SUITS/スーツ2|10話ネタバレと感想。自暴自棄になった大輔の行動に総ツッコミ!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年9月14日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第10話が放送されました。

ドラまる
代表に返り咲いた上杉との最終決戦に突入だね。
ラマちゃん
幸村と甲斐が生き残るには何が必要かしら?

そして最愛の祖母を亡くし落ち込む大輔の選ぶ道は?

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第10話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第10話あらすじネタバレと感想

シニアパートナーによる投票の結果、ファームのトップに返り咲いた上杉一志(吉田剛太郎)。

甲斐正午(織田裕二)に対し協力していきたいと告げる上杉ですが、着々と甲斐を追い出すための策略を企てていました。

甲斐のオフィスを下の階に移し、蟹江貢(小手伸也)に甲斐を見張らせるよう仕向けます。

内線も故障、アソシエイトによる仕事の手伝いも蟹江から禁止される始末です。

一方、祖母・結衣(田島令子)を亡くした鈴木大輔(中島裕翔)は仕事に今まで以上に打ち込んでいました。

身を案じる聖澤真琴(新木優子)の言葉も素直に届きません。

甲斐にたいしても投げやりな態度を取ってしまいます。

帰宅を命じられた大輔は浴びるように酒を飲み、翌朝=祖母の葬儀の日を迎えてしまいます。
 
心配し迎えに来た聖澤。

葬儀には大輔の元恋人 黒崎怜(吉谷彩子)もやってきました。

祖母との思い出を語る大輔「忘れない。今まで祖母がしてくれたこと。一生忘れません。」

葬儀の後、二人きりになった大輔と黒崎は唇を交わしますが、彼女からすでに結婚していることを告げられました。

そして、飛んだボストン。

そこにいたのは大輔でした。

甲斐までもが訪れ、二人で学生のような時間を過ごします。

大輔「孤独は嫌いです。」

祖母の死を聞きボストンにかけつけた甲斐は、大輔に自身の父の話を始めます。

父をないがしろにし続けた母の存在も。

甲斐「家族といても孤独を感じることはある。」

そして二人はあるいたずらをするために帰国することにします。

シャンパンを酢に換えておくといういたずらを仕込もうとファームに忍び込んだ甲斐と大輔は、甲斐のオフィスに忍び込む蟹江を見つけました。

蟹江は『コースタル・モーターズ』訴訟のメモを探していたのでは?

甲斐を追い出すために玉井伽耶子(中村アン)が見逃していたとされるそのメモを上杉が偽造し、富樫文弘(髙嶋政宏)を利用したのではないか。

上杉と富樫は共謀していた。

その証拠を見つけなくてはなりません。

しかし、案外と事態は急展開を見せます。

「メモは偽造だった」富樫がそう証言したのです。

その証言を裏付ける資料を見つけた大輔は、勢いで聖澤にキスをしますが、冷静な彼女は「こういう時は賢い選択ができない」と答えます。

欠陥が発覚した翌日に上杉と会っていたコースタルの神崎社長(伊藤正之)。

しかし、神崎は和解は成立したのだと取り合ってくれません。

風向きが変わったと確信していた甲斐のもとに、蟹江が薬物の検査をするよう命令をしにやってきました。

甲斐のオフィスに忍び込んで、薬物のにおいのする紙を手に入れていたのですね。

大輔もボストンで薬物っぽいものを持っていましたね。

しかし甲斐は検査には応じませんでした。

検査を拒否したことで開かれた役員会議で、上杉は甲斐を叱責し追放しようとします。

しかし、大輔が届ける書類には、欠陥を隠蔽したのは上杉だと神崎が認めたことが書かれていたと言います。

そして隠蔽を行った主犯役を甲斐に押し付け、ファーム全体に巨額の損害を負わせた罪を明らかにし上杉を追い出すことに成功しました。

和解のためにファームが払った賠償金は、上杉のファームでの権利を完全に剥奪することで不問に。

甲斐の薬物疑惑は?

蟹江が見つけたものはボストンで大輔が持っていた怪しい紙でしたね。

甲斐は薬物には手を染めていなかったということのようです。

自暴自棄になった大輔の方はすっぱり手を切れているのでしょうか?心配です。

幸村チカ(鈴木保奈美)に今回自身が起こした不正を表沙汰にしないよう書類にサインを求める上杉。


上杉「彼(甲斐)はいつかきっと君を裏切るぞ。これですべて終わったわけじゃない。」

まだまだあきらめていない感じがビンビン伝わってきますね~。

一件落着を見た大輔は、黒崎を呼び出していました。

人妻です。まずい、まずいですよ。

そしてまさかのイチャイチャに。

そこにやってきたのは聖澤でした。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第10話ネットの反応や感想

ドラまる
せっかく今までの自分の殻を破って思い切って大輔のもとにやってきたのに。

聖澤、傷ついたよね。

ラマちゃん
まさかの元カノが既婚者!!

中学の時の彼女だったのね。

ドラまる
親子?いや年の離れた兄弟のような仲の良さの甲斐と大輔が楽しそうだったね。

ラマちゃん
今日の副音声はひじたまコンビよ。

身目麗しいお二人。話してるところもみたいわね。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第10話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第11話あらすじ

2020年9月21日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第11話のあらすじをご紹介します。

これですべてが終わったわけじゃない――。

甲斐(織田裕二)によって不正を暴かれ、『幸村・上杉法律事務所』の代表を解任された上杉(吉田鋼太郎)は、そう言い残してファームを去った。

チカ(鈴木保奈美)は、さっそくクリーニング業者を入れ、上杉が使っていたオフィスを片付け始める。

一方、大輔(中島裕翔)は、真琴(新木優子)にキスをしたその夜、幼なじみで既婚者の怜(吉谷彩子)と関係を持ってしまう。

だが、そこに真琴が訪ねて来て、怜とのことを知られてしまった大輔。

あくる日、真琴に弁解しようとするも、冷たくあしらわれる。

関係修復を図りたい大輔だったが、甲斐に緊急の呼び出しを受けてしまい…。

事務所にとって最重要クライアントの社長夫人・佐竹美喜子(映美くらら)の自宅を訪れる甲斐と大輔。

二人は、美喜子の息子・信吾(伊藤健太郎)が、昨夜、パーティーの帰りにひき逃げ事故を起こしてしまったという相談を受ける。

両親を交通事故で亡くしている大輔は、いつになく冷静さを欠いており、それを察した甲斐は、大輔をこの案件から外そうとするが…。

信吾は事故当時、急に人が飛び出してきて避けようがなかったのだと主張。

通報したのは信吾自身で、被害者の男性の容体も安定していた。

甲斐は、警察に出頭するよう信吾に助言する。

いまならまだ、事故を起こしてパニックになってその場を離れたがすぐに出頭した、と主張できるというのだ。

検察庁を訪れて、念のため根回しをしようとする甲斐と大輔は、かつて戦った検事・藤嶋春香(上白石萌音)と再会。

示談を主張する甲斐と大輔に対し、藤嶋は被害者の容体が急変し、死亡したことを告げ……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第10話のネタバレ感想と第11話のあらすじをご紹介いたしました。

上杉を完全に追い出すことができたとすっきりした気持ちで見ていたのにまさかの大輔の行動です。

聖澤は別れを告げられた時以上に傷ついたのではないかと思います。

弱っていたとはいえ、どうしてそうなってしまったのでしょうか?

二人の行く末はあと数話でちゃんと落ち着くのか心配です。

そして、次週は平成の完治と令和の完治が同時に登場!

こちらも楽しみですね。

ドラまる
薬物検査って、結構タイムリーな話題だったよね。

甲斐が手を染めてなくてよかった。

ラマちゃん
上杉の捨て台詞も悪役ならではだけど、これからのことが心配になっちゃうわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA