【SUITS/スーツ2】14話ネタバレと感想。とにかく上杉が嫌なヤツ!!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年10月12日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第14話が放送されました。

ドラまる
強敵・上杉との戦いが再び始まるよ。
ラマちゃん
上杉側は真琴の父・敬一郎から引き受けた案件だったのよね。

嫌な人を送ってくれたものだわ。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第14話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第14話あらすじネタバレと感想

食品会社フォルサムを相手取った集団訴訟を発表する幸村チカ(鈴木保奈美)代表。

126人の女性の昇進妨害の訴訟でした。

相手の弁護士には上杉一志(吉田剛太郎)が付いていました。

原告の井口華子(安達祐実)に聞き取りをする上杉は、幸村・上杉法律事務所に対し元アソシエイトの尾形万智子(松本若菜)を不当解雇したことで訴える準備があると申し出てきました。

上杉がファームを去る際に幸村がサインした秘密保持契約があるため、上杉の尾形との不倫も横領も口外できず尾形の解雇の理由を説明できません。

この件を知らされていなかった甲斐正午(織田裕二)は、幸村から信用を得られていないと上杉に指摘されてしまいました。

尾形の件は和解するべきだという甲斐ですが、幸村はこの件でも上杉を叩きのめすように指示します。

一方、聖澤真琴(新木優子)の東大法科大学院の試験結果は不合格。

以前にわだかまりのできてしまった講師の真野麻子(MEGUMI)の差し金だと感じた蟹江貢(小手伸也)が尽力してくれていました。

しかし真野の影響ではなかったと知った蟹江は聖澤に自分が原因で試験に落ちたのだと伝えます。

優しい蟹江ですが、そのことが後を引かなければいいのですが。

尾形のもとに向かった鈴木大輔(中島裕翔)。

過去に自分のことを切り捨てた幸村に激しい怒りを覚えている尾形は大輔の話を聞くことはありませんでした。

尾形の件で再びファームにやってきた上杉。

玉井伽耶子(中村アン)も上杉に偽造メモのせいで一度クビになっていましたね。

やってきた上杉にびんたを食らわせます。すっきりした~。

上杉は幸村に向かい、尾形の解雇理由が彼女に対する幸村の嫉妬だと挑発しました。

甲斐は幸村に尾形の案件は和解し集団訴訟に力を入れるべきだと忠告します。

しかし、頭に血が上った幸村は納得しませんでした。

さらに追い打ちをかけるように女性差別に対する訴訟を起こしている幸村に、女性の不当解雇のスクープが。

メディアを味方につけ、幸村たちを追い詰める上杉。

上杉の攻撃の手はひるむことがありません。

助っ人を頼みたい状況ですが、ファームは資金不足に陥っておりその手は打てませんでした。

大輔は聞き取りに訪れた尾形に不倫相手が上杉だったと証言させようとします。

しかし尾形は当時事務所内で蟹江貢(小手伸也)からセクハラを受けていたと報告し、その後幸村から解雇されたと証言しました。

甲斐は秘かに和解を提案しますが上杉は和解を受け入れる考えはありませんでした。

何とか協力したいと尾形がいたころのボイスメモを甲斐に渡す蟹江。

しかし、今日の議事録を見せられた蟹江は自分の行動がファームを危機に陥れたことに失望します。

甲斐先生曰く「素敵な片思い」だったのに。

蟹江から得たデータを基に尾形の行動を分析するファームのスタッフたち。

再び呼び出した上杉に、ホテルのスタッフやカフェの店員などの聞き込みから尾形と上杉の不倫を証明しました。

第三者の証言から明るみになることはセーフなんですね。

甲斐「あなたと違って我々はフェアプレーを心がけていますから。」

上杉「恥をかかせて満足か。不倫しましたよ。私が尾形万智子の不倫相手です。」

そう開き直った上杉は横領に関してはそうはいかないと訴訟を続行する意向を伝えてきました。

上杉は尾形の件はフォルサム案件に手をまわさせないための時間つぶしだと告げます。

しかしそのおかげでバラバラになったチームが再び団結することができたと甲斐は自信を見せました。

再び陥れられそうになった蟹江も上杉に宣戦布告です。

上杉に駒として扱われていた尾形に大輔は正義の心を思い出させます。

報道から訴訟に対し不安を感じているフォルサムの原告たちに向けた説明会。

しかし会場には誰一人として出席者がいませんでした。

幸村は不穏な空気を。

さらなる手を打ってきたのは上杉?

それとも?

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第14話ネットの反応や感想

ラマちゃん
尾形に恋をしていた蟹江のことを知っていた甲斐は、聞き取りの時もその話をすぐに制止したわ。

蟹江のことを守ろうとしたのよね。

ドラまる
玉井も上杉にひどい目にあわされたんだよね。

ラマちゃん
試験に不合格だった聖澤に対し、優しい嘘をついてあげた蟹江。

励ましたい気持ちはわかるけど、その嘘はよかったのか正直わからないな~。

ドラまる
副音声に幸村代表が初登場!

もう一回見なくちゃいけないね。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第14話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第14話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第15話(最終話)あらすじ

2020年10月19日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第15話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)とともに『フォルサム食品』訴訟の女性原告団126人を集めた説明会の会場へと向かった。

だが、会場には何故か誰も来ていなかった。

ファームに戻った甲斐に、チカ(鈴木保奈美)は、ロンドンを拠点とする世界3大ファームのひとつ『ダービー総合法律事務所』の力を借りるつもりであることを告げる。

人材の流出と資金不足に苦しむ『幸村・上杉法律事務所』にとって、訴訟を継続するためには圧倒的な資金力を誇る彼らの力が必要だったのだ。

ほどなく、『ダービー総合法律事務所』から担当者がやってくる。

それは、代表のエドワード・ダービーではなく、甲斐のハーバードロースクールの後輩で、元恋人でもある綿貫紗江(観月ありさ)だった。

甲斐の秘書を名乗り、原告の女性たちに説明会の延期を伝えたのは彼女だった。

甲斐は、『ダービー』側が合併も視野に入れて協力を申し入れてきたことを見抜き、彼らの力を借りることに反対する。

だが、その間も『フォルサム食品』側はメディアをコントロールし、世論を味方につけていた。

そこで甲斐は、一緒にやるのは『フォルサム食品』訴訟のみ、という条件で、紗江と手を組むことにする。

一方、真琴(新木優子)は、蟹江(小手伸也)のトラブルが原因で東大ロースクールの試験に落ちたことを大輔に打ち明ける。

大輔は、蟹江から直接その経緯について、聞こうとするが……。

甲斐は、『フォルサム食品』の全国335部署の女性幹部数と昇進率を調査する。

その中から甲斐が敢えて戦いに選んだのは、女性の昇進率が最も高く、勝ち目の少ない日本橋支局だった。

だが、敵の裏をかこうとしたその狙いは、『フォルサム食品』の代理人弁護士・上杉(吉田鋼太郎)に読まれていて……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第14話のネタバレ感想と第15話のあらすじをご紹介いたしました。

今まで表面上は聞こえの良い言葉を並べてきた上杉が本気を出してきました。

メディアを味方につける作戦は大きなダメージを甲斐たちに与えました。

本当に次から次へとよくもこんなに嫌なことができるものだと感心してしまいます。悪代官(笑)

方向性がバラバラだった甲斐や幸村も再び一丸となったところですが、次回は甲斐の元恋人が立ちはだかります。

あと一話しか残っていませんが、まだまだ問題が山積みですね。

ドラまる
予告で聖澤が大輔にびんたを浴びせてたね。
ラマちゃん
ついに真相を明かしたの?

そうだとしたらまじめな聖澤は受け入れたのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA