アリバイ崩し承ります|5話見逃し動画無料視聴はこちら【2/29配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話(2020年2月29日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アリバイ崩し承ります』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アリバイ崩し承ります』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アリバイ崩し承ります』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アリバイ崩し承ります』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月29日(土)放送終了後〜2020年3月7日(土)22時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『アリバイ崩し承ります』の見逃し動画配信を視聴する方法はビデオパスです!

ビデオパスは30日間無料かつ『アリバイ崩し承ります』は見放題扱いになると思いますので、安心してご利用いただけます。

ビデオパスで『アリバイ崩し承ります』動画を見る

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アリバイ崩し承ります』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アリバイ崩し承ります』の配信は以下のようになっています。

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税抜)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、550円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも550円相当のビデオコインをもらえます。

『アリバイ崩し承ります』は見放題作品になると思いますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来るでしょう。

『アリバイ崩し承ります』見逃し動画を全話見放題で見る方法

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2020年冬ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじ

2020年2月29日(土)放送のドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじを紹介します。

身元不明の白骨化した遺体が、ある一軒家の庭から発見された。

そこは、3ヶ月前に殺害され、その事件の犯人がいまだに見つかっていない未解決事件が起こった場所だった。

那野県警捜査一課係長・牧村匠(勝村政信)が担当している、因縁の事件だ。

牧村は、さっそく管理官・察時美幸(安田顕)と刑事・渡海雄馬(成田凌)と現場へ。

検視官の樋口秀人(柄本時生)の調べで、掘り起こされた穴から、死後十数年が経過した遺体とともに『和田』と刺繍された洋服の切れ端が出てきた。

その後、捜査線上に、白骨遺体の息子で天才大学生・和田英介(板垣瑞生)が挙がる。

動機は、亡き父親の復讐。

しかし和田には、3ヶ月前の事件当日、脆弱だけど決して崩せないアリバイがあった…!

一方、手柄を立てて警察庁に返り咲きたい察時は、今回も時計店の店主でアリバイ崩しの名人・美谷時乃(浜辺美波)に、和田のアリバイ崩しを依頼する。

はたして時乃は、脆弱なアリバイを崩し、未解決事件の真相に迫ることができるのか…!?

番組公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さみ
割と毎回、アリバイ崩しをするためにいろんなお店に行ってみたりとか時乃がしているので、次回はどんなところへ行くのかなと楽しみにしています。

いつも時乃を口説こうと必死な渡海刑事ですが、全然時乃に相手にしてもらえてないので、次回もやっぱり軽くあしらわれてしまうんじゃないかなと予想しています。

それでもめげずにしつこく時乃を口説いているような気もしますが。

事件解決の際にすっごくやってやったぞ感で事件を解決していく察時刑事なので、そろそろ渡海刑事以外の刑事さんたちからも反感を買ったり疑われたりし始めそうな予感です。

ペンネーム:さみ(30代・女性)

ぱるる
次回は白骨化した遺体が一軒家の庭から発見されるということですが、果たしてそれは人の骨なんだろうかという疑問が残ります。

白骨遺体の容疑者にその遺体男性の息子の天才大学生の和田の名前が挙がるようですが、果たして実の父親をそんな悲惨な殺し方をするだろうかと思ってしまいます。

次回もなかなかアリバイは崩れないようですが、いつもどんな時でも時乃はアリバイをくずしてそれを察時に伝えてきたので、今回も大丈夫だろうと思います。

今の所和田が父親を殺したのか、それとも別のまったく関係のない人物が他にいるのか今の所よく分かりませんが、次回も見逃せない展開が続々出てきそうです。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

ねこぽん
次回も白骨死体に復讐殺人と、王道のミステリーネタなので楽しみです。

しかし一方でアリバイは天才大学生大学生が「ダウンロードをしていた」というなんとも今風なネタで主張するとのこと、そのギャップが面白そうです。

時乃は家電が黒電話なくらい昭和でレトロな環境にいるのですが、ネットの分野で成立させたアリバイも好物にしてしまうのかと、頼もしいですね。

また、渡海と察時のツンケンしたコミカルなやり取りも、どう発展していくのかと興味津々です。そろそろ渡海が時乃の活躍に気づいてしかるべきだと思うのですが…。

察時も渡海のバイタリティだけは買っている様子があり、和解してもらいたいですね。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

tomo
毎回時乃を誘う雄馬が軽くあしらわれていいように足に利用されているけど彼の言動や雰囲気が可愛いし面白くて良いです。

刑事にそぐわない衣装も見ていて楽しいです。

これからもどんどんはっちゃけて欲しいです。

本格的サスペンスのようなドキドキ感や怖さがなくて、ホンワカした気分でゆったり推理を楽しむことが出来るのがこのドラマの魅力だと思うので、これからもコメディ感たっぷりでお願いしたいです。

察時さんの愛する奥さんにも登場してもらいたいし、今回は出番のなかったオネエ検視官の樋口も面白いので出番を増やして欲しいです。

ペンネーム:tomo(40代・女性)

rin
時乃は、初めて犯人と直接対決しますが、大丈夫なんでしょうか?

白骨遺体の息子である天才大学生・和田が犯人なのでしょうか?

ダウンロードのアリバイってどういうことでしょう?

ダウンロードした時間ということでしょうか?

5話では刑事の牧村が活躍しそうで、ちょっと気になります。

牧村はその事件に思い入れでもあるのでしょうか?

牧村は渡海よりは有能な刑事なのでしょうか?

時乃が和田とゲームをしていましたが、何のゲームでしょうか?

時乃はゲームが上手そうです。

どちらがゲームに勝ったのでしょうか?

渡海は5話では鼻血を出すのでしょうか?

お風呂あがり(?」)のおでこを出した時乃が可愛らしいです。

未解決事件とは、白骨遺体の事件のことでしょうか?

ペンネーム:rin(40代・女性)

まっくん
次回はまさかの牧村係長が推理に挑むらしいので注目です。

牧村といえば署内でいつもボンボンの雄馬を持ち上げてヨイショしてるだけのパッとしない刑事で、一度も捜査で役に立っていないのにどういう風の吹き回しなのか気になります。

ドラマで1話ごとに、察時、雄馬の意外ないいところが判明する展開になっているので、牧村もパッとしないけれど陰で魅力的な性格があるのかもと期待します。

4話で時乃が察時のアリバイ崩しに加担していることがちょっと雄馬にバレそうになる場面があったので、そろそろぼろがでるんじゃないかとヒヤヒヤしながら次回に期待です。

ペンネーム:まっくん(30代・男性)

2020年冬ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

わゆ

『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレ

物語はとある一軒家の庭で身元不明の白骨化した遺体が発見されたことから始まりました。

遺体が見つかった一軒家は3ヶ月前に家主が殺害されていた事故現場。

さらに家主が殺された事件に関しては犯人が見つかっていない未解決事件です。

樋口秀人(柄本時生)の調べによると、遺体ともに洋服の切れ端が出てきて『和田』と刺繍されていました。

そこで捜査一課は遺体の人物の息子和田英介(板垣瑞生)が家主を殺したのではないかと考えるのですが、英介にはアリバイがありました。

3ヶ月前の捜査で家主が殺害された事件を担当していたのは捜査一課係長・牧村匠(勝村政信)で、彼にとっては因縁の事件となっていました。

牧村にとって大切な事件だからという理由で渡海雄馬(成田凌)は管理官・察時美幸(安田顕)に対して捜査に関わるなと釘を刺しますが、牧村の気持ちを理解しながらも察時は捜査を続けます。

察時はいつもと同じように時計店の店主・美谷時乃(浜辺美波)に、どうしても崩せない和田のアリバイ崩しを依頼します。

『アリバイ崩し承ります』第5話の感想

今回の事件のアリバイはまさに時間を使ったトリックでできていました。

事件が発覚するまでに3ヶ月という猶予があったからこそ役立ったアリバイ工作です。

犯人が捕まらない為のトリックではありますが、思わず感心してしまいました。

殺された父親の為に敵を討つ息子の気持ちは痛いほどわかり、殺人は犯罪だとわかっていても同情せざるを得ませんでした。

人の記憶は曖昧で、時間が経過すると証拠にならなくなってしまいます。

ドラマとは言えど現実の事件でも時間の経過によって正確なアリバイや証拠がわからなくなってしまうこともあるだろうと感じました。

ペンネーム:わゆ(20代・女性)

るー!

『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレ

今回の第5話は、和田という家族の父親が以前殺されたという背景がある中で、その父親を殺したであろうある人物が殺されるシーンから始まります。

なぜ殺したと思うのかというと、父親の白骨化した遺体がある人物の庭に埋められているのが発見されたからです。

そしてある人物を殺害した男は、なんとその父親の息子でした。

ある人物になにかを求めたけれど、それがなし得なかったために殺したようなシーンでした。

それはもうとてもハラハラするシーンでした。

警察たちは、和田の父親を殺したであろうその人物を殺害した犯人を和田の息子だと予想し、捜査を開始しますが、なかなかアリバイを崩すことができません。

次第に渡海雄馬は主人公である察時美幸にアリバイ崩しを先にこされるのではないかと焦りだします。

『アリバイ崩し承ります』第5話の感想

今回の第5話は、以前父親を殺された息子が復讐のため、父親を殺した男の人を殺してしまうというストーリーで、とても考えさせられるものでした。

たしかに殺人はおかしてはならないことですし、また決して許されることではありせん。

しかし、自分のたった1人しかいない愛する父親が殺されたとなると、復讐をしてしまうというのは分かるような気がします。

もし、私も愛するたったひとりの母親を誰かに殺されようものなら、絶対になんとしてでも復讐してやろうと思うはずです。

悲しいことですが、子どもはそうしてしまいかねないと思いました。

ペンネーム:るー!(20代・女性)

K

『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレ

白骨化遺体が富岡の自宅で発見された。

しかし、富岡はその3か月前に発見されていた。

未解決事件として雄馬と牧村は捜査をしていた。

富岡の自宅から発見された白骨化遺体は和田(13年絵前に失踪、横領疑惑をかけられていた)であった。

富岡に恨みを持っているであろう和田の息子である大学生の英介が容疑者として浮上。

以前から犯人を追っていた雄馬は察時に対して対抗意識むき出しで喰ってかかる。

しかし、友人の古川の証言で、3か月前に英介が自宅で友人の古川と一緒にいたことを、明城徹郎の限定曲をダウンロードしたことでアリバイ証明する。

察時は栄転のチャンスもあったが、牧村に配慮し時乃に相談しながら事件の捜査を進めた。

時乃は英介が作成したゲームをしながら、友人の古川にその曲が限定曲だと知ったのはいつかを尋ね、英介のアリバイは崩れた。

和田は、友人の古川を部屋に入れたのは前日であると錯覚させるために部屋の時計を15分程度遅らせていた。

日付が変わるときにダウンロードしたことで3か月後の古川の記憶はあいまいになり、さらに英介は翌日に同じ行動をとりコンビニのレシートでアリバイを裏付け次の日の犯行を可能にした。

時間のずれに古川が気が付かなかったことで3か月後の自分のアリバイが証明された。

『アリバイ崩し承ります』第5話の感想

これまでよりも複雑なアリバイだったように思います。

犯人の頭の良さを笑顔で翻す時乃の軽快なアリバイ崩しは見事だと思いました。

友人をだました罪悪感や父親と母親を思う犯人の心情に同上できる反面、賢い犯人の冷酷さの2面性が少し怖い印象もありました。

察時さんが隠れて時乃にアリバイ崩しを依頼している罪悪感が出てきたところや雄馬の本気が見え隠れするところが今回の見どころだと思いました。

牧村を実は慕う雄馬にも一目を置くことができてダダのおぼっちゃまではない印象をうけた。

初めから犯人が分かっているところはこれまでの回と同じパターンではあったが、犯人の目星がついている状態でスタートするアリバイ崩しは少し違う感じがして新鮮さがあった。

ペンネーム:K(30代・女性)

たかし

『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレ

ある郵便ポストから拳銃が見つかりました。

その拳銃には発射された形跡があり、そこには血が付いていた。

後日被害者が発見された。

管理官・察時美幸と刑事・渡海雄馬らが事件の捜査を担当することに。

その後の捜査会議で、刑事・真壁剛士が現れた。

真壁は、組織犯罪対策課の女帝と恐れられている警部・村木キャサリンの部下で、雄馬の幼なじみ。

激化している暴力団同士の抗争が事件と関係があるのではと思われてたが、被疑者には鉄壁のアリバイがあった。

時計店の店主でアリバイ崩し名人・美谷時乃は、今回も察時からアリバイ崩しを依頼される。

『アリバイ崩し承ります』第5話の感想

毎回、毎回変わった角度から事件は発生しますが毎回同じなのは、「アリバイ崩し」がドラマのキーになっていることであると思います。

その展開にはいつも引き込まれてみてしまいます。

トリックに関しては現代を象徴とするようなアイテムをトリックとして用いられていて、画面にのめり込んで見入ってしまいました。

今回のの三谷時乃はふろ場のシーンのノリノリなシーンが浜辺美波ファンの私にとってはたまらなかったです。

そして「結構です。人から教えてもらった推理で事件を解決するつもりはありません。

私にだって刑事としてのプライドがありますから」という牧村匠のシーンには男としてのカッコよさが前面に出ていました。

ペンネーム:たかし(20代・男性)

じろう

『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレ

社長殺害事件の容疑者として和田という学生が浮上します。

しかし和田には犯行時刻に楽曲ダウンロードをしたというアリバイがありました。

和田の友人の証言もそれを裏付けていました。

しかし察時から依頼された時乃によって実際は、犯行日の23:50頃ではなく犯行前日の0:05頃にダウンロードしたのを、時計をずらすことで一緒にいた友人に誤認させるというトリックだったと暴かれます。

もともと牧村が追っていた事件だったため察時が解決してしまうことに躊躇はあったものの、察時が霞が関に戻るためのチャンスと考え察時が和田を逮捕します。

牧村の手柄を取ってしまったことに対して察時は葛藤が残りました。

『アリバイ崩し承ります』第5話の感想

ただボンボンの雄馬をヨイショするだけのわき役だったと思っていた牧村に光が当たった良作回でした。

陰でコツコツ努力していたのに報われなくて本当にかわいそうだと思いました。

今までは雄馬たちのことを明らかに敵視していた察時が、手柄を取ってしまうことへの躊躇が感じられて、察時と雄馬や那野署の仲間たちとの心がつながってきているのがわかりました。

それだけに結局察時が時乃の助けでアリバイを崩してしまったのは見ているこっちも歯がゆい思いでした。

有能な学生殺人犯の和田のセリフを使って察時の葛藤を表現するラストシーンも結構衝撃でした。

ペンネーム:じろう(30代・男性)

こーじー

『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじネタバレ

ある殺人事件が発生します。

しかしその事件は未解決のまま時間だけが経過し、三か月経過した頃に殺人事件のあった家の庭から白骨したいが発見されます。

その結果、未解決殺人事件の捜査線上に和田英介の名前が挙がります。

しかし和田英介にはアリバイがありました。

和田英介は某有名大学の特待生枠で入学している程の秀才なだけあり、作ったアリバイは強固なもの。

未解決殺人の担当であった牧村がアリバイをなんとか崩そうと苦悩するも、進展せず。

そこで察時は時乃の力を借り、和田英介のアリバイを崩して手柄にしようと時乃を雇ってアリバイ崩しに挑みます。

『アリバイ崩し承ります』第5話の感想

アリバイトリックは強引だと感じましたが、今回に限ってはアリでした。

アリバイトリックが成立した場合に限って行動に移すという事でしたので、もしアリバイトリックが上手く行かなかったら犯行を中止すればいいだけ。

今回は成功したら犯行に及んだだけというわけですから、少々乱暴なアリバイトリックも納得出来ました。

気になったのは、牧村の刑事魂ですね。

事件解決にかける情熱は認めますし、これを美談にしようとしてるフシを感じます。

でもこれ、ハッキリ言って最悪。

即刻刑事を辞職して欲しいです。

自分一人の力で事件解決に導きたいというのは、ただの自己満足です。

それよりはどんな手を使ってでも殺人犯を捕まえるべきなんです。

ならば仲間の刑事から教えを乞うぐらいいいじゃないですか。

事件解決と主眼に置いた場合、牧村のプライドなんて害悪でしかありません。

こんな独りよがりの捜査なんてしてるから、3か月前の殺人事件は未解決のままなんです。

続けていうと、そんな風潮が警察に蔓延してるから、和田英介は父の無念を晴らす為に殺人を犯さざるを得なかったというわけです。

自分のプライドを捨てて時乃に頼る察時の方がまだマシ。

和田英介を暴走させてしまった事を警察は恥じて欲しいと感じました。

ペンネーム:こーじー(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『アリバイ崩し承ります』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『アリバイ崩し承ります』見逃し動画を全話見放題で見る方法

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA