アライブ~がん専門医のカルテ~|2話見逃し動画無料視聴はこちら【1/16配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『アライブ~がん専門医のカルテ~』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話(2020年1月16日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年1月16日(木)放送終了後〜2020年1月23日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『アライブ~がん専門医のカルテ~』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アライブ~がん専門医のカルテ~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アライブ~がん専門医のカルテ~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『アライブ~がん専門医のカルテ~』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじは?

2020年1月16日(木)22時00分より放送のドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。

患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。

男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。

部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。

日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。

さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。

乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。

一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。

莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。

診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海はまだ若いのにと残念がる。

すると結城は若いからこそ早期治療が必要だとドライに反論する。

仕事を終えた心がいつものように匠(中村俊介)を見舞って帰宅すると、京太郎(北大路欣也)が漣(桑名愛斗)の面倒を見てくれていた。

だが漣を甘やかし宿題を手伝っていて、匠の意識が戻ることもあきらめたかのような京太郎に対しての愚痴を、心は梶山薫(木村佳乃)にメールする。

トレーニングジムでメールを受け取った薫だが、匠の事になると返答に戸惑ってしまい…。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

sss
薫が心に近づいていることで、なぜか須藤が心を訪ねているシーンや、薫が申し訳なさそうな顔をしているシーンがあったので手術をしたことや、失敗したことを明かされるのではないかと思いました。

心は薫のおかげで笑ったり前向きな考えを持てていたのに、2人の関係は今まで通り良い方向に向かうのだろうか気になりました。

薫が何のために心に近づいているのかが1番の見どころだと思っています。

心の働きぶりや今後の患者事情も気になります。

薫が服を脱ぐシーンがとても気になりましたが何を見せるために脱いでいるのだろうかも気になります。

ペンネーム:sss(20代・女性)

ゆみ
こころの旦那がどのような経過を辿り、家族関係がどのように変わっていくのかがドラマ全体の中で楽しみです。

そして、これからどのような癌患者に出会い、こころ先生が患者に寄り添った医療を提供していくか、梶山先生との連携も見どころです。

こころ先生は、家庭がありながらも必死に仕事をきているので、医者の仕事をどのように続けていくのかも見どころです。

また、なぜ梶山先生はこの病院に来たのか、その理由についても今後明らかになっていくのではないかと思います。

梶山先生はこころ先生との過去にどんなことがあったのか、盾も気になります。

まだ現段階では予想ができないのでとても楽しみです。

様々な専門用語が出てくるのですが、とても分かりやすく説明されるのでこのドラマを通して色々なことを知れたらととても楽しみです。

ペンネーム:ゆみ(20代・女性)

こてつ
ドラマの告知で、2人の乳癌の患者さんの話になると思われます。

女性が受けるマンモグラフィーを男性が受けると言う少しびっくりする様なシーンもありました。

男性が乳癌にかかるというあまり聞かない展開にどうなっていくのか予想が付きませんでした。

この患者さん達が、心や薫との関わりの中でどのように治療をしていくのか楽しみな展開となりそうです。

一話でもとても丁寧に患者さんに接している印象の強かった心なので、第2話での患者さんと医師との関わりにも必見だと思います。

1話で予想以上に感動したので2話もきっと良いドラマになると思います。

ペンネーム:こてつ(20代・女性)

もちうさぎ
薫が一体何の目的で、心に近づいているのか少しずつ明らかになっていく過程が、とても気になります。

松下奈緒さんと木村佳乃さんという22人の実力派女優による細やかな感情表現や、いろいろな伏線が重なりあっているので、それらがどのように明かされていくのか期待感が高まります。

心の旦那さんを手術したのが薫であることが心に知られるのか、とても気になります。

2人の絆がどのような感じになっていくのか楽しみです。

女優同士の演技力が、どんな風に描かれていくのか楽しみです。

重要な立場の医師であるのに、どこか報われない時、どんな気持ちで切り替えて前に進んでいくのか気になります。

ペンネーム:もちうさぎ(50代・女性)

まあちゃん
次回は乳がん患者がテーマということで、身近にも乳がんの方を知っていますので、身につまされる思いです。

男性の乳がん患者の存在を知ったのは数年前ですが、男性なのに乳がんという病気にかかってしまった患者の複雑な心境が丁寧に描かれていることを期待しています。

いかにショックから立ち直り、前向きになっていくかという姿を今回楽しみにしています。

一方、親しくなった薫に、何も知らない心が匠の愚痴をこぼすところ、そしてそれに対して戸惑いを隠せない薫の心情がどう描かれていくのか。

今後、二人の関係がどう変化していくのか見どころだと思います。

ペンネーム:まあちゃん(50代・女性)

マナカ
次回は乳がんの話のようです。

男性患者がやってきて恩田が色々と検査をするとその患者は乳がんであることが発覚する。

そしてその男性患者は自分が乳がんになることを想定していなかったのかかなり動揺してしまう。

恩田はまず薬でがん細胞を治療しようと考えてスタートさせる。

しかしイマイチ効果がないので薫に頼んで手術をしてもらうことにする。

薫は素直に引き受けてその乳がん患者の手術をするのだった。

その後、恩田は夫の様子を見に病院を訪れる。

夫の容態が回復しないことをもどかしく思い担当の医者に治療法を色々と提示すると思います。

ペンネーム:マナカ(30代・男性)

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ssa

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレ

薫が心の病院にきたのは、心や家族を支える為だった。

自分と重ね合わせているのかと須藤は問い、離婚が成立したと伝えた。

これからの事を進めたい須藤と何も考えたくない薫。

全身ガンの高坂は薫と仲良くなっていく中で、心との関係に何か異変があると感じ始めていた。

乳がんの若い女性の治療をしていた。

結城と夏樹は早くとったほうがいいと言うがなぜか前に進めない。

手術を受けると決めたはずが、診察から逃げ出そうとしていた。

心は薫を紹介した。

それは薫も乳がんだったことを明かした。

どんなに人を見てきても自分の胸を切るのが怖かったが今楽しく生きていられることを伝えた。

若い女性患者は今後恋愛や出産が出来るのかと未来を不安思う彼女に裸になり整形した姿を見せた。

そして体を嫌う相手は安定の相手じゃないと勇気付けた。

手術が無事終わり心は薫に伝えにいくと、薫は心を温泉に誘い、自分の人生について語った。

自分の為に生きるだけでなく誰かのために生きようと病気のおかげで強くなったと言った。

そして別れ際、病院から電話があり心の旦那が急変したと言い病院に向かった。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の感想

乳がんは身近な病気でいつなってもおかしくなく、誰にでも可能性があるとわかっていながらも、自らかかると強く生きれるのだろうかと考えさせられました。

まさか薫がガンだったとは思わず強く生きている今を見ていると何もないように見えましたが、誰にでも悩みがあるものだと思いました。

薫が心に旦那のことを伝えようとしているシーンがあり、絶対に成功するとは限らない手術で、薫のミスがあったわけではないのに、心にとっては大切な旦那で、2人の関係に卑劣が入ってしまうのではないかと思うと悲しくなりました。

患者を励ます医者や、同じ病気の人たちの励まし合いを見ると自分はそこまで強く生きれるのだろうかと考えさせられる2話でした。

ペンネーム:ssa(20代・女性)

なー

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレ

今回のストーリーは「乳がん」についてポイントを当てていました。

若い女性と男性の遺伝性乳がんでした。

男性の患者さんは娘さんがいるなかで、でも自分は男性だからどのように乳がんを受け入れていいのか悩んでいるようです。

一方で女性の患者さんは、周りに知られたくないという気持ちからなかなか治療に踏み出せずにいます。

しかし、病気への不安からたくさんのサイトや本を見て勉強はされているようです。

病院でたまたま出会った友人は妊娠をしていました。

自分は乳がんと診断されている中でかなり心に傷を負います。

「人の幸せを喜べない自分」が嫌になり自暴自棄になります。

しかし、薫先生が自分も乳がんで切除した過去があることを告白し、この女性を治療に向けて前向きな気持ちにさせ、手術へと導きます。

一方男性患者さんも「娘のために」と遺伝性細胞の検査を娘さんにするように連絡をします。

そんな中で心先生のところへ連絡が来ます。

「旦那さんが急変した」という内容でした。

ここで2話は終わります。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の感想

わたし自身も同じ女性として、乳がんになりうる可能性は十分にあります。

しかし、年齢的にも受け入れられない気持ちや「きっと良くなる」と信じたい気持ちになると思います。

私自身は正直医療系の職種についていることもあり、若いうちに治療しないと若い人の癌は進行しやすいことを知っています。

だからこそ、わたし自身は治療しなければいけない気持ちと、でも抗がん剤治療や手術が怖い気持ち、何よりも乳房切除に対しての抵抗がかなりあります。

なので、若い女性の患者さんへかなり感情移入をしてしましました。

そんななかで、薫先生のように実際に治療や手術をしても尚働いている女性の存在は大きいと思いました。

自分の身体を見せてでも患者さんに寄り添う先生の姿がとてもかっこよかったです。

ペンネーム:なー(20代・女性)

こてつ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレ

今回は2人の乳がん患者さんの話です。1人は男性。

1人は若い女性です。

男性の方に関しては、男性が乳癌というあまり予想がつかない様なストーリーとなっていました。

しかも、また遺伝性の乳癌かもしれないという事で更に興味が湧く内容でした。

一方で若い女性の方は、今後の人生が病気によって変わるのではないかと不安がっていました。

薫先生も、実は乳癌経験者との事で自分の状況を話す事で彼女を治療の道へ導いていました。

最後の展開として、旦那さんが急変をしたとの事で今後容体がどうなっていくのか展開に注目が集まると思います。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の感想

病気になって不安な気持ちがすごく伝わりました。

同じ女性として、乳癌にかかった時、全摘手術を受けるということはとてもショックだしその先の運命が変わるのではいかと不安でたまらないと思います。

また、同じ病気を克服した人が近くにいるということは、励みになり治療に踏み出す勇気になると思います。

男性の乳癌ということにも驚きましたが、今回の話を通して男性の乳癌もあり得るんだよということが世の中に知れ渡っていくといいと思いました。

最後に、薫先生が心先生に何を伝えようとしていたのかが気になるので来週を楽しみにしたいと思います。

ペンネーム:こてつ(20代・女性)

ふうとろ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレ

今回は乳がんをテーマにしたストーリーだったけれど、内容が本当に現実味がありました。

がんは治したいけど、胸をなくす恐怖があり、中々手術に踏み切れない患者さんを梶山先生が自身の体験を持って、手術に臨めるよう勇気づけていくシーンがとても印象的でした。

梶山先生は、恩田先生への罪悪感から恩田先生のことをサポートしていますが、真実を伝えた時に恩田先生がどんな反応を見せるのかとても怖いなと思いました。

休日に恩田先生と梶山先生で温泉に行き、リフレッシュしてきたところに恩田先生の旦那さんが入院している病院から電話がくるシーンで終わってしまったので、次回がとても楽しみです。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の感想

恩田先生の旦那さんの手術を失敗してしまったことをずっと心に抱えたまま、恩田先生をサポートする梶山先生が気の毒だなと感じました。

実際こういうことはどこかで起こっているのだと思うと切なかったです。

また、乳がんを患ってしまった患者さんの話については、乳がんを患っている患者さん同士がお互い情報を交換したりして支え合っている姿が印象的でした。

それと同時に、その仲間を途中で失ってしまうこともあるのかと思うと悲しい気持ちが込み上げてきました。

でも、患者さん同士にしか分からないことばかりだと思うので、現実的にも患者さん同士の繋がりがあれば治療や生きていくことに前向きになれるなと思いました。

ペンネーム:ふうとろ(30代・女性)

タムラ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレ

病院に乳がんの患者が二人やってくる。

それは男性の日ノ原と女性の佐倉であり男性の乳がん患者は珍しいと医局で話題になる。

その後、検査をするのですが日ノ原の方の母親が乳がんだったことから遺伝性も考えられると医者に診断される。

ある日診察を受けようと日ノ原が病院を訪れると乳腺科が女性ばかりで困っていると紀子と言うおばさんがやって来て夫婦のふりをして助けてくれる。

その後、検査を繰り返すが数日後、紀子は亡くなってしまう。

そして、手術に不安を抱いている佐倉に恩田は薫を紹介して薫も過去に乳がんにかかっていたので実体験を話す。

その後、佐倉は手術を受けて無事助かるのだった。

休日に薫と恩田は温泉に行き家に帰って来たところで病院から電話が入り旦那の容態が急変したと言われるのだった。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の感想

今回の話は乳がんの話だったので自分のイメージでは女性がなるものと思っていたので男性の乳がんを扱ってくれて、とても面白かったです。

ドラマで男性の乳がんを見たことがなかったので凄く面白く見ていました。

やはり乳がんといえば女性と思っていたのでまた新しく知ることができてよかったです。

ストーリーの運び方もとてもテンポよく進んでいったので凄く見やすくて最高でした。

一つ不満があるとすれば薫の秘密が全くわからなかったのでそこだけは凄く残念です。

薫は恩田のことを恨んでいるのでしょうか。

それだと違和感しかありません。

ペンネーム:タムラ(30代・男性)

ふじお

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじネタバレ

女性の乳がんは乳を切り落としてしまうので女性にとってはたいへんショックです。

自分が女性ではない気がしてしまう心の病もこの後出てきてしまいます。

一方では、まさかの男性の乳がんが発生してしまい患者も信じられない状況です。

この世からガンが消えてしまうことが出来れば、長生きする人も増えるでしょうが、こればかりはどうにもなりません。

患者を説得するのも医者の仕事でもありますが、最後に判断するのはやはり自分自身です。

この前まで楽しく話していた患者が亡くなったと聞くと、信じられない気持ちになります。

人間の死は、突然来る怖さがあります。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話の感想

乳がんは女性だけのものと考えるのが普通ですが、まれに男性でも乳がんになります。

自分が乳がんになったと知ると、運が悪いと思うしかありません。

親が乳がんの場合は、息子にも遺伝して、さらに子供にまで遺伝します。

身体全部が正常な人は、まずこの世にいないと考えることが大事です。

常に疑っていて定期健診をすることが予防になりますが、過信してしまうと悪い結果になります。

医師の仕事は、病気を治すことの他に患者の心のケアも大事になります。

信頼関係が患者を勇気づけて、身体を治す働きが出て来ます。

この人に任せておけば大丈夫だと思わせる素振りが必要です。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA