10の秘密|9話ネタバレと感想。魔女・由貴子復活!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年3月10日(火)にドラマ『10の秘密』第9話が放送されました。

ドラまる
由貴子を載せた船が爆破されて、圭太にも疑惑の目が向けられたんだ。
ラマちゃん
本当に由貴子は死んでしまったのかしら?

宇都宮の隠し持っていた秘密とは?

こちらの記事では、ドラマ『10の秘密』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『10の秘密』第9話あらすじネタバレと感想

仙台由貴子(仲間由紀恵)の海外逃亡を阻止したはずの白河圭太(向井理)の目の前で、由貴子の乗った船が爆破されてしまいました。

由貴子は行方不明のまま。

爆破が事故ではなかった可能性があり、逃げ出した二本松謙一(遠藤雄弥)のことを追う警察は圭太にも疑惑の目を向けます。

伊達翼(松村北斗/SixTONES)から10年前の火事の日に宇都宮が沖縄に行っていたことを知らされます。

二人は10年も前の記憶がはっきり残っていた宇都宮竜二(渡部篤郎)に違和感を覚えます。

火事の翌日にある人のために嘘をついていたという宇都宮。

それは、社長・長沼豊(佐野史郎)のアリバイ作りに協力したというものでした。

宇都宮の靴を磨く癖は長沼ゆずりの癖でした。

少年・翼が見た靴を拭く男は長沼だったのですね。

翼の母とただならぬ関係だった長沼。

別れ話がこじれて、会社の秘密を公表すると脅されたと言います。

しかし、母を殺害したことは否定しました。

この会話の録音を長沼が設置したノイズ発生装置によって妨害された圭太たちは社長が翼の母に話したという秘密を探すことになります。

2009年に発注したマンションが、矢吹(中林大樹)が告発しようとしたコストダウンのための偽装建築と同じ手法で行われていたことをつかみます。

責任者は社長になる前の長沼でした。

宇都宮の証言から警察に由貴子について話しを聞かれる長沼は、宇都宮の逆恨みだと追い返します。

警察を見送る長沼のもとに翼と圭太が現れます。

翼の母が当時、指が動かなくなる病に襲われていたことを長沼に伝えました。

ピアニストとして将来の生活に不安を抱えた母が別れ話を受け入れなかったのでは。

すがる翼の母を振り払った時、運悪く頭をぶつけて意識を失った母。

その時、外で燃え上がった火を見て怖くなった長沼は翼の母を置いて逃げたのでした。

今回の会話は、隙を見つけた宇都宮がノイズの発信装置をオフにしていたため録音に成功しました。

この録音を新聞記者の只見(長谷川朝晴)に聞かせることにします。

そこへ長沼が取引を持ち掛けてきました。

金を払うから録音を消去すること、そして圭太を帝東建設で働けるようにすることを条件に出してきます。

圭太「瞳のため…。」

しかし、圭太は今まで間違い続けてきた自分と決別するためにこの提案を断ります。

そして聞かされたのは、偽装建設を隠しきれないと公表しようとした長沼を止めたのが由貴子だということ。

長沼までもが恐れた由貴子と言う女性。

10年前の火事の時、由貴子は何をしていた?

一方、爆破が事故ではなく事件だと言うこと知ってしまった白河瞳(山田杏奈)。

「(母と)もう一度会って話したかった」と言っていた瞳は、気丈にも父のことを心配していました。

石川菜七子(仲里依紗)と一緒に自宅に戻ってきた瞳は、家の中で不審な動きをする二本松を見つけます。

まだ何かを探していたという二本松。

由貴子から奪い取った偽造パスポートを探しに来たのでは?

やはり生きていた由貴子。

お金を引き出すために必要なパスポートに記載された新しい名前を求めていたのでした。

スポンサーリンク

『10の秘密』第9話ネットの反応や感想

ラマちゃん
なんだか一致団結した三人組。

それぞれ目的は違うのに不思議だわね。

ドラまる
殺しても死なない女、それが由貴子。

ラマちゃん
ほんと、ここの秘密も明らかにしてほしいわ。

ドラまる
前回のホテルでの一芝居にも協力してくれたんだったね。

いい同僚だ~。

ラマちゃん
北斗さん、いい表情だわね。

スポンサーリンク

ドラマ『10の秘密』8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『10の秘密』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『10の秘密』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

『10の秘密』第10話あらすじ

2020年3月17日(火) 21:00時から放送のドラマ『10の秘密』第10話のあらすじをご紹介します。

死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。

由貴子が生きていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)のためにも今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。

と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。

奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。

一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。

その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。

しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。

逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。

家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは―!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『10の秘密』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

爆破も由貴子の逃亡の計画通りだったのでしょうか。

由貴子という人間を死んだことにすれば別人になりすましても捜索されることがありませんよね。

そして10年前の火事の日。

由貴子は何をしていたのか。ついに最後の秘密が明らかになります。

ドラまる
最後に出てきた男性は誰?

由貴子が二本松のどちらに反応したのかな?

ラマちゃん
幾度となくすり抜けられた由貴子をついに捕まえることができるかしら。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA