24 JAPAN|12話ネタバレと感想。獅堂、最愛の妻子と再会を果たすも、壮絶な銃撃戦へ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年12月25日(金)「24 JAPAN」の12話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
ニセ函崎だった音守に案内させ、獅堂は、六花と美有が拘束されている神林のアジトに行けそうです。

二人に会うことはできるのでしょうか。

ラマちゃん
伊月と南条が、獅堂の行方を知っているのではと、新班長・緑子が迫ってくるようです。

強行手段で、伊月と南条を揺さぶるようですが、どうやってくるのでしょうか。

音守に、アジトへ案内をさせる獅堂。伊月にGPSで追尾を依頼。新班長の緑子が伊月と南条に獅堂の居場所を教えるように迫る。獅堂は、神林に気づかれずアジトに潜入、六花と美有に.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』12話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午前11時~正午まで、事件はリアルタイムで進行中である。

獅堂は、ニセ函崎だった音守を拘束し、神林のアジトに案内させる。

麗は、息子・夕太のカウンセラー・塔子が気になり連絡するが、留守番電話だった。養護施設の慰問を終え、遥平とは別に党本部に帰る。

新班長の緑子は、警察と協力して獅堂を追うと指示。獅堂は、伊月に、自分の携帯のGPSで居場所を追尾するように依頼する。緑子には何も知らないを通せと言い、迷惑をかけることを謝る。

伊月は、マイロに追尾を極秘で依頼。南条は、伊月を心配して声をかける。獅堂は、家族を救出に向かっておりすべて終われば出頭することを伝える。

六花と美有は、五木の死体を隠す。神林から連絡があり驚いて携帯を切って、血痕を消して逃げようとするが、見張り役の2名がやってくる。やり過ごし逃げようと言う六花。

獅堂はアジトの外に到着し、車を離れ様子を見に行くと、見張りが沢山いることが分かる。伊月から、アジト周辺の最新衛星写真を受けとる。

伊月は、緑子に話をして応援を呼ぶべきだと進言するが、獅堂は、目立ちすぎて、六花たちに危険が及ぶと、単独で隙をついて潜入することを伝える。伊月は心配になる。

緑子は、伊月の不穏な行動に気づき、部下に、伊月の今使っていた携帯の連絡先を調べるように指示。

獅堂は、音守の拘束を解き、運転させ、自分は後部座席から、拳銃で音守を狙い、アジトに入るように命令する。音守は指示に従い、車を走らせる。

選挙参謀の長田は、上州と話してから元気がない麗に尋ねる。上州が、まどかの情報源の塔子をなんとかすると言っていたことを伝える。

長田は、上州と言えども危害を加えることはないだろうと言い、塔子に注意を促すと言う。すでに連絡したという麗に、総理候補の麗が軽率な行動するでないと怒る。

音守に車を運転させ正面のゲートから堂々と入って行く獅堂。無事にアジトに潜入し、車を止めさせる。伊月から送られてきた衛星写真から、監禁場所を聞き出す。

音守が反抗してきたため、獅堂と争いになり、気絶させる。音守を車に拘束する獅堂。

黒幕のアンドレは、神林に、どれだけこの日にかけてきたかと説明し、アジトを引き払うように指示。神林は、イライラし、研矢に、人質の始末を頼んだ五木の様子を見に行けと指示。

獅堂は、見張りをかいくぐり、監禁場所に向かっていた。

塔子からようやく連絡が入り、麗は、夕太の犯した罪のことで、もみ消したい人たちがいると注意を促そうとするが、塔子は、麗がもみ消したと勘違いし、連絡しないでほしいと電話を切る。

麗は、直接今あって、塔子に危険を知らせると言い出す。長田は、後援会との会食が1時間後にあり、危険にさらすわけには行かないと引き止めるが、麗は曲げない。

六花と美有は、見張りが手薄になり、今監禁場所を出るチャンスだと言う。

逃げようとして、ドアが開く、六花は拳銃で、美有はナイフを持って待ち構える。

ドアが開き、六花は口を塞がれ、「六花、俺だ」と現れたのは獅堂だった。美有も抱きつき、ここから出られるとすがるような声で泣く。獅堂は、二人を大丈夫だと励ます。

緑子は、伊月と南条に、獅堂の居場所を知っているだろうと迫り、別々の部屋に入るように言い、先に吐いた方が昇進、一方が、クビだと強硬手段に出る。

麗の乗せた車は、塔子のオフィス近くまでくる。救急車きていて騒然としていた。長田が様子を見に行き、塔子の事務所でガス爆発があり、塔子らしき人物が死んでいるようだと報告する。

麗は、このタイミングで、証拠を隠滅するための殺人ではと言う。長田は諫め、SPに車を出すように伝える。

秘書・秋山と、遥平は選挙事務所に先に到着する。夕太は、母と別行動とは珍しいと言うが、そんな時もあると言う。

獅堂は、五木の死体を見つけ、殺そうとしてきたから、殺したと六花たちが答える。30分経つと言うと、そそそろ仲間がくると言い警戒していると、研矢の美有との声が聞こえる。

獅堂は、研矢を倒し、なぜ、救ったと問う。研矢は、美有を巻き込んでしまったと反省を口にする。美有も、研矢は味方だと獅堂に説明する。

研矢は、獅堂に銃を向けられながら、美有に無事で良かったと言う。

南条は、緑子に、獅堂が発砲したから、暗殺は未遂に終わったと事実を言うが、緑子は、獅堂を庇うのねと言う。

獅堂の居場所を言わないと、懲戒解雇と、さらに暗殺に関与しているとみなし人生を棒に振ると言い、10分あげるから真剣に考えるようにと伝える。

獅堂が、近くにある車を取りに行くと言うと、六花や美有は離れ離れになりたくないと言う。研矢は、神林はまだ信用しているから、剛の車を取りに自分が行くと言う。

神林から、電話が来て、研矢は、五木が二人を埋める穴を掘っていると言い、すぐにくるように神林が言ってくる。

研矢は、また神林が疑って探しに来ると言い、獅堂は研矢を信じ、車を取りに行かせる。

緑子は、時間だと、南条に言ってくる。そこに、獅堂から電話だと部下がやってくる。

獅堂は、麗の暗殺計画を企む一味に、妻子を人質にとられていたと言い、アジトを見つけたから、ヘリで援軍を頼むと言ってくる。

妻子は前にいて、いっしょに逃げると伝える。アジトの場所を教える。

緑子は、獅堂を信用しようとしないが、一刻も争うという獅堂の言葉を信じ、居場所を伝えるように要請する。南条は、懲戒処分を受けなくて良かったと安心し大きく息を吐く。

獅堂は、美有と六花にこれで助かると抱いて安心させる。

緑子は、救助ヘリを2機現場に向かわせ、伊月と南条への疑いを一旦解く。ほっとする南条、伊月は手を握り、感謝を伝える。

見張りの男が、音守が自動車の中で監禁されているのを見つける。

研矢は、拳銃を拾い、剛の車を出そうとすると、神林からどこに行くと言われる。とっさに、五木に頼まれて、六花と美有の死体を運ぶために行くと嘘を言う。

そこに、音守を見つけた見張りの男から電話が神林に入る。神林は、研矢にすぐに車で連れて行くようにと乗り込んでくる。研矢はしかたがなく、車を出す。

神林は、音守に水をかけて、意識を取り戻させる。音守は、獅堂が潜入したこと、テッドが亡くなったことを神林に伝える。

その話を聞いていた研矢は、すぐに車を出す。神林は、獅堂が潜入したことを仲間に伝え、だれも外に出すなと命じる。

獅堂は、六花と美有に残るように伝え、外の様子を見に行く。研矢が、神林が来ると言い、すぐに六花と美有を乗せ、獅堂が運転する。

神林は、監禁場所に到着し、中に入ると、六花と美有はいなくて、五木の遺体を発見する。すぐに、部下に追うぞと命じる。

獅堂たちの車は、すぐに、神林の車に追いつかれる。手下たちの銃をかわしながら、獅堂は逃げるが、神林に応援の車がきて、神林は止り、銃で、獅堂の車の車輪を狙い動けなくする。


獅堂は、六花と美有と研矢に車から降りるように言い、神林たちと銃撃戦を行う。六花と美有に、スマホを渡し、GPSを頼りに先に小屋に逃げるように言い、そこに応援を向かわせると言う。

六花と美有は、先に逃げる。研矢も銃が撃てると言い、獅堂といっしょに、時間稼ぎをする。

獅堂は、車のガソリンタンクに穴をナイフであける。研矢と草むらに隠れる。神林は、慎重に部下たちを、車に向かわせる。

その時、獅堂は、車のガソリン付近をめがけ、銃で撃ち、車が爆発する。その隙に、研矢と獅堂は逃げる。

研矢は、銃で撃たれ倒れる。獅堂は、研矢に、後で手当てしてやるから走れと励ます。

車からの噴煙を見て、六花と美有は心配するが、獅堂のすぐに追いかけると言った言葉を想い出し逃げる。

ここまでが第12話のネタバレです。

獅堂がどうやって、見張りが多いアジトに潜入するかと思っていたら、音守に車を運転させ堂々と正面から入っていきましたね。ドキドキでした。

麗は、夕太のカウンセラー塔子の身を案じ、留守番電話に証拠を残したね。まさかの塔子がガス爆発に遭うとは、上州がやったのかな。正義感の強い麗だから、責任を取る気がするね。

ドラまる
獅堂と六花と美有が再会でしたね。家族の無事が確認できて良かった。

六花と美有の安心する顔から、家族を守る獅堂の気持ちが伝わってきました。

ラマちゃん
研矢も美有を思って、獅堂に協力することを提案したね。神林に見つかってしまうとは。

最後の銃撃戦凄かったです。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第12話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|12話見逃し動画無料視聴はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』12話ネット上の反応

ドラまる
家族の再会シーン。夕太のカウンセラー塔子が登場してすぐ亡くなるも話題。

ラマちゃん
激しい銃撃戦に、ドキドキですね。

ドラマ『24 JAPAN』13話のあらすじ

2021年1月8日(金)放送の第13話のあらすじをご紹介します。

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わるテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)の手下・長谷部研矢(上杉柊平)に協力してもらい、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、神林のアジトに監禁されていた妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を連れて脱出。

だが、神林の猛追をかわすうち、やっとのことで再会した最愛の妻子とはぐれてしまう。

危険を承知で、六花と美有を捜し回る現馬。やがて彼は、ついに神林との直接対決に挑む事になり…!?

一方、麗は見過ごすことのできない疑念にさいなまれていた。

息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)が、不意の事故で死亡したからだ。

闇の情報屋・上州(でんでん)が夕太の過去をもみ消すため、塔子を抹殺したのだと考え、全てを告発しようとする麗。

だが、その覚悟を根底から揺るがすような言葉を、夫である朝倉遥平(筒井道隆)をはじめ、近しい人物たちから次々と浴びせられ…。

同じ頃CTUでは、自殺したCTUの内通者・明智菫(朝倉あき)がここ5カ月にわたり、自身の母親の口座に大金を振り込んでいたことが判明。

菫の口座の入金履歴を調べたA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、現馬が7年前に携わった極秘任務「夜のとばり作戦」が今回の暗殺計画と関連しているのではないかと疑い、詳しく調べ始める。

すると、麗の暗殺計画がまだ終わっていないことを示唆する“驚愕の事実”が浮かび上がり…!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』12話のあらすじネタバレ、感想、13話のあらすじを紹介しました。

音守にアジトまで案内させ潜入に成功する獅堂。妻子と再会。麗は身を案じた夕太のカウンセラーは、不意の事故に遭う。獅堂は、研矢の手を借り脱出を図るが、神林に見つかり銃撃戦になる。

ドラまる
再会できたのに、六花たちとまた離れ離れになってしまったね。

獅堂は、探し出すことができるのでしょうか。

ラマちゃん
塔子が不意の事故に遭い、麗は、夕太のことを公表すると言うだろうね。

遥平たちに止められるようです。もしかしたら、夕太は正当防衛ではないのではないか。

CTUや警察に容疑者として疑われ、逃亡しながらも、家族を救い出そうと必死になる獅堂が凄かったですね。それが報われて、再会を果たすことができました。研矢も協力しましたね。

麗の方は、息子・夕太の犯罪を公表しようとするキャスターまどかの情報源のカウンセラーが殺されてしまいまいました。口封じだとすると、総理候補の麗にとって悩みが深まりますね。

次話、また、離れ離れになった獅堂と家族。再会を果たし、救い出すことはできるのだろうか。麗は、夕太の犯罪を公表するのか。伊月たちも、7年前の極秘作戦との関係に気づく。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA