私たちはどうかしている|5話見逃し動画無料視聴はこちら【9/9配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓『私たちはどうかしている』の動画を見るなら↓

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話( 2020年9月9日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『私たちはどうかしている』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『私たちはどうかしている』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『私たちはどうかしている』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『私たちはどうかしている』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『私たちはどうかしている』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『私たちはどうかしている』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年9月9日(水)放送終了後〜2020年9月16日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『私たちはどうかしている』の見逃し動画配信状況をご紹介します。

『私たちはどうかしている』が配信されるのは前クールのドラマ『ハケンの品格(2020)』が配信された傾向から、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスでFODプレミアム以外で配信されると思います。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信されると思われるHuluが最もおすすめとなります!

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『私たちはどうかしている』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2020年8月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のあらすじ

2020年9月9日(水)放送のドラマ『私たちはどうかしている』第5話のあらすじを紹介します。

七桜なお(浜辺美波)の母を演じていた夕子ゆうこ(須藤理彩)の小料理屋に突然現れた今日子きょうこ(観月ありさ)。

卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決めるが…。

一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿つばき(横浜流星)への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。

そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいと嘘を重ねる。

しかしそこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める!

苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子に挨拶に行くと言い出す。

店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとするが…。

椿が七桜のため、夕子に結婚式に出て欲しいと頭を下げる姿を見て、全てを椿に打ち明けて嘘のない関係になろうと覚悟を決める七桜。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。

蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語る。

七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまう。

そんな中、大旦那(佐野史郎)は弁護士を呼んでなにやら話をしていた。

その脳裏には15年前、『さくら』という女の子が作った御菓子の味が鮮明に蘇っていた…。

そして、七桜と椿の結婚式と重なっていた毎年恒例の茶会『夕ざりの茶事』を一週間前倒しにすると決める。

それは二人の結婚を認めた意味にもとれるが…。

一方、見合いの席で、七桜の母親が人殺しだという噂を聞いた栞しおり(岸井ゆきの)は、椿の結婚式の日取りが決まったと知り、ある決意をする。

その頃、城島じょうじま(高杉真宙)の部屋に再び行くことになった七桜。

そこは、母・百合子ゆりこ(中村ゆり)と暮らした懐かしい部屋。

一人で部屋に残され、昔よく隠れて寝ていた押し入れを覗くと、天板裏に道具箱が隠されていることに気づく!

なんとその中には椿の父・樹いつき(鈴木伸之)から百合子に宛てた手紙、そして『七桜へ』と書かれた封筒が…。

そこには、二人の運命を揺るがす残酷な事実が記されていた…!

公式サイトより引用

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『私たちはどうかしている』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ゆな
次回は七桜のことが石川の方で、人殺しの娘だと言われているのがどうなるのか気になります。

そのことが椿の耳に入ってきたら、どう感じるのか注目ポイントです。

七桜がさくらであることがバレてしまうのか見どころです。

そして七桜が新事実を知るところも楽しみです。

一体どんなことなのか気になるところです。

母親のことなのか、自分のことなのか期待したいと思います。

また今日子はこれから七桜にどんなことをしてくるのか、とても注目ポイントです。

今日子が従業員を使って、なんとか結婚を無しにしようとするところが見どころだと思います。

ペンネーム:ゆな(20代・女性)

ぱるる
今回の物語終盤で七桜がさくらで人殺しの娘じゃないかという話が出ていました。

よりによって結婚式前にそんな話が出てきたらかなりやばい状態じゃないかと思います。

これまで七桜は何があっても乗り越えてきており、何かピンチなときでもなんだかんだで椿が助けてくれていましたがそんな話が広まってしまったら椿も助けてくれないんじゃないかと思います。

ついに七桜がずっと隠し続けてきた自分があの時のさくらだということが今回知られてしまうのか、次回は見逃せない展開になりそうです。

しかしここであっさり正体がばれておしまいという展開にはまだならないんじゃないかとも思います。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

マロ
いよいよ今日子が更なる動きが始まり、奈緒の母と名乗る夕子に会いに行き奈緒の素性がバレてしまう可能性があります。

そして、椿との結婚式の最中にドタキャンとなってしまったおとなしい栞が、奈緒の母親が人殺しとの噂を聞いたことで、椿と奈緒の中に入りこんでくる。

椿と奈緒の結婚式が近づいてくるが、果たしてこのまま二人は結婚式までどんな嫌がらせが待ち構えているの気になります。

結婚式まで、過去の事件の真相が明らかになり、奈緒の母は無罪であることを期待します。

そして、今日子を演じている観月ありさの迫力の演技にワクワクされます。

ペンネーム:マロ(50代・女性)

oni
七桜の母親として光月庵にきたゆうこの小料理屋に、今日子が尋ねていくようだけど、また、なにか企んでいるように思いました。

ゆうこは頼まれただけで一時的な母親役と思っていただろうから、やっかいな事に巻き込まれたと後悔すると思います。

城島は、いままで今日子の言いなりになっていたけど、七桜が島屋のわらび餅を再現してくれたことや、椿が借金返済をしてくれたことで、考え方を変えていくと思います。

また、七桜は城島の部屋の押し入れの天井から、樹が百合子に宛てた手紙や樹が書いた七桜宛て手紙を見つけるようですが、その内容に衝撃を受けることになる思います。

ペンネーム:oni(50代・女性)

ueken
4話の最後で女将が、七桜の母親だと名乗って光月庵に来た小料理屋の女将宮部タ子のところに行ったところで終わっているのですが、そこでどういうふうなやりとりをするのかがすごく楽しみです。

多分ですが、女将が宮部い対して相当な圧力を掛けるようなことを言い始めるんじゃないかとおもうので、その修羅場のシーンがみれるのが楽しみです。

一方で椿との結婚を破棄された栞は、椿が結婚しようとしている七桜の母親が人殺しだったという噂があるという話しを聞いたことによって何か行動を起こすみたいで、栞がどういう行動を起こすのかが楽しみです。

ペンネーム:ueken(30代・男性)

かものはあま
謎がまだまだ深まるばかりで気になります。

多喜川と今日子がどんな関係だったのか、多喜川のことが少しわかったかと思ったらまた新しい謎が増え面白いです。

そして栞が七桜の秘密を聞き、誰にどんな行動を起こすのかがこの回の見どころだと思います。

椿のことを好きだから、少なくとも最初はやはり七桜にとって不利というかありのままをしゃべる気もします。

それを聞いた椿の反応は観たい様な、観たくない様な。

七桜に惹かれとても優しい椿ですが、さくらだけは許せないという気持ちなので二人に絆ができつつあるとしてもなかなか厳しいだろうなと思います。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

奈月

『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレ

今回は七桜が妊娠検査薬で、妊娠していることがわかります。

椿にそのことを伝えようとするけど、なかなか伝えられないのです。

椿は七桜とホタルを見ながら、好きだとまっすぐ気持ちを伝えます。

そんな中七桜は、押し入れの天井にあった黒い箱を発見します。

中には七桜の父親のDNA鑑定の紙が入っているのです。

そこに七桜の父親は、高月樹であると書かれています。

椿の父親のDNA鑑定の紙もあり、高月樹ではないと書かれていたのです。

七桜はそのことを知って、光月庵から出ようとします。

椿を傷つけたくないと妊娠していることも隠し、事件当日のことを思い出そうとするのです。

『私たちはどうかしている』第5話の感想

今回は七桜が妊娠していることがわかって、とても嬉しそうだったのが印象的です。

ずっと一人だった七桜にとって、すごく幸せなことなのが伝わってきました。

そして椿と七桜がホタルを見ていたのが、ロマンチックで良かったです。

二人だけの雰囲気がドキドキしました。

椿がまっすぐ好きだと言ったところはかっこよかったです。

また七桜の父親が高月樹であったのが衝撃です。

高月が百合子に対してたくさんの手紙を書いているのが、深い愛を感じました。

椿は高月樹が父親ではないのも驚きです。

大旦那がさくらの存在をずっと探していたのが、見ていて複雑です。

ペンネーム:奈月(20代・女性)

きりん

『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレ

妊娠した七桜は、椿の反応が怖くて言い出せません。

今日子は夕子の小料理屋を訪ねて、七桜の母親ではないのではないかと探りを入れます。

椿と七桜は夕子に挨拶に行き、結婚式への出席を頼みます。

七桜は城島の部屋に再び入ります。

そこで母に当てた先代当主、樹の手紙や、DNA鑑定の書類を発見します。

自分が樹の子で、椿が樹の子ではないことを知った七桜は、光月庵から去ろうとします。

多喜川を訪ねた七桜は思い直し、光月庵に戻るのでした。

一方、七桜の作った和菓子を食べてさくらを思い出した大旦那の様子を見て、椿は再び、七桜がさくらなのではという思いにかられるのでした。

『私たちはどうかしている』第5話の感想

印象に残ったのは、七桜の母親のフリをしている夕子が、妊娠した七桜を励ますシーンでした。

今日子に店の妨害をされて、七桜の母親役をおりると一度は言っていた夕子ですが、心細そうに泣く七桜に優しい言葉をかけていていい人なんだなと思いました。

七桜が光月庵の血を引く子だったというのはビックリでした。

でも椿ときょうだいではなかったのでその点はホッとしました。

七桜が椿のために姿を消そうとしたのはいじらしいなぁと思いました。

椿のことが本当に好きなんですね。

椿が出張に行く直前に、二人で座って指輪の話をするシーンもロマンチックで良かったです。

ペンネーム:きりん(40代・女性)

ひかり

『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレ

七桜の母親のフリをしている夕子に、結婚式に出て欲しいと頭を下げる椿を見て感激した七桜は、椿ならすべてを正直に話しても受け入れてもらえるのではと思い始める。

しかしある日、七桜は昔住んでいた部屋で、お母さんが残したつづらを見つける。

開けるとなぜか椿の父が七桜の母にあてた手紙が大量に入っていた。

その中に「七桜へ」と書かれた一通の大きな封筒が入っていた。

嫌な予感がしながらも七桜はその封筒の中身を見てしまう。

それは2通のDNA鑑定書だった。

一通は、光月庵の若旦那・樹と七桜が親子だという証明書だった!

打ちひしがれる七桜。

ということは椿とは兄妹なのか?だが、もう一通は、若旦那と椿が親子ではないと書かれていた。

そんな時に、椿の元婚約者が高月家を訪ね、母親が人殺しだと噂になって和菓子屋をクビになったなおさんという女性がいる、と告げる。

椿は動揺するが、七桜とは別人ですときっぱり言い返した。

体調が悪化する大旦那様は、血がつながった孫娘に財産を継がせると遺言書を作る。

光月庵を継ぎたい椿はその孫娘である“さくら”には現れて欲しくない。

そして妊娠している七桜は、自分がさくらであることを打ち明けられるのだろうか。

『私たちはどうかしている』第5話の感想

唐突に「七桜へ」と書かれた封筒が現れて、あっさりとDNA鑑定書で七桜のお父さんが判明してびっくり!

まさに不意打ちでした。

幼い頃の椿が目撃した通り、七桜のお母さんと椿のお父さんはその日偶然に一緒の部屋にいただけなのかと思っていたら、深く愛し合っていて娘までいて、職人としてなんと一つ屋根の下に一緒に暮らしていたわけですね。

これは本当の犯人でなかったにせよ、椿が「さくらのお母さん」が犯人だと言うわけだと納得。

では、真犯人は誰なのか。

(だんだん弱気になってきたのが気になりますが)女将なのか、幼き日の椿なのか、七桜が殺人現場を見に行った時にふいに現れた職人なのか。

一気にミステリーの様相が強まってきました!

ペンネーム:ひかり(50代・女性)

かものはあま

『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレ

今日子が夕子の経営する小料理屋に来てまで、七桜と夕子二人にプレッシャーをかけ疑っています。

たじろぐ夕子。

一方、七桜は椿との子を妊娠しているかもしれないという事から検査薬を買い確かめます。

後日椿が七桜のお母さんに挨拶したいと彼も七桜とともに小料理屋に訪れ、七桜の結婚式に来て欲しいとお願いをします。

説得する椿。

後日、大旦那が結婚式と同じ日だった「夕ざりの茶事」の日にちをずらしてくれると知り大旦那に認められたと喜びます。

そして栞は七桜の母親が人を殺したという噂を信じ始めています。

後日、城島に呼ばれた七桜は昔自分がいた彼の部屋で隠されていたDNA鑑定書を見つけ椿と自分が兄妹であるかと一瞬思ってしまいましたが疑いは晴れました。

そして七桜は自分の父親が椿の父、樹である事を知り椿は樹が本当の父でない事も知ります。

更に大旦那は七桜が作ったお菓子を食べある記憶が蘇ります。

彼は昔からこのお菓子を作ったさくらの事を求めているのでした。

椿もそれを見て七桜への疑念がまた生まれ始めます。

終盤、栞が光月庵を訪れ七桜の噂の事を話します。

その頃七桜は多喜川の元を訪れ椿を想い彼と結婚を取りやめたい、ほかに働けるところはないかとお願いをします。

多喜川はそれを後悔しないかと七桜に問答。七桜は昔の事件の真相を突き止めようと思いなおし、椿に正体を明かす事を辞めます。

最後、椿の記憶の中で大旦那は遺言書の中身に本当の孫が現れればその者に譲ると言った事を思い出します。 

『私たちはどうかしている』第5話の感想

椿は、父親の件以外は実に純粋な青年だと思いました。

とにかく七桜への想いは真っ直ぐでいい男です。

一方で今日子はどんどん怖さを増し、何が何でも七桜をずっと疑い継がせまいと躍起になって嫌な感じです。

しかしなんだかんだで夕子もいい人だし、七桜は人に恵まれてるなと思います。

大旦那も少しずつ雰囲気が柔らかくなっていってる気がして少しホッとします。

しかし一瞬七桜と椿が兄妹でなく本当によかったです。

しかし皮肉にも七桜が本当の光月庵の後継者である事が明らかになり、ますますこの一連の関係性が複雑さを増したなーと思いました。

椿が可哀想でたまらないです。

そしてさくらは今回の母の秘密を知った事で身動きとれなくなって椿を本当に愛してしまい苦しいだろうなと思います。

切ない事実が色々わかりそうですが、真っ直ぐ愛しあえればいいなと心から思います。 

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

マツダ

『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレ

今日子は七桜の偽物の母親である夕子に会いに行き本当の母親ではないことを見破り結婚式に招待する。

その後、椿と七桜が夕子に挨拶にやってくる。

そこで七桜は妊娠のつわりの症状が出てしまい夕子に妊娠のことを知られてしまう。

それから光月庵で七桜は城島の部屋から自分の父親の情報が書かれた書物を見つけてしまい樹と親子関係にあることを知ってしまう。

そのことで椿と兄妹なのかと疑いを持つが椿の父親は樹ではなかった。

少しして、栞が光月庵にやってきて七桜の母親が人殺しという情報を椿に話す。

そのことで椿は七桜が桜なのではないかということを勘ぐる。

ラスト大旦那は遺言書に自分の本当の孫に資産を相続させると書いてしまう。

『私たちはどうかしている』第5話の感想

今回は色々な事実がわかったのでとても満足でした。

やっぱり七桜は樹の子供だったんですね。

結構前から予想はしていたのでそのとうりになってちょっと嬉しかったです。

でも椿は大旦那が言っていた通り血の繋がりがないということになりますね。

光月庵を継ぐことはできないのでしょうか。

もしそうだとしたら椿が少し可愛そうな気もします。

絶対に自暴自棄にはなって欲しくありませんね。

七桜に嫉妬したりしだしたらすごく嫌です。

泥沼化して今度は七桜と椿が対立なんて展開になったら物語としては面白いかもしれませんが複雑な感情が芽生えてきます。

ペンネーム:マツダ(30代・男性)

ジョージ

『私たちはどうかしている』第5話のあらすじネタバレ

七桜の母親役を演じていた夕子の店に足を運んだ今日子。

蛾が入っているとウソをついたり客を別の店に連れ出したりと嫌がらせをすることで夕子に七桜の件から手を引かそうとするのでした。

夕子は降りようと決めますが七桜の必死さと椿の結婚式や七桜への熱い気持ちに心が揺らぐ夕子がいました。

城島の部屋に入った七桜は自分の父親が高月樹だと知り驚愕すると共に高月樹と椿が親子関係でないことも知ってしまうのでした。

そんな中、椿の元婚約者が現れて七桜の母親が殺人を犯しているという噂があると伝えにくるのでした。

しかし椿は七桜とは関係ないと伝えて去って行くのでした。

『私たちはどうかしている』第5話の感想

強烈すぎる嫌がらせを連発する今日子が凄かったなと感じました。

七桜の母親役を演じる夕子の店で蛾が入っていると叫びだしたのはチンピラがやるような店への嫌がらせに見えました。

そして続けざまに店に入ってきた知り合いを違う店に連れて行くというやり方は確実に夕子の心を折ってきたなと感じました。

容赦ない卑劣さが目に付きましたがこれが今日子の真骨頂なんだよなと思いながら見ていました。

ここまで来ると今日子は清々しいクズだなと確信したのが今回の一連のやり口でした。

今後も今日子には一段と注目していきたいなと感じました。

ペンネーム:ジョージ(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『私たちはどうかしている』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA