アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|7話ネタバレと感想。瀬野に病気フラグが

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年夏ドラマ『アンサングシンデレラ』7話が2020年8月27日㈭に放送されたね!
ラマちゃん
何やら過去がありそうな瀬野さん。

ついにその詳細が明らかに…!?

こちらの記事では、ドラマ『アンサングシンデレラ』7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『アンサングシンデレラ』7話のあらすじタバレと感想

葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。

販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。

そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。

心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。

検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。

そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。

左尺骨のヒビでの入院だ。

だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。

そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。

みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。

みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。

みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。

また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。

しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。

みどりたちは古賀のもとへ向かう。

その時、心春も体の変調を覚えていた。

結局、心春の退院は延期されることに。

そんな中、瀬野はくるみにみどりを心春の担当にしたのは自分だと話す。

みどりは妹を白血病で無くしていた。

心春と同じ病気だったのだ。

妹と同じ病気の患者を担当することで、みどりがどこまで冷静に対応できるか試したかったとのこと。

結局みどりは最初は全然冷静にできなかったが、次第に成長していき…。

以上が「アンサングシンデレラ」7話のネタバレ。

今回は、みどりが初めて担当した患者の話でした。

そこで瀬野のエピソードも出てきましたね。

そんな瀬野さんですが、まさかの病気フラグが!

ドラマ『アンサングシンデレラ』7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
瀬野さん、何の病気なのかな…
ラマちゃん
吐血してたってことは軽い病気ではなさそう…

心配ね。

ラマちゃん
お母さんが治験で亡くなった節や七尾との確執にも繋がっていくのかしら?

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アンサングシンデレラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマドラマ『アンサングシンデレラ』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アンサングシンデレラ』8話のあらすじは?

2020年9月3日㈭放送のドラマ『アンサングシンデレラ』8話のあらすじをご紹介します。

葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事になった。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得出来ない。ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から一名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。

 みどりが研修するのは在宅医療に特化した『笹の葉薬局』。みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていた。二人が薬局を見つけると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、挨拶もそこそこに二人を患者の家へと連れて行く。仁科は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。

 一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』7話のあらすじネタバレと8話のあらすじをご紹介しました。

今回は、みどりと心春のエピソードに感動したと思いきや、瀬野さんの病気フラグに衝撃を受けました。

胸を押さえてたり吐血してたことから、胃や腸あたりの病気である可能性が高そうです。

ドラまる
瀬野さん、亡くなるなんてことはないよね?
ラマちゃん
みどりがどこまで活躍できるか…

とにかく瀬野さんの無事を願うわ!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA