竜の道-二つの顔の復讐者-|7話ネタバレと感想。竜二のまゆみへの思いを知る。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年9月8日(火)にドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』第7話が放送されました。

ドラまる
クーデターに失敗した竜一は、復讐のために人の心を無くしつつあるんだ。

竜二との間には溝が見え始めたね。

ラマちゃん
そして、美佐に竜一が生きていることがばれてしまうの。

一寸先は闇ね。

こちらの記事では、ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『竜の道-二つの顔の復讐者-』第7話あらすじネタバレと感想

過重労働で亡くなったキリシマ運送の運転手の件をもみ消したという矢端竜二(高橋一生)。

竜二「どうせ継ぐなら日本一の会社がいい。」

そういって霧島源平(遠藤憲一)の信用を得ます。

過労死の内部告発をもみ消したのは矢端竜一(玉木宏)との計画の一環でした。

クーデター直前に怖気づいてしまった霧島晃(細田善彦)を竜一は計画から外します。

のちに竜二から、晃を外したのは竜一の優しさだと評されていましたね。

エニイウェイズとの契約に暗雲が立ち込めた霧島は、さらに仕事に打ち込むことになります。

ヤクザ組織の会長・曽根村始(西郷輝彦)に泣きつく霧島は、国土交通省大臣との間を持ってもらおうとしていました。

竜一「霧島を殺人犯にする。やくざに殺しを依頼させる。」

竜二「本当に殺すわけじゃないんだよな。」

竜一は呼び出した二見(小市慢太郎)に、UDコーポレーションのサイトに告発文を書き込みするように促しました。

霧島のもとに向かった二見は、過労死の情報を拡散させると脅迫をします。

そのころ、美佐(松本穂香)は霧島まゆみ(松本まりか)に呼び出されていました。

和田猛と竜一が似ていることに気が付いていた美佐。

後日、美佐の初恋が竜一だったと竜二に話すまゆみは、自分の母・霧島芙有子(斉藤由貴)と同じことになるのではという不安を抱えていました。

人を愛することを知ってしまったんですね、まゆみは。

母の最期の手紙を見せる竜二「お母さんは、孤独じゃなくて、希望の中にいたと思うよ。まゆみはもう大丈夫だ。俺がいる。」

竜二の美佐への思いとまゆみへの思い。どちらも本物のように感じました。

クーデターの失敗を機にキリシマ急便のコンサルをクビになった竜一でしたが、自身も脅されていると霧島に告げに行きます。

暗に二見が攻撃を仕掛けてきていると印象付けることに成功しました。

仕上げとして尾行してきた秘書・大友由伸(渡辺邦斗)に、二見と竜一が話す現場を目撃させます。

そこへ霧島に入ったエニイウェイズからの連絡。

過労死の件がエニイウェイズに漏れたというのです。

曽根村のもとに向かった霧島「ごみ処理をお願いしたい。」

内部告発を行った二見がエニイウェイズに情報を漏らしたのだと考えた霧島は、二見の殺害を依頼したのでした。

竜一はその様子を録画した曽根村から、そのデータを受け取る手はずを整えます。

霧島が手を下す前に二見を海外に逃がす予定をしていた竜一でしたが、その二見は霧島に呼び出されていました。

現場に急いで向かった竜一は二見を助けますが、曽根村の前に連れ戻されます。

曽根村「俺はどっちの見方でもねぇ。」

そういって、霧島からの依頼を遂行するため「お前が二見を殺せ。」と銃を手渡してきました。

そのあとにデータを渡すというのです。

この提案を受けるかどうか。竜二との間に再び亀裂が入ります。

竜二はまゆみとの結婚で霧島からすべてを奪うことができると考えていました。

竜二「俺はまゆみを愛する。あの女も犠牲にしない。」

ようやく竜二は考えていることを口にしましたね。

一方、フリーライターの沖和紀(落合モトキ)からUDコーポレーションに送られてきた雑誌。

沖は、竜一が10億を持ち逃げした斉藤一成である可能性を捨ててはいませんでした。

親戚のもとに沖が話を聞きに現れたと聞いた美佐は、竜一が生きているのではという情報を聞かされます。

そして美佐が向かったのは竜一の元でした。

昔話を始める美佐。

それは自分たちの物語でした。

美佐「ただ妹は、兄たちが破滅に向かっているような気がしてならないんです。二人が不幸なら妹も幸せではいられないから。」

さらに、沖が真実に近づいてきていることを伝えたのでした。

そして竜一に近づいてきた沖「こんにちは。矢端隆一さん。」

スポンサーリンク

『竜の道-二つの顔の復讐者-』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
竜一に究極を突き付ける曽根村が憎いね。

でも、竜一はそういう世界の人間だったか。

ラマちゃん
ようやく竜二のまゆみへの思いを聞けたわ。

やっぱり巻き込みたくはなかったのね。竜一、信じてくれるかなぁ。

ドラまる
小市さんの悪役小物感がすごいね。

ラマちゃん
気の強いお嬢様がいつの間にか可愛くなっちゃったわね。

ドラまる
ハッピーなエンドでもいいんだよ~(泣)

スポンサーリンク

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

竜の道-二つの顔の復讐者-|7話見逃し動画無料視聴はこちら

『竜の道-二つの顔の復讐者-』第8話あらすじ

2020年9月15日(火) 21:00時から放送のドラマ『竜の道/二つの顔の復讐者』第8話のあらすじをご紹介します。

源平(遠藤憲一)の殺人教唆の証拠を手に入れられず、打つ手がなくなった竜一(玉木宏)は、さらに沖(落合モトキ)から“矢端竜一”が生きている証拠を突きつけられ、窮地に陥る。

そのうえ、沖が美佐(松本穂香)にまで近づいたことを知り、竜一はますます焦りを募らせる。

一方、エニイウェイズとの契約内定を取り付け、ついに悲願である運送業界トップの座が視野に入ってきた源平は、一層言動に狂気を帯びていく。

これ以上竜一に危険なことをさせたくない竜二(高橋一生)は、「俺に計画がある」と次の手を持ちかけようとするが、竜一は話を聞くより先に、ある決意を胸に美佐の元へ。

翌日、異変を感じて竜二が駆けつけると、竜一は衝撃の事実を打ち明け、「もうお前はいらねぇ」と、竜二に銃口を向けて……!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

ついに霧島を追い詰める最大の武器を手に入れたかに見えた竜一と竜二の前に、まさかの曽根村が立ちはだかりました。

曽根村が双子の親ではなかったということなんでしょうか。

そして、二見のことといい、斉藤一成を通り越して矢端隆一の存在まで距離を詰めてきた沖の存在もどうするのか。

最終話は第一話の冒頭に向かって加速していきます。

ドラまる
殺人を依頼しているデータを手に入れられたら、すんなり復讐は終わりだったのにね。
ラマちゃん
次週は最終話。

二時間スペシャルよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA