アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|5話ネタバレと感想。瀬野と七尾に確執が!?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年夏ドラマ『アンサングシンデレラ』5話が2020年8月13日㈭に放送されたね!
ラマちゃん
今回は辰川家回の後半。

太一に病気のことを言えずにいる秀三の決断は…

こちらの記事では、ドラマ『アンサングシンデレラ』5話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『アンサングシンデレラ』5話のあらすじタバレと感想

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。

幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していました。

太一は末期がんですが、秀三は本人に告知をしていません。

そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていたのです。

太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まりません。

樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話に行きます。

みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げます。

太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいますが、それでも辛いことになるかもしれないと話す秀三に樹里は頷きました。

医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言います。

秀三と樹里は反対しますが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。

みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案しました。

太一は家族との話し合いで治療を決めます。

樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作りました。

そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。

くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示します。

調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出ました。

くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承。

ですが、そんな中太一の容体が急変。

一命は取り留めたものの、くるみは動揺してしまい…。

そのころ、七尾拓(池田鉄洋)は太一に治験を受けさせてはどうかと提案してきました。

しかし、今の状況での治験は酷だと断るみどり。

太一本人も、もう延命治療はしたくないとみどりに申し出ます。

こうして、途中で延命治療はしないこととなった太一。

その後、秀三や樹里、そしてみどりに看取られ太一は息を引きとりました。

秀三に「何の役に立てなくて…」と謝るくるみ。

そんなくるみを励ますみどりでしたが、瀬野が太一から預かっていた太一のボールを見て涙が止まりません。

そこには、「ありがとう」と書かれていたのです。

以上が「アンサングシンデレラ」5話のネタバレ。

予想は市営ましたが、太一が亡くなるシーンはつらいものがありましたね。

そして今回は、瀬野の母親に関するエピソードも出てきました。

治験を勧めてきた七尾に反論する瀬野でしたが、「君のお母さんを救えなかったのは、誰のせいでもない。薬の力がなかっただけだ」と言った七尾。

ここに関して今後どう描かれるかに期待です。

ドラマ『アンサングシンデレラ』5話のネットの反応や評価は?

ドラまる
延命治療を選択しなかった太一さん。
ラマちゃん
でも家族に看取られ、感謝できる薬剤師と出会えたことは幸せだったのかもしれないわね。。

ドラまる
瀬野さんのお母さんは治験で亡くなってしまったのかな?
ラマちゃん
しかも、七尾さんとも確執がありそうだし…気になるわね。

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アンサングシンデレラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマドラマ『アンサングシンデレラ』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アンサングシンデレラ』6話のあらすじは?

2020年8月20日㈭放送のドラマ『アンサングシンデレラ』6話のあらすじをご紹介します。

葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

 翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

 七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。一方、くるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』5話のあらすじネタバレと6話のあらすじをご紹介しました。

今回は、辰川家回の後半。

そこにくるみの成長も併せて描かれていました。

そして、瀬野さんの過去もいよいよ描かれていきそうです。

瀬野の母親は何故亡くなったのか?

七尾との関係は?

ドラまる
瀬野に関する話は7.8話で描かれるとか!
ラマちゃん
最近デレが増えてきた瀬野さんだけど、、今後は涙なしでは見られなくなりそうね。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA