アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|2話ネタバレと感想。瀬野先生のツンデレが評判

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年夏ドラマ『アンサングシンデレラ』2話が2020年7月23日㈭に放送されたね!
ラマちゃん
薬剤師の仕事以上のことまでしてしまうみどり。

今回も患者に尽くしていくのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『アンサングシンデレラ』2話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『アンサングシンデレラ』2話のあらすじタバレと感想

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回ります。

販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしていました。

2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまいます。

困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねますが、麻利絵もわからない様子。

みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるものの、父親と会ったのは数十年ぶりとのこと。

以降、関係が修復していませんでした。

しかし、母親も亡くなっており、結婚式に大宮に出席しえ欲しいのだと言います。

一方、調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。

販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げます。

病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためでした。

刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。

販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出しました。

そんな中、病室の外が騒がしくなります。

みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていました。

みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添います。

救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたりますが、大宮の容態は重篤に。

大宮が薬を隠し持っていたことから、みどりは大宮はその薬を大量に服用したと考えますが、何の薬か分かりません。

そこで、みどりは麻利絵とともに大宮の自宅へ。

そこで大宮が服用していた薬を特定しました。

大宮は、左足の大大生骨肉腫でした。

大宮は自分の病気を麻利絵に知られたくなかったので、結婚式の出席も断っていたのです。

これ以上、娘に迷惑をかけたくない。

しかし、父親の想いを知った麻利絵は正直な気持ちを大宮にぶつけ…。

以上が「アンサングシンデレラ」2話の大まかなあらすじ。

若干話をつめこみ過ぎていた気もしますが、親子愛というテーマは一応一貫していたかもしれません。

不器用な大宮と麻利絵の関係がよかったですね。

無事、大宮は結婚式にも出席出来ました。

やはり、ゲストの未来を描くエンディングが印象的です。

ドラマ『アンサングシンデレラ』2話のネットの反応や評価は?

ドラまる
15分拡大ということもあり、若干話が詰め込み過ぎてた感が。。
ラマちゃん
大宮親子のエピソード自体やエンディングはよかっただけに、大宮親子の話にもう少し絞ってもよかったかも?

ラマちゃん
瀬野先生、1話より魅力を増したのではないかしら?

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アンサングシンデレラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマドラマ『アンサングシンデレラ』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アンサングシンデレラ』3話のあらすじは?

2020年7月30㈭放送のドラマ『アンサングシンデレラ』3話のあらすじをご紹介します。

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』2話のあらすじネタバレと3話のあらすじをご紹介しました。

若干、エピソードを詰め込み過ぎていた印象はありましたが、今回もよかったです。

やはり医療モノに親子のエピソードは泣ける要素しかありませんね。

ドラまる
3話では、瀬野先生が赤ん坊を抱っこ!?
ラマちゃん
回を重ねるごとにかっこよさを増す瀬野先生。

3話も期待ね!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA