24 JAPAN|15話ネタバレと感想。獅堂と麗が共闘!テロは、7年前の作戦の悲劇が原因!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年1月22日(金)「24 JAPAN」の15話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
麗と獅堂の対決ですね。麗の誤解はとけるのでしょか。

二人が関与した7年前の夜のとばり作戦と今回の事件がどう関わってゆくのかな。

ラマちゃん
黒幕のアンドレの弟・アレクシスが、麗の選対本部のスタッフ・三保に甘い罠をかけていて、麗の行動が筒抜けですね。

アレクシスの魔の手が忍び寄る麗は、大丈夫なのでしょうか。

麗は、獅堂が主犯だと誤解してCTUに乗り込む。二人は対峙し誤解が解け、7年前の作戦が、今回の麗の暗殺計画に繋がっていることに気づく。黒幕の弟・アレクシスが麗に忍び寄り.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』15話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午後2時~午後3時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

麗が訳も言わず獅堂に会わせろとCTUに乗り込んでくる。南条から報告を受けた本部長の中曽根は、そのまま待機させろと命じる。

獅堂は、緑子の聴取を受けていたが六花が心配だと言うと、緑子は、伊月により別の場所に移したと答える。獅堂は怒り、中曽根としか話さないとい言い出し、緑子は部屋を出て行く。

伊月の運転する車で、隠れ家に移動する六花と美有。六花は心配するが、伊月は、安心させる言葉をかける。

研矢は、倉庫で休息をとっていた。女が、いっしょにいた。

黒幕の弟・アレクシスは、選対本部のスタッフ・三保と男女の関係になり、三保から麗の選対本部が長野に移動することを知る。詳細の情報を三保のカバンから入手する。

中曽根は、内閣府から圧力をかけられ、麗に獅堂に合わせることになる。麗は、録画も録音もなしだと言い、SPにも外に出させる。

麗は、7年前の夜のとばり作戦で、部下を殺された逆恨みで暗殺しようとしたのではと迫る。獅堂は、妻子を暗殺犯に取られた状態で、麗を守るにはそうするしかなかったと言う。

CTUの隠れ家に着く、六花たち、伊月から、警護をする山崎と都築を紹介される。

中に入ると、居心地の良いソファがあり、美有は、ここは病院よりいいと声を上げる。伊月は、ここで起こったことを話してもらうと言う。

麗は、中曽根に獅堂が妻子を人質にとられていたことを確認し、7年前の作戦が関与していることを悟る。

7年前、ビクターが、発電所で、化学兵器を作っている情報を掴み、日本人が人質にとられていたことが分かり、救出作戦が決行された。

麗は当時与党の中にいてテロ対策の担当大臣で、信用できる番場に作戦を頼み、当時部下だった獅堂が実行した。

通常、その発電所は、見学客でにぎわっていたが、その日は、ビクターの誕生日で潜入が可能だった。獅堂は、日本人の救出を達成したが、部下全員とビクターが亡くなったと回想する。

麗と獅堂が狙われたということは、番場も狙われていると考え連絡する。番場は、ビクターには二人の息子がいてそれが絡んでいると言い、獅堂にいっしょに調べて欲しいと頼む。

六花は、妊娠検査簡易キットで検査したら妊娠していることが分かる。

三保は、戦対本部に戻り、長野行きは中止になったことが分かる。アレクシスに連絡し、アレクシスは言葉巧みに、次移動したら教えて欲しいと頼む。

アレクシスは、黒幕の兄・アンドレに、麗の動きは掴んでいると言い、今日中に暗殺することを誓う。

遥平は、麗はどこに行ったと聞くが、夕太は知らないと言い、かってなことをしているからそのうちに帰ってくるだろうと言う。

美有は、妊娠検査キットを見てしまい、六花が妊娠していることに気づく。美有は、あいつとのことは今日だから、パパとの子と逆に信じられないという気分になる。

六花は、自分も信じられない正直慌てているとお腹を押さえる。

獅堂は、お金の流れを調べるが、消された情報があることが分かる。マイロを呼び、麗の権限で、番場といっしょに調べる。番場は、データを復元できるかもしれないと言う。

六花は、美有といっしょに食事をとり、久しぶりだとにこやかな雰囲気になる。美有は、さっきはびっくりしてしまったが、獅堂はどんな顔をするだろうと言う。

六花は、CTUに電話をかけるが、南条から、獅堂は、今取り込み中で電話に出られないと言う。六花は大事な話があるから電話をくれるように伝言する。

伊月が、何があったか事情を聴きたいと二人に声をかける。六花が先に応じる。

美有は、密かに、研矢に電話する。研矢の無事を確認すると、自首するように言う。研矢は、こんど捕まるとやばいと言い考えさせて欲しいと言う。

美有は、六花の聴取も始まっていて、話さないわけにはいかないと言う。研矢は、最低限のことを話して欲しいと怒ったように美有に言う。

獅堂と調べている麗に、遥平から心配して電話が入る。麗は、しかたがなく、CTUと暗殺者を調べていると言い、しつこい遥平にうんざりしたように電話を切る。

ため息をつきながら、麗に獅堂は大変ですねと声をかける。麗は、獅堂の方が大変だと言い、選挙よりも、かまってこなかった息子の方が今は心配と答える。

マイロが、番場から届いたデータを獅堂と麗に渡す。

伊月はカメラを回しながら、六花から聴取を始める。

六花は、研という青年が銃を渡してくれて助けてくれたと言い。本名は、美有が知っていると伝える。昨日会ったばかりなのに今どきの若い子は分からないと洩らす。

伊月は、聡明な娘だと、獅堂が言っていたと言ってしまう。

六花は、獅堂が娘のことを話すなんてと思い、別居している間に、付き合っていたのが伊月だと気づいてしまう。

伊月は、慌ててカメラを止めて、付き合っていたことを認め謝罪する。今は、付き合っていないことを伝える。

六花は、真実を知り、気分が悪くなったと、部屋に戻ってしまう。

麗は、資料を読んでいると、ビクターの妻と娘も作戦による爆破によって死亡したことが分かる。獅堂は、家族を誘拐したのはこういう理由かと言う。

選挙参謀の長田から、麗に、帰ってくるようにと催促の電話が入る。麗は、番場の捜査を持っている時間はないと言う。

麗は、中曽根に、暗殺計画を阻止するには、獅堂の力が必要だと復職を迫る。中曽根と緑子は、重大な規則違反だと言い応じない。

獅堂は、事件を解決しその後ならいくらでも聴取を受けると頭を下げ、中曽根は、24時まで特別に指揮をとらせることを許可する。

獅堂は、銃とICカードを緑子から受け取り、麗を送って行く。

麗は、長野には行かず、ビクターの子分たちは必ず今日行動を起こすから戦うと言う。獅堂を誤解したことを謝る。獅堂は番場から連絡があったら必ず連絡することを約束する。

美有の聴取が始まる。美有は、誘拐犯は剛だけで、研は助けてくれたと説明する。伊月は、最初から話しをして欲しいと頼む。その時、獅堂から電話がかかってくる。

期限付きで復職できたことを伝え、六花と話したいと言う。六花たちも狙われていることが分かり、警備を強化したことを伝える。伊月は、六花にスマホを渡す。

獅堂は、何かあったかと優しく聞く、六花は、伊月と獅堂のことがショックで、子供ができたことを言い出せなかった。

伊月が、美有の聴取をしていると、六花がスマホを返しにくる。

美有は、子供ができたことを伝えて、獅堂のようすがどうだったかと聞く。六花は、忙しそうだったから聞けなかったと言う。美有は、六花の様子がおかしいと思う。

獅堂は、番場に電話をかけ、データの復元を頼むが、データを送ったからマイロにも解析させて欲しいと頼む。

番場がトイレに行きながら、獅堂と話をしていると、後ろから首を絞められ殺される。

ここまでが第15話のネタバレです。

麗の誤解が解けて良かったですね。そこから、麗と獅堂の共闘が始まりました。この二人最強タッグでは。最後は、麗の力を使って、獅堂は、期限付きで復職できたね。

六花がお腹をおさえていた原因は、獅堂との間に子供ができたのですね。美有は最初は、気分良くなかったけど落ち着いて、六花を応援してくれたね。

ドラまる
番場が登場。7年前の作戦を指揮し、獅堂の元上司でしたね。

番場の活躍で、獅堂と麗は、作戦の巻き添えでビクターの妻や娘が亡くなったことが、今回の復讐になったと気づいたね。

ラマちゃん
六花は、伊月が獅堂が付き合っていた女性だと分かってしまいました。

伊月と獅堂の関係がショックで、子供ができたことを結局言えなかったね。美有も母の異変に気づいたみたい。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』15話ネット上の反応

ドラまる
誤解が解けて、麗と獅堂の共闘始まりましたね。

ラマちゃん
番場さん登場で湧き上がるも、すぐに殺されてしまって残念です。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第15話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|15話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』16話のあらすじ

2021年1月29日(金)放送の第16話のあらすじをご紹介します。

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長に復職した獅堂現馬(唐沢寿明)と、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)が過去に共に関わり、麗の暗殺計画の動機に繋がっていると考えられる「夜のとばり作戦」――。

しかし、その作戦で指揮を執ったCTU大阪支部の番場衛二(六角精児)が、何者かによって殺された!

さらに、現馬が番場から受け取っていた“意図的に一部削除されたデータ”に、3人の殺し屋の写真が格納されていたことが発覚。

そのうちの一人、アレクシス・林(武田航平)が「夜のとばり作戦」で死亡したテロ組織の元締めの息子だったことも判明する!

まもなく現馬は麗から、選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆)がアレクシスと男女の仲にあり、ホテルで会う約束をしている…との情報を入手。

現馬は、アレクシスの動向を極秘追跡するための綿密な作戦を練る。

ところが、その矢先に急きょ、この任務の指揮をCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が執ることになり…!?

そんな中、アンドレ・林(村上淳)率いるテロ集団は虎視眈々と、隠れ家に保護されている現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を始末する準備を進めていた。

CTUが厳重な警備を張り巡らせているにもかかわらず、2人に忍び寄る魔の手…。

その先には、2人の身を案じながら極秘任務に命を懸ける現馬も、まったく予想していなかった“恐ろしい運命”が待ち受けていて…!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』15話のあらすじネタバレ、感想、16話のあらすじを紹介しました。

麗と7年前の作戦を回想、テロの家族が巻き込まれ死亡しており、その復讐が今回の事件を起こしたと獅堂は気づく。六花は、伊月の聴取の最中に、獅堂との関係に気づき複雑な気持ちになる。

ドラまる
7年前の作戦を指揮していた番場が殺されてしまいましたね。直前に送ってきたデータで、アレクシスの素性も分かるようです。

獅堂がどうやって、捜査して行くのでしょうか。

ラマちゃん
六花と美有の隠れ家を、テロリストが狙っているようです。

二人を無事にCTUの護衛が守れるのかな。待ち受ける恐ろしい運命とは。

麗と獅堂がタッグを組みましたね。これで、番場といっしょに解決の方向に向かうかと思ったら、番場が殺されてしまいました。テロリストは次々に潰しにくるね。

六花のお腹の痛みは、獅堂との間に子供ができたということでした。良かったと思いきや、伊月が獅堂の相手と分かってしまって微妙な雰囲気でしたね。結局、獅堂に喜びを伝えられなかった。

次話、テロリストがアレクシスだと分かり、アレクシスと恋仲の選対本部の三保を使った作戦を獅堂は立てるようです。鬼束がまた出てくるようですね。六花たちは、大丈夫なのか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA