悪魔の弁護士 御子柴礼司|1話ネタバレと感想。クールな悪魔の弁護士(要潤)。死体配達人少年Aか!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年12月7日(土)オトナの土ドラ「悪魔の弁護士 御子柴礼司」の1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
悪辣な手腕で勝訴をもぎ取る弁護士の過去とは、

楽しみなドラマが始まりましたね。

ラマちゃん
原作は、ミステリー作家の中山七里さんの人気シリーズ4作。

悪魔の弁護士役に、要潤さんと期待できるタッグが組まれましたね。楽しみです。

洋子は、どんな手段を使っても勝利に導く、悪魔と呼ばれる御子柴の事務所に入る。御子柴は、不倫の末夫を殺害した身勝手な女の弁護を奪い取る。有罪を覆るのは到底無理と思われたが.....。

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』1話あらすじネタバレと感想

少年が鋸を持って立つ、その下には少女が横たわっていた。

洋子は、求人をみて、御子柴弁護士事務所を尋ねる。御子柴は、時間に正確だと、履歴書を見ずに採用する。裁判に負けた腹いせに壊された看板を修理する業者を手配するように指示する。

いじめで自殺した生徒の事件を弁護する御子柴。その生徒の成績が下がってきたことをつき、進学に悩んだ末の自殺であると主張する。

生徒の母親は、金のためならなんでもするのかと、悪魔と御子柴に迫る。御子柴は、「もらえるものをもらえれれば何でもする」と突き放す。

御子柴は、世田谷で夫を殺した主婦・亜希子の事件に興味を持つ。担当弁護士の宝来に、弁護士の人数に対して、抱えている案件が多すぎると弁護士法違反で脅し、亜希子の弁護を奪い取る。

御子柴は、亜希子の接見に行く。亜希子はなぜ弁護を引き受けたのかと、御子柴は、世間が注目する事件で、その前面に立つのは弁護士だと。亜希子は売名なのかと。

検事に嘘を言ってもいいが、私だけには本当のことをいうようにと念を押す。

御子柴は事実確認をしたいと聞きだす。今年の4月25日、夫の信吾を殺したと。風呂場で、後ろから、カッターナイフで、首を何度も刺して殺したと。

夫の信吾は、会社をリストラされて、引きこもり株で大損していた。その時優しくしてくれたのがパート先の吉脇だった。付き合っていることを夫が知り罵られ、ついかっとなって殺したと。

二人の娘も、吉脇との結婚を考えると捨ててこうと思ったと。検察側の論告をすべて認めるんだなと御子柴は言うが、亜希子は、計画的ではなかったと。

亜希子は、罪を軽くして早く出たいと、二人の娘が心配と。御子柴は、娘を捨ててゆこうと思ったと言ったがと。亜希子は少し顔を曇らせ、夫がいなくなった今、育てられるのは自分だと。

毎朝新聞の記者・あすみは、洋子に、悪魔の弁護士と言われているよと忠告する。

御子柴に、宝来からの弁護士資料が届いたと渡す。勝てますかねという洋子に、必ず勝つんだと。

次席検事の岬は、世田谷の夫殺しの弁護人が御子柴に変わったと聞き、自分が担当すると。以前、担当していた裁判を控訴審でひっくり返された苦い経験があったためであった。

洋子は、あすみから、亜希子は、不倫の末、夫を殺し、二人の娘を見捨てたと裁判員心象が悪かったと。御子柴でもよほどのことが無い限り勝ち目はないと言われる。

御子柴は、不倫相手の吉脇に、公然の場で、不倫はあったのかと迫り、吉脇は、そんな事実はないと。御子柴は詳しく聞かせて欲しいと言う。

洋子は、御子柴のデスクを掃除している時、六法全書を落としてしまい、中に入っていた御子柴と書かれた古い写真を見つける。そこに、御子柴から連絡が入り亜希子の家に向かう。

出迎えてきたのは、亜希子の次女・倫子だった。幼い倫子だったがしっかりしていた。御子柴が、検察の資料にあった避妊具の入ったゴミ箱がここの位置だったかというと、そうだと答える。

長女の美雪は体調を崩して寝ていた。御子柴に対していやに警戒をしていた。御子柴は倫子に、母親が父親を殺したのに怖くないのかというと、母がそんなことをするはずがないと。

亜希子の義父、要蔵が帰ってくる。要蔵が、子供たちのためにも、早く、亜希子を出したいと言う。

御子柴は、それが、息子・信吾を非難する内容でも良いかと。信吾が言っていたことで、警察に言ってないことはないかと聞かれる。

次席検事の岬は、事務官の紗矢から、御子柴は、大学を経て弁護士になったわけではないと。ただ、扱った弁護は、強引な手を使って勝ってきたと。

洋子は、六法全書に挟まっていた写真を父親かと尋ねるが、御子柴は、父はいないと答え、呪いだと答える。

裁判が始まる。御子柴は、殺意の不在を理由に、被告人の無罪を主張すると言う。傍聴していた、あすみと洋子も驚く。

吉脇を証人に呼び、亜希子と深い関係はなかったと。吉脇との不倫が原因で夫を殺したという裁判に、違和感はないかと尋ねる。吉脇も同意する。

御子柴は、ゴミ箱にあった避妊具から、殺害直前まで、亜希子と信吾の間には、性交渉があったと予想されると。

岬は、夫婦関係の良さと性交渉とは必ずしも一致しないと反論。夫を油断させるため、性交渉に応じていたとも考えられると。

岬は、金融業を行っている青柳を証人に呼び、6000万円の借金が信吾にはあったと。株取引でかなりの負債を抱えていた信吾に対して、返済を求めなかったのかと聞く。

青柳は、督促したが、会えなかったため、亜希子に、伝言を頼んだと。その時に亜希子は、平謝りだった。

青柳は、亜希子を立たせ、督促があってどう感じたかと迫る。亜希子は、うっとうしいと思ったと答え、裁判官たちは、動機があると判断する。

御子柴は、青柳を立たせ、小声でインサイダー取引をしているなと脅す。督促に行った時、亜希子以外が応対することがあったかと尋ねる。

長女・雪子を使い、父が不在だと言わせたと。子供を利用したことに怒りを感じたと証言する。

御子柴は、新証拠を提出する。亜希子や雪子の診察記録で、殴打などがあり、信吾による暴力が恒常的にあった。要蔵もそれを認めていると。事件は、正当防衛だと主張する。

岬は、誘導尋問だと、診察記録も、事件の3ヶ月も前の話で、関係がないと。亜希子は、浴室で夫の首を3度も刺したと自白した事実に変わりはないと。弁護人の言葉に翻弄されないようにと。

裁判官は、御子柴にこれ以上の弁論はあるかと聞く、準備不足だというと、閉廷される。あすみは、裁判の行方が分からなくなったと、情状酌量があるかもと。

洋子は御子柴に、亜希子は、裁判を他人事のようにしていると感じたことを言う。御子柴は、その目は節穴ではないと言う。亜希子は何かを隠していると。

岬は、強引なやり方で、隙間を狙ってくると御子柴に言う。法とは、秩序を守るためにあるとの持論を述べる。御子柴は、思い上がりだと、裁かれない者の苦しみが分からないのかと。

倫子が1人寂しくいるのを見つける。要蔵は仕事で遅いと言い、倫子を預かって欲しいと言われてしまう。洋子が、事務所に泊まるというが、御子柴は丁度泊まるとこだったと受け入れる。

洋子は、倫子分の弁当を作る。あすみに、裁判官の心証で、刑が変わるのが不思議だと。あすみは、考え過ぎだと。

あすみは、今度少年犯罪の記事を書くと、犯罪を犯した少年の顔がのるサイトを洋子に見せる。御子柴の幼いころの写真が載っているのを見つける。

あすみと洋子は、御子柴が、死体配達人だったのではと。洋子は、倫子のことが心配になり事務所に急ぐ。

そのころ、御子柴は、ソファーで寝る倫子の前に立っていた。毛布を掛け直し、デスクに向かう。洋子が慌てて入ってきて、倫子の姿を見て安心する。御子柴に、いっしょに泊まるという。

ここまでがネタバレですが、第1話は、御子柴は、不倫の末、夫を殺した妻の弁護をする。不倫相手がいなかった点や、夫の暴力の診察記録で、真実に迫り.....。

ドラマの最初から、少年時代の御子柴が、真っ暗な建物の中で、横たわる少女を鋸で切断しようとするショッキングなシーンから始まり強烈なスタートでしたね。

そして、急に、悪魔の弁護士と呼ばれるクールな御子柴が出てくる。その飛ばしが良かった。要潤さんの演技と黒のスーツがカッコいいです。

ドラまる
事務員として洋子が入ってくる。御子柴が寡黙なだけに、物語りを進めるナレーターのような存在でした。

洋子役のベッキーさんも良かった。

ラマちゃん
洋子の友人の新聞記者あすみも、洋子との掛け合いで、物語りを進めるナレーターですね。二人は、同居している設定のようです。

その部屋で話されることが、物語りを決定づける印象。

一審で刑が確定した、不倫の末、夫を殺した妻の裁判に、御子柴が興味を持つ。なぜ、お金にもならない主婦の裁判に首をつっこむのか、売名とは言っていたが、違うような気がする。

次席検事が登場して、御子柴への敵対心がとてもよく表れていました。御子柴が、証拠や証言の不自然さをついてきて、押され気味の感じはしましたが。

ドラまる
御子柴は、被告人の妻が不倫相手と言っている人物が、実は、そういう関係ではなかったり。診察記録で夫の暴力があったのではという証拠を出しました。

するどい調査をしてましたね。

ラマちゃん
御子柴が、死体配達人と呼ばれた少年犯罪者だったという衝撃的な事実が明らかにされました。

いっしょに泊まっていた倫子が寝ている前に御子柴が立った時が怖かったね。

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』1話ネット上の反応

ドラまる
内容に夢中に、奥深いと評価の高い滑り出しですね。

ラマちゃん
要潤さんの演技が素晴らしいと評価がネットで上がってますよ。

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』2話のあらすじ

2019年12月14日(土)放送のドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』第2話のあらすじをご紹介します。

あの“死体配達人”事件の犯人が、御子柴(要潤)――?

彼がかつて日本中を震撼させた殺人事件を犯した元少年Aだと知り、動揺する洋子(ベッキー)。親友で記者のあすみ(玄理)は「絶対に許せない」と御子柴を調べ始める。

果たして御子柴は本当にあの“死体配達人”なのか――

一方、御子柴は『世田谷夫殺し』事件の被告人・津田亜季子(奥菜恵)が何かを隠していると確信していた。

手がかりを求めて亜季子の生家があった福岡へ飛んだ御子柴は、かつて亜季子の主治医だった老医師・溝端(大林丈史)から、亜季子の幼少時代に家族が大きな悲劇に見舞われたことを聞き出す。

その悲劇をきっかけに亜季子は記憶障害になったというが、御子柴が聞きたいことは別にあった。

「もしかして津田亜季子には別の症状もあったのでは?」

その頃、洋子はあすみと共にとある人物を訪ねていた。

稲見武雄(勝野洋)。御子柴がかつていた医療少年院の担当教官だという。

御子柴が、かつて14歳で凶悪犯罪を犯した死体配達人・園部信一郎なのではないかと稲見に聞くあすみ。

だが、稲見は昔のことは忘れたと話を早々に切り上げる。

洋子はあすみと別れ、1人でもう一度稲見に問いかける。

自分は今、御子柴の事務所で働いている。本当の御子柴が知りたい、と。

そんな洋子を稲見はじっと見つめるが――

福岡から戻った御子柴は、再び津田家を訪れる。

いまだ、体調を崩し部屋にこもっている長女の美雪(豊嶋花)、なぜか御子柴に懐いた次女の倫子(本保佳音)、そんな孫娘たちを案じ亜季子の減刑を強く望む義父の要蔵(山田明郷)。

全員と話し、御子柴の中でひとつの答えが導き出される。

なぜ無職の夫・伸吾(渡辺慎一郎)は殺されたのか。

そして亜季子は何を隠しているのか―――

いよいよ最終公判の幕が上がる。検事の岬(津田寛治)と対峙する御子柴。

そこで御子柴は衝撃の告白を始め……!

どんでん返しに次ぐどんでん返しの連続!

衝撃のラストまで目が離せない『世田谷夫殺し』裁判、堂々の解決編!!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『悪魔の弁護士 御子柴礼司』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

御子柴は、勝つためには手段を選ばない弁護士。不倫の末、夫を殺害した妻の弁護を奪う。不倫相手はいなかったことや家庭内暴力の新証拠をつきつける。死体配達人事件の少年犯罪者なのか。

ドラまる
あすみは、御子柴が、死体配達人事件の少年だと気づき怒るようです。洋子とともに、医療少年院の担当教官を尋ねる。

本当に、御子柴は、死体配達人なのかな。

ラマちゃん
御子柴は、世田谷夫殺しの妻・亜希子が何かを隠していると気づき、調べるようです。

御子柴が、結論を出した真実とは。どういう展開が待っているのかな。

要潤さんのクールでダークな演技がものすごく良かった。言葉が少ないけど、口元をききりと閉ざす表情で、伝わってきましたね。

悪魔の弁護士という法廷の場の裏に、御子柴が、少年時代、死体配達人と呼ばれた事件の犯人だと言う伏線が流れていて、これからの展開に期待が高まりますね。

次話は、夫殺しの妻の事件の真実が、御子柴により明かされる。2話完結のスピード感ある物語が楽しみです。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA