【SUITS/スーツ2】11話ネタバレと感想。大輔を守るため、甲斐の下した決断は?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年9月21日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第11話が放送されました。

ドラまる
甲斐と幸村が上杉との戦いに勝ったのに、まさかの大輔の行動に驚いたんだったね。
ラマちゃん
人妻との不倫に走るなんて。

聖澤もその様子を見ちゃったのよね。どうなっちゃうの~。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第11話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第11話あらすじネタバレと感想

突然の聖澤真琴(新木優子)の訪問を受けた鈴木大輔(中島裕翔)は、大輔の元恋人・黒崎怜(吉谷彩子)との時間を取り戻すのか?

そこまではバカではなかったですね。

幸村・上杉法律事務所では上杉一志(吉田剛太郎)のオフィスからその名前が取り除かれていました。

甲斐正午(織田裕二)のもとにかかってきた一本の電話。

最重要クライアントの社長夫人・佐竹美喜子(映美くらら)からの連絡でした。

息子の信吾(伊藤健太郎)が人身事故を起こしたと言います。

しかし、その場から逃げてきてしまった信吾。

ひき逃げ事故です。

被害者が特定できたため信吾は警察に出頭し、担当の検事は藤嶋春香(上白石萌音)に決まりました。

そこで生存していたはずの被害者が亡くなったことを告げられます。

大輔は真っ黒な服装をしていた被害者が落書きをしていたところを見つかり逃亡している最中に今回の事故にあったとにらんでいました。

検事の藤嶋は甲斐の事務所への異動を狙っていて話になりません。

そこで甲斐は大輔に被害者と示談をまとめてくるように命じました。

被害者の両親のもとに向かった大輔は、迷惑をかけたと反対に頭を下げる母親から200万円の示談金を提示されますが、大輔は1000万円を提示します。


父「受け取れませんよ。あんな野郎にそんな価値があるわけないんだ。」

一度は断られましたが、大輔の「それでも大切な子供だったはずだ」という言葉を受けサインをする両親。

その夜、甲斐に呼び出された大輔は佐竹家に向かい、示談の書類をまとめます。

そこで信吾から運転をした際に何らかのドラッグを服用していたと明かされます。

自身の両親が交通事故で亡くなっている大輔はそのことが許せませんでした。

自分の判断で示談金を上限まで上乗せしてしまった大輔に、もうこれ以上は金額を上げられないと突き付ける甲斐。

ドラッグのことは伏せておくように指示をしますが、大輔は納得がいきません。

一方、ファームでは新たに蟹江のアソシエイトに就任した鮎川依子(恒松祐里)がハーバードで書記官をしていたため本物の大輔を知っている可能性が浮上していました。

再び火種がくすぶり始めてしまいました。

幸村はアソシエイトの採用を撤回するよう蟹江に手をまわします。

その大輔が向かったのは、両親の示談をまとめに来た弁護士・宮下紘一(嶋田久作)のもとでした。

大輔は被害者に寄り添うこともせず、いきなり金銭を提示した宮下の非人道的な態度を許していませんでした。

しかし、宮下は大輔の両親を覚えていません。

怒りに震えた大輔は藤嶋のもとに真実を告げに行きますが、すでに不起訴が成立していました。

大輔を守るために藤嶋をアソシエイトとして雇うことにした甲斐。

不起訴がすんなり通ったのは、甲斐のこの決断があったのですね。

蟹江は自分のアソシエイトの採用を撤回させられていたため、こちらもまたまた何やらくすぶり始めましたね。

一方、黒崎から大輔ときっぱり終わったと伝えられた聖澤は、大輔の元へと向かっていました。

大輔の隠しているものを知りたいと願った聖澤。

大輔「人生がかかっている。言えないんだ。」

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第11話ネットの反応や感想

ラマちゃん
父のように大輔を守ってくれる甲斐の温かさを大輔は感じて~。

ドラまる
最近、副音声が多くて楽しいね。

ラマちゃん
まさかの弁護士希望で甲斐と取引する藤嶋のしたたかさがすごかったわ。

ドラまる
ラストまであと4話。

次回のゲストも豪華で驚いちゃったよ。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第11話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第11話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第12話あらすじ

2020年9月28日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第12話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)や大輔(中島裕翔)の活躍もあって、『幸村・上杉法律事務所』の内紛はチカ(鈴木保奈美)の勝利に終わったが、お家騒動があったことは他ファームだけでなく、クライアントの間にも広く知れ渡っていた。

それを不安視するクライアントの中には、『幸村・上杉法律事務所』との顧問契約を見直そうとする動きが起き始める。

動画配信サービスを手がける『ネットフィルム』の社長・五十嵐数馬(粗品)もそのひとり。

甲斐に会った五十嵐は、進めていた株式公開と顧問契約の両方を再考したいと言い出す。

苛立つ甲斐は、遅刻してきた大輔に怒りをぶつけ、やる気がないなら突き落とす、と言い放つ。

一方、蟹江(小手伸也)も、チカから『ステラ証券』が契約を打ち切るという情報を教えられる。

アソシエイトの八木田(坂口涼太郎)がミスをしたせいだと考えた蟹江は、明日までに契約書を作り直せ、と命じた。

その夜、大輔は、元同僚の松井圭介(間宮祥太朗)から、彼が所属している『ブラットン法律事務所』に来ないか、と持ちかけられる。

その際、大輔は、『ブラットン』が他のアソシエイトも引き抜こうとしていることを知る。

『ブラットン』は、『コースタル・モーターズ』の一件で、甲斐に和解を勧めた弁護士・副島(清水ミチコ)がいるファームだった。

甲斐やチカは、副島の背後で暗躍する人物――上杉(吉田鋼太郎)の存在を感じ……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第11話のネタバレ感想と第12話のあらすじをご紹介いたしました。

大輔の不倫には終止符が打たれて一安心ですが、再び大輔の正体がばれそうになりましたね。

どこまで行ってもこの危機は常について回ります。

両親の事故の時に示談をまとめに来た弁護士・宮下(嶋田久作)のもとに向かったのも危ない橋を渡っているようにしか見えませんでした。

後に宮下が関わってこないことを祈ります。

ドラまる
全15話なんだって!

コロナで話数が短くなったドラマが多かったけど、スーツはまだまだ楽しめるよ。

ラマちゃん
あらら、また上杉の存在がちらほら見え始めたわよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA