【SUITS/スーツ2】13話ネタバレと感想。蟹江VS藤嶋が熱い!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年10月5日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第13話が放送されました。

ドラまる
聖澤真琴の父・敬一郎の再登場だよ。

法曹界の重鎮なんだよね。

ラマちゃん
敬一郎役の竹中直人さんに期待しちゃうわね。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第13話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第13話あらすじネタバレと感想

甲斐正午(織田裕二)の鶴の一声でアソシエイトとして雇うことになった元検事・藤嶋春香(上白石萌音)に個室が与えられていることに不満を覚える鈴木大輔(中島裕翔)。

大輔だけでなく蟹江貢(小手伸也)も彼女に振り回されています。

その幸村・上杉法律事務所では多数の職員が辞めていく状況は続いていました。

そこへ女性社員が昇進をめぐって訴訟を起こしていた案件を取ってきた幸村チカ(鈴木保奈美)は、和解が進んでいたものを逆転勝訴に持ち込もうと考えていました。

相手の会社は大企業の『フォルサム食品』です。

しかも内閣府の男女参画委員会の理事にも就任した財界の大物・蓮見昭雄(伊東四朗)が会長を務めていました。

フォルサム側も弁護士の交代を告げてきましたが、それは聖澤真琴(新木優子)の父親・敬一郎(竹中直人)でした。

和解金は1億と言っていたフォルサムが100万円に減額すると言います。

自分から和解を取れたなら金星になると強気の敬一郎ですが、甲斐も幸村も和解金100万円には応じませんでした。

「私を味方につけるべき。」と大輔に掛け合ってきた聖澤。

彼女には父親が自分の頑張りを見てくれないという不満が残っていましたね。

原告の井口華子(安達祐実)と昇進できなかったほかの女性社員にも声をかけることにしますが、協力を得ることは難しいものでした。

甲斐は和解協議に聖澤を同席させることにします。

父親の恫喝のような質問を聞いた娘は何を思うのか。

聖澤のことを思い、我慢ができなくなった大輔は会議を終了させました。

甲斐が次に打つ手を探る中、敬一郎が先手を打ってきます。

蓮見が女性社員に対する活躍促進に向けた施策を発表するための記者会見を開きました。

そこで、女性社員から訴訟を起こされていることを明らかにし改善の道を探っているとし名誉棄損で反訴も辞さないと明らかにします。

勝ちを確信した敬一郎は、幸村に合併の話を持ち掛けます。

この記者会見を見た井口は訴訟を取り下げようとしました。

聖澤「間違っているのは会社の方です。」

そして甲斐が示した火種。

個人情報を出さないことを条件に声をかけた女性社員から続々と集まる126人分の昇進評価シート。

それは神経質・気が弱い・攻撃的など同じ言葉のパターンで組み合わせた文面が並び明らかに不自然なものでした。

そして大輔が発見したのは女性のみに小数点以下があること。

全てに男性社員の0.7掛けをしていたからでした。

証拠をつかんだ女性社員たちは、名乗りを上げて訴訟に向き合うことに賛同してくれました。

フォルサムに対し、集団訴訟を続けることになった甲斐と幸村。

敬一郎はこの件から手を引き、続投するのは宿敵・上杉一志(吉田剛太郎)でした。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第13話ネットの反応や感想

ラマちゃん
どなたもすごい存在感。

聖澤父、本当は娘思いのお父さんなのに伝え方が下手だったわね。

ドラまる
新たな蟹江の敵が(笑)

二人の無駄な争いが面白かったね。

ラマちゃん
大輔と聖澤との仲は?

進展しないの?しないの?最終回までに決着がつくのかしら。

ドラまる
またまた上杉が登場するよ。

最恐の逆襲って怖いね~。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第13話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第13話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第14話あらすじ

2020年10月12日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第14話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)やチカ(鈴木保奈美)は、宿敵である元代表の上杉(吉田鋼太郎)と再び戦うことになった。

『フォルサム食品』を相手取った女性社員の昇進差別訴訟で、『フォルサム』側の代理人弁護士だった真琴(新木優子)の父・聖澤敬一郎(竹中直人)が、この案件から降り、すべてを上杉に任せたのだ。

チカは、マスコミを集め、昇進差別の被害に遭った原告女性126人とともに『フォルサム食品』を相手にした集団訴訟を起こすことを大々的に発表。

この訴訟は、原告だけでなく日本の全女性の尊厳を守り抜くための戦いだとアピールした。

一方、上杉は、事実無根の訴訟に『フォルサム食品』の蓮見会長(伊東四朗)も心を痛めている、として全面的に争う姿勢を明らかにする。

そんな折、上杉が、原告代表の井口華子(安達祐実)へのヒアリングのため、『幸村・上杉法律事務所』に乗り込んでくる。

その席で上杉は、突然質問の本筋を変え、「『幸村・上杉法律事務所』におけるシニアパートナーの男女比は?」と井口に問いかけた。

無関係の質問をする上杉を非難する甲斐。

すると上杉は『幸村・上杉法律事務所』への訴訟と混同したとうそぶき、「このファームを不当解雇で訴える」といっていきなり訴状を突きつける。

かつて上杉との不倫関係が原因で『幸村・上杉法律事務所』を解雇された尾形万智子(松本若菜)が、ファームを訴えるというのだ。

甲斐や大輔(中島裕翔)は知らされていなかったが、チカは、上杉がファームを去る際に、秘密保持契約にサインしていた。

これにより、上杉が『幸村・上杉法律事務所』で関与した一切の行為は第三者へ口外できず、これに違反すれば違約金が発生するだけでなく、上杉がファームを去るという決定も白紙に戻されることになる。

つまり『幸村・上杉法律事務所』は、上杉の横領と不倫を口封じされ、尾形を解雇した正当性を証明しなければならなかった。

甲斐は、尾形の不当解雇については和解で解決し、『フォルサム食品』の訴訟に全力を注ぐべきだと主張した。

だがチカは、それを拒否し、上杉を倒すよう甲斐に指示し……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第13話のネタバレ感想と第14話のあらすじをご紹介いたしました。

大輔と聖澤との協力で集団訴訟になったフォルサムの裁判に次回から登場するのは、やはり上杉でした。

全面的に上杉と戦う決意をした幸村と甲斐ですが、過去の上杉が起こした不祥事を不問にしたことがここにきて自分たちの首を絞めることになろうとは思いませんでした。

次回は最終回前編です。

ドラまる
聖澤親子の溝は埋まったかな。

最後の二人の笑顔はよかったね。

ラマちゃん
今日は蟹江VS藤嶋の戦いも面白かったわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA