悪魔の弁護士 御子柴礼司|2話ネタバレと感想。唖然!自分が殺した少女の姉の弁護をしていた!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年12月14日(土)オトナの土ドラ「悪魔の弁護士 御子柴礼司」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
御子柴が、死体配達人事件の少年Aだと気づく、あすみと洋子。過去を探るようです。

本当に、死体配達人なのかな。

ラマちゃん
世田谷夫殺しの妻が何か隠していると感じ、御子柴は、実家を調べる。

どんでん返しに続くどんでん返し、世田谷夫殺しの裁判の結末とは。

御子柴が、死体配達人事件の犯人の少年だったことに気づく洋子。少年の担当官に聞くが答えない。夫殺しの妻が何か隠していると御子柴は思い、妻は、家族の悲劇からの記憶障害に加え.....。

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』2話あらすじネタバレと感想

御子柴が、死体配達人事件の少年だったことが、あすみと洋子が分かる。

御子柴は、夫・信吾をカッターナイフで刺して殺した主婦・亜季子の事件を、洋子とともに再現するが、検察の主張に矛盾点はなかった。

御子柴は、亜季子に最も古い記憶を思い出させるが、小学校の時に東京に引っ越してきて、両親が辛いことがあったが、これからは良くなると言う記憶が最初で、その前は消えていた。

岬の事務官・横山は、信吾にDVを亜季子が受けていたことを警察が調べきれてなかったのは、怠慢だったという。岬は、証拠もあり、本人の自白もあるから、それほどの減刑にはならないと。

あすみは、洋子に、御子柴の過去が分からないかと聞く。御子柴が死体配達人なら許せない記事にすると。

翌日、洋子は、御子柴に、死体配達人かとストレートに聞く。御子柴は、堂々と、そうだと答え、隠していないと。怖ければやめてもらっても良いという。

亜季子の娘・倫子が事務所にやってくる。御子柴はくるなといったのにと。家に送って行く。洋子が料理を作ろうとすると包丁がないことに気づく。倫子は、母は包丁を使ってないと。

御子柴は、亜季子の昔の家があった福岡に行き、幼いころかかっていた診療所を尋ねる。

溝端医師は、亜季子が3年生のころ妹が亡くなる事件があったと思い返す。その事件後、妹を放置したとの誹謗中傷があり、一家は、精神的に辛く東京に引っ越した。

御子柴は、亜季子に記憶障害の他に、病気があったのではと聞く、医師はその通りだと言い。

あすみから、洋子に電話が入る。死体配達人の医療少年院時代の担当・稲見に話を聞きに行くという。洋子は御子柴のデスクにあった写真を見て、いっしょに行くことを伝える。

老人ホームに着くと、稲見は、写真の男だった。あすみは、死体配達人・園部が名前を変えて御子柴になっていないかと尋ねる。稲見は、昔のことは話したくないと断る。

あすみが帰ったあと、洋子は、稲見を捕まえ、御子柴の事務所に勤めていると言い、御子柴は、園部だと認めたと伝える。稲見と園部の写真を見せて、御子柴は、悪夢と言ったと。

稲見は、なぜ、あすみに、そのことを伝えないのかと聞く。洋子は、何があったのか知りたいと。稲見は、言葉は嘘をつくが、行動は真実だと、意味不明なことを言う。

岬は、食堂で、御子柴を見つけ、何を、亜季子の実家の福岡で見つけたと質問する。御子柴は、凶器のカッターナイフ以外に、亜季子の家にあったものは、保管されているのかと聞く。

岬は、すべて保管してあると言うと。御子柴は、すべて良く見るべきだと、現場に証拠は落ちていると。

御子柴は、検察側証人・東京モーゲージの青柳から、インサイダー取引を黙っておく代わりに、信吾のネット証券口座の入出金記録を入手する。

御子柴は、津田家を訪ね、亜季子の長女・美雪に、父・信吾のことをどう思っていると聞くが黙っていた。

倫子が、美雪のことを信吾は可愛がっていた、叩かなかったと。亜季子の義父の要蔵の声が玄関からすると、美雪は、ドアをすぐに閉める。

御子柴は、亜季子の義父の要蔵に、信吾の入出金記録を見せて、このころ、信吾は、破たんしていたが、なぜお金を貸したと問う。要蔵は、息子だから助けたかったと。

津田家を出ると、あすみが話を聞きたいと御子柴に声をかける。家に帰ってきたあすみは、御子柴が、死体配達人だと裏がとれた、記事を送るという。

洋子は、倫子はどうなると心配し、今の裁判が終わるまで待ってほしいと頼むが、あすみは、もう遅いと、デスクに記事を送ったと。

控訴審の第二回公判が始まる。御子柴が、亜季子に、幼い頃に妹がいたことを覚えているかと尋ねるが、知らないと答える。

岬は、本件とどんな関係があると聞いてくる。御子柴は、亜季子が、殺害できなかったことをこれから証明すると、亜季子の元主治医・溝端が証人台に立つ。

溝端医師は、妹が殺され、亜季子は、PTSDを患い、その記憶を消した。治療の途中で、一家は東京に引っ越したため、その後の経過は分からないと。

御子柴は、記憶障害以外に症状はあったかと問うと、溝端医師は、重篤な恐怖症があったと、おのまま放置していれば、今も残っているだろうと。

事件後警察が写したキッチンの写真を証拠として、溝端医師に見せると、包丁のないキッチンの写真を見て、まだ治っていないことが明らかだと。亜季子は先端恐怖症だと。

御子柴は、先端恐怖症の亜季子は、カッターナイフを持つことができない。ゆえに、信吾を殺害することはできないと。亜季子は、「嘘を言うな。私が殺したのよ」と叫ぶ。

検察によれば、凶器のカッターナイフはリビングにあったとされているが、津田家には、リビングにもキッチンにも鋭利なものはなく、料理はスライサーでやっていたと。

岬が、カッターナイフに指紋がついていたと反論すると、御子柴は、ある人物をかばうため、勇気を絞ってつけただけだと。

岬がそれはだれだというと、御子柴は、本件で、亜季子が殺害できないことは立証できた、これ以上言うことはないと。

岬は、亜季子が、演技をしている可能性があると反論。御子柴は、福岡の事件がどのようなものだったか聞けば理解できると。

御子柴は、亜季子に、この顔を覚えていないかと尋ねる。亜希子の妹は、死体配達人と呼ばれた園部に殺されバラバラの遺体で発見された。

亜季子は、御子柴が、園部であることに気づき、この人殺し、消えろと叫ぶ。

御子柴は、これで、亜季子が重篤な先端恐怖症になったのも理解できるでしょうと冷静に語り、法廷から出て行く。岬も、傍聴人席に座っていた洋子やあすみも言葉が出なかった。

事務所に戻った御子柴は、洋子に当分依頼がこないから事務所をやめても良いと言う。岬が訪ねてきて、死体配達人だったとは、日本の司法制度は狂っていると。

岬は、亜季子がかばうとしたら、娘のどちらかで、長女の美雪が、性的虐待を信吾に受けていて、殺したのであろう。亜季子は、犯人隠避罪に問うと。

御子柴は、亜季子はしゃべらないだろうと言い、津田家についてこいと岬に言う。

洋子が付き添った美雪に、御子柴は、真実を語る最後のチャンスだと促す。義父の要蔵も加わる。

御子柴は、岬の推理通り、信吾を刺したのは美雪だが、性的虐待に対する報復ではないと説明。美雪を凌辱していたのは、義父・要蔵だと。要蔵は証拠がないと怒る。

御子柴は、要蔵がくると明らかに美雪は脅えていた。要蔵の指紋がついた信吾の出入金記録を岬に渡し、避妊具のパッケージの指紋と比較するように指示。

岬はその話が本当なら、殺されるのは要蔵だと。御子柴は、美雪は、父・信吾に金で売られたと語る。信吾は、株の売買の資金欲しさに、要蔵に美雪を売ったのであった。

御子柴は、美雪に、「このままでいいのか、罪を償わなくて。自分で決めろ」と言う。

美雪は、父・信吾がお金欲しさに要蔵に自分を売ったことを知り、信吾が風呂に入っている背後から、自分の部屋にあったカッターナイフで、殺したのであった。

岬は、要蔵にそれ相応の罰を受けてもらうと言う。要蔵は、「あまりカッコつけるな、死体配達人のくせに」と御子柴に言う。

要蔵が逮捕され、美雪は保護される。帰ってきた倫子に美雪は、遠くにいかなくてはいけないが、お母さんは帰ってくると。美雪は、御子柴に感謝を述べ頭を下げる。

事務所に戻り、洋子は、どうして、死体配達人である過去を明かしても、亜季子の弁護をしたのか、罪を償おうとしているのかと聞く。御子柴は、買いかぶりもいいところだと言う。

御子柴は、もう事務所を辞めていいと言ったはずだと。洋子は、この事務所を辞めませんと。

御子柴が帰宅し路上を歩いていると、いじめで自殺した息子の母親で、御子柴を悪魔呼ばわりした母親が前方に現れる。御子柴は腹を刺され、「天罰よ、この悪魔」と母親は言い去って行く。

ここまでがネタバレですが、第2話は、夫殺し容疑の妻は、幼い頃、妹が殺され、PTSDを発症。刃物を持てず夫殺害はできないと証明。妹を殺害したのは.....。

夫を殺害した供述した亜季子は、幼いころの記憶がないことを聞き、住んでいた福岡の主治医から、妹が殺害され、その影響で、記憶障害と恐怖症を発症したことに気づきましたね。

津田家には、包丁などの鋭利なものがないことも気づき、娘の倫子から、母・亜季子は、料理の時に、包丁を使ってなかったと情報を得る。鋭利なものをもてない恐怖症だと突き止めました。

ドラまる
検事の岬に、現場に真実は落ちていると言った御子柴の言葉が印象的でした。

次の公判で起こることを暗示しているようでしたね。

ラマちゃん
亜季子は、先端恐怖症で、夫を殺害できないと証明した後が唖然としましたね。

その発症原因となった妹を殺害した遺体配達人事件、御子柴が殺したのでした。驚きの展開です。

傍聴していた洋子も、御子柴を死体配達人だと知り断罪しようとしていたあすみも唖然としていました。

さらに、亜季子がかばっていたのは、娘・美雪だとは岬同様、父親の信吾が性的虐待をしていたのではと想像できたのですが、違っていました。

ドラまる
美雪を凌辱していたのは、義父の要蔵。父・信吾は、投資の金欲しさに、要蔵に娘を売っていた。

だから、美雪は父を殺したという逆転につぐ逆転展開に、シーンとして見てました。

ラマちゃん
御子柴は、自分が、遺体配達人だと明かしてまで、亜季子の無実を証明した。

洋子の想像どおり、自分の罪の償いのつもりなのでしょうか。

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』2話ネット上の反応

ドラまる
意外な展開、衝撃だったとドラマの評価が上がってきてますよ。

ラマちゃん
御子柴がわからない、正義感なのか、次回が楽しみとの声があがってきていますね。

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』3話のあらすじ

2019年12月21日(土)放送のドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』第3話のあらすじをご紹介します。

御子柴(要潤)がかつて殺人を犯した元少年Aであることが世間に知れ渡る。

当然のように巻き起こる非難の嵐。

そんな中、大ケガを負い入院を余儀なくされる御子柴(要潤)の元に、とあるニュースが飛びこんでくる。

医療少年院時代の担当教官・稲見(勝野洋)が、入居する老人ホームで介護士の栃野守(小多田直樹)を殺害した容疑で逮捕されたというのだ。

稲見は容疑を認めており、食事介助中の事件だったこともあり目撃者も多数いるという。

テレビ画面に映る稲見を睨むように見つめる御子柴。

その様子に洋子(ベッキー)は不安を抱くが……

そんな洋子の不安は的中する。

御子柴は強引なやり口で再び弁護を国選弁護人の宝来(本村健太郎)から強奪。

警察の面会室で、稲見と対峙する。

その結果、御子柴は間違いなく稲見が栃野を殺害したことを確信。

有罪判決は免れない状況だった。

「教官、なぜそんなに落ち着いていられる。これはあんたの裁判だ。負ければ一生刑務所の中だぞ」

「俺は自分がしたことを受け入れるつもりだ。罪を逃れようなんて思っちゃいない」

「あいつは復讐するつもりなんだ」

違法すれすれのやり口で弁護を奪われた宝来は、次席検事の岬(津田寛治)に御子柴の狙いを告げ口する。

岬はそんな宝来を軽くいなすが、御子柴を法曹界から追い出すためのある策を宝来に授ける。

少年法に守られ、罰から逃れた御子柴を許すわけにはいかない。

岬は再び、法廷に立つ決意を固める。今度こそ、御子柴に引導を渡すために。

そんな中、司法担当記者のあすみ(玄理)が、新たな情報を入手する。

それは、御子柴がかつて医療少年院に入院していた時に、脱走騒ぎを起こしていたという事実だった。

そしてその脱走を阻止したのが稲見だという。

果たして、御子柴と稲見の間にはどんな因縁があるのか。

御子柴の本当の目的は何なのか!?

第二章・老人ホーム介護士殺害事件の裁判の幕が上がる!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

亜季子は、幼いころ妹を殺害されて、先端恐怖症を発症し、夫を殺せなかったと証明。妹を殺したのは御子柴。亜季子は、娘をかばっていた。お金目当てで祖父に売った父を恨み娘は殺した。

ドラまる
御子柴は、自分の医療少年院時代の担当教官・稲見が、老人ホームで介護士を殺す事件で、再び法廷に立つ。

どんな展開が待っているのでしょうか。

ラマちゃん
御子柴が、遺体配達人事件の少年だと知れ渡る。あすみは、御子柴と稲見の因縁を調べる。

御子柴が稲見の代理人を奪った真の理由は。

自分が幼い頃バラバラにして殺害した少女の姉が、弁護した亜季子。法廷で、自分を覚えているかと迫り、亜季子の無実を証明するという凄さに圧倒されました。

検事の岬に、闇の部分を経験しているかが、犯罪者に迫れるか否かという圧倒的な違いと言うシーンに、悪魔の弁護士・御子柴の闇と贖罪の気持ちを見た気がします。

次話は、御子柴の医療少年院時代の担当教官の事件。御子柴の闇や過去が明かされると期待してます。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA