アライブ~がん専門医のカルテ~|1話見逃し動画無料視聴はこちら【1/9配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『アライブ~がん専門医のカルテ~』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話(2020年1月9日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年1月9日(木)放送終了後〜2020年1月16日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『アライブ~がん専門医のカルテ~』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アライブ~がん専門医のカルテ~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アライブ~がん専門医のカルテ~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『アライブ~がん専門医のカルテ~』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじは?

2020年1月9日(木)22時00分より放送のドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。

様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。

この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。

民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。

一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。

初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。

心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。

担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。

仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。

3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。

少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。

来ることは聞いていない。

世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。

公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常だった。

数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。

カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われる。

身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が…。

見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)だった。

果たして、内科医と外科医、立場の違う2人の医師のタッグが始動する。

と、同時に、心の人生を一変させる、運命の歯車が少しずつ動き出そうとしていた…。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

こじろう
新しいドラマではまず、キャストを気にするのですが、松下奈緒さん、木村佳乃さんというとても演技派のおふたりが主演を演じるということで楽しみです。

ガンという日本人の死因で多い病気をテーマにドラマが進んでいくということで、いつ自分がなるか分からない病気なので心にスっと入ってきやすいのかなと思いました。

松下奈緒さん演じる恩田心はガン治療のスペシャリストではありますが、自分の身内に怪我を負ってしまった人がいて現実を見れないところもあるようです。

しかしそこに木村佳乃さん演じる梶山薫が赴任されてきます。

明るい性格で心の支えとなるような人物となりますが、この方も心に秘密を抱えているようです。

明るい人にも辛いことがある、そういうテーマはすごく身近に感じるので気になるポイントです。

ペンネーム:こじろう(20代・女性)

さきママ
がん専門医という女性が主人公ということで、どこか重たいテーマのドラマなのだろうかと思いましたが、どうやら二人の女医がバディを組んで命を救っていくというような内容だったので、そこまで緊張して見なくても良いのかなと感じました。

主人公である松下さんと木村さんは、個人的にどちらも好きな女優さんなので、そんなお二人がどんな女医さん姿を見せてくれるのか、とても楽しみです。

また、その他の出演者の豪華さにも驚き、期待が高まっています。

個人的には、木下ほうかさんが好きなので、木下さんらしいどこか癖のあるキャラクターが見られるのかと期待が大きいです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

彼方
次は新番組「アライブ」が始まりますが、ガン専門医の苦悩なども描かれていくようで楽しみですね!

もはや国民病といってもおかしくない「ガン」。

ガンといっても様々で簡単に手術で取り除けるような初期のものから末期のものまでありますよね。

つまり千差万別な患者が出てくることになると思うので、その患者に対して腫瘍内科医の心がどう向き合っていくのかという点に、とても興味をそそられます!

さらにまだ腫瘍内科について理解がされないなかで、外科医・薫だけは分かってくれ心を支えていくようで、二人の関係性にも注目したいなぁと思います。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

kouasami
医療ドラマのようで、また興味の持てる内容になりそうです。

だれもがガンには羅漢する可能性の大いにある昨今なので、面白そうなテーマだと感じています。

モトカレマニアのような夢見るような内容とは一変して、ややハードなストーリーなのではないかと予想しています。

新春に相応しい、どんな年代でも、性別問わず楽しめるストーリーなのではないかと思います。

手術の様子や、治療の内容、などだけではなくて、医療に関わる人たちの人間関係が興味深く描かれる内容であって欲しいと、期待をしています。

患者の気持ち、医療者の気持ち、両方が見たいものです。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

S
今度は打って変わってシリアスな医療もののようで、木村佳乃さん、松下奈緒さんという実力はの二人を起用するようです。

がんに特化した医者たちの人間模様を描くといういままでの医療ものにはない斬新さを期待しています。

後妻業、ゲゲゲの女房を演じられていたお二人なので、難しい言い回し、感情表現、集中力に長けていると思うので、きっといいドラマに仕上がるともおもいます。

さっそく専用ホームページも開設されており、ドクターコトーや、コードブルー、白い巨塔とは違うアプローチで制作されているとのことで、医療ドラマの新境地が期待できそうです。

ペンネーム:S(30代・男性)

ソード
ガン専門医がガン患者と向き合って色々なカウンセリングを行う話だと思いました。

ガン宣告を受けた患者には、とてつもない不安が付きまとうと聞いたことがあります。

その患者たちに寄り添って内面ケアに勤めると思います。

あるガン患者が自分の余命のことを悩んでしまい自暴自棄になってしまうのですが、主人公がなんとか立ち直らせようと色々な可能性を探りながら患者にどうすれば良いかなどを話して元気付けていくと思います。

ガンと向き合うというのは並大抵の精神ではやはり太刀打ちできないものだと思います。

なのでこのドラマを通して精神ケアを学びたいと思います。

ペンネーム:ソード(30代・男性)

2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

sss

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレ

心は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。

日々忙しく旦那は事故に巻き込まれ3ヶ月前から寝たきりで入院し、息子は言うことを聞かず感情をコントロールできなくなっていた。

ある日初来院の男性患者が倒れていて救ったにも関わらず美川に文句を言われてしまう。

しかし急に現れた薫は患者の検査を行い、美川が出していた結果とは違うことが判明し黙らせた。

心と薫はたまたま顔見知りだったこともありすぐに意気投合。

心の悩みも聞き受け入れていた。

翌日心が担当していた年配の患者が癌治療を受けるが、手術を受けずに彼との時間を大切にしたいと言った。

薬が合わずに予定通り手術を受けることができなくなってしまったのだ。

諦めようとする患者と必死に守ろうとする彼。

治療を進めていくにつれて変わり果てる姿をみてこのまま死にたいと心が折れているのをみて、彼と心は深呼吸することを提案し、心は病院から連れ出し共に夕日をみた。

そして年配カップルはプロポーズを受け夫婦になることを決めた。

心の患者の手術を担当することになった薫は、なぜか心を恨んでいるような行動を取っていた。

医者は医者でも手術することのできない心はどこか寂しい顔をしていた。

それは心の旦那のオペを失敗していたのだ。

薫はわざと心のいる病院を選び近づいていたのだ。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の感想

旦那が寝たきりになってしまっているのにも関わらず医者として働かなければいけない心を見ていると、小さなことで弱音を吐いている毎日が情けなく感じ、毎日大切に生きようと思わされました。

癌患者がたくさんいることや、寝たきりでも子供を育てるために働かなければいけない人や、いつ目を覚ますかわからない人を待つ人は沢山いることに気付かされました。

心と薫はただ仲良くしているだけでなく、薫が心に近づいている理由がオペに失敗したからだということには驚きました。

何のために自転車をパンクさせたのかも気になります。

わざと失敗したわけではないので、良い方向に2人が向かってくれればいいなと思いました。

ペンネーム:sss(20代・女性)

ゆみ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレ

こころの旦那は交通事故で意識不明になり、家族会に参加することになりました。

周りの人が前向きに話していることを聞き、とても辛そうな顔になりその場を逃げ出したところにスタッフの人に出会い、自分の境遇を話し涙を流し、しんどそうな様子です。

その後こころが話した梶山医師と仕事中に出会い、一緒に働くことになります。

なぜこの病院にきたのかということをこころが聞きますが、少し気まずそうな顔をしました。

旦那さんとの幸せな生活がフラッシュバックして映像で現れ、事故にあったところでハッと目が覚めます。

原発不明がんの患者に出会いますが、家族会の中で出産した妊婦の過去の病気が卵巣癌だったことを聞き、こころ先生は動き出します。

そして検査の結果腹膜癌だということがわかり、治療ができることになりました。

治療を開始しますが、患者がアナフィラキシーショックを起こし、抗がん剤治療の内容が変更になります。

その付き添いをしている男性が同意書を書こうとしますが、患者の名前を書かずに手が止まってしまいます。

その男性は若年性認知症だったのです。

梶山先生が心先生にわざと近づいている様子でした。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の感想

こころの旦那、たくみが事故に遭い、意識不明の中こころは医師の仕事と育児に奮闘している姿にとても勇気をもらえるドラマだと思いました。

癌患者やその家族に対し、病気を宣告する時にこころ先生がとても分かりやすく伝えていて色々な知識な知れるのもこのドラマの魅力だと思いました。

癌患者やその周りで生活する人の思いも知ることで決して明るい番組ではないですが、人の人生や生きる意味について考えさせられました。

こころ先生と梶山先生のコンビはできる女医の雰囲気ですごく素敵です。

若年性認知症の男性がプロポーズした姿、それをサポートしたこころ先生はさすがだと思いました。

梶山先生は何か裏があるとは思いましたが患者会のことや心先生になぜ関わったのか怖いと思いました。

この先の展開が楽しみです。

ペンネーム:ゆみ(20代・女性)

こてつ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレ

腫瘍内科医の恩田心を演じる(松下奈緒さん)と消化器外科医の梶山薫を演じる(木村佳乃さん)の2人の女医の生き様を描く新しい医療・ヒューマンドラマ。

腫瘍内科を舞台にした医療ドラマは、完全オリジナル作品です。

放射線科に就くものの、がん患者を救いたいという思いを貫き、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科した恩田心。

3ヶ月前、夫が事故にあい寝たきりになってしまいます。

心は夫の事や子育てと仕事で精一杯の生活をしています。

梶山(木村佳乃)は消化器外科医に就き長年経過しています。

そんな二人は、心の勤める病院に薫が転職してきた事で出会う事となります。

腫瘍内科の必要性や自分の事情を理解してくれる事薫を心は頼るようになっていきます。

この2人の関係性にも注目のドラマです。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の感想

一話の感想としては、松下さん演じる心が色々な人生背景(旦那さんの事故や1人での子育て)を抱えながらも頑張っている姿に感銘を受けました。

周囲の家族や同僚の温かさも伝わりこれからのストーリーの中で良いドラマになるのはないかと思っています。

木村さん演じる薫との関わりの中で、心は精神的にも仕事の中でも信頼関係が生まれ救われていくのかなと今後を想像しています。

腫瘍内科というと科を私はこのドラマでは締めて知りました。

このドラマを通して腫瘍内科という物が世に広まって行き、癌の正しい知識が広まっていくと良いと思いました。

ペンネーム:こてつ(20代・女性)

もちうさぎ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレ

恩田心は、腫瘍内科医です。

ガンを扱う専門医ですが手術を行うことは出来ず、ガンとその患者に寄り添うという役割を担っています。

原発巣が不明の原発不明ガンの患者と出会った心は、患者会で過去に卵巣腫瘍を患った妊婦を助けたことからひらめきをえて、患者のガンの原発巣が、腹膜であることを見抜きます。

しかし、アナフィラキシーショックがあったり、一緒にいた男性が法的な配偶者デパートなく、しかも若年性認知症を患っていました。

心のパートナーになる梶山薫は、消化器外科に移籍してきました。

2人は、それぞれに葛藤を抱えながらガン患者に向き合っていきます。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の感想

松下奈緒さんがあった真摯に患者さんの立場に寄り添い、思いやりのある腫瘍内科医の恩田心を自然体で演じていて、とてもいい味が出ていて良かったと思いました。

木村佳乃さんが、気さくで優しい医師役がとても良かったと思いました。

実は、心の旦那さんが事故にあった時に手術を担当した医師で、自分のミスで意識が戻らなくなったようなのですが、心に近づいてわざと自転車のタイヤをパンクさせたり、患者会に参加するように仕向けたりしていたのは、一体どんな魂胆があっての行動なのか、想像を越えていて怖くなりました。

とても重要な専門医なのに、手術を行うことが出来ず外科医のように派手な立場ではないので、今までの定番の医療ドラマとは少し違った感じで、あまりスポットの当たらない部分が丁寧に描かれていて、とても引き込まれました。

ペンネーム:もちうさぎ(50代・女性)

まあちゃん

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレ

おんころ先生こと恩田心は病院勤務の腫瘍内科医。

抗がん剤治療の専門医として日々多くのがん患者と向き合っている。

心には夫匠と一人息子漣がいるが、匠は3か月前風雨で倒れてきた看板の下敷きになり、意識不明の状態になってしまう。

そんなある日、担当の患者から匠の入院先の病院で「やどりぎの会」という患者会が開かれていることを聞き、参加することにする。

しかし、前向きな患者会の人々の言葉を聞いているうちに辛くなり、逃げるようにその場を出ていく。

自転車がパンクしていて押して帰る途中、患者会の世話役をしていた女性が家まで送ってくれることに。

車内で泣きながら心情を吐露する心。

後日、新しい医師が心の病院に赴任してくる。

その女医は車で送ってくれた梶山薫で消化器外科の医師だった。

原発不明の患者ムライケイコが入院してくる。

心は腹膜がんだということに気づき、抗がん剤治療を始めるが、薬物によるアナフラキシーショックのため、治療の継続が難しくなり、ケイコは若年性認知症を患う婚約者と残りの人生を過ごしたいと、すべての治療をあきらめると告げる。

ある日の明け方、心は日の出を見せるためにケイコを病室から連れ出し、婚約者はそこでプロポーズする。

手術で回復させる道を心と薫は協力した結果、薫のオペが成功しケイコは生きる希望を取り戻す。

一度は希望を失ったケイコが毎日励みにしていた心の言葉、3つの「あ」=あせらない、あわてない、あきらめない。

そして研修医の結城がつぶやくありがとう。

そして最後に衝撃の事実が判明する。

実は匠の事故時の手術に薫がかかわっていたこと、心に近づくため患者会を開いたり、自転車をパンクさせて自分の車で家まで送ったこと、そして消化器外科にもかかわらず、婦人科領域の手術に自分から協力を申し出ていた。

その理由は心への贖罪か?それとも…。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の感想

恩田心という医師の優しさが心に染みます。

一方、薫先生は冷静沈着で全然タイプが違います。

心に近づくためにいろいろな小細工をしていくところは少し怖さも感じますが、純粋に心の夫匠の手術に失敗したという贖罪のためであれば、少し安心しますが。

がん患者の心境も丁寧に描かれていると思います。

患者役の石野真子さんがリアルで、つめが黒くなっていたり、髪が薄くなってしまっていたりするところがすごいと思いました。

これから医師二人の関係がどう描かれていくのかがん患者さんの描き方とともに楽しみです。

ただの医療ドラマではないと思います。

ペンネーム:まあちゃん(50代・女性)

マナカ

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじネタバレ

恩田という腫瘍内科医がいる。

この恩田の夫は事故に遭い意識不明で他の病院で治療を受けていた。

ある日、恩田がやどりぎの会という会合で自分の夫が事故に遭い傷ついていることを話していると途中でこんなこと意味がないと思い帰ってしまう。

その帰りに薫というさっきの会合の参加者に声をかけられて一緒にその薫の車で帰ることになる。

その後、薫と恩田は病院で再開する。

そして恩田の元に原発不明ガンの患者がやってきて担当することになる。

恩田はその患者を調べて腹膜ガンであることを判断して薬でガンを小さくして手術しようと考えるが患者がアナフィラキシーショックになってしまい薬を変えなければいけなくなってしまう。

患者はもう治療を辞めたいと話すが薫が手術をやってくれることになりその患者は助かる。

しかし、薫は恩田の夫を手術した人物であり意識不明になったのは薫の医療ミスからであることがわかるのだった。

『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話の感想

恩田と薫の関係がこれからどうなるのかとても興味深いドラマです。

薫は恩田の夫を医療ミスから意識不明にしてしまったわけですから何か恩田に対して後ろめたさがあるのかもしれません。

でも薫の表情を見るとこの先恩田に対して何かしそうで怖いです。

今回の話で原発不明ガンという病気があることを初めてしれたのでその点は良かったです。

やはりガン治療は大変だということを思い知りました。

薫はこんなに難しいガンのオペを成功させることができるのに恩田の夫のことはなぜ助けられなかったのか不思議でなりません。

この先の展開に期待しています。

ペンネーム:マナカ(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA