SUITS/スーツ2|6話ネタバレと感想。幸村のしたたかさにドキッ。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年8月17日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第6話が放送されました。

ドラまる
今日から新章に突入するね。

最初はマカオに飛ぶんだ。

ラマちゃん
あれれ、甲斐はそのまま弁護士を続けられそうなのかな?

コースタルの訴訟の件で弁護士資格剥奪が危ぶまれてたのよね。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第6話あらすじネタバレと感想

コースタルの訴訟でメモを破棄していた玉井伽耶子(中村アン)が退職に追い込まれ彼女を守ることができなかった甲斐正午(織田裕二)は失意の底にいました。

幸村は旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から、甲斐が訴えられていることを弁護士会が懸念していると連絡を受けました。

気の強い幸村は、羽鳥とも学生時代に小競り合いを繰り広げていたようですね。

そして、鈴木大輔(中島裕翔)はタキシードを決め込んで突撃してきた甲斐とともにマカオに飛ぶことに。

到着したカジノではクライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)が封印していたはずの賭け事をしていました。

300万ドル=3億円ものお金を全て賭けている碓氷。

勝負に負けてしまった碓氷は日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)に紙ナプキンにとある契約を書いてしまっていました。

賭けていた300万ドルを借金するために城田に自社の全株式を担保にする約束。

さらに返済期限は当日中でした。

このままでは碓氷は会社を奪われてしまいます。

一方、聖澤真琴(新木優子)はあるバレエ団の公演で蟹江貢(小手伸也)と偶然出会っていました。

公演後、施設の管理不備のせいでダンサーが捻挫をしたことに怒りを抑えられないバレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)を見つけます。

彼の大ファンだった蟹江は劇場との間に立つことを買って出ます。

聖澤を担当を任せますが、バレエ団側からの修繕費の支払いが滞っていたこともあり劇場側との交渉は決裂します。

それは里中の行っていた着服が原因でした。

支出を見直し修繕費を捻出した蟹江はバレエ団のために里中の退陣を要請しました。
意外にもかっこよかったですね。

碓氷の件でも、城田はあくまでも契約は違法ではないとし、甲斐は和解を提示しますが交渉は決裂しました。

不利となる碓氷のギャンブル依存症や過去の不正を自ら公表するという甲斐は城田に、裁判を起こし会社を潰すか・当初の300万ドルで手を打つか・俺(甲斐)と君(城田)とでポーカーをするか。


甲斐「all or nothing」

蟹江に盗聴されていたことを知った大輔は、自暴自棄に見える甲斐に「慎重さ」を大切にするように忠告します。

甲斐は、盗聴の件を幸村に黙っておくことで蟹江に貸しを一つ作ることに成功しました。

そして始まるポーカー。本当にするんですね。

その中でマカオでのカジノで行われた城田のいかさまの証拠を突き付け、城田は退散して行きました。

違法賭博の可能性もある今回の方法に幸村はいい顔をしません。

甲斐「リスクを取らない人生なんて、何が楽しいんだ。」

着々と時間が無くなるコースタル訴訟で、甲斐は和解か裁判かの判断を副島絵美里(清水ミチコ)から迫られていました。

幸村は副島を解雇し、自分が甲斐の代理人になることを決意しました。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
甲斐の目力がすごかった~。

ラマちゃん
幸村が弁護士事務所のトップに君臨している理由が垣間見れたわ。

ドラまる
せっかく蟹江のいいところを聖澤が理解してくれていたのに、盗聴の件で暗雲が立ち込めたね。

ラマちゃん
スーツもいいけどタキシードもかっこよかったわ。

ドラまる
あの兄弟が帰ってくるんだ!

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第7話あらすじ

2020年8月24日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第7話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪――。

甲斐とチカ(鈴木保奈美)は、甲斐を訴えた弁護士・富樫(髙嶋政宏)を呼び、和解の可能性を探った。

だが富樫は、『コースタル・モーターズ』訴訟で、甲斐が重要な証拠となるはずだった社内メモを隠蔽したのは明らかだとして、和解交渉の余地はないと返す。

さらに富樫は、甲斐にとって触れられたくない母親のことまで侮辱して挑発した。

甲斐は、思わず富樫に掴みかかり……。

チカは、甲斐の代理人として法廷で富樫と戦うつもりだった。

だが、事態を重く受け止めた上杉(吉田鋼太郎)は、ファーム内にも甲斐のことを疑っているメンバーがいるのだから、まず彼らに無実を証明し、裁判で勝ち目があるのかどうかを見せてほしい、と言い出す。

その上で、裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めよういうのだ。

『幸村・上杉法律事務所』で行われる“密室劇”で甲斐の敵側として直接対決することになった蟹江(小手伸也)は、さっそく大輔(中島裕翔)に、仲間になるよう声をかける。

甲斐の力になりたいため、これを拒む大輔だったが、蟹江のチームに加わるよう命じたのは、実は甲斐自身だった。

実際の裁判で、思わぬ方向から攻められる可能性も考慮して、敢えて大輔を敵側に加えたのだ。

そんな中、甲斐は、玉井(中村アン)に会いに行き、証言をして欲しいと頼む。

しかし玉井は、もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れた、といって甲斐の申し出を拒絶する。

同じころ、甲斐との対決に向けて準備を進めていた大輔は、真琴(新木優子)の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いつき……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

学生時代に同期のレポートを消去していたり、その相手に献金を行って外からはゆすられているように見せたり、今日は幸村の裏の顔を見ましたね。

さすがトップ、甲斐も顔負けのやり手ですね。

盗聴されていた甲斐もちゃんと蟹江にくぎを刺すところは忘れていませんでした。

蟹江は聖澤に実力を認められていい気分だったところだったのに気の毒ですが、身から出た錆ですね。

仕方ありません。

ドラまる
次週から、またも新章。

コースタル訴訟が大きく動き出すんだね。

ラマちゃん
次週は甲斐VS大輔。

そして今田美桜さんと磯村勇斗さん再登場?!嬉しい。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA