アライブがん専門医のカルテ|1話ネタバレと感想。薫がなぜ心に近づいた?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話が2020年1月9日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
松下奈緒さん主演、倉光泰子さん脚本のオリジナル!

がんをテーマに扱ってるドラマだけど、どんなテイストになっているのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話のあらすじネタバレと感想

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。

この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていました。

民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていきます。

一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。

初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていました。

心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻しますが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じます。

担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとしますが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまいます。

仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。

3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためでした。

少しの滞在の後、すぐに息子の漣を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎えます。

来ることは聞いていない。世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。

公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常でした。

数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。

カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われてしまいます。

身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が…。

見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)でした。

さらに、患者や遺族が情報を共有しあう「やどりぎの会」に参加した心は曽於帰り道、乗っていた自転車がパンクしてしまいました。

そこを偶然通りかかった薫は、心を車で送っていくことに。

数日後、心が診ていた原発不明の癌患者・村井(石野真子)の手術を手伝うこといなった薫。

手術は無事成功し、これから心と薫はいいコンビとなっていく…と思いきや、何やら薫には裏がある様子。

心の自転車をパンクさせたのは薫だったのです!

しかも、村井の手術も薫自ら志願。

薫は心と意図的に近づいたのでした。

なぜ、近づいたのでしょうか!?

その理由は、心の夫・匠の事故と絡んでいるようで。。

匠の手術に、なんと薫が関与していたのでした。

薫の元上司で匠の手術時に主治医だった須藤(田辺誠一)の第一助手として入っていた薫でしたが、結局2人は手術に失敗した様子。

これが原因で、匠は意識不明に…!?

以上が「アライブ」1話のネタバレ。

癌を扱うシリアスな医療ドラマ化と思いきや、サスペンス要素もありましたね。

とにかく、薫がキーパーソンのようなのです。

薫がなぜ心に近づいたのか?

要注目です!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
薫が心に近づいたのは匠のことでの罪滅ぼしかな?
ラマちゃん
状況的に、薫が心が恨む理由もなさそうよね。。

ドラまる
薫次第で面白さが左右されそうな予感。
ラマちゃん
薫が心とどう絡んでいくか…が見どころとなりそうね!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』2話のあらすじは?

2020年1月16日(木)放送のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』2話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。

 一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海はまだ若いのにと残念がる。すると結城は若いからこそ早期治療が必要だとドライに反論する。

 仕事を終えた心がいつものように匠(中村俊介)を見舞って帰宅すると、京太郎(北大路欣也)が漣(桑名愛斗)の面倒を見てくれていた。だが漣を甘やかし宿題を手伝っていて、匠の意識が戻ることもあきらめたかのような京太郎に対しての愚痴を、心は梶山薫(木村佳乃)にメールする。トレーニングジムでメールを受け取った薫だが、匠の事になると返答に戸惑ってしまい…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。

医療モノではありますが、サスペンス要素もありのヒューマンドラマという感じでしたね。

薫が心に近づいた目的は?

罪滅ぼしかそれ以外にも理由があったりするのでしょうか?

ドラまる
手術ミスを心が知った時、果たして心は…
ラマちゃん
最終的にっ頃と薫がどんな関係になっていくか楽しみね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA