アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|4話ネタバレと感想。龍之介が父親と対立!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年夏ドラマ『アンサングシンデレラ』4話が2020年8月6日㈭に放送されたね!
ラマちゃん
少しずつ、小野塚ともいい関係に。

今回はどんな患者が来るのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『アンサングシンデレラ』4話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『アンサングシンデレラ』4話のあらすじタバレと感想

葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来ました。

みどりは具合が悪そうな樹里を気にしますが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆きます。

それでも、樹里を心配するみどり。

ですが、一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評します。

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をします。

ですが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい様子。

話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていました。

介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放ちます。

そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻しました。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。

一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまいます。

医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ません。

そこに志帆が羽倉を訪ねて来ます。

志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師でした。

みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行きます。

龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。

そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。

樹里が搬送されたのです。

付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言います。

駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられます。

樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教え…。

以上が「アンサングシンデレラ」4話の大まかなあらすじ。

今回は親子関係の複雑さが描かれていました。

龍之介は最終的に龍一と分かり合うことができましたが、改めて医者を目指して欲しいという龍一に対し、薬剤師としてやっていく決意を伝えた龍之介。

今回の件で龍之介の薬剤師に対する姿勢が変わったようです。

一方、太一の容体が急変。

樹里の問題は5話へ持ち越しです。

ドラマ『アンサングシンデレラ』4話のネットの反応や評価は?

ドラまる
4話の瀬野さん!
ラマちゃん
回を増すごとにかわいくなってきてるわね!

ドラまる
確かに、薬の多様服用で認知症のような症状が出るとは知らなかったね。
ラマちゃん
改めて薬は正しく飲まなければならないと思い知らされたわ。

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アンサングシンデレラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマドラマ『アンサングシンデレラ』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アンサングシンデレラ』5話のあらすじは?

2020年8月13㈭放送のドラマ『アンサングシンデレラ』5話のあらすじをご紹介します。

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、辰川は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まらない。樹里に助けを求められたみどりは、辰川と話に行く。

 みどりの説得で、辰川は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいるが、それでも辛いことになるかもしれないと話す辰川に樹里は頷いた。
 医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。辰川と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。

 太一は家族との話し合いで治療を決めた。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出た。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。
命の現場で薬剤師がみた現実は−

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』4話のあらすじネタバレと5話のあらすじをご紹介しました。

今回は、龍之介中心回でした。

ですが今回の一件で龍之介の薬剤師に対する意識が変化したようですから、今後彼がどう成長していくか楽しみですね。

ドラまる
樹里の接触障害は5話へ。
ラマちゃん
太一の余命が幾ばくも無いだけに、樹里にはつらい展開となりそう。。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA