アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|6話ネタバレと感想。くるみ(西野七瀬)の神回!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年夏ドラマ『アンサングシンデレラ』6話が2020年8月20日㈭に放送されたね!
ラマちゃん
今回は、くるみ(西野七瀬)が大活躍!?

こちらの記事では、ドラマ『アンサングシンデレラ』6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『アンサングシンデレラ』6話のあらすじタバレと感想

葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。

指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。

みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。

的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。

すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。

しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。

くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。

戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。

くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。

上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。

みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。

一方、くるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。

その後、くるみの前で遠野が倒れてしまう。

事情を聴いた刈谷は遠野の担当としてみどりにもやって受けてもらうよう言うが、くるみはもう少し1人だけで担当させてほしいという。

遠野のインスタを見ていたくるみは、サプリメントが原因ではないかと思ったのだ。

一方、早苗は抗生剤を服用していたことが濃厚となったが、みどりは頑固として認めようとしない。

どうやら医者を庇ってるようだ。

そんな中、早苗の容体が急変!

みどりは、早苗に薬を処方していた医者・長崎医院へ向かいます。

結果、長崎は早苗に必要以上に薬を処方していました。

ただそれは、早苗自身が望んで出してもらっていたもの。

孤独な早苗にとって、薬と長崎は心の支えだったのです。

一方、くるみは遠野の薬が効かない原因をしっかり突き止め…。

以上が「アンサングシンデレラ」6話のネタバレ。

今回は、薬が患者にとってどういうものか?が描かれていました。

そして、くるみの成長も観られましたね。

ドラマ『アンサングシンデレラ』6話のネットの反応や評価は?

ドラまる
今回はくるみの成長が感じられたね!
ラマちゃん
最終回までにはすっかりいい薬剤師になりそうだわ!

ドラまる
そんなくるみに振り回される瀬野さんもかわいかったね!
ラマちゃん
あな番コンビ!

瀬野さん、回を増すごとにかわいくなっていくわね~

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アンサングシンデレラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマドラマ『アンサングシンデレラ』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アンサングシンデレラ』7話のあらすじは?

2020年8月27日㈭放送のドラマ『アンサングシンデレラ』7話のあらすじをご紹介します。

 葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

 結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

 特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

 翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。みどりたちは古賀のもとへ向かう。その時、心春も体の変調を覚えていた。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』6話のあらすじネタバレと7話のあらすじをご紹介しました。

今回は、薬の在り方が描かれていました。

薬はあくまで病気を治すものですが、薬の存在が心の支えにもなることがある。

だからこそ、正しく処方する必要があるのですよね。

ドラまる
7話はいよいよ瀬野さんの過去が明らかに!?
ラマちゃん
どんな過去なのか…

注目ね!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA