私たちはどうかしている|5話ネタバレと感想。美しすぎるバックハグに姉弟じゃなくてよかった…。

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話が2020年2020年9月9日に放送されましたね。

ドラまる
「私たちはどうかしている」第5話!

七桜のお腹には…2人の赤ちゃんが!!!

ラマちゃん
真実を話そうと決めた矢先に…また、色んな事が起こっちゃうみたい…。

さ~一緒に物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のネタバレあらすじと感想は?

第5話

七桜(浜辺美波)の母を演じていた夕子(須藤理彩)の小料理屋に突然現れた今日子(観月ありさ)

卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決めます。

一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿(横浜流星)への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていました。

そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいと嘘を重ねます。

しかし、そこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰めます。

苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子に挨拶に行くと言い出す。

店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとしますが…。

それでも、さすがに挨拶に行くという椿を止められなかった七桜は、後日2人で夕子の店に出向きました。

手土産は、『葛桜』。

葛を使ったきれいなお菓子でした。

椿が七桜のため、夕子に結婚式に出て欲しいと懸命に頭を下げる姿を見た七桜。

親子水入らず…積もる話もあるだろうからと先に帰った椿。

七桜は、その苦しい胸中を夕子にだけ吐露しました。

ずっと一人だった自分に家族ができる喜びと、一番祝って欲しい母が椿と結ばれることを望んでいないのではないかという不安を抱えていたのです。

夕子は、自分が母親なら…。

「幸せにおなり。」

そう言う、と七桜の背中を押すのでした。

そして、全てを椿に打ち明けて嘘のない関係になろうと覚悟を決める七桜でした。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。

蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿。

「七桜。お前が、好きだ。」

そして、そこで父との思い出を語ります。

厳しくもありましたが、唯一抱きしめてくれる存在だったという椿は、樹を憧れていました。

七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまいます。

そんな中、宗寿郎(佐野史郎)は弁護士を呼んでなにやら話をしていました。

その脳裏には15年前、『さくら』という女の子が作った御菓子の味が鮮明に蘇っていました…。

そして、七桜と椿の結婚式と重なっていた毎年恒例の茶会『夕ざりの茶事』を一週間前倒しにすると決めたのです。

それは二人の結婚を認めた意味にもとれますが…。

そして、店先には、なぜか多喜川(山崎育三郎)の姿が。

笑顔で接客をしていた今日子は、明らかに動揺した様子です。

一方、見合いの席で、七桜の母親が人殺しだという噂を聞いた栞(岸井ゆきの)は、椿の結婚式の日取りが決まったと知り、ある決意をします。

その頃、城島(高杉真宙)の部屋に再び行くことになった七桜。

そこは、母・百合子(中村ゆり)と暮らした懐かしい部屋です。

一人で部屋に残され、昔よく隠れて寝ていた押し入れを覗くと、天板裏に道具箱が隠されていることに気づきました!

なんとその中には椿の父・樹(鈴木伸之)から百合子に宛てた手紙、そして『七桜へ』と書かれた封筒がありました。

城島の部屋の押し入れで見つけた道具箱。

『七桜へ』と書かれた封筒に入っていたのは七桜と樹の『父子鑑定報告書』。

そこには、樹が七桜の父親である可能性が限りなく高いことを示す数値が記されていました!

さらに樹が百合子に宛てた手紙、幸せそうに寄り添う写真は、二人が恋人だったことを証明していました…。

自分と椿が姉弟である可能性を知り混乱する七桜でしたが、封筒にはもう一枚の父子鑑定が入っていました。

それは椿の父が樹である可能性は0%だというものです。

衝撃的な事実に震える七桜でしたが、そこに宗寿郎が通りかかります。

椿を跡継ぎとして認めてくれたのかと尋ねる七桜に、宗寿郎は言います。

「光月庵を継ぐのは、血の繋がった者だけ。」

樹の子に違いない『さくら』という女の子を捜していると答えたのです。

光月庵の正当な後継者は、椿ではなく七桜…。

七桜は、椿の辛い心中を思います。

15年前の事件前夜、父の密会を目撃してしまった幼い椿は、自分が樹の本当の子ではないと気づいてしまったのです。

そして、椿が『さくら』を憎んでいるのは、この光月庵を、自分のすべてを奪ってしまうからでした。

七桜は、愛する椿を苦しめないため、黙って姿を消そうと心に決めました。

その日、東京の百貨店の出張から戻った椿は大旦那が自分たちの結婚式に出席することを知り大旦那の元へ向かいます。

七桜が作った蛍の御菓子を口にしていた宗寿郎は、その味にかつての記憶が呼び覚まされていました…。

その様子を見た椿は、一度は蓋をした“七桜が『さくら』である”という疑念を、どうしても払拭できなくなってしまいます。

そんな中、栞が光月庵の椿を訪れました。

婚約破棄を改めて謝罪する椿に、栞は『七桜の母が人殺しだ』という噂が立っていることを椿に告げました。

椿は断固とした態度で栞に…。

「別人です。」

そう答えてその場を去りますが、疑念は確信に変わろうとしていました。

それでも、七桜を信じようとする椿でしたが…。

一方、雨の降る中ひとり光月庵を後にした七桜は多喜川のもとへ。

誰にも知られずに自分を雇ってくれる店を紹介してほしいと頼む七桜でしたが、多喜川は尋ねます。

「今、あの家を出て本当に後悔しない?僕はすっと後悔してる。15年前のあの日、百合子の御菓子を買いに行かなかったことを。」

そう話しました。

その頃、今日子も栞に言いました。

「まだ…あの子のことを?…だとしたら、すぐお帰りになった方がいいわ。一途に誰かを想っている人を好きになるのは…茨の道よ。どこまで行っても。」

多喜川は、七桜に言います。

15年前の椿の花が咲くころ、多喜川の父が忙しくて、お菓子を買いに行く暇もなかったこと。

自分が、買いに行けばよかったが、それも気恥ずかしかったこと。

また、来年の楽しみにすればいいと思っていたのに、その来年は来なかったことを。

「君は、今、あの家を出て、本当に後悔しない?」

そう、もう一度尋ねました。

15年前のあの日、母・百合子の愛した樹を殺したのは誰なのか?

事件の真相を明らかにするため、七桜は再び光月庵へと足を向けました。

茶室でお茶を点てていた椿が優しく笑いかける姿に胸が苦しくなる七桜。

同じく胸に痛みを抱える椿はそれを打ち消すように七桜を強く抱きしめます。

椿は茶会の御菓子は『夕顔』にすると告げました。

それは一夜で散る儚い恋を象徴しているようで…。

“少しでも長く一緒にいたい。一分一秒でも長く…。でも、きっとこれも罪になる。”

翌日。

結婚式までに事件の真相を掴み、光月庵を去ろうと決めた七桜は、15年前の記憶に沿って、事件現場である樹の部屋までの道を辿ります。

樹と椿以外に現場で誰か見なかったか思い出そうとする七桜。

しかし、樹の部屋は庭側からも、中の廊下側からも完全に塞がれていました。

通りかかった山口(和田聰宏)によると、事件以来、大旦那が部屋を閉じ、一年に一度、特別な日以外は開かないのだといいます。

特別な日とは、目前に迫る『夕ざりの茶事』。

茶会が終わった後、大旦那は亡き息子と語らうように樹の部屋でお茶を飲むのだといいます。

七桜が来てから椿が色々な表情を見せることを嬉しく思っているという山口は、七桜にずっと椿のそばにいてあげてほしいと話しますが…。

その頃、大旦那は弁護士に作成させた遺言書を読んでいました。

大旦那の有するすべての財産を椿に相続させるという内容に加えて…。

「高月家の血を引く孫が現れた場合、その孫がすべての財産を相続する」

そんな文言が…!

それを聞き、血相を変えて大旦那に抗議する今日子。

しかし、大旦那の断固とした決意の前に今日子はなす術もなく…。

そして、いよいよ運命の『夕ざりの茶事』が始まろうとしていました…。

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話の感想は?

黒猫葵
さて…。

どうも山口の動きが怪しすぎて…気になって、気になって…。

多分、15年前の色々知ってって、そうですね…例えば多喜川とかの息がかかったスパイじゃないけど、それで店にいる人のような気がしてなりません。

すっかり、お互いが大好きすぎる七桜と椿の姿が…とっても苦しいですね…

そうか…むしろ七桜が正当な跡継ぎになるのか…。

というか、ならば、それこそ、結婚しちゃった方が…椿は光月庵の正式な若旦那になりませんかね?

あの道具が使えないなら、意味がないってことなんでしょうかね…

というか、『さくら』のお母さんを嵌めておいて、さすがにのうのうとはできないか…。

そして、今日わかったのは、多分、今日子と結婚する前から、樹と百合子は付き合っていた。

だけど、家同士が決めた結婚をしなくてはならず、無理やり百合子と別れさせられた…。

その時には、お腹にもう七桜がいた?

桜って名前に入ってるくらいですから、七桜は多分4月生まれと考えるのが、順当。

そして、椿は1月とか2月生まれと考えられますから、同い年でも全然おかしくないですよね。

栞に向けた言葉であり「誰かを一途に想っている人を好きになるのは、茨の道」

これを考えるのに、親に決められた愛のなさすぎる結婚に新婚早々で心底絶望して、他の男に走り、椿を妊娠したと考えられますね。

そう考えると今日子もかわいそうではありますが、これまでの極悪非道で、全部チャラですね(笑)

栞は、あんまり出番がなさそう過ぎて…、なんというか…岸井ゆきのさんの無駄遣い感が…

城島と結ばれたら、それ何て「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」なのですが…

さて、『夕ざりの茶事』には、栞もいて、遺言書書いた大旦那もいる。

事件が起きぬわけがないわけですが、光月庵が火事になるみたいで…色々ハラハラです。

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のネット上の反応や評価は?

◇みんな推理がどうかしている(笑)

ドラまる
混ぜるな危険みたいな推理とか、昼ドラビンゴとか、みんな色々面白いこと考えるなぁ(笑)
ラマちゃん
いきなり、田中圭さんが出てきたら、びっくりするけどね(笑)

というか、もし、そんなことになったら、田中圭さん忙し過ぎね(笑)

◇段々女将が心配になってきた

ドラまる
まぁ、心配ではあるけど、許せはしないかな~。
ラマちゃん
まぁ、結婚相手が、ひとかけらも自分を好きじゃないとか、発狂してもおかしくないか…

もしかしたら、一度もそういう関係がなかった可能性もあるかも…?

◇今宵もキュン死に警報

ドラまる
いやはや、不器用すぎる愛情に、ムズムズキュンキュンするよね…。
ラマちゃん
とりあえず、姉弟でなくてよかったとするべきかしらね…。

◇山口さんの正体は…

ドラまる
いい人とも、悪い人ともとれるよね…。
ラマちゃん
椿の父説…でもさ、そうすると、いっくんが、どこに関わってるのかが分からないのよね…。

私も、探偵か密偵かに1票かな。

スポンサーリンク

ドラマ『私たちはどうかしている』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『私たちはどうかしている』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

詳しくは、こちらの記事もご確認ください!

スポンサーリンク

2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第6話のあらすじは?

2020年9月16日(水)22時〜放送のドラマ『私たちはどうかしている』第6話のあらすじをご紹介します。

大旦那(佐野史郎)主催の茶会『夕ざりの茶事』当日。

七桜(浜辺美波)は毎年茶会後、一年に一度だけ錠が解かれるという樹(鈴木伸之)の部屋に入る機会を狙う。

椿(横浜流星)の作った美しい『夕顔』の御菓子に来賓が舌鼓を打つ一方、今日子(観月ありさ)は遺言書を始末しようと大旦那の部屋を漁っていた。

しかし、初座を終えた大旦那と鉢合わせ、2人は揉み合いに…!

大旦那が茶室にいないことを不審に思った七桜は樹の部屋へ。

錠前が外された部屋にいたのは樹の着物を愛おしそうに抱きしめる今日子の姿だった…!

七桜は15年前の記憶がフラッシュバックし、事件のことを今日子に問い詰める。

その瞳が百合子(中村ゆり)と重なって見えた今日子は憎悪を爆発させ、七桜に襲いかかる。

食い下がる七桜は、ついに自分が『さくら』であると宣言!

――しかしその言葉を椿が聞いていて…!?

一方、その頃、屋敷では火事が発生、大騒動に発展していた。

部屋を出て行こうとする椿に七桜は「ここで椿を待ってるから」と告げ…。

正体がばれてしまった七桜、七桜の裏切りを知ってしまった椿。

2人の運命を左右する茶会の夜の全貌、そして“当主殺害事件”の真相とは!?

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2020年夏ドラマ『私たちはどうかしている』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
全8話なのに、6話で1部完って…!!

ええええ~~~~!!!

ラマちゃん
まぁ、8話は2時間SPなわけだけど…。

それにしたって…何かまたHulu詐欺になるんじゃないかと…ちょっとハラハラしちゃうわ…。

黒猫葵
来週も楽しみに、一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA