アライブ~がん専門医のカルテ~|3話見逃し動画無料視聴はこちら【1/23配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『アライブ~がん専門医のカルテ~』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話(2020年1月23日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年1月23日(木)放送終了後〜2020年1月30日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『アライブ~がん専門医のカルテ~』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アライブ~がん専門医のカルテ~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アライブ~がん専門医のカルテ~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『アライブ~がん専門医のカルテ~』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじは?

2020年1月23日(木)22時00分より放送のドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。

京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。

『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。

腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。

心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。

緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。

休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。

そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。

一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。

その後も、偶然再会し、言葉を交わすが…。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ssa
心の旦那が亡くなってしまうようなシーンを見て、薫は心に手術をしたことを伝えられ亡くなってしまうのではないかと思いました。

せっかく伝えようとしていた雰囲気の中、問題が起きてしまった事、病院に送る薫の存在が病院に行く事でバレてしまいそうな気がしました。

薫は心を支える為に異動してきたはずが、旦那の死で居場所がなくなり病院内で問題になってしまうのではないかと思いました。

須藤は薫との関係を隠されていることや、薫のミスではないオペだが薫に罪をかぶせ、信用していて支えてくれていた存在のはずが裏切られてしまう気がしました。

ペンネーム:ssa(20代・女性)

なー
次回は心先生のご主人の状態が急変したというところから始まるようです。

次回予告を見る限りでは「状態が悪くなった」ようです。

そんな中で、義理父が「最後くらいは家族との時間を」と話していました。

今後亡くなる可能性のある患者さんへのケアはもちろんのこと、そのご家族がどのように動くのか、さらにその病院の先生などがどのような声掛けをしていくのか気になります。

また、薫先生の方には、新しい男性が現れていました。

薫先生はてっきり須藤先生と伸展していくのかと思っていたので、新しい男性の登場に驚いていますが、そちらもどのような展開になっていくのか楽しみです。

ペンネーム:なー(20代・女性)

こてつ
旦那さんは、意識不明からどう変化していくのかと言う点がポイントだと思います。

今の段階では心先生は、今薫先生が心の支えとなっています。

しかし、何かミスしてしまっている様ですが、その薫先生は、旦那さんの手術で何をしてしまったのか。

それをどのタイミングで打ち明けて、2人の関係性がどうなるのかと言うところが展開として気になるところです。

お義父さんが、息子さんのことをもう、助からないと諦めてしまっているので、この家族の考え方の方向性の違いや家族のまとまりも気になります。

私は、奇跡を信じる心先生を応援したいと思います。

ペンネーム:こてつ(20代・女性)

ふうとろ
第二話で梶山先生が恩田先生に梶山先生が恩田先生の手術をしたことを伝えようとしたところ、電話がかかってきて中断されたところで終わりました。

梶山先生が恩田先生にちゃんと打ち明けられるのかがとても気になります。

恩田先生は旦那さんが入院している病院から急変したと電話がかかってきていたので、伝えられずに一緒に見守るのではないかと思いました。

恩田先生の旦那さんは急変したけれど、その日は頑張って山を越えてくれるのではないかと思います。

恩田先生の患者さんで梶山先生の存在に少し感づいている人がいたので、その患者さんがこれから梶山先生のことについて調べるのではないかなと思いました。

ペンネーム:ふうとろ(30代・女性)

タムラ
恩田の旦那が急変してしまって急いで恩田は旦那の病院に向かうと思います。

でもなかなか症状は良くならないのか旦那は少しして亡くなってしまいそうです。

恩田の旦那が亡くなったことで薫の心の傷はまた結構深くなってしまいどこかへいってしまいそうです。

でも恩田は旦那がまだ死んでないと信じて、ある程度お祈りを頑張りますが結局あまり効果がないようで旦那は死んでしまいそうです。

その姿を見た恩田と子供はすごくショックを受けて帰ってきても意気消沈で色々大変です。

やはり薫のオペシーンを長い時間ゆっくりと見てみたかったです。

ペンネーム:タムラ(30代・男性)

ふじお
恩田心の旦那が倒れてしまい病院に駆けつけるのですが、重い病な気がします。

家庭の悩みを抱えながら医師の仕事をするのは極めて困難な状況です。

誰にでも悩みはあると思いますが、仕事に支障が出てしまうと困ってしまいます。

失敗が許されない職業なので、心は穏やかではありません。

なぜ神様は幸せにしてくれないのか?思う時がありますが、みんなそれを乗り越えて生きています。

幸せなようで実は幸せではないのが現実なので、自分だけがなぜと思わないことです。

人を助けるために生きることになった心は、自分の旦那を助けられるのかが鍵になります。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まな

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレ

今回は末期ガンの患者と、その家族に向き合っていきます。

抗がん剤治療を続けるか、緩和医療に切り替えるか医師たちも、悩んでいくのです。

そんな中でも恩田は患者や家族に、やさしく寄り添っていきます。

そして梶山はオペの映像を見ていると、過去の辛い記憶から手が震えてしまうのです。

オペ中も患者が急変して、梶山がパニックになってしまいます。

いろんな想いを抱えているのです。

また恩田の夫が亡くなってしまいます。

恩田はただ泣いていて、子供は何度もパパと叫ぶのです。

最後に恩田は夫への後悔を泣きながら話して、梶山は小さな声でごめんなさいと言うのです。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の感想

今回は末期ガンの患者と家族に、やさしく向き合っている恩田が良かったです。

家族が抗がん剤治療を続けるか、緩和医療に切り替えるか本気でぶつかり合っていたのが、すごくリアルだなと思いました。

そして梶山はオペの映像から、過去の記憶が蘇って自然に手が震えていたのが心配になりました。

オペ中も患者が急変して、少し取り乱していたのが怖かったです。

また恩田の夫が亡くなってしまったのが、とても胸が痛くなりました。

子供が何度もパパと叫んでいたのが切なかったです。

最後恩田が号泣しながら、夫を傷つけてしまったと後悔していたのが儚かったです。

ペンネーム:まな(20代・女性)

沙羅

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレ

夫の急変に駆けつけた心先生は、主治医から心配蘇生までに時間がかかり厳しい状態であることを告げられるも、夫の死が近いことを受け入れられずにいた。

そんな折、死を受け入れ、家族との最後の時間を前向きに過ごそうとする患者家族に接し、心も夫の死が近いことを受け入れ、最後のときの過ごし方を考えるようになる。

息子の蓮にも、今まで「大丈夫」とパパが元気になるものと伝えてきたが、病室でもうすぐ死ぬのだということを伝えると、写真を見ながら思い出話に花を咲かせる。

そのとき、アラームがなり夫は亡くなってしまう。

心は、事故の日の朝、夫を傷つける言葉を言ってしまったことを後悔していた。

一方、薫先生は心に手術のことを打ち明けられずにいた。

心の夫と同じ年齢の男性の手術に挑むも、出血で一時パニックになるなど、薫もまた苦しんでいた。

そんな薫に怪しい男が近づくていた。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の感想

患者とその家族が病気や死を受け入れ、最後のときをどう過ごすのかが描かれてしました。

私も昨年父を癌で亡くしたので、色々と思うところのある回でした。

医者である心先生もまた、様々に葛藤する様子が印象的でした。

思ったよりも早く心先生の夫が死んでしまい、心先生同様、どこか奇跡を期待していたので残念でした。

改めて、生きているうちに、元気なうちに大切な人には優しくし、感謝の気持ちを伝えなくてはと思いました。

薫先生も、関東病院の話が出るたびに怯え、手術の時には緊張し、時にはパニックになり、そんな状況から救われて欲しいと思います。

ペンネーム:沙羅(30代・女性)

あずま430

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレ

がん治療を続けてきた患者が、緩和ケアに移行することによる葛藤や家族の課題がテーマでした。

在宅医療について夫は妻の意見を聞いて家族で緩和ケアをやりたいというところに、娘たちは自分たちが大変になることに猛反対。

娘は緩和ケアは治療を諦めることだと、家族内でも葛藤があるようです。

緩和ケアの課題が浮き彫りになります。

残された家族のために患者が自宅で家族との時間を大切にしたいと、こころ先生に話します。

娘は母親の在宅ケアで家族の大切さ、母親の思いを感じます。

薫先生は、過去の医療ミスが忘れられない様子。

今回から出てきた、三浦くんの役どころも気になる展開です。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の感想

今回のストーリーは、がん治療の緩和ケアを選択するか否かということがテーマでした。

緩和ケア医が少ないという実態を初めて知りました。

現在、親族ががん治療を行なっているので、緩和ケアのことも考えさせられる回でした。

先生方が真剣に患者のことを考えて議論しているところなどを見ると、こんな病院が実際にあったらいいな、と思います。

こころ先生は旦那さんがまだ目が覚めない状態が続きつらいときなのに、患者の気持ちに寄り添っていて応援したくなります。

清原翔さんがイケメンでカッコいいです。

キャストが爽やかな人が多くていいです。

ペンネーム:あずま430(30代・女性)

たまなし

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレ

病室で匠が一瞬目を覚まして恩田がいままでの感謝の気持ちを伝えるがすぐに意識不明になって心停止してしまう。

翌日、木内陽子という肺がんの患者の治療方針でホスピスを勧めることになる。

その事を本人と旦那に伝えると旦那はまだ抗がん剤治療を望んでいるようで陽子を説得するが陽子はもう治療は疲れたと諦めるのだった。

そして、恩田は自宅医療とホスピスの選択肢を与えると陽子はホスピスに行きたいと答える。

その後、恩田の説得で陽子は自宅医療にして自宅で療養する事になるが陽子の家族から話があると連絡をもらい陽子の家まで訪問に行く。

そこで陽子は自分が死んだ後、家族の関係がバラバラになってしまう事を心配してわざと悪者になり娘たちと旦那が支え合って関係が良くなればそれでいいと話すのだった。

その後、恩田は子供と一緒に匠との最後の時間を過ごす。

そして、夕方に匠は死んでしまう。

夜、匠の病室を片付けている時、恩田は事故当日の出来事を思い出して泣きながら後悔してしまうのだった。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の感想

匠が冒頭で意識を戻した時はとても嬉しかったです。

このまま元気になって退院まで行けるのではないかと思っていましたが次の瞬間にはまた意識不明になり心停止ですから気持ちが追いついていけませんでした。

でも恩田が感謝の言葉を言った場面はとても良かったです。

ありがとうと本人に伝えられたのはすごくいい展開だと思いました。

その後の陽子の話もとても考えさせられる内容でした。

残された家族とどう過ごしていくかというのは正解はないように思いました。

迷惑をかけたくないという考えもあれば甘えてもいいという考えもある。

どちらもそれぞれの家族を思っての行動なのでしょうね。

ペンネーム:たまなし(30代・男性)

ふじお

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレ

恩田心の旦那、匠が倒れてしまい病院に駆けつけます。

心は医師なので旦那の容態が分かってしまい長くないことを知ってしまいます。

子供にも亡くなることを伝えて、泣きじゃくる姿がそこにありました。

心は疲れていることでストレスが溜まり、倒れる前の匠にきつく当たってしまいます。

なかなか売れない匠の小説に失望させられた感じで厳しいことを言いました。

匠も売れないジレンマを抱えていたと思いますが、心の厳しい発言はかなり傷ついたと思います。

傷つけたまま、最後の迎えてしまった匠に心は後悔しています。

人間の死はあっけないものだと考えさせられる回です。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の感想

なぜあんな酷いことを言ってしまったのか?心は後悔しきれません。

傷ついたまま亡くなってしまった匠は、どんな思いだったのかは定かではありません。

楽しい時間を過ごしてきたのは確かですが、一瞬で壊してしまった感じです。

愛する家族と最後の時間を見届けましたが、そこにあったものは後悔と懺悔でした。

匠も夢に向かっていましたが、結果が出ずに辛かったと思います。

夫婦関係がギクシャクしてしまうのは、お金だったり仕事のバランスが取れない時です。

収入が多い心は、収入の無い匠にストレスを感じていましたが、期待はしていたと思います。

夫婦は恋愛ではなく生活だと思わないと続きません。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

さむ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじネタバレ

担当する末期ガン患者の家族に緩和治療に切り替えることを提案する心ですが、その患者の家族間で自宅療法をめぐり口論となります。

しかし、患者本人が自分のことで言い合いになりながらでも家族がひとつとなっていることに満足していることを知った家族たちは、その気持ちに応えるよう努力すると心に伝えました。

死を受け止め家族を想う患者と夫・巧を重ねる心。

そして後日、心と息子の漣そして義父の京太郎が立ち会うなか、巧はついに息を引き取ります。

泣き伏せぐ心は、事故に遭った当日に傷つける言葉を口にしたことを尋ねてきた薫に打ち明けるのでした。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話の感想

巧がこんなに早く他界するとは思っていなかったので、展開が早い分まだまだ想像しない出来事がおきるのかもと思いました。

薫は、巧の手術をしたのが自分であることを心になかなか打ち明けられずにズルズルと悪い方へ向かっている気がしてなりません。

心は薫のことを信頼しているだけに打ち明けが長引く程、真実を知った時の心の気持ちが心配になってしまいます。

また、薫に近づく若い男・関河隆一が薫のことを探っている記者かフリーライターである感じなので、彼の動きがこれから先の展開に大きく関与してくるのではないかと思いました。

ペンネーム:さむ(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA