アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|10話ネタバレと感想。2年後、瀬野さんは?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年夏ドラマ『アンサングシンデレラ』10話が2020年9月17日㈭に放送されたね!
ラマちゃん
瀬野さんは治験を受けるか否か。。

こちらの記事では、ドラマ『アンサングシンデレラ』10話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『アンサングシンデレラ』10話のあらすじタバレと感想

葵みどり(石原さとみ)は瀬野章吾(田中圭)の担当薬剤師となる。

瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)だ。

瀬野の重複がんで問題となるのは、標準治療が確立されていない副腎がん。

効果が期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。

みどりは副腎がんを調べるが有効な手立てが見つからない。

そんなみどりに、七尾拓(池田鉄洋)が海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると教える。

しかし、治験薬を萬津総合病院で使用するには問題が多い。

七尾は治験薬の承認を得るための3つの関門を伝える。

畑中に治験責任医師になってもらうこと、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、何より瀬野の同意を取得すること。

その全てをみどりの責任でクリアすることを条件とした。

そんな時、瀬野は救急搬送される患者を見かけて後を追う。

患者は心筋梗塞で倒れた丸岡はじめ(近藤公園)。

瀬野は付き添って来た妻の彩乃(宮澤佐江)に丸岡の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。

彩乃がすぐに看護師に教えたため丸岡は難を逃れた。

そして、丸岡は瀬野の隣のベッドに入院する。

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話す。

相原くるみ(西野七瀬)は希望を抱くが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。

それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさした。

その後、くるみたちの協力もあり、なんとか治験の準備は進むが、治験を受けることは断るという瀬野。

瀬野の母も治験を受けたが改善されず苦しみながら亡くなったのを見ていたからだ。

瀬野が拒絶する以上、緩和ケアしか方法がない現状。

それでもあきらめたくないみどり。

そして、ついに治験審査委員会当日を迎える。

対象が身内であることから承認を認めようとしない流れになってしまうが、「治験は1人の患者のためだけではない」という七尾の言葉もあり、無事に瀬野は治験の参加登録が可能となる。

だが、予想以上の辛い治療の上に治るかわからない治験を受けるのはつらいと、治験を受けようとしない瀬野。

そんな瀬野の思いをみどりは必至に受け止めようとする。

そしてようやく瀬野は治験を受ける意思を固め…。

ところが、2年後。

薬剤部にみどりと瀬野の姿はなく…!

以上が「アンサングシンデレラ」10話のネタバレ。

治験を受けるまでの瀬野の葛藤が印象的でした。

そして治験を受ける決意をした瀬野でしたが、2年後、そこに瀬野と緑の姿はなく。。

何が起きたのでしょうか?

ドラマ『アンサングシンデレラ』10話のネットの反応や評価は?

ドラまる
瀬野の思いがまたつらかったね。

ラマちゃん
そんな中、七尾は七尾で瀬野さんのお母さんのこと悔やんでたのよね。。

七尾がいい人だったのは救いだったわ!

ドラまる
瀬野さん、どうなる!?
ラマちゃん
生きてたらいいけど…

希望はありそう!?

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アンサングシンデレラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマドラマ『アンサングシンデレラ』第10話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アンサングシンデレラ』最終回のあらすじは?

2020年9月24日㈭放送のドラマ『アンサングシンデレラ』最終回のあらすじをご紹介します。

葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

 その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることからみどりに話し出す。心春の指導担当が相原くるみ(西野七瀬)と聞いたみどりは嬉しそう。だが、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。そんな時、みどりは産婦人科から呼び出された。

 みどりが病院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。千歳と世津子は服用していたと答えた。

 そんな萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

 入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついて…。

BACK NUMBER

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』10話のあらすじネタバレと最終回のあらすじをご紹介しました。

瀬野さんの辛そうな治療シーンは見てる方も辛いものがありましたが、リアルでした。

次回、いよいよ最終回。

瀬野さんは助かるのか?

2年後の意味とは…?

ドラまる
瀬野さん、なんとか奇跡を…!
ラマちゃん
2年後、どのみち涙なしには見られなさそうだわ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA