけだったのでしょうか?

下大静脈が狭窄していたことを知っていながらパッキングを指示したのは須藤。

ならば、須藤はわざと薫を陥れたのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話のネットの反応や評価は?

ドラまる
須藤はわざと薫先生を陥れたってこと?
ラマちゃん
だとしたらその理由は?

ドラまる
やはり、須藤は何かを企んでるのかな?

ラマちゃん
ここからは、心先生が薫先生を支える番かもしれないわね。

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のあらすじは?

2020年2月20日(木)放送のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。

 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。

 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話のあらすじネタバレと感想と7話のあらすじをご紹介しました。

やはり、匠は須藤が原因で亡くなってしまったようです。

ここまではよそ突きましたが、まさか意図的に薫を陥れようとした可能性まで出てくるとは。。

須藤、まだまだ闇がありそうですね。

ドラまる
須藤がわざと薫を陥れたのなら彼の目的は?
ラマちゃん
真実を知った薫先生のメンタルも心配ね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA