10の秘密|5話ネタバレと感想。3億の奪い合い。そして明らかになる翼の過去。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年2月11日(火)にドラマ『10の秘密』第5話が放送されました。

ドラまる
元妻の由貴子は6億のために娘の瞳の誘拐をでっちあげていたんだったね。
ラマちゃん
圭太が取り出したデータで3億を手に入れ、あと手帳の分の3億も手に入れようとしているのよね。

瞳のために圭太も3億めがけて復讐を始めるわ。

こちらの記事では、ドラマ『10の秘密』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『10の秘密』第5話あらすじネタバレと感想

10年前の火事について真実を知ってしまった白河瞳(山田杏奈)に出て行かれてしまった白河圭太(向井理)は自暴自棄な生活を送っていました。

瞳が公立高校に志望校を変更すると聞かされた圭太は、お金の工面をしなくてはなりません。

偽装建築の証拠のデータを3000万円で買ってくれと再び帝東建設に向かいますが、仙台由貴子(仲間由紀恵)がすでに3億を手に入れていることを知ります。

さらに、由貴子は手帳を取引の材料に新たに3億を手に入れようとしていました。

一桁の違い。それは圭太と由貴子の人間性の違いを表します。

その頃、伊達翼(松村北斗/SixTONES)に呼び出された瞳。

翼は火事のことについて圭太がまだ何かを隠しているのではと勘ぐっていました。

一方、宇都宮竜二(渡部篤郎)から手帳と引き換えに残りの3億を受け取る由貴子に、宇都宮は今回の一連の行動に疑問を投げかけます。

人を見返したい。その一心で由貴子は延々と上昇し続けたいと感じていたのでした。

その帰り、ひき逃げの検問に止められる由貴子。

その警官に突然催涙スプレーをかけられ3億を奪われてしまいました。

強奪の真犯人は圭太でした。

圭太は由貴子が多額の借金をしていた高利貸しの手を借りていたのです。危ない人たちに協力を仰いでいたんですね。

由貴子が忍び込むことを予測していた圭太は警察に通報し由貴子を追い返します。

瞳のためと言いながら、やることが卑怯になってきていますね~、圭太。

瞳が翼と会っていることを石川菜七子(仲里依紗)から聞かされた圭太は、野外音楽イベントに向かいました。

せっかくのデートに父親が現れて、理由も言わず帰されたら思春期じゃなくても嫌ですよね。

圭太はどんどん嫌われてしまいます。

そして、圭太は翼が10年前の火事で亡くなった女性の子供で、誰がお金を送ってきているのか調べていたと聞かされました。

翼は圭太が送り続けていたお金には手を付けていませんでした。

瞳に近づいたのは真実を知るため。

翼は不注意で起きた単なる火事だと考えていませんでした。

あの日、母を訪ねてきた男が火事を利用して母を殺したのだと。

スポンサーリンク

『10の秘密』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
あれれ、なんか違う方向に進んできたね。

ということは瞳が火をつけたわけじゃないのかな?

ラマちゃん
人がいいはずの圭太がどんどん闇に堕ちてゆく~。

ドラまる
嘘つかないって言ったのに、瞳にどんどん嘘ついちゃう圭太。

ラマちゃん
菜七子の夜の顔!

こっちも危ない秘密?

ドラまる
単に母親を亡くした悲しみだけで動いていたんじゃなかったんだね。

誰かに殺されたと思っている翼。犯人を捜していたんだ。

スポンサーリンク

ドラマ『10の秘密』4話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『10の秘密』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『10の秘密』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『10の秘密』第6話あらすじ

2020年2月18日(火) 21:00時から放送のドラマ『10の秘密』第6話のあらすじをご紹介します。

手駒の一つだったはずの元夫に3億円を奪われ、計画を狂わされた由貴子(仲間由紀恵)は怒りに震え、金を取り戻そうと躍起になる。

一方、圭太(向井理)が大金を手にしたことを知った菜七子(仲里依紗)は、「瞳(山田杏奈)のためだ」と自らを正当化する圭太を責めるが、瞳を誘拐した由貴子に返すことにも賛同できず、複雑な思いを抱えていた。

そんななか、元夫婦の攻防戦を知った竜二(渡部篤郎)が突然、圭太を訪ねてくる。

竜二は由貴子の情報と引き換えに手を組もうと、圭太に取引を持ちかけて…。

何とかして金の隠し場所を突き止めたい由貴子は、母親を求める瞳の気持ちを巧みに利用し、圭太への反撃を試みる。

たとえ実の娘だろうと、手荒なまねも辞さない元妻の胸中を察した圭太は、これ以上、娘を危険にさらすわけにいかないと意を決し、瞳にある事実を告げる―!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『10の秘密』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

由貴子の計略にはまり、闇に転がり落ちる圭太。

あっという間に真っ黒になって怖いくらいです。

翼の過去も明らかになりましたが、被害者の遺族という事実以上に、母親が何者かに殺害されたと思っていたことに驚きました。

瞳はただ殺人を隠ぺいするために起きた火事を、自分が引き起こした火事だと思っていたということになるのでしょうか。

そして、帝東建設の社長・長沼豊(佐野史郎)は宇都宮も切り捨てる用意をしているので、宇都宮も長沼に反撃を開始しそうですね。

ドラまる
3億をめぐって争う元夫婦。

真実の姿を瞳には言えないなぁと思ってたら、予告で言っちゃってたね。

ラマちゃん
あと、10年前に翼の母親を尋ねてきた男性は誰なのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA