悪魔の弁護士 御子柴礼司|8話(最終回)ネタバレと感想。最後に御子柴笑う!懺悔の旅は続く!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年1月25日(土)オトナの土ドラ「悪魔の弁護士 御子柴礼司」の8話(最終回)ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
御子柴が廃業し行方が分からなくなる。洋子とあすみは、郁美の事件を洗い直す。

真実は、どこにあるのでしょうか。

ラマちゃん
御子柴は、すべてが始まった故郷にいた。岬から逃げる気かと鼓舞する電話が。

御子柴は、郁美の弁護を再開するのか。裁判の結末は。

弁護士を廃業し、御子柴は姿を消す。代わりに宝来が郁美の弁護人に。洋子は、御子柴が帰ると信じ弁護材料を集める。御子柴は故郷にいた。岬から、逃げるのかとの連絡が入り、御子柴は.....。

スポンサーリンク

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』8話(最終回)あらすじネタバレと感想

御子柴は、弁護士を廃業した。洋子に退職金を置いて姿を消す。妹の梓は、母・郁美が有罪になってしまうと嘆く。

岬が、法廷に行くと、岬の息子・洋介と弟・啓二が待っていた。洋介は、自分が出場するリサイタルのチケットを渡し、おじいちゃんもくるからと誘う。

岬は、父親をまだ許せなかった。父は、不起訴になったが反省し、弁護士をやめた。そろそろ許してはと。法律のことは分からないが、いつまで罪を償わなくてはならないのかと去って行く。

宝来が、御子柴からお金をもらい、今抱えている案件の弁護の代わりと、洋子も雇って欲しいと頼まれたと事務所にくる。

洋子は、宝来の事務所に行くのを断り、御子柴からもらった退職金で、郁美の案件を譲ってもらう。

洋子は、郁美の事件を自分で調べようとする。あすみも手伝う。

郁美の家を再調査に行くと、調査にきていた岬に出くわす。洋子は、御子柴が必ず復帰すると言うと、岬も頷く。

梁には、滑車をつけたらしい孔があいていた。成沢と元妻・佐希子の写真に気づき、隣の木嶋に当時の様子を聞くと。佐希子は、殺されて亡くなったことが分かる。

佐希子の事件を調べる洋子。あすみも、洋子と同様、御子柴をちゃんと見て行こうと考え始めたから手伝うという。

御子柴は実家のあった場所を訪れる。家族が仲良く遊んでいた時期を思い出していた。

岬から電話が入る。「このまま逃げるつもりか。一人だけ、帰りを待っている人がいるぞ、彼女を放っておくつもりか」と。

御子柴は、事務所に帰る。洋子は、公判まで時間がないと言うが、御子柴は弁護をおりたと拒否する。

洋子が、成沢の元妻が、無差別殺人で殺された記事を見せると、御子柴の目の色が変わる。

大田区で起こった無差別殺傷事件で、成沢の妻佐和子や小曾根を含む男女6名を殺した町田は、当語彙失調症で不起訴処分になる。

小曾根の息子は、原告団を結成し民事で争った。そのなかに、成沢はいなかった。

成沢は、裁判を起こすと、恨む気持ちが薄れて行く、ずっと恨みたいから裁判はしたくないと言い原告団に入らなかった。

御子柴は、郁美に接見し、父親が自殺した時に郁美が言った言葉を尋ねる。郁美は、御子柴さえいなければ、父親が命を落とすことはなかったと言ったと語る。

御子柴は、氏家鑑定センターに行き、ヒノキの耐荷重を調べて欲しいと頼む。パソコンも復元され、持ち主は、復讐に燃えていたことが分かる。

御子柴は、ロープに郁美の皮膚片がついていたことを反論すると、そのための証拠を提示する。

氏家が立ち会い、現場に似せた梁のある状態を作る。成沢と同じ体重の岬に成沢役を頼む。

ロープを梁にぐるぐる巻きにして、岬がぶら下がると首が閉まることが分かる。次に滑車を使うと、体重に耐えかねて、滑車は梁からとれる。滑車を使ったという主張は成り立たないと。

ロープに郁美の皮膚片がついたのは、事件前に廃棄物を出す時に、成沢に頼まれ、郁美がロープで縛ったためで、そのロープが事件に使われたと説明する。

滑車を使ったと見せかけるために梁に傷をつけただけで、成沢は本当に自殺をしたが、郁美に殺されたと見せかけるために偽装をしたと御子柴は主張する。

成沢のPCの閲覧履歴が証拠として提出され、不起訴になった犯罪者とその家族が掲載されたサイトを閲覧していたことを示される。

成沢は、妻を無差別殺人者により殺され、犯人は不起訴になったため、怒りの矛先を犯罪者を恨む方向に向けた。

死体配達人の家族の写真を見つけ、郁美に復讐するために近づき結婚をした。PCで遺書を作りわざと複写紙を使い署名。

ロープをわざと触らせ、泥酔するまで飲んで、ロープを使い自殺した。あとは、警察が、細工により疑問に思い、郁美を逮捕してもらうように仕向けた。

御子柴は、郁美と傍聴人に向かって、死体配達人を何らかの形で恨んだ方はいるだろう。みどりちゃんも、父も殺し、その家族を不幸にし、成沢までも殺してしまった。

「園部信一郎ことこの私が、すべて悪いのだと」御子柴。岬は、やめろと止める。

検察側が起訴を取り下げたと郁美に伝え、梓には言わないから、父・謙造を殺したのではと迫る。

死体配達人事件のあと、佐原から8000万円の慰謝料を請求された。謙造は、死んでお金を作るしかないと言い、その自殺を郁美は手伝ったと告白する。

父・謙造は、悪魔や怪物だと言われたが、信一郎を愛していたというと。

御子柴は、「すまなかった」と泣き崩れる。郁美は、もういい、助けてくれたのだからと優しく言う。

御子柴は、自分の犯した佐原みどりちゃんの事件の現場に行き、花束をたむける。みどりの母・亜季子が花束をたむけにくる。

御子柴は謝り、人を救うことが懺悔になると思っていたが、不幸にしてしまったからもうやめると言う。

亜季子、これからも許さない。人を救い続ける姿をみどりも見ていると言い去って行く。

あすみは、法だけがすべてではない記載し、少年法の記事が終わる。

岬は、息子・洋介のピアノリサイタルにきていた。

御子柴の事務所に、倫子から荷物が届く。母親と姉と幸せに暮らしているようだった。中には、御子柴への手作りの置物が入っていた。思わず笑う御子柴に、洋子は驚く。

ここまでがネタバレですが、第8話(最終回)は、洋子は、新事実をつきとめる。御子柴は、滑車は使えないことを示し、郁美を犯人にするため自殺したと主張.....。

洋子とあすみは、郁美の夫の元妻が無差別殺人で殺された新事実をつかみお手柄でしたね。これにより、御子柴は、犯罪者への憎しみが今回の事件を引き起こしたと分かったのですね。

岬に体重が同じだから、再現実験を手伝わせるとは、慌てる岬が面白かったです。

ドラまる
母親は、父を殺していたのですね。

御子柴が郁美に迫る場面、光を落とし、告白をするシーンの演出は良かったです。

ラマちゃん
御子柴が殺したみどりちゃんの母親とも、弁護士を続け人を救うことが懺悔だと許しを得ることができました。

苦しみぬいた御子柴がようやくたどり着きましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』8話(最終回)ネット上の反応

ドラまる
見ごたえがあった。素晴らしい話だったとネットで声が上がってますね。

ラマちゃん
最後に倫子の癒し、御子柴が笑ったシーンが良かったと言ってますね。

ドラまる
キャスティングも良かった。面白かった。当たりドラマだったと評判ですよ。

スポンサーリンク

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』8話(最終回)のあらすじネタバレを紹介しました。

奥さんを殺された成沢が、犯罪者への恨みを、死体配達人の母・郁美にぶつけようと、郁美に殺されたという仕掛けをして自殺。公訴は取り下げられ、御子柴は、殺したみどりの母親と和解。

ドラまる
被害者家族が、犯罪者を法で裁けないと知り、死体配達人の家族へ復讐しようと思い立つ痛ましい事件でした。

郁美は、成沢のことを信じていたのに、ショックの表情が良く出てました。

ラマちゃん
法廷の最後で、御子柴は、負の連鎖を作った原因は、すべて、死体配達人の自分にあると語る。

その時の、罪を償い続けるという意志が感じられる言葉でしたね。

御子柴が罪を犯したことを悔い、その罰を受けられなかったことに対し、苦しむ姿が非常にでてましたね。要潤さんの表情を変えない演技が良かったです。

洋子も、御子柴のことを理解し、それが、あすみにも最後に伝わりました。岬も、犯罪に手を染めた父親を許すことができたのも、御子柴との対峙があったからですね。

3つの物語が凝縮された8話でした。とても濃厚で、犯罪者の罪と罰を考えさせられる良質なドラマでした。最後に、御子柴の笑う姿が見れて良かったです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA